『ちはやふる 結び』映画ネタバレ(あらすじ結末)!太一と新の恋の行方は?ラストはどうなる?

映画『ちはやふる 結び』のネタバレです!

 

競技かるたを題材にした末次由紀の人気コミックを、広瀬すず主演で実写映画化した青春ドラマの完結編となる『ちはやふる 結び』。

 

2016年に公開された『上の句』、『下の句』につづくシリーズ3作目です。

 

高校3年、最後の全国大会をめざす瑞沢高校かるた部の忘れられない夏が描かれています。

 

千早、太一、新。幼なじみ3人は再びかるたで繋がることができるのか?

 

今回はそんな映画『ちはやふる 結び』の詳しいあらすじやネタバレについて触れていきたいと思います。

 

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので映画を見ていない方はご注意ください。

 

>映画『ちはやふる』上の句・下の句の無料動画を視聴する

 

Sponsored Link

◯映画『ちはやふる 結び』の登場人物・キャスト

綾瀬 千早 / 広瀬 すず

幼少期に幼馴染の新の影響でかるたを知ってから、かるたの魅力に魅了された女の子。
瑞沢高校のかるた部をつくり、キャプテンとしてみんなをひっぱりながらも、自分の能力を磨いている。
かるたへの愛情は人一倍つよく、いつもなによりもかるたのことを考えている。
外見はかなりの美人なのに、恋愛には無頓着で鈍感な、元気いっぱいのキャラクター。

 

真島 太一 / 野村 周平

千早の幼馴染で幼いころから千早に想いをよせている。
真面目で優秀な彼は、試合でもほかのメンバーを気遣うなど、かるた部のメンバーをまとめている。
繊細なところがあり、さまざまな思いを胸に秘めている。
かるたの腕前はそこそこ良いが運が悪く、運命戦では負けることが多かったが、上の句では積極的な攻めにより勝利を勝ち取る。

 

綿谷 新 / 新田 真剣佑

千早にかるたを始めるきっかけを与えた男の子。
小学生時代からかなりの腕前で、全国大会では優勝するなどかるた界では有名。
祖父がかるたの名人であることから、かるたを志し、名人の座を目指している。
幼少期に千早や太一と別れ、富山に住んでいるが、高校生になった今も千早に想いを寄せている。

 

大江 奏 / 上白石 萌音
瑞沢高校のかるた部のメンバーのひとり。
呉服屋の娘ということもあり、かるたにかかれる一つ一つの唄に魅了されている。
穏やかで優しい性格で、メンバーを支えている。
彼女の入部の条件がきっかけに試合では着物をきることになった。

 

西田 優征 / 矢本 悠馬
瑞沢高校のかるた部のメンバーのひとり。
明るく元気なキャラクターでチームを引っ張っている。
試合の時に肉まんを食べていたことからチーム内では「にくまん君」と呼ばれる。
かるた歴は部内で一番長く、流れの読みが得意。

 

駒野 勉 / 森永 悠希
瑞沢高校のかるた部のメンバーのひとり。
机にかじりついて勉強をしていたことから通称机くんと呼ばれる。
勉強が得意で、かるた部に入ることは気が進んでいなかったが千早の熱意に心動かされ入部。
かるたの腕前はまだまだ成長過程で上の句での試合では涙を見せる場面もあったが、メンバーの弱点などの分析が得意。

 

花野  菫  /  優希 美青 
瑞沢高校のかるた部の新メンバー。
自分を可愛く魅せるための努力を欠かさない女子力の高いキャラクター。
太一に恋をしたことをきっかけに入部するが、かるたの魅力に気付いていく。

 

筑波  秋博 /  佐野 勇斗
瑞沢高校のかるた部のメンバーのひとり。
三人の弟がおり、弟たちの前ではつい見栄をはってしまう。

 

我妻  伊織 / 清原 果耶

新の高校の後輩。
かるた界の準クィーンでかなりの腕前。

 

若宮 詩暢 / 松岡 茉優

かるたのクィーン(かるた界での女性の日本一)であり、千早の目標とする存在。
幼少期から厳しく育てられ、かるたを自分の友達のように大切に扱う。
千早と同じ変わったキャラクターグッズが大好き。

 

周防  久志 / 賀来 賢人

かるた界での最強の名人(かるた界での男性の日本一)であり、新の目標とする存在。
かなり声が小さいが、その分かるたでの聞こえが良い。
和菓子が大好きでいつも食べている。

 

須藤  暁人 /  清水 尋也
かるたの名門北央高校の元選手。
千早と対戦経験があるかるた選手でもある。
かなりのドSで有名だが、チームのエースとして慕われていた。

 

木梨  浩 / 坂口 涼太郎
須藤と同じ高校のかるた選手であり現在の主将。
千早と同じかるた道場に通っていたことがある。
細っこい外見からヒョロと呼ばれる。

 

宮内  妙子 /  松田 美由紀
千早たちの熱意におされ、瑞沢高校のかるた部の顧問になった先生。
千早たち部員に慕われている。

原田  秀雄 /  國村 隼
千早、新、太一が通っていたかるた道場の師匠。
明るくそして厳しい指導で、生徒たちに慕われている。
歳をとってもまだ、名人への道を目指している。

Sponsored Link

 

◯映画『ちはやふる 結び』のあらすじ

 

では、まずあらすじから。

 

「お願い、誰も息をしないで…」

 

クイーン位決定戦の予選に挑んでいた瑞沢高校かるた部の綾瀬千早(広瀬すず)は、心の中でそうつぶやいていました。

 

しかし、年下の強敵、我妻伊織(清原果耶)に敗れてしまいます。

 

そして迎えたクイーン位決定戦。

 

前年度の勝者である若宮詩暢(松岡茉優)と伊織が対戦しますが、圧倒的な強さで詩暢が勝利し、今年もクイーンの座に。

 

その隣では、男性の名人位決定戦も行われていました。

 

5連覇を賭けた周防久志(賀来賢人)に挑むのは、千早たちの師匠でもある原田秀雄(國村隼)

 

しかし、独特の札の取り方をする周防に敗れてしまいます。

 

東大生の周防は、大学1年でかるたを始めて3年で名人になった天才ですが、どこか人を見下したような話し方をする男。

 

千早がかるたを始めるキッカケを作ってくれた幼なじみの綿谷新(新田真剣佑)も会場に来ており、決定戦終了後に2人は再会。

 

しばらくかるたから遠ざかっていた新でしたが、千早たちの情熱に触れて、「自分も高校でかるた部を作って、全国大会で千早のチームと戦いたい!」と宣言。

 

そして、その直後に「好きや、千早」と想いを告白します。

 

その言葉を聞いた千早は卒倒してしまいますが、千早のことが好きな真島太一(野村周平)は遠目からその様子を見ていました。

 

4月を迎え、藤岡東高校の3年生となった新は、かるた部を創設。

 

準クイーンの伊織をはじめ、かるた経験者の男子3名を勧誘し、団体戦の人数を確保します。

 

いっぽう、部員全員が3年生という瑞沢高校かるた部にとって、新入部員の確保は死活問題。

 

誰も入部しなければ、来年から廃部になってしまうからです。

 

そこで千早と太一は、新入生説明会でかるたの魅力を必死にアピール。

 

太一のルックスに惹かれた1年生の女子がこぞって見学に訪れました。

 

しかし、見学者の中にいた筑波秋博(佐野勇斗)が千早を挑発。

 

千早はその挑発にのせられ本気を出してしまい、見学者の女子たちをドン引きさせてしまいます。

 

その結果、入部したのは筑波ただ一人でしたが、かるたには全く興味がないものの、太一に一目惚れをした花野菫(優希美青)も入部することに。

 

初めての新入部員によろこぶ3年生でした。

 

そんな中、どこか浮かない顔の太一。

 

東大医学部を目指す太一にとって、高校3年は受験勉強に専念しなければならない、とても大事な時期だったのです。

 

さらに、千早が新から何を言われたのかも気になっていて、ひとり悶々としていました。

 

ある日のこと。大江奏(上白石萌音)と千早の会話を偶然聞いた菫は、太一の気を引こうとして、2人の会話の内容を話してしまいます。

 

その内容とは、千早が新から「好きや」と告白された、というものでした。

 

それを聞いた太一は、勉強にも身が入らなくなってしまいます。

 

そんななか迎えた東京都予選大会。

 

千早たち3年生にとっては、最後の全国大会が懸かった大事な試合です。なんとしても予選を通過して全国大会に行くぞ!とチーム一丸となっていました。

 

しかし、会場に太一の姿はありません。

 

そこへ顧問の宮内先生(松田美由紀)がやって来て、太一が退部したことを千早たちに伝えます。

 

千早にとっては青天の霹靂でしたが、他のメンバーたちは気づいていました。

 

自分だけが知らなかったことに不満をつのらす千早でしたが、太一と同じ特進クラスの「机くん」こと駒野勉(森永悠希)が千早をひとまず説得。

 

チームの足並みが乱れたまま、太一のいない状況で、予選大会が始まってしまいました。

 

瑞沢高校はなんとかベスト4まで勝ち進みますが、最終戦は4校の総当たり戦。全国大会に進めるのは上位2校のみです。

 

瑞沢高校が苦戦をしいられる中、最後の対戦相手は名門の北央学園でした。

 

この試合に負けると予選敗退です。

 

しかし、自分のことしか考えていない新入部員の筑波が、運命戦の札合わせ(※自陣・敵陣の残り札がともに1枚となった際の戦術)で痛恨のミスを犯してしまい、北央学園に敗れてしまいます。

 

千早たち3年生にとっての競技かるたはここで終わってしまいました…。

 

Sponsored Link

◯映画『ちはやふる 結び』のラスト・結末(ネタバレ注意!)

 

以下、ネタバレ含みます。

 

ところが、すべての試合が終わってみると、北央学園以外の3校は1勝3敗で

同成績。

 

そこで、試合規定にもとづき、主将から順に勝ち数の多さで勝敗を決めることに。

 

机くんの勝ち数が他校よりも1勝多かったため、瑞沢高校はギリギリのところで全国大会行きの切符を手に入れることができました。

 

予選会の帰り道、太一と会った千早は、「今年で最後なんだよ。ずっと頑張ってきたのに…」と悔しい思いをぶつけますが、

 

「俺、お前のためにかるたをやってた。お前のためにかるた部つくろうと思ったんだ。けど、もうこれ以上やれない…」。

 

そう言って太一は去って行きました。

 

残されたメンバーだけで全国大会の優勝をめざす瑞沢高校かるた部の6人。

 

自分のことしか考えていなかった筑波も、そして太一が退部する原因をつくってしまった菫も、ともに心を入れ替えて練習に励むようになります。

 

いっぽう、太一の心の中には、かるたに対するモヤモヤしたものが…。

 

そんな時、太一が通う予備校で、名人の周防が講師として教壇に立ちます。

 

授業の後、太一は周防を尾行。

 

点字ブロックの上を歩き、障害物やすれ違う人にぶつかってしまう周防。

 

さらに、雑踏の音が聴こえすぎてしまうため、耳栓をしていることにも気づきます。

 

周防は視力が弱く、聴力を頼りにかるたをしていたのです。

 

そんな周防から太一は何かを学ぼうとしていました…。

 

滋賀県の近江神宮では、今年も全国高校かるた選手権大会が開かれようとしていました。

 

予選大会を勝ち抜いてきたチームが一堂に会します。

 

決勝戦に向けて、瑞沢高校が順調にコマを進めるいっぽう、新が率いる藤岡東高校も勝ち進んでいました。

 

同じ頃、太一は京都の予備校で周防のアシスタントをしていました。

 

授業が終わり、周防は小野小町の和歌を黒板に書いて、「世界には二度と取り戻せない光がある」と話しはじめました。

 

そして太一に向かって「君はこんなところにいていいのか?」と問いかけました。

 

その言葉を聞いてハッとした太一は、近江神宮へと急ぎます。

 

瑞沢高校は決勝戦まで勝ち進みますが、対戦相手は藤岡東高校でした。

 

両校とも作戦を練りながら、選手の順番を書いたオーダー表を作成。

 

オーダー表の提出を任された奏の手はケガで腫れあがっていましたが、そんな奏の手からオーダー表を抜き取る人物が…。

 

いよいよ決勝戦が始まり、選手の順番が読み上げられます。

 

瑞沢高校の1番手は、チームのムードメーカーである「肉まんくん」こと西田優征(矢本悠馬)。2番手は新入部員の筑波。そして3番手は千早。

 

千早の対戦相手は、クイーン位決定戦の予選で千早をやぶった伊織でした。

 

まさしく因縁の対決。

 

4番手は奏のはずでしたが、呼ばれたのは…

 

太一の名前でした。

 

オーダー表を提出する直前、太一が書き直していたのです。

 

そんな太一の対戦相手は、幼なじみの新でした。

 

太一が戻ってきたことに驚きを隠せない千早たちですが、これで瑞沢高校かるた部が全員揃いました。

 

5番手には机くんがつき、決勝戦がスタート。

 

千早の掛け声でメンバーたちにも気合が入ります。

 

しかし、決勝戦だけあって苦戦をしいられる瑞沢高校。

 

千早の得意札である「ちはやぶる」まで伊織に取られてしまい、流れは完全に藤岡東高校のペース。

 

それでも一心不乱でがんばる千早の姿をみた太一は、周防の言葉を思い出しました。

 

「本当に強い人間は、周りも強くする。後輩には希望を与え、相手には敬意を払い、仲間には勇気をくれる」

 

それはまさしく千早のことだ…

 

ところがその直後、5番手の机くんが敗れてしまいます。

 

残りの4人も不利な状況に追い込まれていましたが、互いに声を掛け合って状況をひっくり返し、なんとか4人とも運命戦にもつれ込みます。

 

チームの勝敗を決定づける札合わせ。2枚のうちどちらを送り札(※敵陣の側に置く札のこと)にするか、部長である太一に委ねられました。

 

残った札は、

 

『しのぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで』

 

『恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか』

 

偶然にも1000年前に天徳内裏歌合で競い合った2首でした。

 

太一が選んだ札は『しのぶれど』。

 

団体戦では3人が勝てば勝利できるため、肉まんくんだけ『恋すてふ』の札を自陣に置き、残りの3人は『しのぶれど』の札を自陣に置きました。

 

そして読まれた札は・・・『しのぶれど』。

 

その結果、3勝2敗で瑞沢高校が決勝戦を制し、会場からは祝福の拍手が沸き起こります。

 

全国大会終了後のロビーでは、負けた高校の生徒たちが顧問の先生の前で悔し泣きをしたり、引退する3年生が後輩たちに作戦ノートを引き継いだり。

 

そんな光景を見ながら、卒業後の進路がまだ決まっていない千早は何かを考えていました…。

 

近江神宮の楼門の前には千早、太一、新の姿が。

 

半年前の告白の返事をするよう太一が促すと、

 

「もっと強くなって、若宮詩暢みたいに人に強さをあげられる人になりたい!そして、世界一になりたい!」

 

と答えになっていない返事をする千早。

 

そして新も、「ライバルに負けたままではいられない。名人位決定戦の予選で勝負しよう」と太一に宣言して去っていきました。

 

 

それから5年後。全国高校かるた選手権大会で、瑞沢高校かるた部の顧問として生徒たちに檄を飛ばしていたのは、第66期クイーンとなった千早でした。

 

End

 

Sponsored Link

◯映画『ちはやふる 結び』の感想・まとめ

 

ネタバレを含みつつ、あらすじなどについてご紹介しました。

 

『上の句』、『下の句』ともに、青春映画としても完成度の高い作品でしたが、その続編であり完結編でもある『ちはやふる 結び』も非常に良くできた作品でした。

 

その大きな要因が、登場人物ひとり一人の実在感だと思います。

 

どの人物もちょっと変わっているけれど、かるたへの情熱だけは熱く、かるたと真摯に向き合っている。

 

そういうキャラクターづくりの下地が完璧であるがゆえに、個性の部分が変に浮き上がってこないわけで、

 

例えば、松岡茉優演じる若宮詩暢も、コミカルな台詞を連発していながらも、クイーンとしての貫禄がちゃんと伝わってくるのだと思います。

 

『下の句』から2年。その間のことは映画では直接描かれていませんが、千早たちが努力を重ね、着実に成長してきた姿が競技かるたのシーンからも伝わってきて、とても説得力がありました。

 

高校3年生という設定も絶妙で、卒業後の進路を決めなくてはいけない大事な時期であり、全国大会に出場できる最後のチャンスでもある。

 

そんな限られた時間に情熱をそそぐ主人公たちの姿にも胸が熱くなります。

 

太一が退部したことで、これまでのクラブ活動に対する自信がゆらいでいた千早に、『かるた部で過ごした時間は宝物です!』とまっすぐな瞳で奏が答えるシーンでは涙が止まりませんでした。

 

千早たち3年生が宝物のように作り上げてきた瑞沢高校かるた部を、次の代となる新入部員たちに引き継いでいくのも感動的に描かれていますが、

 

百人一首が1000年の時を越えて歌い継がれてきたように、瑞沢高校かるた部が次の代、そして次の代へと確実に受け継がれていたことが確認できるラストにもジーンときます。

 

欲を言えば、千早以外のメンバーたちのその後も知りたかったかな。太一と新は名人になれたのか? 机くんや奏ちゃん、肉まんくんはどんな未来を歩んでいるのだろうか?

 

恋、仲間、友情、挑戦、挫折、苦悩、未来…

 

誰もが経験してきた10代という貴重な時間を、本当の10代の役者たちが情熱をそそいで作り上げた『ちはやふる』三部作。本当に素晴らしい作品でした。

 

>映画『ちはやふる』上の句・下の句の無料動画を視聴する

 

映画Hackオススメ動画!

映画『昼顔』を無料で視聴する方法はコチラ↓↓

『新感染 ファイナルエクスプレス』を無料視聴する↓↓

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール