スネイプ先生の正体は「いい人」!守護霊がリリーと同じ牝鹿の理由は?

映画『ハリー・ポッター』シリーズの

なかで特に気になる人物として

スネイプ先生」があげられるのではないでしょうか。

 

好きなキャラランキングでも

いつもナンバー1に選ばれるなど注目度の高い

人物の1人でもあります。

 

そんなスネイプ先生ですが、

ハリーたちに嫌がらせをしたかと思えば、

危機から守ってくれたりと、

正直「いい人」なのか「悪い人」なのかよくわからない

という人もいるのではないでしょうか?

 

今回は映画『ハリー・ポッター』シリーズの

スネイプ先生の正体が「いい人」なのか?

またなぜ守護霊がハリーの母親と同じ『牝鹿』なのか、

そのあたりをお伝えしていきます。

 

Sponsored Link

 

○スネイプ先生は本当にいい人なのか?

シリーズ序盤のスネイプ先生の印象は、

自分の受け持つスリザリン寮の生徒たちばかりを贔屓し、

グリフィンドール寮の生徒である

ハリー・ポッターたちを逆贔屓する嫌な先生です。

%e3%82%b9%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%97%e5%85%88%e7%94%9f00

とくにハリーに対しては、

父親ジェームズとの間で深い確執があったことから

人一倍辛くあたっていました。

 

さらにシリーズ中盤からは

ダンブルドア校長を裏切って、

ヴォルデモートの軍門に下るような描写もあるため、

完全に『悪の黒幕』のような印象を

持ってしまうと思います。

 

ですが安心してください!

スネイプ先生、
本当はとっても「いい人」ですから!(笑)

 

 

○スネイプ先生の正体はいったい何者?

 

・不遇の少年時代

スネイプ先生は

とても不遇な少年時代を過ごしています。

 

スネイプ先生の家庭は

両親の喧嘩がたえませんでした。

 

そんな冷え切った家庭に育ったため

ちょっとずつ陰湿な性格になってしまいます。

 

また父親がマグルで母親が魔女と、

半純血だったことから純血への憧れがつよく

ひどい劣等感にさいなまれます。

 

なので友人も少なく、

心にひそむ闇から「闇の魔法」に傾倒するように

なってしまいました。

 

それでも

後のハリーの母親リリーと出会い、

彼女にだんだんと惹かれていきます。

 

・ジェームズとは犬猿の仲

ところが

リリーに惹かれているもう一人の同級生がいました。

 

ハリーの父親のジェームズ・ポッターです。

 

ジェームズは

スネイプとは正反対のタイプでした。

 

かっこよくて明朗活発、

なによりも純血の血統で魔法能力も

ずば抜けているという

誰が見てみも非の打ち所のない優秀な少年です。

 

ジェームズはリリーと仲良くする

スネイプを小癪と思ったのか、

 

もともと傲慢な性格もあいまって

スネイプをバカにしたり、

陰湿なイジメをしたりするようになります。

 

そのため2人の関係は最悪でした。

 

のちにリリーにたしなめられて

2人は表立っての争いは避けるようになりますが、

裏ではリリーをめぐり互いに争っていました。

 

・「死喰い人」になる

そんなスネイプ先生ですが、

ジェームズと付き合うことになってしまった

リリーの気を惹きたい一心で、

 

なんとホグワーツ魔法学校在学中に

闇のエリート「死喰い人」になってしまいます。

 

どうして

「死喰い人」になってしまったのか?

 

おもうに多感な青年時代、

劣等感に苛まれた少年によくあることですが、

いわゆる「厨二病」に

犯されてしまったのではないでしょうか?(異論はあると思いますが…)

 

リリーを思う気持ち、

ジェームズへの劣等感そして「純血」への憧れ。

それらをこじらせた結果
「死喰い人」になってしまったものと思われます。

 

ところが、

その後「死喰い人」を毛嫌いするリリーは、

スネイプから離れてしまいます。

 

リリーと疎遠になってから

スネイプ先生も完全に開き直ってしまったのか、

完全に「悪の道」に身を落としてしまいました。

 

 

・正義に立ち返る

そんなスネイプ先生でしたが、

ヴォルデモートがリリーたちの命を

狙っていることを知ってしまいます。

 

ひそかにリリーのことを

思い続けていたスネイプ先生。

 

ダンブルドア校長に頼み込んで

不死鳥の騎士団のメンバーに加わり、

リリーを助けようとします。

 

そう

スネイプ先生はこのとき

ヴォルデモートを裏切って

二重スパイの立場を取ることに決めたのですね!

 

のちにダンブルドア校長も

このときの勇気ある決断を心から賞賛し

スネイプ先生こそ

最も勇気のある男であると

言っています。

 

 

結局リリーは

ヴォルデモートに殺されてしまい、

スネイプ先生は失意のどん底に落ちてしまいました。

 

その時に助け出した

子供がハリー・ポッターでした。

 

・ホグワーツの先生になった理由

以来スネイプ先生は

表向きは「死喰い人」として

ヴォルデモートのもとにつき、

 

その正体は

不死鳥の騎士団のメンバーとして

ンブルドア校長に協力していたのでした。

 

 

そして

スネイプ先生の最大の目的は、

リリーの子供であるハリー・ポッターを

「ヴォルデモートから守る」ということでした。

 

もともとハリーの父親ジェームズとは

深い確執ありましたが、

それ以上に愛する女性リリーの息子を守っていきたい。

 

そんな思いから

ホグワーツの先生として

ダンブルドア校長に協力するとともに

ハリーをひそかに見守っていたのでした。

 

 

スネイプ先生、「いい人」どころか「真の男」ですね(涙)

かっこよすぎる…

 

 

・ヴォルデモートとの関係

スネイプ先生は

当初はヴォルデモートに傾倒していましたが、

リリーの事件以降は完全に心が離れています。

 

なのでヴォルデモートに

忠実に従うように見えて実はすべて面従腹背。

 

一方、ヴォルデモートは

スネイプ先生のことを厚く信頼しているようで、

側近のような扱いしています。

 

一見ヴォルデモートは

完全にだまされているように見えますが、

果たしてどうでしょうか…。

 

Sponsored Link

 

○守護霊がリリー(ハリー母親)の牝鹿と同じ?

ハリー・ポッターの世界では

「守護霊」という存在があります。

 

守護霊というのは

その人の分身のようなもので、

その人の強い気持ちで形作られることから、

いろんな姿で出現します。

 

ハリーの父親

ジェームズ・ポッターの守護霊は「雄鹿」、

そしてハリーの母親リリーの守護霊は「牝鹿」です。

 

そして不思議なことに

スネイプ先生の守護霊も

リリーと同じく「牝鹿」なんですね。

 

これはリリーを思う気持ちが

あまりにも強いために、

リリーと同じ守護霊になったのと思われます。

 

ダンブルドア校長も

スネイプ先生がずっとリリーのことを

思い続けていたことに驚いてました。

 

スネイプ先生いわく「永久に…」と

全然女っ気がなかったのも

リリーのことを思っていたからなんでしょうね…。

 

 

○スネイプ先生の最後は?

・ハリーとの関係はどうなったか

シリーズの完結編

『ハリー・ポッターと死の秘宝』で、

それまでスネイプ先生のこと誤解していたハリーたちも、

先生の真実の姿・正体を知ったことで尊敬の念に変わります。

 

 

後にハリーは自分の息子に

スネイプ先生の名前「セブルス」と名づけるほどでした。

 

一方、スネイプ先生自身も

ハリーに対して深い愛情を持っていたことに気づかされます。

 

これまでハリーを守ってきたのは、

リリーに対する想いからだけだと思っていましたが、

それだけではなかったんですね。

 

 

・スネイプ先生の最後…

もうご存知の方も多いと思いますが
スネイプ先生最後には亡くなってしまいます。

 

しかもヴォルデモートによる

勝手な都合であっけなく殺されてしまいます。

 

ただよく考えると、

ヴォルデモートは都合が悪くなって

スネイプ先生を殺したのか、

 

それとも実はスネイプ先生の正体に

気づいていて利用価値がなくなったから殺したのか、

そのあたりはよくわかりません。

 

いずれにしても

最後にはハリーに真実を知ってもらうことができて

本当によかったと思います

 

最後の最後まで「いい人」で

ほんとにかっこいい先生。

それがスネイプ先生です

Sponsored Link

○まとめ

『ハリーポッター』は

ハリーやハーマイオニー達の成長物語でもありますが、

一方でスネイプ先生の愛の物語でもあります。

 

スネイプ先生の存在があればこそ

『ハリーポッター』は大人でも楽しめる映画になったのではないでしょうか。

 

関連記事

スネイプ先生役の俳優アラン・リックマン死去!結婚したばかりなのになぜ…
『ハリー・ポッター』映画シリーズ一覧の順番とあらすじを紹介!
ハーマイオニーグレンジャー役の女優エマワトソンの現在と事故死の噂の真相!

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール