『わたしは、ダニエル・ブレイク』のフル動画を無料視聴する方法!評価・感想レビュー

ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

 

この作品は、社会派のケン・ローチ監督が引退を撤回して製作し、カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞。

 

イギリスでも深刻な貧困と格差の問題に焦点をあてて、貧しいながらも寄り添いあって助け合う市民の姿を描いた感動作です。

 

今回はそんな話題の人間ドラマ『わたしは、ダニエル・ブレイク』のフル動画を無料で視聴する方法と、

あらすじとキャスト、そして作品を観た感想・評価レビューなどを合わせて紹介します。

 

 

◯『わたしは、ダニエル・ブレイク』の作品情報

 

◆出演者・キャスト

 

ダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)

イギリスのニューカッスルに暮らす59歳の大工。

心臓発作をきっかけに職を失い、国からの援助を受けよとしますが、

理不尽で複雑な制度に翻弄され、経済的にも精神的にも追いつめられてしまいます。

 

 

ケイティ・モーガン(ヘイリー・スクワイアーズ)

ニューカッスルに越してきたばかりの、2児を育てるシングルマザー。

厳しい生活状況ながらも生活保護を受けることができず、子供のために自分を犠牲に。

 

◆あらすじ

イギリス北東部のニューカッスルに暮らすダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)

 

59歳のダニエルは、妻に先立たれ、現在は一人暮らし。大工仕事で生計を立ててきましたが、心臓発作でドクターストップに。

 

国からの援助を受けるため行政の窓口に出向きますが、理不尽で複雑な制度が立ちふさがり、必要な援助を受けることができずにいました。

 

そんな時、ニューカッスルに越してきたばかりの、身寄りも仕事もないシングルマザーのケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)と偶然出会います。

 

慣れない土地で道に迷ってしまい、担当者との約束の時間に遅れてしまったと釈明するケイティに対して冷たい対応の担当者。

 

その一部始終を見ていたダニエルは、一緒になって担当者に抗議をしますが、2人とも追い出されてしまいます。

 

ケイティは娘と息子の3人暮らし。ロンドンのホームレス宿泊所で暮らした後、ニューカッスルにやって来ました。

 

ケイティが越してきた家まで荷物を運んであげたダニエルは、ケイティからロンドンでの過酷な生活ぶりを聞かされます。

 

越してきた家は役所からの紹介物件でしたが、あちこち傷んでいるため、大工であるダニエルは無償で修理をしてあげることに。

 

お金のないケイティは、ダニエルを夕食に招き、ささやかながらも感謝の気持ちを伝えます。

 

しかし、少しでも食費を削るため、自分は外で食べてきたと嘘をつき、果物だけで飢ぐケイティでした。

 

そんなケイティを心配したダニエルは、ケイティと子供たちを連れてフードバンクへ。

 

フードバンクとは、品質には問題がないのに、規格外だったり賞味期限が残りわずかなどの理由で廃棄されている食品などを企業から引き取って、食事に困っている人やホームレスなどに無償で提供するボランティア団体のこと。

 

生活に必要な日用品や食料品の配給を受けるケイティでしたが、空腹に耐えきれずに…

 

◯『わたしは、ダニエル・ブレイク』の予告動画

 

◯『わたしは、ダニエル・ブレイク』の感想・見どころ

社会の片隅で必死に生きている人々に焦点を当ててきたケン・ローチ監督。

 

引退宣言を撤回してまで『わたしは、ダニエル・ブレイク』を作ろうと思った現代社会への強い怒りが、この作品を観ると伝わってくると思います。

 

真面目に生きてきた主人公が、働けなくなって国から支援を受けようとしても、理不尽で複雑なシステムがそれを阻む。

 

子育てと仕事の両立に苦しむシングルマザーを追いつめていく社会の構造。

 

広がる格差の中で、貧しさによって人間の尊厳が奪われていく過程がリアルに描かれていましたが、どんなにつらい状況でも、人間としての尊厳と思いやりだけは忘れない主人公の言動に心を打たれました。

 

どうしてこんなに生きづらい世の中になってしまったのだろう?

 

現代人が失いかけている助け合いの精神について気づかされました。

 

ダニエルやケイティの日常が淡々と描かれ、過剰な演出や音楽などは一切ありませんが、俳優陣のリアルな演技にぐいぐい引き込まれてしまいました。

 

失業や貧困などの問題は、誰にでも起こりえます。

 

映画はそのまま日本にも置きかえられる内容で、決して他人事ではないと思いました。

 

ケン・ローチ監督の作品を観たことがない人にも、是非観てほしい作品です。

 

 

◯『わたしは、ダニエル・ブレイク』の評価・口コミ

 

実際に作品を視聴した方々の感想です。

 

50代後半/男性
 
総合評価 ★★★★☆(4.0)

ゆりかごから墓場まで」そう社会の授業で教えられて、高負担・高福祉国家の代表であったはずのイギリスの現状がこの映画です。

社会保障費を削るための行政の手口として、いきなり制度を変えたり額を減額したりはしません。

まず、福祉行政に携わる人数を削って、申請手続きに条件を付けて社会保障を受けにくくします。

そもそも病気や障害を持った人に何カ所もの窓口を回って様々な書類を集めさせる、申請はオンラインのみ、とする時点でかなりの体力と知識を必要として、社会保障を受けていただこう、というよりも”恵んでやってるんだから自分で全部やれ!”と言わんばかりの対応です。

主人公も彼を取り巻く人々も何も悪いことをしていませんが、それなのに行政から援助を受けることができず苦しみます。

最後には「私は人間です」と言わなければいけないほど追い詰められてしまうシーンはなんとも言えない気持ちになりました。

でもこれ外国の話だけとは言い切れないと思います。

日本でも保育園の入所一つでもあちらこちらで書類を集めて、仕事を休んで申請に行っても待機に回されてしまうことがありますよね。

一生懸命働いた人が福祉を受ける立場になったとき、苦しまずに福祉を受けることができる世の中にならなくてはダメだと心底思いました。

ダニエル・ブレイクの姿は誰にとっても明日の自分の姿かも知れないのですから。

…ということをこの映画をみながらつくづくと考えさせられました。

 

40代後半/女性

総合評価 ★★★★☆(3.8)

心臓の持病があるけれど国からの審査が通らず求職者手当をもらえない主人公のダニエル、そしてシングルマザーで2人の子どもを抱えていて明日食べる物にも困るケイティなど、社会的に立場の弱い本当に助けが必要な人が、矛盾した制度のおかげで助けることができないもどかしさを赤裸々に描いている映画です。

これはイギリスの話ですが、外国で起きている全然次元の違う話とは思えない深刻さ、リアルさを感じずにはいられませんでした。

日本と制度は違うけれど、誰にとっても身近になりえる問題であり、同じ苦しみややるせなさが世界のどこにでも存在していると考えさせられます。

映画自体はドキュメンタリーのように淡々と進んでいきますが、厳しい現実を懸命に生きようとする人々に寄り添い、このままではいけない、変えなくてはいけないというケン・ローチ監督の強いメッセージを感じることができました。

観た後に作り手の思いが強く心に残る素晴らしい映画です。

 

36歳/女性

総合評価 ★★★★★(5.0)

私はこの映画がとても感動して2回も観てしまいました。とてもクリアな内容かつ現実味のある内容です。

人と人との支え合うことの大切さ、そして人間の弱さ、それらを考えさせられる映画となっています。

笑いや娯楽といった意味では、この映画にその要素はないかもしれませんが物静かに社会というものに対する強い訴えを感じる作品でした。

見事にリアルな情景が描かれていますので映画でありつつも現実的に起こりうるストーリーですからイメージしやすく、観る側にとっても引き込まれるものがあります。

もし自分がこの立場にいたらどう考えるだろう…そんなことを考えさせられました。

社会とは何か、国家とは何か、そういったスケールで物事を考えることが出来たので、私自身の人生観というものに関しても感慨深いものがありました。

この映画の色合いや風景がまた、そういった気持ちを盛り上げてくれる雰囲気となっていましたので、その点も素晴らしいと感じました。ストーリーと映画の雰囲気がマッチしています。

 

20代後半/男性

総合評価 ★★★★☆(4.0)

この映画はイギリスを舞台にした貧困に苦しむ人を題材にした作品になりますが映画としては現実的な感じでありリアルにこの様な事が起きているのかと言うのが伝わってくる作品になっています。

どちらかと言えばドキュメンタリー映画に近い作りになっているので、貧困やイギリスの現状を知りたい方などにはオススメ出来る映画であると言えますが、安易なハッピーエンドを望むような方にはオススメしません。

他人事では無いリアルがそこにあり、今の時代世界を問わず問題になっている心の叫びをそのまま具現化した作品になりますので、心にガツンと来る衝撃を感じました。

他人に対しての接し方を考えさせられましたのでメッセージ性がとてもある映画でした。

 

 

 

◯違法アップロードされた無料動画に注意

海外の無料サイトにフル動画がアップロードされていた場合、その多くは違法アップロードされた『著作権侵害』のコンテンツである可能性があります。

 

なので場合によっては違法アップロードした本人だけでなく、ダウンロードした人も罪に問われる可能性がありますのでくれぐれもご注意ください。

 

ちなみに海外の違法サイトにアップロードされた動画などを視聴すると、遠隔操作ウィルスに感染して、パソコン操作ができなくなってしまう可能性があるのでそちらの方も注意してくださいね。

 

つまりこういった海外サイトで無料動画を楽しもうと思ったらそれなりにリスクがあるということです。

 

 

◯『わたしは、ダニエル・ブレイク』動画を無料視聴する方法

ここでは映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』のフル動画を安全に無料視聴する方法を紹介します。

 

無料視聴というと、どうしても違法アップロードされた無料動画を想像してしまいますが、そういった類の動画ではありません。

 

大手一部上場企業が運営している「U-NEXT」という動画配信サービスです。

 

本来は月額1,990円かかる有料サービスなのですが、今なら31日間無料トライアルというキャンペーンを実施中なので、これを利用すれば最初の31日間だけ基本料金がタダ

 

さらに『わたしは、ダニエル・ブレイク』のような新作映画も、ポイントを利用すれば無料で視聴できます。

 

詳しくはこちらへ↓↓

映画が観るのが好きな人なら
動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

 

いまなら31日間無料トライアルに登録すると
月額1,990円の見放題コースが
初月31日間だけ無料でお試しできますので
スマホやタブレットで映画やドラマが見放題!

 

もちろん入荷したばかりの新作映画も
最初にもらえる600ポイントを利用すれば
無料で視聴できます。

 

もし試してみて必要なかったら、
無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません

 

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓ 
>>まずは31日間だけ無料でお試し

 

無料トライアルの利用条件や
退会方法を知りたい人はこちらへ↓
>>U-NEXTの31日間無料トライアルについて

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール