『君の膵臓をたべたい』の動画をフルで無料視聴する方法!

2018.01.06

映画『君の膵臓をたべたい』のフル動画無料視聴する方法を紹介します。

 

とにかく泣ける!住野よるのベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』が実写映画化。

 

「ラスト、きっとこのタイトルに涙する。」というキャッチコピーのもと若手キャストたちが繰り広げる青春ドラマ仕立てとなっています!

 

甘酸っぱい青春ストーリーでは終わらず、考えさせられるものがあり、公開時は多くの観客を感動の渦の巻き込みました。

 

今回はそんな『君の膵臓をたべたい』のあらすじや見どころ・レビューと、動画をフルで無料視聴する方法を紹介します。

 

◯『君の膵臓をたべたい』の作品紹介

◆登場人物・キャスト

僕(北村匠海・小栗旬)
高校生時代を北村匠海、12年後の大人になった僕は小栗旬が演じている。

本作の主人公。
内気な性格で、あまりコミュニケーションを得意としない。

 

友達もほとんどおらず、図書委員の仕事をもくもくとこなしている。
真逆な性格の桜良に振り回されるようになるが、
だんだんと心を開き表情が豊かになっていく。

 

山内桜良(浜辺美波)
本作のヒロイン。

クラスの中心的な存在。
男子からの人気も高く、明るくて優しい子。
実は、膵臓の病を患っているため余命は1年と言われている。

 

◆あらすじ・ストーリー

まずはあらすじから。

 

高校時代、当時クラスメイトだった山内桜良(浜辺美波)のひとことで母校の教師となった「僕」(小栗旬)

 

教え子とたわいのない会話をしているうちに彼女と過ごした数ヶ月のことを思い出していきます。

 

――

「僕」(北村匠海)は病院で、ある1冊の日記帳を拾います。

 

そこには共病文庫と書かれており、病気のことについて綴られていました。

 

そのときに「それわたしの」と声かけてきたのが桜良。

 

桜良は肝臓の病気を患っており、余命はなんと1年と診断されていたのです。

 

しかもそのことを知っているのは家族以外では「僕」のみ。

 

それ以来、「僕」は山内桜良の死ぬ前にやりたいことに付き合うことになります。

 

桜良は「僕」のやっていた図書委員に自ら立候補したり彼をデートに誘ったりと積極的に行動をしていました。

 

 

普段から周りとコミュニケーションをとろうとしない「僕」は桜良のテンションに初めは圧倒されますが、次第に心を開いていきます。

 

そんなとき、桜良が突然の検査入院…。

 

思っていたよりも入院は長引きます。

 

「僕」は桜良がしんでしまうのではないかとひどく心配しますが余命を宣告されている彼女はもっと不安で仕方がありません。

 

普段は明るく、病気のことも前向きに話す彼女ですがこのときばかりは辛い表情を浮かべていました。

 

そして、「君と居られる日常がわたしにとって宝物」と桜良は言い、退院したら桜を見に行こうと約束します。

 

デートの当日。

 

「僕」のところに桜良から遅れるというメールが届きます。

 

ところがそのあと彼女が姿を現すことはありませんでした…。

 

◯『君の膵臓をたべたい』の予告動画

 

 

◯『君の膵臓をたべたい』の見どころ


住野よるの大ヒット小説『君の膵臓をたべたい』。

 

「キミスイ」という流行語を生んだほどの人気作品です。

 

この住野よるさん…、実は男性!

 

可愛らしいペンネームと丁寧な作風から女性だと思われる方が多いそうです。

 

繊細な青春物語をかく男性というのはとても珍しいですね。

 

この作品の見どころとしては物語には予想外のラストが用意されていることでしょう。

 

「ラスト、きっとこのタイトルに涙する。」というキャッチコピーがしっくりくる作品。

 

序盤の桜良と僕のほんわかするような青春模様から終盤にかけてどんどん心が苦しくなってくる展開に思わず涙腺まで緩んできます。

 

毎日何気なく過ごしてしまいがちですが、1日1日を大切にしないといけないと改めて感じさせられる作品になっています。

 

みなさんも奥深い青春ストーリー「キミスイ」をぜひご覧ください!

 

◯『君の膵臓をたべたい』の評価・レビュー

次に『君の膵臓をたべたい』の動画を視聴した方の評価・レビューを紹介します。

よければ動画を視聴する際の参考にしてみてください。

男性・30代後半

総合評価 ★★★★★(5.0)

まず言いたい事は、泣きます、これは泣きます、確実に泣きます。ハンカチが絶対に必要です。この映画のタイトルだけを見ると、分かりにくいしホラー映画のように思えてしまいますが、心に響く名言の数々をこれでもかと連発しています。

見たすべての人がそれぞれ、自分の人生観を改める、または考えさせられる事になると思います。主人公の僕・志賀春樹は教師として勤める母校の図書室で本の整理をしている時に、高校生の時の出来事を思い出す所から、過去の青春時代へ移って物語が進みます。

春樹役は小栗旬さんですが、いつもの出演しているドラマだと男臭くアクションの多い作品のイメージがあるので、今回の役柄があまり人と関わらないインドア派の春樹を演じられるか不安でしたが、予想に反して巧く表現されていて良かったです。

また、高校生時代の春樹を演じた北村匠海さんも同様に雰囲気が出ていました。

入院中の春樹が拾った「共病文庫本」は同じクラスで人気者の山内桜良の日記で、膵臓の病気や彼女の本心が書かれていて、読んでしまった春樹に桜良が「私の秘密を知ったから責任を取って」と言い、桜良の「死ぬまでにしたい事」に春樹は付き合わされる、とスムーズに進みますが、
普通の男の子がカワイイ桜良に「責任を取って」と言われたら嬉しくてたまらないと思うけど、春樹の性格では重い病気である事から辛さの方が大きいかもしれません。

この桜良は重い病気からか人生を悟りきった言葉を産み出します。

本の順番が違う時に「ちょっとくらい間違えたっていいじゃない。頑張って探したほうが楽しいでしょ?宝探しみたいで。」と言いますが、これは人生の事を語っているように感じました。

また、春樹が桜良に生きるとはと聞くと「自分一人じゃ生きてるって分からない。だからこうして君といられて良かった。君といられる日常が私にとって宝物なんだ。」なんて事も言ってしまいます。

こんな事を女の子の高校生が言いますか?と思うくらいです。この桜良の役の浜辺美波さんの演技が素晴らしく、残り少ない命を燃え上がらせ、笑顔で懸命に生きる姿はまるで天使のようでした。

彼女以外、この役は出来ないとそう思わされるほど素晴らしいです。桜良の影響で春樹があの子がこんなにと思うくらい成長していく姿にも感動します。

青春物語でもあり、生きる事の物語でもあるこの映画は、すべての人に心に光を照らしてくれる感動作品だと思います。

男性 20代前半

総合評価 ★★★★★(5.0)

最高の映画でした。僕自身恋愛や青春などの感動系のジャンル映画に興味がなく、今までそーいった映画は見てこなかったのですが、彼女がどうしても見たいから一緒に行こうと強く誘ってきたので、しぶしぶ行きました。

しかし実際に始まって見ると、気がつけば真剣に見ていました。膵臓の病気をかかえて余命が1年の女子高生。その秘密を偶然知ってしまった地味な同級生の男の子。甘く切ないストーリーでした。

彼女より自分の方が映画の世界に引き込まれていたようで、所々大号泣してティッシュを彼女から貰ったりしていました。終わった後もしばらく余韻が抜けませんでした。

主演の浜辺美波さん。この映画を見て初めて知りましたが、ファンになってしまいました。ルックスと演技力の高さ。これからの活躍に期待です。

自分も、もっと自分自身や周りの大切な人、彼女をもっともっと大切にしていこうと思えるような映画でした。感動物の映画をみてこなかった僕にとってこの映画はそんな価値観を変えてくれた最高の映画でした。

女性・20代後半

総合評価 ★★★★☆(4.0)

生き方というものについて改めて考えさせてもらえる映画でした。

最初は、インパクトのある題名に反して、人気者の女の子が不治の膵臓病であり闘病する物語というのはありきたりな設定だと感じていました。

病名も明かされておらず、本当にそんな病気があるのか?と疑問すら抱いていました。

しかし、生きる事に対して浮かび上がってくる色々な疑問を、主人公の女の子とヒロインの男の子が、深く考え、自分なりの理想を描いた上で行動にうつしていく中で、「なるほど!こういう考え方もあるのか。」と、多様な価値観に引き込まれて行きました。

女の子と男の子の性格は対照的でしたが、それぞれの考え方と行動に一貫性もあったので見ていてストーリーもとてもわかりやすかったです。

対照的な考え方をもった2人が、交わる事によって、いつ、何をきっかけに、どう考え方が変わって行くのか。変わったことは良い事なのか、悪い事なのか。

どう生きるかに対してわき上がってくる1つ1つの疑問に対して、主人公達と同じ様に自分に問いかけ、色んな角度から吟味でき、久しぶりに生き方というものについて改めて考えさせてもらった映画でした。

男性・20代前半

総合評価 ★★★★☆(4.0)

原作を読まずに映画を見ました。結果は号泣という形になりました。この映画では、原作の12年後の物語も描かれてるらしく、原作ファンにも楽しめる仕掛けになっていたのだとか。

注目すべきは北村匠海さん。この俳優さんの素晴らしさは「日常的な演技」ができるというところだと思います。役的にはかなり難しかったはずですが、繊細なタッチで細かく演じられていたのが、印象的でした。

また、この映画のうまいところは、主役の二人の距離感の描き方にあると思いました。お互いに真っ直ぐな気持ちがあるのに、それを言葉に出すことができないという関係性を、とてもうまく描写できていると思いました。

タイトルの意味がきちんと理解できるようになった時、もう一度見に行こうと思い見に行きました。

2回目見ると、1回目見た時にかなり見落としていた、細かいシーンがあったことに気がつきました。

これは決して「お涙頂戴」的な作品ではありません。日常の中に潜む、ごく日常的な幸せに気がついた時、自然と涙が流れてしまう。そんな映画です。

女性・40代前半

総合評価 ★★★★★(5.0)

こんなに泣かせられる映画は今までなかったというほど、感動します。

言葉にするのが難しいけれど、優しさ、強さ、人が生きていくことって人を好きになることってこんなに力があるのだということが2時間に凝縮して、表現されていてとても良かったです。

桜良の共存文庫と桜良の匠海とのトランプゲーム・桜良の図書室に残す匠海へのメッセージ、見どころ盛りだくさんで、こんなに見どころが沢山あり、最後に全て感動的に繋がる描写の描かれ方、映画の作り方が素晴らしいなと思います。

また、始まりからラストまで、キラキラした青春の桜良と匠海の、純粋で、汚れのない、2人の関係がずっと続くのもすごくいいなと思いました。

映画って、悪が潜んでいたり、裏ではこういうことが実はありましたみたいな策略があるケースが多いけれど、君の膵臓をたべたいはそういうのが一切なく、真っ新、真っ直ぐな綺麗な映画になっていて、そこも魅力的でいいなと思います。見終わったあともしばらく余韻にひたり、明日からも頑張る力をもらった気がします。

女性・30代後半

総合評価 ★★★★☆(4.0)

タイトルは聞いたことがありました。
でも耳にしたことがあっただけで、原作諸々は手に取ったことがなかった私。

何故ならタイトルがこわかったからです。
『膵臓?え、ホラー?感動?…よくわからないけど、わからないからいいや』で、スルー。
そんな私が観に行ったのは、試写会が当たったから。と誘いを受けたからです。

正直、無料でも腰が動かなかったレベルです。

観た感想は…ひきこまれた。本当、そればっかり!いい意味で裏切られた!と思いました!
宣伝でよく観ていた、泣きました。がそのまま当てはまる。そんな映画です。

クラスの人気者と人とは距離を置いている、言わば対極する位置にいた2人。病院で出会って、彼女の秘密を知ってしまい、死ぬまでにしたいことを叶える手伝いをする彼。振り回されてる、でも気付けば一緒に楽しんで、同じ体験をして、気持ちを通じ併せて…でも気持ちを隠すからすれ違ってしまって…。

そのすれ違いもお互いのためを思ってのことだから、また切ないし、みていてなんとかしてあげたい!って思ってました。
恋愛だけじゃなくて、すれ違う友情も見所の1つだと思います。

2人の時間が終わってしまうのは、本当に予想してない終わり方だったのでまた驚かされて、悔しくて。

それが数年後にちゃんと繋がる、伝わる。そこでも涙しました。
そして、面白かったや感動したでは終わらない。見終わった後に日々を大切に生きよう。そう思わせてくれる映画でした。

女性・20代後半

総合評価 ★★★☆☆(3.5)

時間があってたまたま話題になっていたから観ようと思った映画だったので、途中までのストーリーは、正直なところ他の映画でも観たことがあるような内容で期待は大きくありませんでした。

ところが、主演の浜辺美波さんと北村匠海さんのお二人がどちらもとても愛らしく、その演技にどんどん引きこまれていきました。二人が織りなすラブストーリーは、ただの恋愛に終わらず、それぞれの良いところを出しあうようなヒューマンストーリーに近いような印象でした。

純粋にお互いが相手やその周りのことを思いやることの大切さを、改めて考えさせられる映画です。また、予想外のできごとが二人を襲ったあとの北村匠海さんの演技がたまらず、堪えきれずにボロボロ泣いてしまいました。

大人になってからのストーリーも、根底に仲間同士の温かさがあり、結果として最初から最後まで心が激しく揺さぶられる映画であったと同時に、いま隣りにいる人を大切にしていきたいと思う素敵なものでした。

男性・50代前半

総合評価 ★★★★☆(4.0)

ヒロイン・浜辺美波の清純で優しい笑顔全開の映画。原作にはない、高校時代の12年後がラストを飾り、山内桜良(浜辺美波)の僕(北村匠海・小栗旬)への謎めいたことばの意味が説き明かされます。

ガム君(上地雄輔)との結婚式直前、親友の恭子(北川景子)がウエディングドレス姿で大粒の涙を流します(こちらもドレスが心配になるほどの大泣きは注目ポイント)。

目前に迫る死を自覚しつつも務めて明るく振る舞い、恋人や親友への思いやりを忘れない桜良のラストタイトルコールが「君の膵臓を食べたい」。

浜辺美波の清冽な声と相俟って泣かせる仕掛けがなされています(私は泣きませんでしたが(笑)、周囲はすすり泣き)。

ただし、死を間近にして入院した桜良が、健康そのものに映ってしまっているし、最後の一時退院で、僕との待ち合わせに向かっているところの映像も病気の影がなく、足取りも確かで、弾けている感じ。

このあたりは演出で足取りを修正したり、映像加工等の工夫があれば、もっと泣かせる映画になったように思います。

いずれにせよ、桜良のはかなさを、やがてはかなく散る「満開の桜」のイメージとして、過去(北村)・現在(小栗)を繋ぐ映像効果は満点。見逃した方はこのあたりも必見です。

『世界の中心で愛をさけぶ』『風立ちぬ』と同じく病を得て夭折する恋人を失う男の物語でもあります。ぜひいろいろな世代にお勧めしたい映画です。

男性・30代後半

総合評価 ★★★☆☆(3.0)

不治の病を抱えている少女と、孤独を愛しながら静かな学園生活を送っている少年のピュアな恋愛模様が印象深かったです。

死期の迫っているヒロインの桜良を演じている、浜辺美波の落ち着いた表情や雰囲気が良かったです。

真利子哲也監督による映画「ディストラクション・ベイビーズ」では大暴れを見せた北村匠海が、純粋過ぎる役にチャレンジしているのには驚かされました。

残された貴重な時間をともに過ごすふたりの姿には、青春の美しさだけではなく残酷な一面も感じました。

原作の小説では描かれることのなかった12年後のエピソードが付け加えられることによって、作品の世界観に大きな広がりが出ていました。

教師の仕事に対していまいち愛着が湧かない「僕」が、図書館で整理をするシーンが因縁深かったです。全てを知っているかのような、教え子の図書委員と会話を交わす場面が忘れがたいです。

過去の記憶と現在の物語が徐々に繋がっていき、ひとつになる瞬間が感動的でした。

女性 30代前半

総合評価 ★★★★☆(4.0)

高校生同士らしいやりとりがとても自然な2人が抜擢されていて、微笑ましく見ることができました。

まずヒロインの女の子がとても明るく可愛い、けど、抱え込んでいる感情を出す時や、1人の時にしか出さない苦悩の部分の表示等でハッとさせられました。

主人公の男の子は、こんな男子居そうだなーという感じで、どう変わっていくのかが楽しみでした。

セリフも胸をくすぐるような、高校生らしいセリフで、思春期のドキドキもあり、かと思えば大人びたセリフも出たりと、飽きのこない展開でよかったです。

最初に思っていた予想と違う結末にビックリしたのと、人の命の儚さを感じました。

今身近にいる、大切な人はいつまで側にいられるか分からないし、この瞬間がずっと続く訳ではない。

例え余命を宣告されたってそれよりもっと前に死ぬかもしれない。

何があるか分からないから毎日を特別なことをしなくてもいいこの幸せな日常を大切に生きなければならない。

そのような想いにさせてくれる映画でした。

◯『君の膵臓をたべたい』フル動画を無料視聴する方法

最後に『君の膵臓をたべたい』のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

 

ここで紹介する動画の視聴方法はいわゆる違法アップロードされたフル動画の無料視聴ではありません。

日本で正式に大手企業がサービスを提供している動画配信サービスとなります。

 

「でも大手企業の動画配信サービスだとやっぱり有料じゃないの?」って思っている人。

 

実は現在ほとんどの有料サービスでは初回登録時に一定期間だけ無料期間をもうけています。

 

しかもどの動画サービスでも新作を1~2本視聴するだけの無料ボーナスポイントを付与してくれるので、

この無料期間と初回ポイントと利用すれば『君の膵臓をたべたい』のような新作映画のフル動画も実質タダで視聴できてしまいます。

 

これらの無料キャンペーンを利用すれば、違法動画サイトにアップロードされたフル動画のように劣化した音声と動画ではなく、高画質・高音質の有料動画をタダで楽し組むことができ、さらにはウィルス、マルウェアなどの感染リスクも全くありません。

 

この機会にぜひこれらの動画配信サービスを利用してみてはどうでしょうか。

 

映画が好きな人はそのままサービスを継続すれば良いですし、どうしても必要を感じない場合は、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

◆『U-NEXT』を利用する方法

動画配信サービスの『U-NEXT』を利用する方法です。

 

『U-NEXT』とは、一部上場企業の大手動画配信サービスで、月額基本料1.990円で、映画(洋画、邦画)や海外ドラマなどのフル動画が無料で見放題となっています。

 

その『U-NEXT』ですが、今なら初月のみ月額基本料1.990円が無料!

 

映画『君の膵臓をたべたい』などの有料映画も無料ポイントを利用すれば無料視聴できます。

 

詳しくはこちら↓↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

映画が観るのが好きな人なら
動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

 

いまなら31日間無料トライアルに登録すると
月額1,990円の見放題コースが
初月31日間だけ無料でお試しできますので
スマホタブレットで映画やドラマが見放題

 

もちろん入荷したばかりの新作映画も
最初にもらえる600ポイントを利用すれば
無料で視聴できます。

 

もし試してみて必要なかったら、
無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

 

※『君の膵臓をたべたい』の動画配信日は2018年01月10日となります。それまでは他の見放題の動画を視聴してお待ちください。

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓ 
>>まず無料お試しで『U-NEXT』を利用する

>>他にどんな作品があるのかチェックしてみる

 

無料トライアルの利用条件や
退会方法を知りたい人はこちらへ↓
>>U-NEXTの31日間無料トライアルについて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

◆『auビデオパス』を利用する方法

auスマホを利用する人には『auビデオパス』の無料キャンペーンがオススメです。

 

詳しくはこちら↓↓

auスマホを利用してる人なら、au公式サービスの『auビデオパス』の見放題プランがオススメです。

 

こちらは月額562円(税抜)で、スマホ、タブレットで人気のドラマ・アニメ・映画が約10,000本ほど見放題。そして今なら初月30日間の月額料金が無料です。

 

しかも毎月540円のビデオコインがもらえるので、最新の有料レンタル新作も1作品だけなら無料視聴できます。

 

このサービスを利用すれば、初月無料お試し期間中に540円分のビデオコインを利用して映画『君の膵臓をたべたい』を無料で視聴できます。

 

登録までの操作がカンタンでボタンをクリックするだけで登録完了できます。

※『君の膵臓をたべたい』の動画配信日は2018年01月10日となります。それまでは他の見放題の動画を視聴してお待ちください。

今すぐ映画を視聴した人はコチラへ↓↓
>>[PR]『auビデオパス』をお試し利用する

 

つながりにくい場合はこちらをご利用ください↓↓
au公式/ビデオパス 初回30日間無料

 

 

◆『TSUTAYAディスカス』を利用する方法

紹介するのは『TSUTAYAディスカス』の動画見放題の無料キャンペーンを利用する方法です。

こちらは動画配信サービスだけでなく、DVD・ブルーレイの宅配レンタルも可能です。

詳しくはこちら↓↓

レンタルビデオ・DVDチェーン最大手のTSUTAYA(ツタヤ)が運営する、動画配信サービスの「TSUTAYAディスカス(定額レンタル8)」がオススメです

 

このサービスは月額2,014円(税込)となりますが、入会するとレンタルショップに足を運ばなくても、スマホ・タブレット、PCやテレビで、映画や海外ドラマなどを視聴することができます。

 

そして、今なら入会初月(30日間)は月額料金が無料!しかも入会時に1,080円分の動画配信ポイントが無料プレゼントされるため、

 

この無料期間と無料ポイントを利用すれば入荷したばかりの新作だけでなく、映画『君の膵臓をたべたい』も無料視聴できてしまいます。

 

もちろん試してみて継続する必要を感じなかった場合は、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

映画や海外ドラマ好きにもとてもオトクなサービスですので、この機会に是非お試しを♪

※『君の膵臓をたべたい』の動画配信日は2018年01月10日となります。それまでは他の見放題の動画を視聴してお待ちください。

>>『TSYTAYAディスカス』を30日間無料でお試し

 

映画Hackオススメ動画!

映画『昼顔』を無料で視聴する方法はコチラ↓↓

『新感染 ファイナルエクスプレス』を無料視聴する↓↓

人気記事ランキング

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール