『デトロイト』映画のネタバレ(あらすじ・結末)と感想!

映画『デトロイト』のネタバレです!

 

アメリカ史上最大級の暴動中に起きた「アルジェ・モーテル事件」を描いた衝撃作『デトロイト』。

 

メガホンをとったのは、アカデミー賞で女性初の監督賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督。

 

徹底的にリアリティを追求し、まるでその場にいるかのような臨場感と緊迫感が伝わってくる作品です。

 

今回はそんな映画『デトロイト』の詳しいあらすじやネタバレについて触れていきたいと思います。

 

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので映画を見ていない方はご注意ください。

 

Sponsored Link

 

『デトロイト』のあらすじ

 

物語の舞台は、1967年7月のアメリカ・デトロイト。

 

街では、差別的な扱いを受けている黒人と白人警察とが一触即発の状況でした。

 

そんな中、デトロイト警察は、黒人オーナーが経営する非合法な酒場を摘発。

 

店内にいた黒人の客らを強制的に連行しますが、それを見ていた近所の住人らが不当逮捕と訴えて猛抗議。

 

誰かが投げた酒瓶をきっかけに、黒人による暴動へと発展してしまいます。黒人たちの不満はそれほどまでにたまっていました。

 

黒人政治家が事態の鎮静化を呼びかけますが、暴動はますます拡大。警察だけでは手が回らず、軍の州兵も動員して鎮静化を図ります。

 

暴動発生から2日。市内をパトロールしていた白人警官のクラウス(ウィル・ポールター)とフリンは、店から商品を盗み出す黒人青年と遭遇。

 

クラウスはその青年を追跡しますが、無抵抗にもかかわらず発砲。その後、青年は死亡してしまいます。

 

それを知った上官はクラウスを厳しく叱りますが、クラウスは正当防衛を主張して切り抜けます。

 

暴動発生から3日目の夜。食料品店の警備員をしているディスミュークス(ジョン・ボイエガ)は、暴徒による商品略奪に備えて夜通しで警備にあたっていました。

 

その頃、街のライブ会場では、黒人グループの「ザ・ドラマティックス」が出番のスタンバイを。

 

ところが、暴動の影響で観客が帰宅できなくなることを危惧した警察がライブ中止の命令を出しました。

 

自分たちの出番を目前にライブは中止。観客はもちろん、ザ・ドラマティックスのメンバーも家路へと向かいますが、メンバーを乗せた路線バスが暴徒の標的になってしまいます。

 

メインボーカルのラリーと親友のフレッドは、路線バスを降りて、近くにあった「アルジェ・モーテル」の一室を借りて一時的に避難。

 

そのモーテルは黒人の若者たちで賑わっていましたが、白人女性も2人泊まっていました。

 

彼女らをナンパしたラリーとフレッド。誘われるまま部屋に行くと、中には5人の黒人の若者がいました。

 

微妙な空気が流れる中、その中のひとりカールが銃を取り出し、白人警官のマネをして仲間のリーに発砲。みんなを驚かせますが、それはオモチャの銃でした。

 

この悪ふざけに腹を立てたラリーとフレッドは自分たちの部屋へ。

 

いっぽう興奮が冷めないカールは、モーテルから100mほど離れた路上で警戒中の警官隊に向かってそのオモチャの銃を発砲してしまいます。

 

その銃声は、静まり返る街に鳴り響きました。

 

ちょっとしたイタズラのつもりでしたが、デトロイト警察は狙撃犯による銃撃と判断。

 

多くの州兵とともにアルジェ・モーテルを包囲し、灯りのついている部屋へと発砲しはじめました。

 

モーテル内にいた9人の宿泊客はそれぞれ床に伏せますが、怖くなったカールはオモチャの銃を隠して1階へと降りていき、逃走を図ります。

 

ちょうどその時、銃を持って建物内に侵入してきたデトロイト警察のクラウスが逃げようとするカールを目撃。クラウスはカールに発砲してしまいます。

 

クラウスはカールの所持品を確認しますが、銃は持っていませんでした。

 

クラウスは、正当防衛による発砲であったことにするため、遺体の脇にナイフを置いて偽装工作。

 

ちょうど同じ頃、事件のことが気になる警備員のディスミュークスは、銃を持ってモーテルに向かいます。

 

そこでカールの遺体を見つけたディスミュークスでしたが、正当防衛だったと説明するクラウスの言葉をひとまず信じ、捜査の行方を見守ることに。

 

いっぽうクラウスは、同僚のフリンとデメンズに指示を出し、モーテル内にいた宿泊客を1階に集めました。

 

黒人男性はラリー、フレッド、オーブリー、マイケル、リー、グリーンの6人、白人女性はジュリーとカレンの2人。8人は両手を上げさせられて壁一列に並ばされました。

 

「銃で撃ったのは誰だ?銃はどこだ!」とクラウスによる高圧的な尋問が始まります。

 

Sponsored Link

 

『デトロイト』のラスト・結末(ネタバレ注意!)

以下、ネタバレ含みます。

 

 

仲間のカールが射殺されたことに動揺を隠せない8人でしたが、発砲については全員口を閉ざしたまま。

 

デトロイト警察のフリンとデメンズ、さらには警備員のディスミュークスも加わり、部屋の隅々まで捜索しますが、銃は見つかりません。

 

カールを撃ってしまったクラウスは、なんとしてでも銃を見つけなくてはならないため、暴力的な手段で8人に圧をかけていきます。

 

一人ずつ別室に連れてき、銃を向けて自白を強要しますが、なかなか口を割らないため発砲。

 

しかし実際には撃っておらず、他の宿泊客に精神的恐怖を与えるための脅しでした。

 

明らかに異常で暴力的な尋問ですが、もはや止められる状況ではありません。

 

そんな中、クラウスはデメンズに別室での尋問を指示しますが、デメンズは誤ってオーブリーを射殺してしまいます。

 

銃が発見することができない中、2人の死者まで出してしまい、さすがにマズいと判断したクラウスは、一人一人に固く口止めをして解放。

 

しかし、最後に残されたフレッドが反抗的な態度を見せたため、撃ち殺してしまいます。

 

捜査の行方を近くでずっと見ていたのに、ディスミュークスは何もすることができませんでした…。

 

その後、解放されたラリーは他の警官に保護されて病院へ。射殺されたオーブリーの家族には、彼の死が知らされます。さらに、ディスミュークスは事件の容疑者として留置所へ。

 

デトロイト警察のクラウス、フリン、デメンズも、事件についての取り調べを受けますが、口裏を合わせて事態を乗り切ろうと提案するクラウスに対して、デメンズとフリンは正直に自白。

 

クラウスとフリンは逮捕され、3人は裁判にかけられます。

 

ラリーの家にも裁判所からの召喚状が。証人として呼ばれた宿泊客は、警官による暴力的な尋問について証言しました。

 

しかし、被告人側には有能な弁護士がついており、彼らの証言の曖昧な点などを突いてきます。

 

裁判長も陪審員もすべて白人であったため、黒人にとっては不利な裁判となることが予想されていましたが、

 

その予想通り、暴行および第一級殺人について無罪が確定しました。

 

クラウスらが喜びを分かち合ういっぽう、傍聴席で判決を聞いていたディスミュークスは、何もできなかった責任の重さに耐え切れずに嘔吐してしまいます。

 

その後、ザ・ドラマティックスはレコード会社と契約を結びますが、「白人が踊るための歌を歌いたくない」と言ってラリーはグループから脱退。

 

ザ・ドラマティックスは人気グループへ駆け上がりますが、ラリーは小さな教会の聖歌隊として歌い続ける人生を選びます。

 

ディスミュークスは、その後も警備員の仕事に。

 

そして、無罪となった3人の警官はデトロイト警察を退職。その後、オーブリーの家族に5千ドルの賠償金を払う判決が下されました。

 

End

 

Sponsored Link

『デトロイト』の感想

 

ネタバレを含みつつ、あらすじなどについてご紹介しました。

 

自動車産業の繁栄とともに栄えたアメリカのデトロイト。

 

仕事を求めて多くの黒人たちが移住してきた街ですが、こんなにも根深く人種間の溝が形成されていて、差別による黒人たちの不満がこれほどまでにたまっていたとは…

 

その不満が爆発し、アメリカ史上最大級の暴動へと発展する瞬間の映像は、まるで表面張力で保たれていたコップの水がこぼれ出す瞬間のようで、黒人たちの精神状態がギリギリだったことが伝わってきます。

 

そして50年経った現在でも、アメリカ市民の間にはお互いの人種に対する差別や偏見、恐怖や不信が根強く残っていて、白人警官による黒人射殺事件が後を絶たない状況にも心が痛みます。

 

差別主義者の警官・クラウスの言動と裁判の判決には怒りがこみあげましたが、それはクラウス役を演じていた若手俳優ウィル・ポールターの表情と演技力の賜物。

 

ふてぶてしい態度と憎たらしい顔つきだけでも腹が立ってきます(笑)。

 

『メイズ・ランナー』でも憎たらしい悪役を演じていましたが、今後もウィル・ポールターから目が離せません。

 

また、『スター・ウォーズ』のフィンとして人気を誇るジョン・ボイエガも、警官と被害者の間に立たされた複雑な立場のディスミュークスという人物を熱演。

 

正義感を持っていながら、どうすることもできない心の弱さが伝わってきました。

 

暴力的な描写も多く緊張感が続く作品ではありますが、歌手のラリーが登場するシーンで披露される歌声はどれも心にグッときて、見事にバランスが取れていたように思います。

 

アメリカ社会を知るうえで、観ておくべき作品です。

関連記事