『アトミック・ブロンド』のネタバレ(あらすじ結末)を紹介!シャーリーズ・セロンが美しすぎる

アトミック・ブロンド』映画のネタバレです。

 

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『プロメテウス』で注目を集めたシャーリーズ・セロン主演『アトミック・ブロンド』

 

『モンスター』でアカデミー主演女優賞を獲得したあのシャーリーズ・セロンが美しい女スパイを演じるということで注目を集めている本作。

 

『X-MEN』シリーズで有名なジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』や『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』で一躍スターに上り詰めたソフィア・ブテラなどが脇を固めてることでも話題となっています。

今回は話題の映画『アトミック・ブロンド』のあらすじを結末をご紹介したいと思います。

 

※この記事はネタバレを含んでいます。

 

Sponsored Link

 

〇『アトミック・ブロンド』のあらすじ

 

 

1989年、ベルリンの壁が崩壊する前のドイツ。

イギリス秘密情報部MI6のスパイであったジェームズ・ガスコインが、ソ連国家保安委員会KGBのスパイ、ユーリ・バクティンに殺され、現在ソ連で動いている全ての組織のスパイの名前が記されたリストが入っている腕時計を盗まれてしまいます。

 

その10日後、イギリス・ロンドン。

MI6のスパイであるロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)は、MI6主任のグレイ(トビー・ジョーンズ)とCIA主任のカーツフェルド(ジョン・グッドマン)からベルリンでのミッションについての取り調べを受けていました。

痛々しいあざだらけの顔のロレーンは、煙草をふかしながら、ベルリンで起こったことについて話し始めます。

 

時間は戻り、ガスコインが殺された翌日。

イギリス・ロンドンのMI6に呼び出されたロレーンは、盗まれたリストの奪還と二重スパイとして何年もソ連に情報を売り、ガスコインを裏切ったスパイ・サッチェルを見つけ出し、抹殺することを命じられました。

 

ガスコインの死体を引き取るための弁護士としてベルリンに降り立ったロレーン。

空港でMI6ベルリン支局のトップスパイであるデヴィッド・パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)と落ち合う予定でしたが、KGBのスパイに襲われてしまいます。

 

ロレーンはハイヒールと自分の拳だけでなんとか敵を倒し、パーシヴァルと合流してリストを探すことになりました。

すぐに手掛かりを見つけることはできず、ロレーンはガスコインのアパートへ探索に行き、ガスコインとパーシヴァルが仲良く写った写真を見つけます。

 

すると、突然、サイレンの音が聞こえはじめ、部屋に西ベルリンの警察が乗り込んできました。

ロレーンがこの部屋に行くことを知っていたのはパーシヴァルだけだったので、ロレーンはパーシヴァルが裏切り者ではないかと考え始めます。

 

また、ロレーンは自分を尾行していたフランス対外治安総局DGSEのスパイ、デルフィーヌ・ラサール(ソフィア・ブテラ)とバーで出会い、彼女が銃を持っていたことを問いただしました。

 

しかし、ロレーンに対する隠し事は何もない分かり、ロレーンとデルフィーヌは熱い夜を過ごすようになります。

 

一方、バクティンがKGBを裏切りリストを売りに来た現場には、パーシヴァルがおり、彼はバクティンを殺し、リストを奪いました。

 

そして、パーシヴァルはリストの中身を見てしまいます。

 

Sponsored Link

 

〇『アトミック・ブロンド』のラスト・結末(ネタバレあり)

 

パーシヴァルは、東ドイツ国家保安省シュタージの職員であるスパイグラスをロレーンに紹介します。

彼はリストに載っている全ての情報を暗記しており、ガスコインにリストを渡した張本人でした。

 

スパイグラスをソ連が支配する東ドイツからイギリス・アメリカ・フランスの領地である西ドイツへ亡命させる計画を、パーシヴァルは立てていました。

 

KGBのスパイたちがスパイグラスを暗殺する計画を立て、その消息を追っていたからです。

 

スパイグラスを亡命させるだけなら、と思っていたロレーンですが、スパイグラスの妻と子供もついてきていました。

ロレーンはスパイグラスを、パーシヴァルはスパイグラスの家族を、それぞれデモ隊に紛れさせて、KGBの目から逃した上で国境を越えさせようとします。

 

しかし、スパイグラスは銃で撃たれてしまいました。

 

ロレーンはKGBの犯行だと思いますが、実はパーシヴァルがスパイグラスを撃ったのです。

 

かろうじて生きていたスパイグラスを建物の中にかくまい、ロレーンは追ってきたKGBのスパイたちと死闘を繰り広げます。

 

スパイたちを倒し、奪った車で、ロレーンはスパイグラスとともに国境を越えようとしますが、外で待機していたKGBのスパイに車ごと川へ突き落とされてしまいました。

ロレーンはなんとか車から脱出しますが、撃たれていたスパイグラスは体力が残っておらず、また車に足が挟まってしまったため、そのまま死んでしまいます。

なぜ計画がバレていたのか謎に思ったロレーンは、ホテルの部屋からすべてを洗いざらい捜索しました。

そして、ロレーンは自身のコートから盗聴器を見つけ、パーシヴァルが裏切り者であるという確信を得ます。

 

同じころ、パーシヴァルの真の目的に気付いたデルフィーヌは、パーシヴァルに連絡していました。

デルフィーヌは、パーシヴァルとKGBが取引を行っていた現場を写真に取っていたのです。

しかし、デルフィーヌの部屋に忍び込んでいたパーシヴァルによってデルフィーヌは締め殺されてしまいました。

 

デルフィーヌの身を案じていたロレーンが部屋に突入しますが、一歩遅く、無残にも殺された直後のデルフィーヌと、彼女がロレーンに残しておいたパーシヴァルとKGBの写真を見つけます。

一方、デルフィーヌを殺し、リストも手に入れたパーシヴァルは証拠を消すため、自身の家に火を放ち、逃亡を図りました。

 

逃げられるギリギリのところでロレーンがパーシヴァルに追いつきます。

ロレーンはパーシヴァルの脳天を銃で撃ち、殺した後にリストを奪い返しました。

 

舞台は取り調べ室に戻ります。

ミッションについて最後まで話し終えたロレーンは、グレイとカーツフェルドにパーシヴァルとKGBの写真を渡し、パーシヴァルがサッチェルであったと伝えます。

 

また、リストについては、どこにあるのか分からないと回答しました。

その3日後、ロレーンはパリでKGBのスパイと会っていました。

 

サッチェルと呼ばれたロレーンは、リストの入った腕時計を手渡します。

しかし、パーシヴァルからロレーンが裏切り者だと聞かされていたKGB側は、ロレーンを殺そうとしました。

 

ですが、そのことに気付いていたロレーンは返り討ちにします。

そして、本当にリストを渡すと思っていたのかと言い、とどめを刺しました。

その後、ロレーンは空港でプライベートジェットに乗り込みます。

 

そこでロレーンを迎えたのは、カーツフェルド。

実はロレーンはCIAのエージェントであり、この飛行機でアメリカに戻るのでした。

 

Sponsored Link

 

〇『アトミック・ブロンド』の感想

『アトミック・ブロンド』のあらすじ・ネタバレについてご紹介させていただきました。

二転三転する立場、強烈な肉弾戦と見どころ満載で、観ている最中はずっと画面にくぎ付けでした。

 

特にロレーンの戦い方は実に見事で、ガスコインの部屋では銃を使わず部屋にあるものだけで戦っています。

 

鍋や冷蔵庫のドアまで使って戦う姿はとても爽快でした。

また、ロレーンが実はサッチェルでMI6、KGBとして働きながらもCIAだったというラストには驚きました。

 

この事実を知ったうえで、本作を観直すとまた違った視点で楽しむことができそうです。

迫力満点のアクションシーン、ここぞというシーンで流れる音楽、冷たい雰囲気を漂わせるスタイリッシュな映像などはぜひ、ご自身の目でお楽しみください。

 

Sponsored Link

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール