映画『エクス・マキナ』でキョウコ役の日本人の名前は?どんな人?

昨年2015年にイギリスで制作された新しい感覚のSFスリラー映画『エクス・マキナ』。

本年2016度の第88回アカデミー賞視覚効果賞を受賞した作品として大きな話題となりました。

日本でも6月11日から公開される予定です。

『エクス・マキナ』はSF映画ですが派手なアクションなどは一切ありません。

人口知能をテーマにした作品で、人口知能を搭載した感情表現豊かなロボットと人間との心の交流を描き、ロボットを1人の存在として尊重すべきかどうかを観客に問いかけています。

そしてその『エクス・マキナ』に登場するメイド役の”キョウコ”役がかなり美人だということでも話題になりました。

この”キョウコ”役はどんな人なのでしょうか?また日本人なのでしょうか?

今回は『エクス・マキナ』の日本人”キョウコ”役について名前とプロフィール、そして他の出演作品などを調べてみました。

 

キョウコ役の名前とプロフィール

キョウコ役の名前ですが、

ソノヤ・ミズノさんという方です。

kyouko2

 

 

国籍はイギリスで日系イギリス人の女優さんです。つまりハーフさんですね。

どうりで東洋人系の顔だちのなかにもなにかエキゾチックな雰囲気を漂わせています。

ちょっと黒木メイサさんを思い出しませんか?

 

誕生日は1988年7月1日(27歳:2016年当時)とまだまだこれからの女優さんです。

生まれは東京都のようですが、ご両親の都合ですぐに渡英してイギリスで幼少期を過ごしています。

幼いころからバレエ学校に通っていて有名なバレエ団などでも活動されていました。

 

ソノヤ・ミズノさんは『エクス・マキナ』の作中で、しなやかでスレンダーなスタイルを披露されています。

おそらくバレエ団で鍛えた肉体だからこそこのような素晴らしいスタイルになったのではないでしょうか。

 

20歳からはモデル活動もされています。

シャネルやイヴ・サンローラン、ルイ・ヴィトンなどの世界的ブランドのモデルもされていました。

なのでモデルとしてキャリアも相当なレベルほうですね。

昨年2015年にはアメリカの洋風ブランドで下着部門の「エアリー」でも広告キャンペーンを務められました。

 

女優として映画に出演したのは本作『エクス・マキナ』が初めてになります。

ソノヤ・ミズノさん演じるキョウコは作中では英語の話せない日本人メイドとされていますが、彼女自身は幼少期からイギリスで育ったので当然英語力はかなり堪能なのでご安心ください(笑)

 

Sponsored Link

他の出演作品は?

残念ながらソノヤ・ミズノさんはまだ女優としてのキャリアは短いので、まだそれほど多くの映画には出演されていません。

いまのところ判明しているのは、昨年2015年にマイケル・ダミアンという人が監督をしたダンス映画『High Strung』という作品に出演しているということです。

この映画はダンス映画なのでソノヤ・ミズノさんの属性にあっているようですね。

今度はちゃんとセリフはあります(笑)

主役ではありませんが、予告カットに多数出てくるのでストーリーに深く絡むような配役だと推測されます。

2016年上映予定らしいですが日本での公開はまだ未定です。

 

それ以外には、ケミカル・ブラザーズ(The Chemical Brothers)の「Wide Open」(2016年)のミュージックビデオに出演されています。

このミュージックビデオはソノヤ・ミズノさんオンリーの映像です。

バレエで鍛えたしなやかな身体で素晴らしいダンスを披露しているので是非とも視聴してください。

 

まとめ

ソノヤ・ミズノさん映画『エクス・マキナ』ではちょっとミステリアスでクールな女性を演じています。

ダンス映画『High Strung』のメイキング映像では、主演の女優さんと明るく元気に会話しているのでとても明るい方なのではないでしょうか?

ちなにみ欧米の人からみると東洋系の女性はクールな印象を持たれるようですね。

なので必然的なそんな役ばかりになってしまうのかもしれません。

 

いずれにしても映画とミュージックビデオのキッカケとなって今後はもっと大活躍してくれると嬉しいですね。

これからもソノヤ・ミズノさんの情報をキャッチしたらすぐに発信していきたいと思います。

映画『エクス・マキナ』のあらすじ・ストーリーとはこちらへ

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール