『銀魂』実写版映画 動画がフルで無料視聴!Dailymotionやパンドラ(Pandora)以外で観るには?

2017.11.06

小栗旬さん主演の実写バ映画『銀魂』のあらすじ・キャスト、見どころの紹介と、映画のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

 

週刊少年ジャンプで連載中の人気コミック『銀魂』が小栗旬さん主演でついに実写映画化!

 

同作品は独特のコメディとストーリーで注目を浴び、2016年にはコミックの累計発行部数が5000万部を突破するほどの人気作品となりました。

 

そして、映画化が発表され日本中で話題に。公式Twitterのフォロワー数は一瞬にして35万人に到達するなど、漫画の実写版映画として最高傑作として名高い本作。

 

今回はそんな話題作『銀魂』のあらすじと見どころ・レビューと、フル動画を無料視聴する方法を紹介します。

※ここで紹介するのは、Dailymotionやパンドラ(Pandora)以外で視聴する方法となります。

 

◯実写映画『銀魂』の予告動画

 

 

◯実写映画『銀魂』の作品情報

 

◆登場人物・キャスト

坂田銀時(小栗旬)
本作の主人公。
万事屋銀ちゃんを営みながら、ぐうたらした生活を送っている。
かつては攘夷戦争に参戦し、白夜叉という異名がつくほどの強さだった。

 

志村新八(菅田将暉)
万事屋の従業員。
銀時と神楽のボケに全力でツッコミを入れる役回り。

 

神楽(橋本環奈)
宇宙最強の戦闘種族・夜兎(やと)族の少女。
ずば抜けた身体能力の持ち主。
可愛い容姿に反して暴言を吐いて回る天然ボケ。

 

桂小太郎(岡田将生)
銀時のかつての盟友。
熱血な男だが、どこか天然っぽさがある憎めない性格。
長髪がトレードマークで、エリザベスという謎の生物と常に行動を共にしている。

 

高杉晋助(堂本剛)
かつては銀時や桂と参戦していた仲間であったが、思想の違いから仲違いしてしまう。
過激な男だと恐れられており、幕府を潰すためならなんでもする。

 

 

◆あらすじ・ストーリー

 

まずは、あらすじから。

 

舞台はパラレルワールドの江戸時代末期。

 

宇宙から襲来した「天人(あまんと)」が日本を開国。

 

侍の国と呼ばれていたのも昔の話で、この天人たちによって、侍は衰退していきました。

 

以前は天人と睨み合いをしていた坂田銀時(小栗旬)も、今は刀ではなく木刀をもち、江戸・かぶき町で便利屋<万事屋銀ちゃん>を営んでいました。

 

従業員の志村新八(菅田将暉)や居候の怪力少女の神楽(橋本環奈)といつもぐうたらしながら呑気に過ごす平和な日々。

 

ぼんやりとテレビを見ていると、なんとカブトムシ狩りで一攫千金出来るというニュースが流れてきます。

 

銀時のお金欲しさと神楽のわがままによって、急遽カブトムシ狩りを決行。

 

意気揚々と山奥まで入っていったものの、真選組の取り調べに合い、一攫千金の夢はあっという間に散ってしまいました。

 

すっかり平穏な毎日を過ごしていた万事屋のメンバーですが、銀時のかつての同志・桂小太郎(岡田将生)が行方不明になってしまう事件が起きます。

 

そのとき銀時は町で辻斬りが現れ、いくつかの死体が上がっていたという事件を思い出し、桂が巻き込まれたのではないかと考えていました。

 

さらには、高杉晋助(堂本剛)が挙兵し、幕府の転覆を企んでいる…という噂まで耳に入ってきます。

 

さっそく、その日から事件の調査に乗り出した万事屋のメンバー。

 

新八と神楽は手分けをして動き始めましたが、彼らに何度も危機が迫ります。

 

そして、ついに再び刀を取った銀時。

 

かつての同志と対峙しながらも、この世界と新八・神楽という大切な仲間を守ろうと走り始めますが…。

 

◯『銀魂』の見どころ

少年ジャンプの大人気コミックスを豪華キャストで実写映画化した『銀魂』

 

監督はあのTVドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズを手掛けた福田雄一さんなんです。

 

コメディといえば福田監督と言われるほどですから、本作にぴったりな監督ですよね。

 

そして福田監督ならではのパロディ&ギャグが盛り込まれ、アクションや人情溢れるシーンが次々と駆け巡っていく本作。

 

飽きないストーリーで、気づいたらクライマックスだったなんて声も多く聞きます。

 

また、見どころのひとつであるアクションシーンは、主演の小栗旬さん推薦の韓国チームが手掛けているとのこと。

 

このように監督以外のキャスト陣からも『銀魂』への想いが伝わってきます。

 

こういった人気作品の実写化は酷評が目立つ場合が多いですが、本作では原作ファンからも「面白かった」という声が多数挙げられており完成度の高さが伝わってきます。

 

…となると、原作を知らないと楽しめないのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、原作を知らなくても楽しめる作品となっておりますので、ぜひみなさん笑って泣ける最高のエンターテインメントをご覧ください。

 

 

◯『銀魂』の口コミ・レビュー

 

女性・30代後半

総合評価 ★★★★★(5.0)

漫画の実写化と聞き、見に行きましたが、原作ファンが見ても、納得がいく作品に仕上がっていたと感じました。

銀時、新八、時のメインキャラクターのビジュアルだけでなく、人間性も実写化ならではの表現で、良く再現して表現されていると思います。銀時と新八と時の面白さがハンパなく出ていて、笑わされました。

また笑いだけではなく、この映画、感動するシーンも入っていいなと思いました。特に感動したのは堂本剛さんと小栗旬さんがラスト2人で戦うシーンなのですが、人間の生き方の発想の転換が大切だと教えられた気がします。

小栗旬さん、菅田将暉さん、堂本剛さんの演技が上手くて、引き込まれました。特に個人的には堂本剛さんの孤独でありながらも強く生きようとする演技の表現が、演技に上手く醸し出されて、堂本剛さんはジャニーズアイドルだけど、俳優としてもすごいなと思いました。

また、女性陣、橋本環奈さん、菜々緒さんの身体能力がすごくて画面で見て、迫力に圧倒される自分が居ました。実写化はがっかりすることもあるのですが、銀魂はそうではなく良かったです。

 

女性・20代後半

総合評価 ★★★★☆(4.0)

漫画やアニメで大ヒットした少年漫画の実写映画は、告知の時点で大丈夫かなぁと不安でいっぱいでした。

アニメのキャラクターの個性やイメージが強く正直演じることは難しいだろうとあきらめていたこともありました。ですが、実写の銀魂を見て偏見や不安がかき消された気持ちになりました。

小栗旬さんの主人公銀時役が型に綺麗にはまっていてすごく魅力的でかっこよかったです。動きや話し方、仕草のひとつひとつまで忠実に演じられていて初めから最後まで惹きつけられました。

小栗旬さんと言えばふざけたようなギャグ感溢れる役柄を演じることは今までになかったと思います。今回、この銀魂の役を演じられたことが本当にすごいことだと感じました。

豪華な俳優陣で演じられた映画は、私の中ではすごく驚きと楽しさと感動で溢れていました。まだ映画を見ていない方にはぜひお勧めしたいです。銀魂特有の迫力感と面白さは、アニメと少し違いますが様々な演出に注目の作品だと思います。

 

女性・30代前半

総合評価 ★★★★★(5.0)

銀魂の大人気シリーズ「紅桜編」のアニメ、アニメ映画含めて実質三回目の映像化作品です。

これまでアニメの映画化はこれじゃない感に溢れている作品は数多くありましたが、銀魂は絶対に見ることをお勧めします!だって基本的に面白いんです。

今回の実写化を通じて、初めて「銀魂」という作品に触れる人向けに映画の導入部分がぶっ飛ばしすぎて、笑いがこみ上げるのを抑えることは出来ませんでした。

漫画・アニメにおいても銀魂は他作品のパロディであったり、時事ネタであったり盛り込み放題でたまに問題になっていますが、今回の実写作品も例外ではありませんでした。

同じ集英社だから許されるんだろうなーっていうのと、いやそれ他所の作品だよね、大丈夫なの!?ていうか作品どこに向かってるの!?と不安を覚えてるような状況も多々あります。

実写映像作品に伴う編集という名の作品の「改悪」に不安を感じる人もいますが、この映画はストーリー込みで絶対ひとつの「銀魂」の作品として違和感なし!興味が少しでもある人には是非見てほしいです。

 

女性・30代前半

総合評価 ★★★☆☆(3.5)

銀魂の実写映画を見て私が感じたのは確かに漫画原作でヒットは難しいと言われている中で銀魂は実写化が上手くいった作品だと思いました。

というのもこの作品は原作の中でも比較的シリアスなシーンが多い紅桜篇を実写化していました。

もちろん、ギャグ漫画である以上比較的真面目なエピソードと言っても相変わらずギャグが盛りだくさん。

そのギャグと真面目な部分がいい感じで混合していたのがこの映画がヒットした要因かな。

もちろんそれだけでなくキャストも比較的しっかりしていたというのも良かったと思います。

こういう漫画原作の実写映画でまず失敗しがちなのが漫画やアニメの登場人物と実写のキャストがまるでイメージが違っているというのがあります。

なので漫画やアニメのファンを多く取り込むしかこの手のギャグ漫画原作の実写は成功しにくいですが、そういう意味では本作は絶妙なキャストを揃えたと思いました。

個人的には志村新八はまさに原作やアニメの雰囲気にぴったりですごく良かったと思います。原作やアニメファンの期待をほぼ裏切らなかったという点で良い映画だと思います。

 

男性・20代前半

総合評価 ★★★★☆(4.5)

彼女と一緒に映画館へ銀魂を見に行きました。

漫画やアニメなどは読んだことがなく、全く分からないまま見に行ったのですが、とても面白かったです。

戦いのカッコいい映画だと思ってましたが、とてもギャグ線の高いコントのような映画で、映画館の中でも終始笑いが絶えませんでした。小栗旬はクローズもそうですが、やっぱり戦う役が似合ってるしかっこいいですね!

あの主人公ぽくない楽して勝ちてえみたいな感じも、とてもぴったりだったと思います。菅田将暉さんはバラエティを見ていても元々面白い人だと思っていたので、あのヘタレ役を見事にこなしていました。

一番ぶっ飛んでたのは橋本環奈さんですね。汚いシーンもたくさんあるし変顔バンバンするし。

それでも橋本環奈さんだから可愛いし見ていられるんだと思いました。エンディングのウーバーワールドの曲がめちゃくちゃカッコよくて、今では大好きな歌の一つです。是非漫画なども見たいと思いました。

 

女性・20代後半

総合評価 ★★★★★(5.0)

原作の漫画が大好きで全巻持っています。

漫画やアニメの実写化の映画は、キャスティングや演出などでがっかりすることも多いですが、銀魂はキャスティングもイメージに合っている上に出演者もかなり豪華なメンバーで、限定ファンの私も大満足でした。

主人公の小栗旬さんもキャラに合っていたように思いますが、人気のイケメン俳優の菅田将暉さんが意外にも新八役にしっかりハマっていたのがよかったです。

ストーリーも原作と同様に、むしろ原作よりも際どいくらいの色々な作品のパロディも混ぜ込まれていて面白かったです。

個人的には、1番始めのほうの、小栗旬さんの「かーぐらっ」(花より男子で有名な「まーきのっ」の発音)がかなりツボで、最初から最後まで楽しめました。

映画館の席もけっこう埋まっていて、いろいろなシーンで笑い声もよく聞こえていました。吉原炎上編や歌舞伎町四天王編など長編のエピソードはまだまだあるので、ぜひ続編も作ってほしいです。

 

女性・20代後半

総合評価 ★★★★☆(4.0)

銀魂はアニメから好きになりました。なのでもう銀さんの声は杉田さん、新八の声は坂口さん等と頭の中にがっつりインプットされている状態で、これを他の人が演じたら違和感あるだろうなと思っていました。

だけど映画版銀魂、結構楽しんで観ることが出来ましたよ。映画だと思ってしまえばまた違った面白味が出てくるものなんですね。銀魂ファンなら観て損はないと思います。

ストーリーがきちんと1巻から始まっているので、省かれている箇所も多々ありましたが、基本は原作に忠実でした。

このキャラこんなこと言わないよ!という台詞はなく、むしろちゃんと原作通りだなと感じました。ただ映画版ならではの子ネタも仕込んであって、しっかり笑わせてもらいました。

銀魂好きならウケるだろうなと思えるギャグで原作ファンを大事にして生まれた作品だという印象を受けました。

さすがに迫力にはややかけるかも知れませんが、全体的な雰囲気は再現されていて十分納得出来るレベルでした。

 

女性・30代後半

総合評価 ★★★★★(5.0)

銀魂は漫画が刊行された当初から読んでいて好きな漫画の一つでした。

そんな銀魂が実写映画化されるというので期待も大きかったです。

あの絶妙なギャグのやり取りを小栗旬、橋本環奈、菅田将暉たちがどんな風に再現するのかとても楽しみでした。

そして公開後すぐに友達と観に行きました。

期待を裏切らない面白さで、映画館の中でもつい声をあげて笑ってしまいました。

一番好きなところは銀さんがムロツヨシ扮する平賀源外に武器を作ってもらいに行った時のやりとりです。

演技で叩き合ってじゃれていた時本気の叩き合いになってリアルに痛がっていたり、巨大ガンダムが隠されていたりそこへ完成度の低いシャーが現れたりとコミカルで観ていてとても楽しかったです。

ナウシカネタが出てきた時は、そこまでやってしまうんだ!と、著作権が心配になりました。

そんな著作権を犯しそうなすれすれの設定も銀魂らしいなと思いました。

神楽ちゃんの鼻をほじるシーンも話題になっていましたが、体当たりな演技で面白かったしとても好感が持てました。

日頃の疲れが吹き飛ぶくらい笑って、評価としては満点で面白かったです。

 

男性 ・ 20代後半

総合評価 ★★☆☆☆(2.5)

漫画が原作の実写映画にしては良く出来ていた。

原作のポップでユーモア溢れる世界感を実写でよく再現できていた。テンポ感がもう少しあるとシリアスな部分とのギャップで緩急が出せたかと思うと少し残念だが、この手の作品(漫画実写もの)の中では、世界感を壊さず、よく再現されていたのが印象的。

原作の舞台設定がSF時代劇なので、実写だと違和感があるのは仕方ないがうまくまとまっていた。

主人公キャスティングは良いが、その他のキャラクターが原作のイメージが強いせいか違和感があったが、はまり役は多かった。原作では濃いキャラクターが多いので今回出なくてもいいキャラクターがいても良かったのではないか。いるにこしたことはないけど、活かせないのなら出さなくてもよかったのじゃないかとも思う。

原作が好きな方でも楽しんで観られると思うが、期待値は上げなくてもいい。他の実写映画に比べれば非常によくできた大衆向け映画だ。

くだらなさの中にあるサムライ魂はジャンプでもアニメでも実写映画でもかわらなかった。

 

女性・20代後半

総合評価 ★★★★☆(4.0)

好きなマンガやアニメの実写版は普段は観ないことにしていますが、銀魂はキャストが上手くハマりそうだった事と、公開後の評判が良かったので観に行ってみました。

物語の内容は原作を読んで知っていたので先の展開は分かっていましたが、それでも笑えて興奮できる映画になっていました。キャストの皆さんが楽しんで演じているのが伝わってきましたし、映画館でも声を出して笑っている人が沢山いて私も途中から普通に笑いながら観ていました。何度も映画を観に行っていますが映画館で声を出して笑ったのは初めてです。

キャラとの違和感も無く、特に新八役の菅田将暉さんは私が思い描いた「新八が実際にいたら」というイメージにピッタリで、それが観られただけでも行った甲斐があったなと嬉しくなりました。

ギャグもシリアスもどちらも面白く作られていて内容には満足でしたが、カツラがもう少し自然で綺麗だったらもっと良かったかなと思います。
頭だけバサッとして少し浮いていたのがちょっと気になりました。とは言うものの、それを差し引いても十分大満足できる映画でした。

 

 

◯実写版『銀魂』のフル動画を無料視聴する方法

ここで映画『銀魂』のフル動画を無料視聴する方法をいくつか紹介します。

 

すべて大手企業が展開する正規の動画配信サービスですのでご安心ください。

 

『auビデオパス』を利用する方法

auスマホを利用する人には『auビデオパス』の無料キャンペーンがオススメです。

詳しくはこちら↓↓

auスマホを利用してる人なら、au公式サービスの『auビデオパス』の見放題プランがオススメです。

 

こちらは月額562円(税抜)で、スマホ、タブレットで人気のドラマ・アニメ・映画が約10,000本ほど見放題。そして今なら初月30日間の月額料金が無料です。

 

しかも毎月540円分のビデオコインがもらえるので、有料レンタル作品も1作品だけなら追加料金なしで視聴できます。

 

登録までの操作がカンタンでボタンをクリックするだけで登録完了できます。

 

今すぐ映画を視聴した人はコチラへ↓↓
>>[PR]『auビデオパス』をお試し利用する

 

つながりにくい場合はこちらをご利用ください↓↓
au公式/ビデオパス 初回30日間無料

 

 

『TSUTAYAディスカス』を利用する方法

次の紹介するのは『TSUTAYAディスカス』の動画見放題の無料キャンペーンを利用する方法です。

こちらは動画配信サービスだけでなく、DVD・ブルーレイの宅配レンタルも可能です。

詳しくはこちら↓↓

レンタルビデオ・DVDチェーン最大手のTSUTAYA(ツタヤ)が運営する、動画配信サービスの「TSUTAYAディスカス(定額レンタル8)」というサービスがあります。

 

このサービスは月額2,014円(税込)となりますが、入会すると映画や海外ドラマなどの高画質・高音質のHD動画が、スマホ・タブレット、PC・テレビなどで見放題となります。

 

そして、今なら入会初月(30日間)は月額料金が無料となり、しかも入会時に1,080円分の動画配信ポイントが無料プレゼントされるため、

 

この無料期間を利用すれば入荷したばかりの最新映画だけでなく、『実写版 銀魂』も無料視聴できてしまいます。

 

もちろん試してみて継続する必要を感じなかった場合は、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

映画や海外ドラマ好きにもとてもオトクなサービスですので、この機会に是非お試しを♪

 

>>『TSUTAYAディスカス』を30日間無料でお試し

 

この記事を読んだ人にオススメの記事↓↓
>>『東京喰種:トーキョーグール』実写映画を無料視聴する方法を紹介!

 

映画Hackオススメ動画!

映画『昼顔』を無料で視聴する方法はコチラ↓↓

『新感染 ファイナルエクスプレス』を無料視聴する↓↓

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール