『ジャスティス・リーグ』映画のあらすじ(ネタバレ有り)を紹介

DCエクステンデッド・ユニバース最新作『ジャスティス・リーグ

 

監督・製作・主演を務めた『アルゴ』でアカデミー作品賞に輝いたベン・アフレックを筆頭に、

『ワンダーウーマン』で一躍有名となったガル・ガドット、『ゲーム・オブ・スローンズ』でメインキャストを務めたジェイソン・モモア、『ファンタスティックビースト』シリーズで注目を集めるエズラ・ミラーとなります。

 

そして今作が映画初主演となるレイ・フィッシャーがそれぞれスーパーヒーローを演じています。

 

また、DCコミックスの代表的なスーパーヒーローのアクアマン、サイボーグ、フラッシュが映画初登場ということで期待が寄せられています。

 

そこで、今回は『ジャスティス・リーグ』のあらすじ・結末(ネタバレあり)をご紹介したいと思います。

 

※この記事はラストまでネタバレしています。

Sponsored Link

 

〇あらすじ・ストーリー

 

数千年前、ステッペンウルフパラデーモン軍がマザーボックスの複合エネルギーによって地球を征服し、自分たちの国に再構築しようとしていました。

 

しかし、ステッペンウルフとパラデーモン軍は、神々、アマゾン族、アトランティス、人間、グリーンランタンによって撃退されます。

 

その後、マザーボックスは3つに分割され、アマゾン・アトランティス・人間によって隠されることになりました。

 

現在、ドゥームデイズとの戦いにより、スーパーマン/クラーク・ケント(ヘンリー・カヴィル)が死んだ数か月後。

 

世界は悲しみに包まれ、犯罪が多発していました。

 

バットマン/ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)はゴッサムシティの平和を守っていましたが、ステッペンウルフとパラデーモン軍が再びマザーボックスを集めるため、地球にやってきていることを知ります。

 

アマゾン族の国セミッシラではステッペンウルフによってマザーボックスが奪われ、ヒッポリタ女王は娘のワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)に地球に危機が訪れていることを伝えました。

 

そこでダイアナはブルースとともに他の超人・メタヒューマンたちを結集しようと試み、ステッペンウルフとマザーボックスについての詳しい歴史を彼に教えます。

 

そして2人は、魚と話し海を操る:アクアマン/アーサー・カリー(ジェイソン・モモア)と、人間と機械の融合体:サイボーグ/ビクター”ヴィグ”ストーン(レイ・フィッシャー)を説得しましたが失敗し、時空を超える足の速さ:フラッシュ/バリー・アレン(エズラ・ミラー)だけがチームに参加しました。

 

ですが、父親で研究者のサイラスが誘拐されたことでビクターも参加します。

 

チームはゴードン刑事から、ステッペンウルフたちがゴッサム港にある廃墟に拠点を置いて研究者たちを誘拐しているという情報を受け取ります。

 

誘拐された従業員を救助し、パラデーモンと戦いますが海に沈められそうになったところでアーサーによって助けられました。

 

ステッペンウルフがアトランティスを攻撃し2つ目のマザーボックスを奪っていったことから、アーサーもチームに参加することにしたのです。

 

ビクターは自分がマザーボックスによって生き返ったということを知り、父親の研究室からマザーボックスをチームのために持ってきました。

 

その話を聞いたブルースはマザーボックスの力で、スーパーマン/クラーク・ケントを復活させることを決めます。

 

他のメンバーはこの提案に難色を示しますが、世界の危機を救うためにはスーパーマンが絶対に必要だとブルースに説得をされ、復活させるための準備を進めました。

 

マザーボックスの力によってクラークは生き返りましたが、記憶の混乱により、ブルースを除いた4人はクラークと戦うことになってしまいます。

 

遅れてやってきたブルースを見て、クラークは一部記憶を取り戻しますが、再び攻撃をしてきました。

 

5人が殺されてしまう寸前に、ブルースの執事アルフレッドがクラークの恋人であったロイスを連れてきます。

 

彼女との再会によりクラークは落ち着きましたが、彼女とともにクラークの家族が住む町へ失った記憶を取り戻すために飛んで行ってしまいました。

 

そして、最後のマザーボックスがステッペンウルフにより持ち去られてしまいます。

 

Sponsored Link

〇ラスト・結末(ネタバレあり)

ここからネタバレとなります。

 

クラークを除いた残りの5人のヒーローはステッペンウルフが3つのマザーボックスを再び結合させ、世界を再構築するのを防ぐためにロシアへ向かいました。

 

ビクターがマザーボックスの結合を引き離す時間を稼ぐため、4人はパラデーモン軍と戦います。

 

圧倒的に数の多いパラデーモン軍に苦戦していると、ステッペンウルフによりダイアナとアーサーが倒されてしまいました。

 

その勢いのままステッペンウルフがビクターを破壊しようとすると、その場にクラークが現れます。

 

再び立ち上がった6人により、マザーボックスは分離され、ステッペンウルフは皮肉にも味方であったパラデーモンに襲われてしまいました。

 

戦いの後、チームはそれぞれ自分の元の生活に戻ります。

 

ブルースは今後チームの基地となるように自宅を改装し、ダイアナはワンダーウーマンとしての活動を再開しました。

 

また、バリーは警察で働くことになり、ビクターは父親とともに研究を進め、アーサーはアトランティスに戻ります。

 

そして、クラークはスーパーマンに復帰しました。

 

クラークを死に追いやり服役していたレックス・ルーサーが脱獄し、スーパーヒーローたちを追い詰める悪者たちのチームを作ろうとするシーンがエンドロール中に流れます。

Sponsored Link

〇感想

『ジャスティス・リーグ』のあらすじ・ネタバレについてご紹介させていただきました。

 

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の続編となり、DCコミックスのヒーローたちが一堂に集結した今作。

 

それぞれのヒーローが自身の個性を生かした戦い方をしていて、とても楽しく見ることができます。

 

アクアマンやフラッシュ、サイボーグは日本で馴染みのないキャラクターですが、これをきっかけに知ることができました。

 

また、スーパーマン、バットマンに次ぐ、有名ヒーローであるグリーンランタンもちらりと出演しており、今後チームに加入するのかが気になります。

 

次作として『アクアマン』や『ワンダーウーマン2』も予告されており、今後のDCエクステンデッド・ユニバースの展開に期待できます。

 

また、今作も続編を匂わせて終わったので、近いうちに公開日などが発表されそうですね。

 

スーパーヒーローたちの豪快で圧巻の戦いを、ぜひ、ご自身の目でお楽しみください。

 

Sponsored Link

 

 

人気記事ランキング

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール