映画『ハードコア』のあらすじ・キャスト出演者を紹介!

映画『ハードコア』を紹介します!

 

何やらタイトルからしてハードな感じがしますね…
って、それは安直すぎでしょうか?(笑)

 

しかし、いざあらすじを紐解いてみると
これが実際なかなかハードな雰囲気漂う映画だったりします。

 

今回はそんな映画『ハードコア』の
あらすじやキャストについてまとめてみました!

 

Sponsored Link

◇あらすじ・ストーリー

主人公・ヘンリーが目を覚ますと
側には妻のエステルがいた。

 

しかし、何やら様子がおかしい…。

 

まずひとつめは
ここが全く知らない研究施設であるということ。

 

そしてもうひとつは
なんとエステルが
大事故により激しい損傷を起こしている自分の身体に
機械の腕と脚を取り付けようとしていること…

 

おまけに腕や脚のみならず
声帯摘出の出術まで行おうとしている!

 

見覚えのない場所で目覚め
最愛の人がとんでもない手術に取り掛かろうとしているなんて
のっけから攻めています。

 

やはりこの時点でハードな雰囲気が漂っているような(笑)

 

しかし、いざ手術を開始しようとしたその時!

 

謎の組織をまとめあげる男、エイカンが登場。

 

驚異的なパワーで施設をどんどんぶち壊した挙句
エステルをさらってしまいます。

 

幸いなことに(?)
機械のパーツが組み込まれたヘンリーの身体は
常人では考えられないほどの超人的な能力を宿します。

 

この能力を駆使し
ヘンリーは妻・エステルを取り戻すため
壮絶な闘いに挑みます。

 

あらすじを読んだだけでも
胸の内側がアツくなってきますね(笑)

 

◇キャスト・出演者

 

ジミー(シャルト・コプリー)


出典:http://natalie.mu

 

生年月日:1973年11月27日
出身地:南アフリカ、ヨハネスブルグ

 

2009年に公開されたSF映画
「第9地区」で主演を果たしたジミー。

 

同作でハリウッドデビューを飾っているわけですが
本格的なお芝居の経験は無かったというから驚きです。

 

12歳の時点で自主製作の映画も作っていたそうですから
なんというか
映画の世界に生きる運命という感じすらしますね。

 

 

エステル(ヘイリー・ベネット)


出典:http://www.elle.co.jp

 

生年月日:1988年1月7日
出身地:アメリカ、フロリダ州

 

2007年に映画「ラブソングができるまで」でデビューして以来
様々な映画に出演。

 

若手実力派として呼び声高い、期待度大な女優さんです!

 

また、2008年にはコンサートも行っており
女優のみならず歌手としても活躍。

 

演技はもちろんのこと、音楽方面の才能にも
今後ぜひ注目していきたいところですね。

 

 

エイカン(ダニーラ・コズロフスキー)


出典:http://ethnicelebs.com

 

生年月日:1985年5月3日
出身地:ロシア、モスクワ

 

2017年公開の「フライト・クルー」
そして2009年公開の「ヴァンパイア・アカデミー」に
出演されたみたいです。

 

物語の主要人物と言ってもいい
エイカン役のダニーラさんですが
思いのほか情報が少なめな印象。

 

謎に包まれた感じの俳優さんですね…

 

これから出演作が増えるにつれ
情報も増えていくのでしょうか。

 

 

ティム・ロス


出典:http://ayakawa.tea-nifty.com

 

生年月日:1961年5月14日
出身地:イギリス、ロンドン

 

「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」で
新人賞を受賞するも、その後は一時低迷。

 

しかし、あのタランティーノ監督の映画
「レザボア・ドッグス」で再び話題に。

 

俳優としての地位を確固たるものにしつつ
監督デビューも果たしています。

 

言わば、実力派のベテランですね。

 

以上、映画『ハードコア』の
主要キャストを紹介させていただきました。

 

なお、『ハードコア』の主人公
ヘンリー役のキャストはありません!(笑)

 

撮影カメラのアングルそのものが
“主人公の視点”
で描かれている新感覚の映画なので…。

 

強いて言えば、監督や
カメラマン、スタントマンなど
10人以上のスタッフがヘンリーを演じているのです。

 

まるで自分自身がヘンリーになっているかのような…

そんな面白い錯覚を起こします。

 

これは斬新というか、非常に面白い試みですよね。

 

◇まとめ

・高い身体能力を身に付けた男が主役のハードアクション!
・若手からベテランまで、味わいのあるキャスト陣
・まるで主人公の気分!?映画と観客が一体になれる一人称型ストーリー

 

ハードなアクションものというだけでも
ハラハラドキドキ楽しめそうですが

一人称で進むという斬新な設定が
ますます観る側に刺激と興奮を与えてくれそうですね!

 

 

人気記事ランキング

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール