映画『カルテル・ランド(2015)』あらすじ・内容(ネタバレ結末)と感想

メキシコの麻薬戦争を舞台にした本格ドキュメンタリー映画『カルテル・ランド』を紹介します。

本作『カルテル・ランド』はあの「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督が監修し、危険を承知でメキシコに赴き自警団や軍隊、そしてカルテルのメンバーに体当たりインタービューを行った映像が収められています。

弾丸が飛び交う最前線でカメラの回す撮影クルーには圧巻ですが、それ以上にメキシコの恐ろしい現実をありのままに描写した映画として、本年2016年度のアカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門にノミネートされています。

 

今回はそんな『カルテル・ランド』(2015年制作)のあらすじと内容、そして観た感想などをお伝えします。

※注意:結末ラストについてもネタバレしますので映画を見ていない方はご注意ください。

 

Sponsored Link

あらすじ・ストーリー

登場人物
・ドクターミレレス :医師・自警団リーダー

 

※本作はドキュメンタリー形式のため詳細を省き大まかな流れのみお伝えします。

メキシコ麻薬戦争は過去10年に間に10万人以上の犠牲者を出している。

 

舞台はメキシコ・ミチョアカン州。

ここは麻薬カルテルの巨大組織『テンプル騎士団』が支配する農村地帯。

いわゆる”カルテル・ランド”と呼ばれる。

 

町の住人は口々にカルテルへの怒りとあらわにする。

カルテルは我が物顔で町を支配し、罪のない住人たちを残虐な方法で殺害してきた。

 

犠牲者のなかには幼い子供たちもたくさんいた。

子供たちの葬儀では両親と親族が悲痛な叫び声をあげる。

 

住人たちは怒り政府にカルテルへの裁きを望むが、政府はカルテルを恐れて弱腰だ。

さらに政府内部でもカルテルと癒着している者が多い。

もはや住人になすすべはない。

 

だが一人の医者ドクター・ホセ・ミレレスが立ち上がる。

main

 

彼はいずれ来る決戦に備え日々ライフルの腕を磨いていた。

腐敗した政府に頼らず自分たちでカルテルと戦う準備をしていた。

 

2013年2月24日町と家族をカルテルから守るためミレレスは自警団を立ち上げる。

ミレレスは各地を訪れ地元住民に「立ち上がる時がきた」ことを訴えた。

 

自警団にはミレレスに賛同する多くの青年たちが続々と集まった。

彼らには自警団のユニフォームと銃が支給された。

 

自警団はカルテルのメンバーが潜伏しているアジトを特定し次々と制圧した。

そしてカルテルのメンバーを捕らえては警察へ引き渡す。

 

警察はカルテルと癒着しているのですぐに保釈されることは承知の上。

だが結果としてカルテルを追い出せればそれでいい。

 

しかし警察が自警団の前にあらわれ彼らに対し武装解除を要求する。

自衛とはいえライフル武装した集団を野放しにはできない。

 

対立する自警団と警察。

住人たちはこれからどうやって身を守ればよいのかと訴える。

遂に住人は暴動を起こし自警団とともに警察の車両に襲いかかった。

 

これ以上もめたくない警察は自警団へ武器を返還した。

事実上自警団が”公認”扱いとなった瞬間だった。

 

だが自警団リーダーのミレレスは複雑な気持ちになる。

身を守るためとはいえ”暴動”を起こすメンバーたちへの不安。

 

そしてこの”不安”は事実となってしまう。

 

Sponsored Link

ラスト・結末(ネタバレ注意)

ミレレスはことあるごとにメンバーに

「我々はカルテルと同じように汚れてはいけない」

ことを強く訴える。

 

多くのメンバーはミレレスの訴えに賛同しさらに結束力を固める。

だが一部の幹部メンバーは次第にミレレスのことを疎ましく感じていた。

彼らは強大化した組織をうまく利用したい欲望を抱えていた。

 

ミレレス率いる自警団はカルテルと激しい攻防を続けていた。

遂に町からカルテルを追い出すことに成功する。

 

ミレレスは”偉大な戦士”として一躍、正義のヒーローとなる。

雑誌の表紙を飾りマスコミからインタビューを受けた。

そして町に久しぶりに平和が訪れる。

 

ところがミレレスは飛行機事故に巻き込まれしばらく療養する。

自警団のリーダーポストからもしばらく外れた。

 

その間、自警団は他の町へ進出し次々とカルテルを追い出していた。

だが自警団は組織が肥大化するに従い次第に暴走を始めた。

 

カルテルから奪った麻薬の密売を行う者、無実の人間を捕らえて違法な拷問を行う者。

まるで自分たちが町の王者のように我が物顔で町を牛耳る自警団。

 

カルテルと自警団まるでどちらが”悪”なのかわからない。

住人たちはカルテルと同じだと非難し始める。

 

しばらくしてミレレスが自警団に復帰すると様子が変わっていた。

ミレレスの腹心だったベルトランとシエラが裏切る。

 

彼らは政府公認の合法化した”地方防衛軍”なる組織を画策していた。

ミレレスは”地方防衛軍”に加わることを拒否する。

 

もともと自警団を組織したのは政府がカルテルと癒着し腐敗していたからだ。

その政府にコントロールされてしまったら元も子もない。

忠告をするミレレスだがベルトランとシエラは地方防衛軍を発足。

cartel-land-movie

 

地方防衛軍は政府公認の民兵組織だ。

武器や弾丸、そして軍服も政府から支給される。

大々的なセレモニーのなか地方防衛軍は結成された。

 

以降は政府の一部として機能するようになる。

要請があれば政府軍や警察に協力する約束だ。

 

だが実際にはこれらは表向きの姿だった。

 

実際には彼らは合法化したことを悪用して”やりたい放題”だった。

まるであの”カルテル”と同じように。

 

カルテルのメンバーがインタビューに応える。

CARTEL_LAND_Official_Trailer

カルテルの勢力は衰えていない。

 

彼らは政府関係者や地方防衛軍と癒着していた。

麻薬を横流しすれば我々は武器やトラックなどの必要物資を”安全”に入手できる。

 

この国からカルテルは絶対に無くならない。

なぜならば政府も地方防衛軍も我々を必要としているからだ。

そう言って暗闇のなかに彼らは消えていった。

 

~その後~

2014年2月25日

メキシコ連邦警察によって自警団リーダーのドクターミレレスが逮捕された。

容疑は”武器の不法所持”だった…。

 

感想とまとめ

観た感想ですが正直、あまりにも重い内容で気がめいってしまいそうでした。

 

メキシコというと陽気なイメージがありました。

でも映画をみると毎日のようにカルテルによって残虐な行為が行われてる町が今もあることを知りました。

 

この映画を見ようと思ったのはテレビ番組『クレイジー・ジャーニー』でたまたま紹介されていたことがきっかけです。

 

クレイジー・ジャーニーでは丸山ゴンザレスさんがメキシコに乗り込んでカルテルと敵対する自警団へインタービューを行います。

番組で印象深かったのは住民に『自警団についてどう思うか?』と聞いたら『答えたくない』と言っていました。

さらに『カルテルについてはどう思うか?』と聞くと『どっちのカルテル?』を聞いてくる始末(笑)

住民からるとカルテルも自警団も同じ『暴力団』だというですね。

 

 

映画の中では、正義だったはずの自警団がやがて腐敗していき麻薬売買や拷問などを行うようになります。

そして創立リーダーで最後まで潔癖を貫くドクターミレレスはなぜか政府に逮捕されてしまいます。

なにが正義でなにが悪なのかわからないですね。

 

本当にこんな現実があるのか?

正義や人権などちっぽけに感じてしまいました。

 

日本から遠く離れた”対岸火事”ではないと思います。

国というのは一度経済がくずれ治安が崩壊すればいつでもこうなる可能性はありますからね。

 

正義とはなにか?悪とはなにか?とても考えさせられるドキュメンタリー映画です。

映画では本物のグロ画像が映されるので見る場合は閲覧注意です。

 

興味のあるかたは映画館へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

Sponsored Link

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール