『イット・フォローズ』のあらすじ・ネタバレ(ラスト結末)!それの正体は?

映画『イット・フォローズ
ネタバレです!

 

クエンティン・タランティーノが絶賛し、
低予算ながらアメリカでヒットを記録した

イット・フォローズ

 

”それ”という謎の存在に追われる恐怖を
描いたホラー映画です。

 

それ”はうつされた人にしか見えず
それ”に捕まると殺されてしまう…

 

はたして
それ”から逃げきることはできるのか?

 

今回はそんな映画
イット・フォローズ』の
詳しいあらすじやネタバレについて
触れていきたいと思います。

 

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので
映画を見ていない方はご注意ください。

 

Sponsored Link

 

◯あらすじ・ストーリー

では、まずあらすじから。

 

 

冒頭、住宅街の一軒家から
一人の少女が飛び出してきます。

 

彼女は何かに怯え、逃げている様子。

 

父親が心配して後を追いかけますが、
娘は「大丈夫」と言っていったん家の中に。

 

しかし、ふたたび家を飛び出して
車に乗りこみ、猛スピードで海岸へ。

 

そして、両親に電話で
「愛してる」と告げますが

翌朝、彼女は浜辺で遺体となって発見。
右足は反対方向に折られていました。

 

 

 

---

女子大生のジェイは
最近出会ったばかりの彼氏のヒューと
映画館でデート中、

 

ここにいる観客の中で
入れ替わってみたい人を互いに言い当てる
というゲームをしていました。

 

この時ヒューは1人の女性を指さしますが
ジェイにはその女性の姿が見えません。

 

すると突然ヒューの顔色が変わり
ジェイを連れて映画館を出てしまいます。

 

この日は食事をして帰りますが、
なぜあのとき、ヒュー突然挙動不審に
なったのかが気になるジェイでした。

 

数日後、ジェイは車の中で
ヒューと肉体関係を持ちます。

 

しかし、行為を終えたその直後、
睡眠薬を染み込ませた布を押し当てられ
ジェイは意識を失ってしまいました。

 

目が覚めると、そこは廃墟の中。

 

下着姿で車椅子に座らされ手足は拘束状態。

 

何が起きたのか分からず
パニック状態のジェイにヒューはこう言いました。

 

「俺がうつされた”それ”を
 今度は君にうつした。

 ”それ”は時には知人に、
 時にはまったく知らない人に

 姿を変えて
 うつされた人の後をついてくる。
 
 いろんな人間に見えるが、
 実態は1つだ。」

 

ヒューは車椅子を移動させ
廃墟の2階から
外の風景をジェイに見せました。

 

すると真っ暗闇のなか
裸の女性が線路を越えてゆっくりと
こちらに近づいてくるのが見えます。

 

「”それ”に殺される前に
 なるべく早く誰かと肉体関係を結んで
 相手にうつせ。

 君が殺されると俺に戻ってくる。

 ”それ”は動きは遅いが頭はいいから
 つねに逃げ道を確保しろ。」

 

そう言ってジェイを家まで送ると
ヒューは逃げるように去っていきました。

 

ジェイの家に集まっていた
幼馴染み2人と妹が
下着姿の彼女を見つけて警察に通報。

 

ジェイは警察に事情を説明し、
悪い病気をうつされた可能性もあることから
入院して検査を受けます。

 

さいわい、
病気には感染していませんでした。

 

その後の警察の調べで、
彼氏だった男のヒューは偽名で

 

ジェイに近づくために
家を借りていたことも判明しました。

 

ジェイはヒューとのことを
早く忘れようと
気持ちを切りかえて大学に行きますが

 

 

校内で見かける不気味な人の姿が…

 

どうやら”それ”は自分にしか
見えていないことに気づきます。

 

 

ヒューの言ってたことは本当だったのです。

 

Sponsored Link

 

◯ラスト・結末(ネタバレ注意!)

 

以下、ネタバレ含みます。

 

自分にしか見えない
不気味な人物の”それ”が追いかけてくる
という話を
妹と幼馴染みの2人に打ち明けたジェイ。

 

その晩、幼馴染みの2人が
泊まりに来てくれました。

 

怖くて眠れないジェイは
幼馴染みのポールとリビングで昔話。

 

 

実は2人は初恋の関係でした。

 

その後2人は恋人同士には
発展しませんでしたが、実はポールは今でも
ジェイのことを想い続けています。

 

2人が昔話で盛り上がっていると
キッチンで窓ガラスの割れる音が…。

 

ポールは一緒に泊まりに来た
幼馴染みのヤラと

ジェイの妹・ケリーを呼びに行き
ジェイはキッチンの様子を見に行きます。

 

すると、歯が欠けた半裸姿の中年女性が
失禁しながら自分に近づいてきました。

 

ジェイは悲鳴を上げますが
駆けつけた3人にはその姿が見えません。

 

自分の部屋に逃げ込むジェイ。

 

3人は心配してジェイの後を追いますが、

 

遅れて部屋に入ってきたヤラの背後に
不気味な長身の男が立っていたため
ジェイは恐怖のあまり家を飛び出します。

 

向かいの家に住むジェイの同級生・グレッグが
その様子を心配そうに見ていました。

 

ジェイは自転車を走らせ公園へ。
ケリーら3人とグレッグも追いかけてきました。

 

ジェイは改めて4人に、
ヒューから聞いた話と自分にだけ見える
不気味な人物の話をしました。

 

4人は
「ヒューを探して真相を突きとめよう」
と言って、

 

グレッグが運転する車で
ヒューに教えてもらった住所に向かいます。

 

 

その家は空き家になっていましたが、
部屋に残された雑誌の中からヒューの写真を発見。

 

(※冒頭で死んだ少女との2ショット写真。

  つまり、少女が殺されたため
 ”それ”がヒューに戻ったことを映像で説明)

 

写真に写っていた制服から在籍校を突きとめ
5人はヒューを見つけ出します。

 

 

再会したヒューはジェイに謝罪。

自分が知っていることを全て話しました。

 

彼も、一夜限りの女性から
”それ”をうつされ、
今でも”それ”が見えているとのこと。

 

ジェイは、一人でも多くの男性と
肉体関係を持つようアドバイスされます。

 

 

グレッグの好意で彼の父親の別荘に
避難することになったジェイら5人は
車で別荘へと向かいます。

 

グレッグは用心のためジェイに拳銃を。

 

別荘の前にあるビーチで泳いでいると
ジェイの背後茂みから
”それ”がゆっくりと現れました。

 

他の人には”それ”の姿が
見えていませんが

 

ジェイの髪を姿にみえない何者かが
引っ張っているのは確認できます。

 

ポールは椅子を振り回して
自分には見えていない”それ”に殴りかかりますが
ポールは逆に投げ飛ばされてしまいます。

 

”それ”は水着姿の女性や少年へと姿を変え、
再びジェイの方に向かって
ゆっくり歩いてきました。

 

ジェイは”それ”に向けて拳銃を撃ちますが
”それ”は撃たれても死にません。

 

車に乗って逃げようとしたジェイ。

 

気が動転して畑に突っ込んでしまいます。
ジェイは病院に運ばれ治療を受けることに。

 

実はジェイに好意を寄せていたグレッグは
自分と肉体関係を持って
”それ”をうつすようジェイに持ちかけます。

 

グレッグは”それ”の存在を
軽くとらえていました。

 

ジェイはその提案を受け入れ
病室でグレッグと体を重ねせます。

 

 

しかし、それから3日間は
何も起こりませんでした。

 

このまま何もおこらないでほしい…。

そんなジェイの願いも虚しく
4日目の晩、パジャマ姿の中年男が
グレッグの家に侵入していくのをジェイは目撃します。

 

 

慌ててグレッグに電話をかけますが
応答がなく、家に駆けつけてみると
グレッグはすでに死んでいました。

 

うつした相手が殺されたということは
ふたたび自分に戻ってきてしまう…

 

恐怖に怯えるジェイに対してポールが
”それ”を退治しようと提案。

 

ジェイ、ポール、ケリー、ヤラの4人は
郊外にある室内プールに向かって
車を走らせました。

 

ポールの作戦は、”それ”を
プールに突き落として感電死させるというもの。

 

4人はプールに着くと
あるだけの家電製品をプールサイドに並べ
コンセントをつなぎました。

 

ジェイはプールの中でスタンバイ。

 

”それ”が現れるのを待ちます。

 

夜になり
亡くなったジェイの父親の姿をした”それ”が
プールサイドに現れました。

 

ところが、
”それ”はプールの中には入らず、
並べておいた
家電製品をプールに投げ入れてきます。

 

“それ”は罠に気づいたようでした。

 

このままだと家電を投げ入れられた
プールの中のジェイが感電してしまうため
3人は慌ててコンセントを抜きます。

 

3人の目には何も見えませんが
この空間に”それ”がいることだけは確か。

 

ポールは拳銃で”それ”を狙います。

 

家電製品を並べていたあたりに
ケリーが白い布を投げました。

 

すると、その布が人のような形に。
ポールはそこに向けて拳銃を撃ちこみます。

 

すると布に覆われた”それ”はプールに落下。

 

ジェイはプールから出ようとしますが
”それ”は彼女を足を引っ張ります。

 

ポールは水中の”それ”に向けて
ふたたび銃撃。

 

プールの水が赤く血で染まり
(※ジェイにしか見えません)
ジェイは助かりました。

 

 

ついに”それ”を退治することができた!

 

喜びを分かち合う4人でした。

 

 

ジェイの足首には
”それ”につかまれた手の痕が…。

 

 

ジェイは自分を助けてくれたポールと
肉体関係を結びます。

 

後日、ジェイとポールは仲良くデートしますが
彼らの背後を”それ”らしき人物が
ゆっくりと追いかけてくるのでした…。

 

 

End

Sponsored Link

 

◯解説・それの正体は?

ネタバレを含みつつ
あらすじなどについてご紹介しましたが

 

”それ”の正体は
結局のところ分からないまま
映画は終わります。

 

 

なので正直モヤモヤ感が残りますが…

 

映画のラストで
幼馴染みのヤラが読んでいた本の一節に
重要なヒントが隠されているのかもしれません。

 

その一節とは

 

「拷問には苦痛と傷が伴う。
 肉体的苦痛は精神的苦痛を超越し、
 人は傷の痛みに死の瞬間まで苦しむ。

 だが、最悪の苦痛は傷そのものではない。
 
 最悪の苦痛は、あと1時間、あと10分、
 あと30秒、そして今この瞬間に
 魂が肉体を離れて人でなくなる
 と知ってしまうこと。

 この世の最悪は
 それが避けがたいと知ることだ。」

 

 

つまり、人間が避けては通れない「死」の恐怖を
”それ”という存在で描こうとしていた
のではないでしょうか?

 

”それ”はゆっくりと追いかけてくる。

 

普段はあまり意識しないで生活していますが
自分の死というものに常に追いかけられていたら…

 

考えると、たしかに怖いですよね。

 

 

異性との性行為でうつることから
”それ”が性病を意味している

 

という解釈もできそうですが
監督はそれを否定しているようです。

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール