『美女と野獣 2017』実写版の吹き替え動画を無料視聴する方法!

ディズニー実写版『美女と野獣(2017)』の日本語吹き替えまたは字幕の動画をフルで視聴する方法を紹介します。

 

本作はあのハリーポッターのハーマイオニー役で知られる、エマ・ワトソンが主演したことで大きな話題となり、2017年世界的に大ヒットとなりました。

 

ストーリーそのものは過去のディズニー・アニメ作品をそのまま踏襲しているため、新しいストーリーではありませんが、

美しい映像と音楽、そしてあまりにも美しいエマ・ワトソンの美貌に世界中の人たちが魅了されました。

 

今回はそんな大ヒット・ディズニー映画『美女と野獣(2017)』の日本語吹き替えフル動画を視聴する方法をお伝えさせていただきます。

 

あらすじや感想、見どころなどもあわせて紹介しますのでよろしければ参考にしてください。

 

 

◯『美女と野獣(2017)』作品紹介

 

◆登場人物・キャスト

ベル(エマ・ワトソン)
本作のヒロイン。
好奇心旺盛な性格で、読書と妄想が大好き。
そのせいで村の人からは変わり者と呼ばれている。

 

野獣(ダン・スティーヴンス)
呪われたお城に住む野獣。
元々は、自己中で冷酷な王子。
魔女に野獣の姿に変えられてしまった。

 

モーリス(ケヴィン・クライン)
ベルの幸せを願う優しい父親。

 

◆あらすじ・ストーリー

まず、あらすじから。

フランスのある森の中。

城に一人で住む美しい王子(ダン・スティーヴンス)がいました。

 

王子は妃選びのために、よく盛大なパーティーを開催しています。

 

ある日、そのパーティーにみすぼらしい格好の老婆が現れ、「この一輪のバラと引き換えに、今晩泊めてほしい」と言ってきます。

 

王子は、その老婆を冷たくあしらいました。

 

すると老婆が突然美しい魔女に姿を変えたのです。

 

いきなりのことで驚いた王子は、魔女に冷たくあしらってしまったことを謝罪。

 

しかし、魔女は王子に魔法をかけ、醜い野獣の姿にしまいました。

 

その魔法は、魔女の残した一輪のバラが散る前に真実の愛を見つけなければ、一生人間の姿には戻れないというものでした。

 

一方、美しい少女ベル(エマ・ワトソン)は田舎のヴィルヌーヴ村で父のモーリスと平凡な日々を送っていました。

 

好奇心旺盛なベルにとって田舎での生活はとても退屈。

 

毎日、買い物を済ませると村の図書館から本を借りて読むのがベルのお決まりでした。

 

自分の生活とはまったくちがう物語に触れることが、ベルの唯一の楽しみだったのです。

 

しかし、ベルは村の人々から「変わり者」と呼ばれていました。

 

そのせいで親しい友人もおらず、いつも村で浮いている存在だったのです。

 

ベルは自分を変わり者扱いしてくるつまらない村に飽き飽き。

 

いつか私も大好きな本の世界のように、新しい町に暮らし王子のような男性に出会って素敵な恋をして…

 

そんな妄想にふけっていました。

 

そのとき、行商へと旅立っていた父のモーリスが野獣のいる城に閉じ込められてしまいます。

 

父を助けるために、ベルは父の身代わりとして牢屋に入ることを決断。

 

その日からベルは野獣と魔女の呪いによって家具に変えられてしまった家臣たちとの生活が始まりました。

 

狂暴的で優しさなどなかった野獣ですが、ベルと過ごしていくうちにだんだんと優しい心を持ち始めます。

 

そしてまた、ベルも野獣のたまに見せる優しさや人間らしさに惹かれていきます。

 

二人はともに食事を摂ったり、おしゃべりをしたり楽しい毎日を過ごしていくうちに、お互いがお互いを大切に思うように…。

 

人と違う自分を受け入れていたベルと人と違う外見に縛られている野獣

 

そしてこのふたりの出会いは奇跡を生むことになります…。

 

◯『美女と野獣(2017)』の予告動画

 

 

◯『美女と野獣(2017)』の見どころ

本作『美女と野獣』の作品紹介と見どころです。

 

ディズニーが誇る名作が実写映画となったことでとても注目を浴びた本作。

 

ヒロインの美女・ベルを務めたのは、「ハリーポッター」で名高いエマ・ワトソンです。

 

ハリーポッターとともに成長してきたとも言えるエマですが、あまりにもハーマイオニーのイメージが強すぎて「ハリポタの子だよね」と言われることもしばしば…

 

しかし、本作でしっかりベルを演じたことで「美女と野獣の美女の子!」とも言ってもらえるような、そんなハマり役を得ることができました。

 

すっかりお姉さんになったエマの新たな一面が観ることができるのも本作の見どころです。

 

そして、ディズニーといえば、衣装や美術の気合の入れっぷりが半端じゃないですよね。

 

本作でも食器やキャンドルが踊るシーンなどはCGを使っていますが、実写との違和感がほとんどありません。

 

城や小物のクオリティが高く、美しすぎるからか、CGが違和感なくシーンに入り込めているのです。

 

とても丁寧に作りこまれているな~と感心してしまいます!

 

ストーリーもアニメや本などで知られている話ではありますが、人は見た目がすべてじゃないということ。

 

人と違うことが悪いことじゃないということ。

 

そういったメッセージは、今の時代にとても大切なことです。

 

この点で、実写映画というのはアニメや本以上に、こちらに訴えかけてくる圧力が違うので、

 

知っているストーリーだとしても、ぜひ映画で観てもらいたいと思います。

 

美しすぎるエマ・ワトソンと美しすぎる世界観が満足感を与えてくれる作品です。

 

◯『美女と野獣(2017)』の口コミ・レビュー

30代後半/男性
 
総合評価 ★★★★☆(4.0)
別にハリウッド万歳主義では無いんですが圧巻のスケール感でした。

こういうおとぎ話のような話をアメリカは本気で作るんですよね。それが凄いです。

ストーリーは以前から知っていたのでサプライズ的なものはありませんでした。

この映画の魅力はとにかく映像だと思います。カメラワークが素晴らしいですよ。

綺麗でダイナミックで大人でも感動する事間違いなしです。女性向けの映画だと思いがちですが、そうではありません。

大人の男性も物凄く楽しめる作品でした。エマワトソンが物凄く綺麗ですよ。

見惚れてしまいました。王子も野獣ではありません。凄くかっこよかったです。お子さんも怖がる事なく観れると思いますよ。

世代問わず楽しめる作品でした。一度観た作品はあまり観ない主義なんですが、この作品はもう一度観たいなって思いました。

30代のおっさんが乙女になりますよ。

 

20代後半・既婚女性/女性

総合評価 ★★★☆☆(3.0)
吹き替え版を観てきましたが、さすがディズニーならでは!という感じでした。

歌が多くミュージカルのようにストーリーが進む部分が多かったです。

もちろん歌もうまいので引き込まれるのですが、ちょっと配分的に歌が多すぎるかなという感じもしました。

美女と野獣の原作を見たのはだいぶ前でしたが、ストーリーは原作に忠実に作られていたと思います。原作ファンの方が見ても楽しめると思います。

エマワトソンがとても綺麗で、本当にベルのイメージそのものだと思いました。

実写って人選びを間違うと悲惨なことになってしまいますが、本当エマワトソンはベルにハマりすぎていました。

ストーリーは既に知っている状態で見たのに、最後は本当に感動でした。

心がポッと暖かくなるような、好きな人に会いたくなるような映画でした。

ちなみに私は女一人で見に行きましたが…とっても楽しめました。

 

30代前半/女性

総合評価 ★★★★☆(4.0)
美女と野獣が大好きな人にはたまらない映画だと思います。

実は実写版をあまり期待していなかったのですが、始まってすぐ背景の綺麗さと、アニメ版が忠実に再現されている映像に魅力されてしまいました。

美女役のエマ・ワトソンはとてもはまり役で、可愛くて演技も上手くすごく素敵です。

それに加えて歌も上手いので、吹き替え版しか見てない方は是非、字幕の方も見て頂き、エマの歌声を聴いて欲しいです!!

アニメ版の見どころでもある食事の華やかな歌のシーンやベルと野獣が踊るシーンも、映像が美しすぎて見入ってしまいました。

話を知っていても、知らなくてもワクワクキュンキュンしてしまう映画だと思います。

エンディングの曲も最高でジーンと涙が出ました。

ただクライマックスの後が、アニメ版と少し違っていて、私はそこが残念だったので★4つにしています。

 

40代前半/男性
 
総合評価 ★★★☆☆(3.5)
以前「美女と野獣」のアニメ作品を観たことがありました。

この映画はアニメ作品のストーリーを忠実に再現しているようで、物語が進むにつれて記憶がよみがえってきました。

主人公ベルの自由奔放さや、ガストンの計算高く冷酷な性格が見事に表現されており、作品のアクセントとなっていました。

本来は交わるはずのない美女と野獣ですが、一緒にいるうちに惹かれ合うようになる過程も、感情移入しながら観ていました。

そして2人の恋愛が成就するように祈るような気持ちになりました。

それだけにガストンの妨害工作には、腹立たしい気持ちにさせられました。最後は城にまでやって来て、ベル達の仲を引き裂こうとしましたが、計画が失敗に終わってホッとしました。

作品の中では野獣の暮らす城が、リアルに描かれているように思いました。まるであたかも実際の城にいるような気がして、迫力にも圧倒されました。

アニメ作品と同様に最後はハッピーエンドとなり、スカッとした気分で映画館を後にしました。

 

30代後半/女性

総合評価 ★★★★★(5.0)
実写と言うとこけるイメージがあるのですが、美女と野獣の実写は最高でした。エマ・ワトソンのベルはアニメそのものでとても強くそして優しい女性を演じています。

ルミエールはアニメよりイケメンだと思いました。

アニメの風貌とだいぶ違っているルミエールでしたが、話し方(字幕・吹き替え両方)も仕草も、あー、イケメンだなと思いました。

風貌がかなり違っていると言えば、ポット婦人とチップは、正直オカルトでした。

アニメの可愛さが全く出てない上に実写にこだわり過ぎてあんなオカルトチックになってしまったのかと思うと少し残念です。

風貌も性格もそのまま、いえ、更に最悪になったガストンの演技は見ものです。

アニメの倍以上に人間のクズと言ってしまいたくなるほどの悪役を見事に演じています。

クライマックスで、野獣を助けに行くベル。ドレス姿で馬に乗って愛する人を救いに行くところに心を打たれました。

ベルの母親についてとか、アニメでは描かれていないところが出てくるので、アニメと比べながら見るのも面白いでしょう。

 

40代前半/男性
 
総合評価 ★★★★☆(4.0)
アニメ版の美女と野獣を初めて見た時の完成度はかなりのものがあったのですが、正直そこまで求めるのは酷だろうと思っていました。

しかし感想としてはアニメ版の良さをしっかりと再現出来ているように感じましたね。

人が演じるミュージカルシーンもしっかりとした迫力で魅力たっぷりに演じてくれていますし、城の中での召し使いの食器達のシーンもCGをと使って臨場感たっぷりに演出してくれています。

アニメを見ている人からは少しリアル過ぎるという声がちらほらありましたが私はそうは思いませんでした。

リアル過ぎる姿がまた見どころかなとも思います。

後は主人公ベル役を演じているエマ・ワトソンの素敵さですね。

特に野獣と少しずつ心が接近していく様はアニメ版では伝わらない豊かな表情が凄く可愛らしく見ている人は皆彼女に魅了されているのではないかという程でした。

彼女見たさにもう一度見たいと思ったくらいですね。

基本の話は同じなのですが所々にアニメ版にはなかった解釈の個所が盛り込まれているのでそういうのを探してみるのも楽しいでしょうね。

 

30代前半/女性

総合評価 ★★★★☆(4.2)
アニメ版の大ファンで、実写版がどうなるか期待半分、不安半分で見たのですが、とても面白かったです。

エマ・ワトソンがベルにしか見れなくなりました。カット割りもアニメ版に似せていて、思わず笑みがこぼれました。

また、大好きな数々の歌を実写版で見ると、また違った感動がありました。

実写版が特に良かった点は、衣装の素晴らしさです。本物の美しいドレスはやはり実写ならではです。

またミュージカルシーンの迫力も、実写版はすごいと思いました。

アニメのミュージカルシーンもアニメ版の良さがありますが、実写で見ると本当に魔法がかかった世界の中にいるようで、見ていて本当に楽しかったです。

一つ残念だったのは、野獣があからさまにCGらしかったことです。

技術的にはもう少し本物の生き物に近づけられると思うので、あえてあのような様子にしたのかもしれませんが。

でも全体的にとても面白かったです。名作アニメ映画をアレンジせずそのまま実写化したというのが成功した秘訣ではないでしょうか。

 

20代後半/女性

総合評価 ★★★★☆(4.0)
ディズニーファンの期待を裏切らない映画でした。

エマワトソンは、CGでの撮影に退屈だったじきもあったそうです。そういう話も仕入れつつ見ていましたが世界観が見事でした。

エマワトソンの表情も非常に豊かです。

イエローのドレスも綺麗だし、歌も素敵だし引き込まれてあっという間でした。

沢山のキャストが出て画面にいるのでコーラスシーンなどは一人一人の衣装なども興味深く観察していました。

子供連れが多いかと思っていましたが見た時間が遅かったからなのか割とカップルが多く、うるさくなく静かに楽しめました。

最近の実写化映画はがっかりすることの方が多かったのですが満足です。

良くも悪くもほぼ原作通りの展開でしたので分かりやすく心を掴む映画なのかもしれません。

エマワトソンの母親の下りも、知らないエピソードを上手くまとめていたなと思いました。

また観たい映画です。

 

30代後半/男性
 
総合評価 ★★★★★(5.0)
ディズニー映画の実写版ということで、あまり過度な期待をせずに視聴致しました。

ディズニー映画の実写版は私個人の感想では外れることが多い為です。

率直な感想から申しますと、かなり面白いです。
美女と野獣の配役がぴったりとあっているのはもちろんのことですが、ろうそくやポット婦人も自分的にはアニメ版よりも良いのではないかと思うほど、

ぴったりとあっており、何度もアニメ版を見ており、ストーリーもわかっているにも関わらず、開始早々にストーリーに見入ってしまいました。

野獣になって落ち込むシーン、野獣が吼えるシーンなどはよく作り込まれております。

アニメ版よりも素敵で良かったです。

特にラストのシーンは感動的で、CGも非常にきれいに作られており、製作者側の手抜きのなさ、さすがディズニー映画だなと思わせる素晴らしい出来栄えでした。

 

30代後半/女性

総合評価 ★★★★☆(4.0)
美女と野獣はディズニー映画の中でも大好きな映画の一つです。

ディズニー映画はイラストだから実現できる夢の世界だから表現が可能な部分があるので、それの実写版となると限界があるのではないだろうか…と内心思っておりました。

でも観る価値はあると感じていたので実際に見に行くと、そんな心配をよそに見事に実写版として描かれていました!

とにかく映像が物凄く綺麗すぎて、挿入歌と合わさった瞬間は泣けてくる程に感動しました。

つま先から頭の先まで、一瞬にして鳥肌が走るレベルです!さすがディズニーだと思いましたし、映画を観賞し終わった瞬間もう一回見たいと思いました。

とにかくスケールが大きくてストレスも全て吹っ飛びましたし観ている間は現実離れして、どこか遠くの国にいる様な気分にさえなりました。とにかく素晴らしい!

観て損はないと思います。

 

◯日本語吹き替え+字幕のフル動画を視聴する方法

ここでは映画『美女と野獣(2017年)』のフル動画を無料視聴する方法をいくつか紹介します。

 

すべて大手企業が展開する動画配信サービスですので詐欺などの心配はありません。

 

『auビデオパス』を利用する方法

auスマホを利用する人にオススメの『美女と野獣(2017年)』のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

 

詳しくはこちら↓↓

auスマホを利用してる人なら、au公式サービスの『auビデオパス』の見放題プランがオススメです。

 

こちらは月額562円(税抜)で、スマホ、タブレットで人気のドラマ・アニメ・映画が約10,000本ほど見放題。そして今なら初月30日間の月額料金が無料です。

 

しかも毎月540円のビデオコインがもらえるので、最新の有料レンタル新作も1作品だけなら無料視聴できます。

 

このサービスを利用すれば、初月無料お試し期間中に540円分のビデオコインを利用して『美女と野獣(2017年)』を無料で視聴できます。

 

登録までの操作がカンタンでボタンをクリックするだけで登録完了できます。

 

今すぐ映画を視聴した人はコチラへ↓↓
>>[PR]『auビデオパス』をお試し利用する

 

つながりにくい場合はこちらをご利用ください↓↓
au公式/ビデオパス 初回30日間無料

 

 

 

 

『TSUTAYAディスカス』を利用する方法

次の紹介するのは『TSUTAYAディスカス』の動画見放題の無料キャンペーンを利用する方法です。

詳しくはこちら↓↓

レンタルビデオ・DVDチェーン最大手のTSUTAYA(ツタヤ)が運営する、動画配信サービスの「TSUTAYAディスカス(定額レンタル8)」というサービスがオススメです。

 

このサービスは月額2,014円(税込)で、入会するとレンタルショップに足を運ばなくても、スマホ・タブレット、PCやテレビで、映画や海外ドラマなどを視聴することができます。

 

そして、今なら入会初月(30日間)は月額料金が無料!しかも入会時に1,080円分の動画配信ポイントが無料プレゼントされるため、

 

この無料期間と無料ポイントを利用すれば入荷したばかりの新作だけでなく、『美女と野獣(2017年)』も無料視聴できてしまいます。

 

もちろん試してみて継続する必要を感じなかった場合は、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

映画や海外ドラマ好きにもとてもオトクなサービスですので、この機会に是非お試しを♪

 

>>『TSYTAYAディスカス』を30日間無料でお試し

 

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール