『アシュラ 2016』韓国映画の動画をフルで無料視聴!評価・レビューを紹介

韓国映画『アシュラ』(2016)の動画をフルで無料視聴する方法を紹介します。

 

登場する人物すべてが悪人という、韓国版『アウトレイジ』とも言うべき作品『アシュラ』。

 

腐敗と暴力がはびこる架空の都市「アンナム市」で、悪徳市長や汚職刑事らが壮絶なつぶし合いをするクライムサスペンスです。

 

主演は『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンで、他にもファン・ジョンミン、チュ・ジフンら豪華キャストが集結。

 

ラスト40分で繰り広げられる修羅場はまさに地獄絵図!

 

そんな韓国映画『アシュラ』のあらすじと感想・レビューと、動画を無料視聴する方法を紹介します。

 

 

 

◯韓国映画『アシュラ』のキャスト

ハン・ドギョン(チョン・ウソン)

闘病中の妻の高額な治療費を工面するため、パク市長の犯罪の後始末を請け負う刑事。

 

パク・ソンベ(ファン・ジョンミン)

利権と成功のために犯罪に手を染める強欲な悪徳市長。

 

ムン・ソンモ(チュ・ジフン)

ドギョンへの義理から悪徳市長の手下となり、悪に侵されていく若き刑事。

 

キム・チャイン(クァク・ドウォン)

ドギョンの弱みを握って脅迫し、パク市長を逮捕するための証拠を手に入れようとする検事。

 

 

 

◯韓国映画『アシュラ』のあらすじ

物語の舞台は、犯罪と汚職が蔓延するアンナム市。パク・ソンベ(ファン・ジョンミン)は市長という立場を悪用してやりたい放題でした。

 

そんなパク市長から賄賂をもらって、市長の悪事をもみ消す刑事のドギョン(チョン・ウソン)。

 

市長の不正を告発する裁判の直前、ドギョンは裏で手をまわして、検察側証人の出廷を妨害します。

 

その数日後、ドギョンはビルの屋上で、市長との癒着を巡って同僚と言い争いになり、誤って転落死させてしまいます。

 

パク市長の立件に燃える検事のキム(クァク・ドウォン)は、その証拠映像を脅迫材料にドギョンと接触。

 

逮捕されたくなければ、パク市長を引きずり下す決定的な証拠を集めろ、と命じます。

 

検事にマークされてしまったドギョンは、パク市長からの指示を遂行できなくなってしまったため、自分の代わりとして後輩刑事のソンモ(チュ・ジフン)をパク市長の下で働かせます。

 

最初は渋っていたソンモでしたが、大金が手に入るにつれ人柄も変わっていき、

パク市長に対する忠誠心も高まっていきます。そして、先輩風を吹かせるドギョンを蔑むように…。

 

 

都市の再開発を有利に進めるため、再開発反対派に襲われる映像をわざとマスコミに報じさせ、市民の感情に訴えようとするパク市長。

 

それは身内を使ってのヤラセ演出でしたが、その協力者が身を引くと言ってきた途端、パク市長の態度が一変。

 

ポイントを稼ぎたいソンモは、その協力者を車で引き殺し、パク市長の信頼を勝ち得ます。

 

いっぽう、パク市長とっては用済みとなりつつあるドギョンは、アジア系マフィアに命を狙われてしまいます。

 

しかしドギョンは反撃にでて、逃走するマフィアの車を追撃。火花が飛び散り、タイヤも吹きとぶ激しいカーチェイスのすえ、マフィアの車は炎上。その車内からは大量の麻薬が。

 

それは麻薬を資金源とするパク市長がマフィアに運ばせているものでした。

 

そのことが明るみに出ると、側近である室長を身代わり出頭させ、自分は関与を否定。

 

その後、室長は保釈されますが、口封じのため、自殺に見せかけてソンモに殺させます。

 

 

身内であっても平気で切り捨てるパク市長。追いつめられて絶体絶命のドギョン。捜査のためなら手段を選ばないキム検事。暴走が止まらないソンモ。

 

4人を待ちうける壮絶な修羅場とは…

 

◯韓国映画『アシュラ』の予告動画

 

 

 

◯韓国映画『アシュラ』の感想・評価

 

 

メインキャストのみならず脇役までもが全員悪人というバイオレンス映画の『アシュラ』。

 

フィクションとはいえ、誰もが善悪の見境をなくし、ここまで腐敗した社会は恐ろしくもありますけれど、日本でこの作品が公開される直前、現職の韓国大統領が汚職で逮捕。映画の中だけの話じゃないのかも知れませんね。

 

見どころは、なんと言っても暴力シーンですが、全編にわたって、殴る、蹴る、刺す、斬る、撃つ、轢き殺す…思わず目を覆いたくなるような痛みを感じる描写が続きます。

 

『私の頭の中の消しゴム』のイケメン俳優、チョン・ウソンがガラスのコップを噛み砕き、口の中が血だらけになるシーンでは卒倒しそうになりました(苦笑)。

 

必見のラスト40分の修羅場シーンに加え、オススメなのが中盤のカーチェイスシーン。どうやって撮影したのか気になるくらいの完成度でした。

 

とはいえ、それらの暴力描写は、人間の醜い部分を描くために必要だったりするわけで、ラストまで観ると、何とも言えない感慨が。

 

人間は、出世や成功、お金といった欲望や自分が生き残るためなら、簡単にモラルを捨ててしまう。それはすべての登場人物に共通していましたが、

 

ひとつ嘘をついたら、また別の嘘をつかなくてはならないように、ひとつの悪事がまた次の悪事を生みだしていく。そんな悪の底なし沼にはまってしまった主人公のドギョン。

 

物語が進むにつれて焦燥していき、狂気を帯びていくのがなんともリアルでした。

 

何も失うものがない人間が、捨て身の覚悟で破滅へと一直線に向かっていくラストは、潔くもあり爽快感すら感じてしまいましたね。

 

いろんな意味で見応えのある韓国映画です。お見逃しなく。

◯韓国映画『アシュラ』の予告動画

 

 

◯韓国映画『アシュラ』の感想・評価

 

『アシュラ』は上映時間が156分もある作品ですが、二転三転するストーリー、

そして韓国映画の実力派たちによる熱のこもった演技、國村隼さんの体を張った演技に引き込まれ、長さはまったく感じませんでした。

 

予告編から想像していた展開とはまるで違う方向へと向かうラストにただただ驚かされましたが、

 

それこそが、この作品のテーマでもある「人間の勝手な思い込みや先入観の恐ろしさ」なのかもしれません。

 

映画冒頭で引用される聖書の言葉の通り、信じるとはどういうことなのか?

 

観終わってから頭の中を整理すると、なんとも示唆に富んだ作品だなぁと思います。

 

 

『アシュラ』のメガホンをとったナ・ホンジン監督。過去には『チェイサー』や『哀しき獣』といったスピード感のある、凄惨な暴力描写の作品を作ってきましたが、

 

本作では、キリスト教をモチーフに物語を構成。作品のテーマは「混沌」「混乱」「疑惑」だと語っています。

 

心の中に芽生えた不安や妄想、偏見によって、疑念は疑心暗鬼となり、恐怖心へと変わっていく。

 

悪魔を生み出すのは人間の勝手な思い込み。先入観で作られたレッテルがやがて悲劇を生み出す…そんなメッセージがこの作品には込められているのかな。

 

といろいろ書いてしまいましたが、余計な先入観をもたずに、ぜひ自分の目で『アシュラ』を楽しんでみて下さい。

 

 

◯韓国映画『アシュラ』の動画を無料視聴する方法

ここで映画『アシュラ』のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

詳しくはこちら↓↓

映画が観るのが好きな人なら
動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

 

いまなら31日間無料トライアルに登録すると
月額1,990円の見放題コースが
初月31日間だけ無料でお試しできますので
スマホタブレットで映画やドラマが見放題

 

もちろん『アシュラ』などの新作映画も
最初にもらえる600ポイントを利用すれば
無料で視聴できます。

 

もし試してみて必要なかったら、
無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

 

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓ 
>>まず無料お試しで『アシュラ』を視聴する

 

無料トライアルの利用条件や
退会方法を知りたい人はこちらへ↓
>>U-NEXTの31日間無料トライアルについて

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール