『ドクター・ストレンジ』のネタバレ!ラスト結末と感想を紹介

マーベルコミック原作の
実写映画『ドクター・ストレンジ』

ついに日本でも公開となりますね!!

 

マーベルコミック系の実写映画は
人気が高いだけに
内容が気になる人も多いと思います!!

 

今回はいち早く
そのネタバレ情報を入手したので
さっそくお伝えしたいと思います!

 

映画『ドクター・ストレンジ』の
ストーリーとラスト結末までお伝えします。

 

ラスト結末までネタバレしますので
これから映画を見ようとしている方はご注意ください。

Sponsored Link

◯登場人物

・ストレンジ:ベネディクト・カンバーバッチ

・エンシェント・ティルダ・スウィントン

・モルド:キウェテル・イジョフォー

・カエシリウス:マッツ・ミケルセン

・クリスティーン:レイチェル・マクアダムス

 

◯あらすじ・ストーリー(序盤)

[魔法書の盗難]

ネパールの秘境カマルタージ。

 

ある日、カマルタージに所属していた
カエシリウスたちによって
禁忌の魔法書ページが盗まれてしまった。

 

彼らは闇の王ドーマムゥを崇拝し
盗まれたページにはドーマムゥの召喚方法が
記されていた。

 

最高指導者のエンシェント・ワンは
圧倒的な魔術を駆使して阻止しようとするも
カエシリウスたちに逃げられてしまう…。

 

ーー
[天才外科医]

天才外科医のスティーヴン・ストレンジは
これまでに数々の手術をこなしてきた。

 

彼の手にかかればどんな難しい手術でも
必ず成功させてしまう。

 

ときには同僚医師の手に負えない患者も
天才的な外科技術を駆使して救ってきた。

 

だが天才ゆえに同僚を見下すような
発言をしてしまうことも多々あった。

 

さらに他人に対しては常に上から目線。

 

そんな性格であったため、
同僚で恋人のクリスティーンからも
たびたび注意を受けていたが、
慢心していた彼は耳を傾けようとしない。

 

そんな絶好調のストレンジだったが
人生を狂わせる大変な事件が起きる。

 

[人生の転落]

ある日、ストレンジは講演にいくため、
音楽を聞きながらスポーツカーを運転していた。

 

だが突然、携帯電話が鳴ったことで
注意をそらし対向車と衝突してしまった。

 

スポーツカーは横転して大破。
ストレンジは瀕死の状態で救急搬送された。

 

幸い命だけは助かったものの
目が覚めるとストレンジの両手は
重度の神経損傷でほとんど動かない…。

 

ショックを受けた彼は両手を治すため
ありとあらゆる治療を施してみる。

 

しかし貯蓄をつかい高額治療を受けるものの
両手は一向に良くならない。

 

しまいには金も底を尽き、
医師からも見放されてしまった。

 

外科医としての道が断たれたストレンジは
人生に絶望していた。

 

励まそうとするクリスティーンにも
暴言をはいて当たり散らし、
彼女もストレンジの元から去っていった。

 

すべてを失ったストレンジだったが、
看護師から聞いた”ある話”を思い出す。

 

脊髄を損傷し下半身不随となった男が
ある日突然歩けるようになった話だった。

 

疑わしいと思いながらもストレンジは
下半身不随が治った男に会いにいった。

 

最初はとぼけたいた男だったが
ストレンジがしつこく聞き続けると
ある場所で精神を修行を受けたことで
両脚が治ったと話した。

 

そしてその場所はネパールの秘境
「カマルタージ」だと。

 

男に言われるまま
ストレンジはネパールへと向かった。

[カマルタージ]

なけなしの金でネパールのカトマンズまで
きたものの、カマルタージがどこにあるか
さっぱりわからない。

 

カトマンズの人達に
カマルタージの場所を聞いてみるが
誰もその場所を知らない。

 

途方に暮れていたストレンジは
人気のない路地に差し掛かったときに
外国人を狙った窃盗グループに襲われてしまう。

 

窃盗グループから容赦のない
リンチをうけるストレンジだったが
突然ローブを身にまとった男に助けられた。

 

男の名はモルドといい
カマルタージの場所を知っていた。

 

モルドに導かれるまま
ストレンジはカマルタージへたどり着いた。

 

[エンシェント・ワンとの出会い]

そこは修道所のような古い建物。

 

多くの修行僧のような人々が
修行を行っていた。

 

ストレンジは最高指導者である
エンシェント・ワンに会った。

 

エンシェント・ワンは女性だが
剃髪しその風格は威厳にみちていた。

 

彼はさっそく下半身不随の男を
どうやって治療したのかと
エンシェント・ワンに尋ねてみた。

 

すると彼女はマントラ図を見せながら、
肉体と魂はつながっていて
「魂を癒やす」ことで自ずと肉体も
治癒されていくのだと説明した。

 

西洋医学をまなび尽くし、
目に見えるものしか信じないストレンジは
あまりにスピリチュアルな回答に唖然。

 

有り金はたいて片道切符できたのに
チャクラや神秘エネルギーなどくだらない!
と激怒した。

 

するとエンシェント・ワンは
ストレンジの胸に手を当てたかと思うと
彼の魂をアストラル次元という精神の世界に
飛ばしてみせた。

 

心と肉体を分離された世界。

 

そこは終わりのない空間世界で
善と悪、時間すらも包含するまさに神秘だった。

 

エンシェント・ワンの力に
すっかり魅了されたストレンジは
この力を自分にも教えてほしいと頼む。

 

だがエンシェント・ワンはそれを断った。

 

ストレンジがかつての弟子カエシリウスに
似ているからだった。

 

カエシリウスは弟子だったが、
彼女を裏切って魔法の力を悪用していた。

 

さらに魔法書を盗んで
世界を破滅に導こうとしていた。

 

魔力に魅了されたものはその力を悪用する。

そうした不安がエンシェント・ワンにあった。

 

だがモルドはストレンジならきっと
カエシリウスを倒すだけの力があるに違いない
とエンシェント・ワンを説得する。

 

彼女は悩んだすえ、
モルドが面倒をみることを条件に
ストレンジの弟子入りを許可した。

[魔法の修行]

弟子入りしたストレンジは
時間があれば魔法書を読みあさった。

 

彼の目的はあくまで両手を治すこと。

 

ストレンジは魔法の修行をしつつ
両手を治療する方法を模索していた。

 

彼は司書のウォンから禁じられいた
秘術までも次々と学んでいった。
だが実技トレーニングでは
慣れない修行に戸惑うストレンジ。

 

空間移動のコツがなかなつかめない。

そんな彼にエンシェント・ワンは
エベレストのてっぺんに放置するという
荒療治にでた。

 

そこでは人間は13分間しか生存できない。

ストレンジは極限のなか空間移動を体得して
みごと生還してみせた。

 

次にストレンジは
現実の世界と対をなす鏡のような世界で
好きなように空間を形成できる
ミラー・ディメイションのトレーニングを開始した。

 

さらにモルドから呪文シールドなどの
様々な魔法術を学んでいく。

 

ストレンジは魔法を学ぶ一方で、
未だに両手が治らないことに不満を抱いていた。

 

彼は盗まれたページになにかヒントが
あるに違いないと思い始める。

 

ストレンジは禁じられた魔法道具
「アガモットの目」をコッソリと持ち出した。
「アガモットの目」とは時間を自由に
操作することのできる道具。

 

それをつかい時間をさかのぼって
破られたページを復元してみることにした。

 

すると破られたページに書かれていたのは
闇の王ドーマムゥについてだった。

 

このとき、ウォンとモルドが現れて
時間の魔法を利用したことを強く叱責し、
これ以上調べることをやめさせた。

 

しかたなくウォンとモルドは
ドーマムゥについて
ストレンジに詳しく説明をした。

 

ドーマムゥはダーク・ディメンションという
異次元世界を支配する悪の王で
地球を支配しようと狙っていた。

 

エンシェント・ワン率いる魔法使いたちは
ロンドン・ニューヨーク・香港に拠点をつくり
軌道上に結界シールドを張り巡らせて
ドーマムゥが地球に侵入するのを防いでいた。

 

そしてドーマムゥを崇拝する
カエシリウス一派は結界シールドを破壊して
ドーマムゥを地球に召喚しようと企てていた。

 

すでに彼らによって
ロンドンの結界は破られて
残るはニューヨークと香港の2つのみ。

 

そう話をしているときに
突然カエシリウス一派があわれ
ストレンジはニューヨークの結界拠点に
空間移動で飛ばされてしまった。

 

◯あらすじ・ストーリー(中盤)

[カエシリウスとの戦い]

カエシリウスたちは
ニューヨークの結界を破ろうとしていた。

 

ストレンジは彼らの戦いに加わる気は
なかったが兄弟子をたすけるため、
やむなくカエシリウスと戦うことに。

 

未熟なストレンジだったが
結界拠点に展示れている魔法道具を
手当たり次第つかって対抗した。

 

だがカエシリウスの力はあまりにも強大で
ストレンジは次第に追い詰められていく。

 

そのとき展示されていた「マント」を
身にまとったことで
ストレンジははからずも強大な力を手に入れた。

 

「マント」には意思があり
ストレンジの代わりにすべて戦ってくれた。

 

そして「マント」で力で
カエシリウスを拘束することに成功する。

 

カエシリウスはストレンジに対し、
ドーマムゥを召喚する理由として

時間を支配するドーマムゥの力があれば
人類は永遠の命となり
地上にユートピアが訪れると力説した。

 

さらに最高指導者のエンシェント・ワンも
ドーマムゥの力を使っていると告げた。

 

動揺を隠しきれないストレンジ。
だがそのすきをつかれカエシリウス部下に
背中から武器で貫かれてしまう。

 

瀕死の状態のストレンジは
最後の力を振り絞って
恋人クリスティーンの元へ空間移動した。

 

その間「マント」が敵に覆いかぶさり
クビをしめていたが、敵は幽体離脱して
ストレンジの後を追ってきた。

 

今まで連絡のなかったストレンジが
突然あらわれて驚くクリスティーン。

 

だが瀕死の重症を負った彼を見るなり
すぐに手術室へ運んで手術をはじめた。

 

ストレンジは手術中に幽体離脱して
彼女に手術のアドバイスをした。

 

クリスティーンは驚きながらも
アドバイスに従い手術をおこなう。

 

このとき、ストレンジは追ってきた
カエシリウスの部下と戦う。

 

たがいに幽体離脱したままの格闘戦。

 

肉体と魂はリンクしていて、
ピンチになると心拍数が下がっていく。

 

何も知らないクリスティーンは
心臓を蘇生するため電気ショッカーをあてた。

 

するとそのエネルギーが魂に伝導して
ストレンジは電気エネルギーで
敵を倒すことに成功した。

 

無事に手術を終えたストレンジは
過去のことをクリスティーンに謝罪し、
現在に至るまでの経緯を説明した。

 

彼の口から次々と出てくるオカルト話に
クリスティーンは彼がカルト宗教にハマったと
心配してまともに取り合わない。

 

だがストレンジが去るときに
空間移動をみてようやく信じるように。

 

ストレンジは再びカエシリウスの元へ戻った。

[エンシェント・ワンへの疑惑]

だがすでにカエシリウスはいなかった。

 

かわりに幽体離脱中に戦った
カエシリウスの部下の肉体を見つけた。

 

相手はすでに息を引き取っていた。

 

悪人とはいえ命を奪ってしまったことに
医師として激しく自己嫌悪に陥る。

 

そこへエンシェント・ワンと
モルドが駆け付けよくぞカエシリウスを
撃退したとねぎらった。

 

だがストレンジは人を殺めてしまい
ショックを受けてそれどころではない。

 

ストレンジはカエシリウスの言葉を思い出し
エンシェント・ワンにドーマムゥの力を
利用しているかと問いただした。

 

エンシェント・ワンは言葉を濁して
ハッキリとは答えずにその場から去る。

 

ストレンジはモルドは
エンシェント・ワンがドーマムゥの力を
使った疑惑について再びはげしい口論となった。

 

そこへカエシリウスが再びやってきた。

 

[再びカエシリウスとの戦い]

そしてモルドとストレンジは
カエシリウスによって
ダーク・ディメンションの世界に
引きずり込まれてしまった。

 

2人はカエシリウスとたたかうが
カエシリウスのほうが圧倒的に有利。

 

追い詰められたストレンジは
カエシリウスにトドメをさされそうなる。

 

だがそのときエンシェント・ワンが
助けに入りストレンジの命は助かった。

 

エンシェント・ワンは
得意のミラー・ディメイションを駆使して
カエシリウスたちを圧倒的する。

 

戦況はこのまま有利にいくかと思いきや
カエシリウスは
エンシェント・ワンが戦っている最中に
彼女の身体を仲間ごと貫いてしまう。

 

意識を失ったエンシェント・ワンは
地上に落下した。

 

ストレンジは彼女をクリスティーンのもとへ
運びすぐに緊急手術となる。

 

だが状況は思わしくない。

 

ストレンジはエンシェント・ワンと
コンタクトと取るべく、幽体離脱をして
死の淵にいる彼女へ会いに行ってみた。

 

エンシェント・ワンはストレンジに
ドーマムゥからダーク・ディメイションの力を借りて、
これまで永く間生きてきたことを告白した。
その命もここで終わることも。

 

そしてドーマムゥを止められるのは
ストレンジしかいないと言い
時にはルールを抜け出すことも大切だと
ストレンジのやり方を認めた。

 

そういうとエンシェント・ワン
は静かに息を引き取った。

 

ストレンジは悲しみをこらえつつ
クリスティーンに別れをつげ、
カエシリウスを倒すために出発した。

 

魔法道具の「マント」を装着して。

Sponsored Link

◯ラスト・結末(ネタバレ注意!)

[ドーマムゥとの戦い]

ストレンジはモルドに
エンシェント・ワンの死を告げた。

 

だがモルドは悲しむどころか、
エンシェント・ワンの浅はかな偽善によって
カエシリウスが生まれたのだと彼女を避難する。

 

そのころ、カエシリウスによって
ニューヨークの結界も破られてしまった。

 

残るは香港だけ。
これが破られれば軌道上の結界シールドは
消滅しドーマムゥは侵略を開始する。

 

カエシリウスは香港に現れて
結界を守るウォンたちと対峙していた。

 

ストレンジとモルドは急いで
香港に行くが時すでに遅し。

 

最後の結界は破られて、
ドーマムゥは召喚され地球への侵攻が
始まっていた。

 

だがストレンジはここで禁断の魔法道具
「アガモットの目」を再び使い、
結界が破られる寸前まで時間を差し戻して
復元しようとする。

 

「時にはルールを抜け出すことも」
とのエンシェント・ワンの最後の言葉を
実行したのだ。

 

だがそれもカエシリウスによって
阻止されてしまった。

 

ドーマムゥが地球に近づくにつれ
地上のあらゆるものが空中に巻き上げられる。

 

いよいよ人類の危機がせまる中、
ストレンジは”最後の手段”を思いつき
「マント」を使って1人でドーマムゥの元へと向かった。

 

ドーマムゥは全身を炎で包まれたようは
巨大な”存在”だった。

 

ストレンジはドーマムゥに対して
「交渉したい」というが
もちろん相手は聞く耳を持たない。

 

ドーマムゥはすぐに攻撃して
ストレンジを木っ端微塵に消滅させた。

 

ところが消滅したはずのストレンジが再び現れ
さきほどと同じように「交渉したい」という。

 

困惑するドーマムゥはその後何度も
ストレンジを倒すが、
そのたびにストレンジは再び現れる。

 

ストレンジは「アガモットの目」を利用して
自分が倒されたら時間を差し戻すという、
時間の無限ループの仕組みをいつの間にか作り上げてた。

 

そしてそこへドーマムゥを
引き入れて抜け出せないようにワナを張っていた。

 

このままでここから抜け出せないと
焦ったドーマムゥはストレンジの交渉に
素直に応じた。

 

ストレンジの要求は
「地球から出ていけ。
ついでにおまえの崇拝者たちをつれていけ」
というものだった。

 

ドーマムゥは了承し地球から撤退して、
元の住処ダーク・ディメンションへ戻っていった。

 

すると地上にいたカエシリウスたちは
ドーマムゥによって一緒に連れて行かれてしまった。
断末魔の叫びをあげながら…。

 

カエシリウスとドーマムゥを
見事倒したストレンジを
兄弟子のウォンは心から賞賛した。

 

だがモルドは違っていた。

ドーマムゥを倒すためとはいえ、
禁断の魔法をつかったことを良しとしなかった。

 

魔術師としてストレンジたちと
生きる方向性を違いを確認したモルドは
カマルタージから去っていった。

 

ーー
カエシリウスとの戦いを終え
ドーマムゥの脅威も去り
地球に再び平和がおとずれた。

 

気がつくとストレンジの両手は治っていた。
彼の魂が癒されたことの証だった。

 

ここにストレンジは
「ドクター・ストレンジ」として
アベンジャーズとともに地球を守ることなる

 

End

Sponsored Link

 

 

◯映画『ドクター・ストレンジ』を無料で視聴する方法

ここで映画『ドクター・ストレンジ』を無料で視聴する方法を紹介します。

詳しくはこちら↓↓

映画が観るのが好きな人なら
動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

 

いまなら31日間無料トライアルに登録すると
月額1,990円の見放題コースが
初月31日間だけ無料でお試しできますので
スマホタブレットで映画やドラマが見放題

 

もちろん『ドクター・ストレンジ』などの新作映画も
最初にもらえる600ポイントを利用すれば
無料で視聴できます。

 

もし試してみて必要なかったら、
無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

 

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓ 
>>まず無料お試しで『ドクター・ストレンジ』を視聴する

 

無料トライアルの利用条件や
退会方法を知りたい人はこちらへ↓
>>U-NEXTの31日間無料トライアルについて

 

◯感想とまとめ

映画『ドクター・ストレンジ』を観たい感想です!

 

この映画をみた感想はというと…

エンシェント・ワン、カッケーーッ!!

ストレンジ、弱ぇ~~(笑)

カエシリウス、ダセェ~~…

ってな感じでした(笑)

 

まずエンシェント・ワンが
とにかくカッコイイ!!

 

 

本当は原作ではチベットの老人なのですが、
実写では女優ティルダ・スウィントンが演じています。

 

このティルダ演じるエンシェントワンが
黄色いローブをきて
ミラー・ディメイションを炸裂させる映像は
まさに圧巻!

 

間違いなくこの映画の
最大の見どころでしょう!!

 

終盤でマッツ・ミケルセン演じる
カエシリウスにやられてしまうのですが、

それも卑怯な手でやられてしまったので
本作では間違いなく最強の存在です。

 

次にちょっと残念なところ…

主人公ドクター・ストレンジと
悪役のカエシリウスでしょう。

 

まずストレンジですが、
まだ魔法を覚え立てで未熟なのは
仕方ないのですが、

魔法道具に頼りすぎ!!(笑)

ストレンジの力が増したのは
間違いなくの「マント」のおかげだし

終盤はとくに
「アガモットの目」だけでラスボスを
倒すなど
魔法道具がなければザコ
終わっていた可能性もあります!(笑)

 

もちろん卓越した記憶能力とIQで、
実力以上の戦力を構築する能力は
さすがだと思います。

 

それと本作はドクター・ストレンジの
「誕生編」に相当するので
まだストレンジの実力が発揮されていない。

 

なので続編では
きっとエンシェント・ワン以上に
大活躍してくれるに違いないですね!!

 

 

そしてカエシリウス。

終盤までは見事に悪役で活躍してくれました。
でもラスト結末…

ドーマムゥに
一緒につれていかれちゃった…

 

もちろんこれはストレンジの戦略なのですが
あまりにもマヌケすぎて思わず笑いが…(笑)

 

賢い悪役で魔法の力もすごいですが、
戦略に関してはストレンジ先生のほうが
一枚上手でしたね。

 

最後にドーマムゥ…

アンタ地球に何しに来たの…(笑)

 

ラスボスとして姿を現すも
アガモットの目で
何の見せ場もなくあえなく退散。

もうちょい戦ってくれても良かったかもね。

 

このように何かとツッコミどころ満載の
映画『ドクター・ストレンジ』ですが、
ストーリー自体はとても面白いです。

 

外科医だった男が人生に行き詰り
そしてヒーローに目覚める。

 

ストレンジの場合は他のヒーローとは異なり
努力型のヒーロー」とういうこと。

 

もともと素質自体はあったものの、
努力して修行と勉強を重ねながら
だんだんと魔法を身につけていく。

 

はじめからヒーローではありません。

 

小学生のお子さんたちが
この映画をみる機会があったなら
「ヒーローは努力して成るもの」
と思ってくれるとよいですね!!

 

そういった意味でも
親子そろって観ていただく価値のある
映画だと思っています。

 

2017年1月に日本公開なので
ぜひ映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

管理人評価
★★★★☆(4.0)

 

 

人気記事ランキング

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール