『ハリー・ポッター』映画シリーズ一覧の順番とあらすじを紹介!

映画『ハリー・ポッター』のシリーズ。

 

2001年に第1作目が公開されてから、すでに16年が経とうとしていますが、いまだに根強い人気がありますね。

テレビでも金曜ロードショーなどで放送されると毎回高い視聴率を誇っています。

 

でも『ハリー・ポッター』シリーズは作品がたくさんあるので、まだ全作品を見ていない人もいるのではないでしょうか。

またどの作品からみればいいのか?順番がわからない人もいると思います。

 

そこで今回は映画『ハリー・ポッター』シリーズの全作品の一覧とあらすじ、各作品の時系列や順番などを紹介させていただきます。

 

Sponsored Link

○『ハリー・ポッター』シリーズ作品一覧と時系列の順番

ハリー・ポッターシリーズの全作品一覧と時系列を順番に並べていきます。

 

・第9作目『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』(2016年)

↓↓↓ 70年後

・第1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)

↓↓↓ 1年後

・第2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)

↓↓↓ 1年後

・第3作目『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)

↓↓↓ 1年後

・第4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)

↓↓↓ 1年後

・第5作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)

↓↓↓ 1年後

・第6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)

↓↓↓ 1年後

・第7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』(2010年)

↓↓↓続き

・第8作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』(2011年)

 

第1作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』から第8作目『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』までが、主人公ハリー・ポッターとハー・マイオニー、ロンのたちの物語になります。

なので第8作目が一応はシリーズの完結編といえるでしょう。

こうしてみるとシリーズ完結まで実に10年もの歳月をかけているのですね。

 

2016年に公開される第9作目『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』については、これまでの8作品とは異なり、70年前の時代を舞台にしたスピンオフ作品になっています。

 

 

○『ハリー・ポッター』各シリーズ作品のストーリーとあらすじ

『ハリー・ポッター』シリーズの各作品のあらすじとストーリーの簡単に紹介していきます。

 

・『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)

cap01

幼い頃に交通事故で両親を失ったハリーポッターは親戚に預けられて孤独な日々を過ごしています。

引き取られた親戚の家では召使いのような虐待を受け、肩身の狭い思いをしています。

 

10歳を迎えたある日、ホグワーツ魔法魔術学校からハリーポッターのもとに手紙が届きます。

そして、ハグリットという謎の大男が現れてハリーの両親は実は魔法使いであったこと、そして両親は事故で亡くなったのではなくヴォルデモートという最強の魔法使いに殺されたことを明かします。

 

ハリーハグリットに連れられて、ホグワーツ魔法魔術学校の入学式に参加し、勇者が集うといわれているグリフィンドールに所属することになります。

同じくグリフィンドールに所属する優等生で金髪の女の子ハー・マイオニーや、純潔の魔法使いだけどちょっとドジな男の子ロンと出会い、3人はすぐに大親友となります。

 

後にハリーたちと敵対するドラコ・マルフォイともここで初対面し、マルフォイは闇の魔術を使うものが多いと噂されているスリザリンに所属します。

 

魔法魔術学校の寮生活は、これまでのように虐待する親戚もいません。

肩身の狭い生活から開放されたハリーは、ハーマイオニーやロンたちと魔法を学びながら毎日楽しく過ごします。

 

ところがハリーはそんなホグワーツ魔法魔術学校に驚くべき秘密があることに気づいてしまいます…。

 

 

・『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)

cat02

1年間、ホグワーツ魔法魔術学校で夢のような寮生活を送っていたハリーでしたが、夏休みに入ると生徒たちは全員自宅へ戻ります。

 

かえる家のないハリーは親戚の家に戻ることになりました。

親戚の家にもどると、再び悪夢のような生活が待っていて、これまでの楽しい生活から一変して、またしても虐待されるつらい日々が待っていました。

 

そんなハリーのもとにドビーという妖精が現れ魔法魔術学校に戻っていけないと警告します。

ハリーが拒否すると、ドビーはハリーを魔法魔術学校から除籍させようと色々と画策しますが、親友のロンに助けられハリーは親戚の家から脱出します。

 

脱出したハリーは新学期までロンの家に厄介になることになりました。

そして新学期を迎え、ハリーとロンはもう一人の親友ハーマイオニーと森の番人ハグリットと再会します。

 

再び楽しい魔法魔術学校の生活が始まるのですが、学校の中でマグル(両親が魔法使いでない)出身者の生徒たちが次々と石にされるという不気味な事件が起こります…。

 

 

・『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)

cap03

ホグワーツ魔法魔術学校の2年目の夏休み、ハリーは親戚の家ダーズリー家に帰省しています。

 

ダーズリー家の生活はハリーにとっては苦痛そのもの。

家族そろって嫌がらせをしてくる彼らに対し、ついにハリーは禁止されている魔法を使って仕返しをしてしまいます。

 

嫌気の差したハリーはダーズリー家を飛びだしてしまいますが、そこで暗闇の中に黒い犬を目撃することに。

そんなハリーのもとに魔法大臣コーネリウス・ファッジが現れ、新学期が訪れるまで『濡れ鍋』というパブに泊まり、ダイアゴン横丁以外には絶対に外出してはならないことを約束させます。

 

そして、夏休みの最終日にハリーは親友のロンとハーマイオニーと再会します。

再び楽しい学校生活がおくれることにウキウキするハリーでしたが、ロンの両親からアズカバンという刑務所から脱獄したシリウス・ブラックという犯罪者がハリーの命をねらっているという話を聞いてしまいます。

 

さらにそのブラックという人物はハリーの両親を死に追いやった人物だということも…。

 

 

・『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)

cap04

ホグワーツ魔法魔術学校の生活も4年目を迎えたハリーは魔法使いとしてもかなり成長しています。

そして4年目の新学期が始まるとホグワーツのダンブルドア校長先生から100年ぶりに伝説の『三大魔法学校対抗試合』が行われることが発表されます。

 

対抗試合はホグワーツ魔法魔術学校、ボーバトン魔法アカデミー、そしてダームストラング専門学校の3校で行われ、代表選手は各学校から1人ずつ選ばれます。

ハロウィンの日に3校の校長先生と生徒たちがホグワーツに集まり、『炎のゴブレット』が試合に参加する選手たちを各学校から選抜することになります。

 

ところが、『炎のゴブレット』が代表選手を次々と選抜するなか、なぜか参加資格のないはずのハリーが選ばれることに。

ハリー自身にもとっても不本意な選抜でしたが、『炎のゴブレット』が選抜した以上断ることもできません。

 

この1件でハリーは魔法学校の同級生たちから大ひんしゅくを買い、そして親友のロンもハリーに疑惑の目を向けます…。

 

 

・『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)

cap05

5年生になったハリーは、夏休みにいとこのダドリーと吸血鬼に襲われ、その時に魔法を使ったことで、魔法省から身を守る以外の目的で魔法を使ったとの疑いをかけられてしまいます。

ダンブルドア校長の進言によりハリーの尋問は後日行われることに決定となりました。

 

それまでの間、ハリーは『不死鳥の騎士団』に連れられて騎士団の本部にシリウス・ブラック邸へと向かうことに。

そこでハリーは親友のロンとハーマイオニーと再会しますが、同時にヴォルデモートの陰謀を聞かされます。

 

後日、ハリーは魔法省から尋問を受けますが証人としてダンブルドア校長も参加し、校長の弁護によりハリーは自衛のために魔法を使ったことが証明され無罪放免となります。

そんな折、魔法省は学校のお目付け役として新しく『闇の魔法に対する防衛術』を教える教師アンブリッジをホグワーツに送り込んできました。

 

アンブリッジは理論ばかり教えて実力の伴わないダメ教師ですが、魔法省の力を背景に権力を振りかざします。

そんな彼の授業に不満を抱いたハーマイオニーたちは『ダンブルドア軍団』を結成して対抗するのですが…。

 

 

・『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)

cap06

ハリーのホグワーツ魔法魔術学校の生活が6年目を迎えた頃、マグル(人間界)の世界ではわずか一週間のあいだに不可解な出来事が頻発します。

イギリスの首相から相談を受けた魔法省大臣のコーネリウス・ファッジは、恐怖の魔法使いヴォルデモート興の復活の兆しであることを伝えます。

 

その頃マルフォイの父親は、ヴォルデモート興から特別な使命を受けてしまった息子ドラゴに力を貸して欲しいと、スリザリンのスネイプ教授のもとを訪れます。

一方、ヴォルデモートの支配力が日々強大になっていくなか、ハリーはダンブルドア校長とヴォルデモートの手から魔法界を守るための方法を探ります。

 

そして、ダンブルドア校長は元同僚で現在は引退しているホラス・スラグホーンと面会し、再び魔法学校で教鞭をとって欲しいこと伝えます。

スラグ・ホーンに学校を任せたダンブルドア校長は、1年間ハリーにヴォルデモートに対抗するための個人授業行うことに…。

 

 

・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』(2010年)

cap07

シリーズもいよいよ架橋に入ってきます。

17歳になり大きく成長したハリーは、ホグワーツ魔法魔術学校の最終学年7年生になるはずでした。

 

ところが、ヴォルデモート側についまスネイプ教授の裏切りでダンブルドア校長は亡くなってしまい、さらにスネイプ教授はマルフォイを連れて姿を消してしまいます。

魔法界の危機がせまる中、ハリーは最終学年には進級せず、ロンとハーマイオニーの3人でダンブルドア校長から受けた使命を全うするための旅に出ます。

 

ダンブルドア校長の使命とはヴォルデモートを倒す方法として彼の魂が分割されて閉じ込めてある「分霊箱」を破壊することでした。

その間、スネイプ教授はホグワーツ魔法魔術学校を乗っ取りダンブルドアに変わって校長に就任してしまいます。

 

そして、ヴォルデモートの支配力は魔法省やホグワーツ魔法魔術学校にも及んでいきます…。

 

 

・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2(完結編)』(2011年)

cap08

シリーズの完結編になります。

 

ハリーたちはヴォルデモートを倒すため「分霊箱」を見つけては破壊するのですが、その間にもヴォルデモートの支配力は強くなりついに魔法界の大半がヴォルデモートの支配下に置かれてしまいます。

 

唯一ヴォルデモートたちに対抗してるのはホグワーツの先生と生徒だけとなってしまいますが劣勢を強いられています。

そして、ホグワーツの先生たちも必死に抵抗しますが、次々と先生たちも命を落としていきます。

 

さらに裏切り者であったはずのスネイプ教授もヴォルデモートに殺されてしまいます。

というのも実はスネイプ教授はハリーたちを裏切っていたのではなく、表向きはヴォルデモートに従うように見えて、実はダンブルドア校長から命を受けて、ハリーを守っていたことが判明します。

 

様々な人たちの思惑と真実が明かされていく中、ハリーとロン、ハーマイオニーの3人は宿敵ヴォルデモートとの最終決戦に備えていくのでした…。

 

Sponsored Link

○『ハリー・ポッター』シリーズで評価の高いのはどの作品か?

ハリー・ポッターシリーズ中、ファンの間で最も評価が高いのはやはり『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1、PART 2』の2部作ですね!

この2部作はハリーポッターシリーズの完結編になります。

 

シリーズ開始から『恐ろしい悪の存在』とされてきたヴォルデモート卿の存在があきらかにされ、さらにはスネイプ教授の真の目的もはっきりとします。

スネイプ教授の印象はシリーズを通して、嫌な奴→いい奴かも→やっぱり嫌な奴→実はいい奴だったと(笑)観客もかなり翻弄されるのではないでしょうか?

 

そして、ヴォルデモート軍団とハリー、ロン、ハーマイオニーたちの成長の集大成のすべてが描かれています。

シリーズ当初からハリーポッターを見てきた人たちにとっては感慨深いでしょうね。

 
あどけなかった子供たちが10年の歳月かけてたくましく成長し、そして最後に宿敵と戦って世界を救う。

彼らがリアルに成長していく姿を映画のシリーズを通してみることができるので、最後は涙が込み上げること間違いありません!

 

 

○『ハリー・ポッター』シリーズは最初から見ないとダメなのか?

ハリー・ポッターシリーズは主人公たちが1年ごとに成長していくので、できればシリーズは最初から見たほうが良いです。

 

でも基本的には各作品ごとに1話ずつ完結しているので前作を見ていなくても全然問題ありません。

前作とのつながりが気になる場合は、あらすじや登場人物などを事前にしらべておくと良いですね。

 

ただし最後の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1、PART 2』の2部作は1話完結とはなっていませんので、必ず両方見るようにしてください。

 

 

◯シリーズを通しての子役たちの成長がめざましい!

ハリー・ポッターシリーズは第1作目では子役だったハリー役のダニエル・ラドクリフ君、ロン役のルパート・グリン君、そしてハーマイオニー役のエマ・ワトソンちゃんがシリーズ作品を経るごとにどんどん成長してて、8作目ではみんなすばらしい青年に成長しています。

 

年月をかけて撮影してきたシリーズなので子供時代と青年時代を、シリーズを通して同じ俳優たちが演じているので、ファンの感情移入はハンパじゃありません!

ハリー役のラドクリフ君は第1作目ではほんとに可愛らしいメガネ少年でしたが、シリーズ終盤では知的でたくましい青年に成長しています。

 

一方、ハーマイオニー役のエマワトソンは、第1作目ではおてんばで気の強い女の子という感じでしたが、シリーズ終盤ではすっかりと美しい少女に成長しています。

 

このように作品を通して俳優たちの成長が見れるのもハリーポッターシリーズの醍醐味ですね。

 

Sponsored Link

○まとめ

ハリーポッターも1作目が公開された当初は、正直子供向けの作品なのかなぁと感じていましたが、後半になればなるほどシリアスな展開になり、ファンが涙する場面も多々あります。

最期はすべてハッピーエンドで終わるのですが良いのですが、個人的にちょっと残念だったのはヒロインのハーマイオニーとハリーが結ばれなかったことでしょうか(笑)

まぁこれについては賛否ありますのでご了承ください。

 

完結編以降も、続編がどんどん期待されるシリーズなので、まだご覧になっていない方はこの機会に見てみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール