『ラ・ラ・ランド』映画の動画(吹き替え 字幕)を無料視聴する方法!

ラ・ラ・ランド』の字幕または吹き替え版の映画の動画をフルで無料視聴する方法を紹介します!

 

本作『ラ・ラ・ランド』は第89回アカデミー賞で歴代最多14部門にノミネートされ、主演のエマ・ストーンは主演女優賞を受賞しました。

ミュージカル映画として日本で大ヒットを飛ばした本作ですが、まだ映画を見てない人も多いかと思います。

 

なので無料でフル動画を視聴したいところですが、海外のopenloadなどは違法サイトなので、ウイルス感染などのリスクがかなり高い。

 

そこで今回は正規の方法で、『ラ・ラ・ランド』の字幕・吹き替え版の動画をフルで無料視聴する方法を紹介いたします。

 

映画のあらすじや感想・口コミ・レビューもあわせて紹介しますのでよろしければ参考にしてください。

 

 

◯『ラ・ラ・ランド』の作品情報

 

◆登場人物・声優キャスト

 

セバスチャン(ライアン・ゴズリング)/声優:内田夕夜

売れないジャズ・ピアニスト。

超一流の腕をもちますが、こだわりの強すぎて世渡りが下手。
いつか自分のジャズ・バーを開くことを夢みています。

 

 

ミア(エマ・ストーン)/声優:武田華

女優になるためストイックに生きる女性。
いつか夢をかなえるためカフェでバイトしながら、オーディションを受け続けます。

 

 

◆あらすじ・ストーリー

渋滞したハイウェイ。

ようやく動き出したにもかかわらずミアは運転席でセリフの練習をしていて、それに気づきません。

 

彼女の後ろにいたセバスチャンはイライラしてクラクションを鳴動、それに対してミアは中指を立てて走り去ります。

 

これから恋に落ちる2人の出会いでした。

 

女優志望のミアは、映画の撮影所の中にあるカフェでバイトをしながらオーディションを受けますが落選する日々。

ある日、とあるバーから聞こえてくるピアノの音に惹かれてミアは店内に入ります。

 

ピアノを弾いていたのはセバスチャンでした。

彼はジャズピアニスト志望でこの店でバイトをしていたのです。

 

しかしポップスばかり弾かされてイライラしていた彼は、この日、反逆心からオーナーのリクエストにない曲を演奏しクビになってしまいます。

 

そんな事情を知らないミアは、演奏が終わり声をかけようとしますが、セバスチャンはそれを無視。店を出て行ってしまいます。

 

数ヶ月後、パーティでバンドの一員として演奏しているセバスチャンを見つけたミア。

 

セバスチャンは以前の非礼をわびて、2人は互いの夢を語り合い意気投合、急速に距離を縮めます。

 

ミアの夢は女優になること。セバスチャンの夢はジャズバーを開くことでした。

 

そして2人は映画館のデートの帰りに、グリフィス天文台でキスを交わして恋人同士に。

 

交際は順調に進み2人は同棲を始め、セバスチャンはミアとの結婚を意識し始めます。

 

なかなかオーディションに合格しないミアは、セバスチャンの提案で脚本を自分で書いて一人芝居にチャレンジすることを決意。

 

秋に初舞台をする予定になっていました。

 

いっぽう、セバスチャンの方は、昔のジャズバンド仲間キースに声をかけられ、新しく立ち上げるバンドに誘われます。

 

そのバンドの音楽はセバスチャンの求めるものとは違っていました。

 

しかし、ミアとの結婚を意識していた彼は、安定した仕事を求め、悩んだあげくメンバーに入ることを決心します。

 

新しいバンドは大成功。セバスチャンはツアーで忙しくなって家にほとんど帰らなくなります。

 

ミアはセバスチャンの帰りを一人寂しく待つ日々でした。

 

夢をあきらめ現実を受け入れたセバスチャン。

夢をあきらめずチャレンジを続けるミア。

 

2人の仲は少しづつすれ違っていきます…。

 

◯『ラ・ラ・ランド』の予告動画

 

 

◯『ラ・ラ・ランド』の見どころ

本作はミュージカル映画なので、いきなり踊りだすシーンに抵抗を感じる日本人は多いとは思います。

 

が、本作『ラ・ラ・ランド』においては、実際にはそれほどミュージカル要素は強くありません。

 

他ではよくある押し付けがましいミュージカルシーンはほとんどなく、ストーリーに違和感なく差し込まれている構成となっています。

 

またミュージカルシーンには、映像だけでは表現しきれない主人公たちの繊細な心情が歌に刻まれているため、「解説」のような感覚で素直に聞けるのではないでしょうか。

 

中盤からはストーリー重視になっていき、ミュージカル要素は薄まって、普通の映画(語弊はありますが…笑)となります。

 

ミュージカルが苦手な人でも、抵抗なく観れる良作品となっています。

 

さて、主役のセバスチャン役のライアン・ゴスリングとミア役のエマ・ストーン。この2人の演技は必見です。

 

特にミア役を演じるエマ・ストーンの魅力が素晴らしいの一言でした。

 

 

何度オーディションに落ちても挫けず、何度でも立ち上がって挑戦し続ける姿。

 

また恋人のセバスチャンの隣で支えてあげる姿は、あまりにも健気で、心打たれます。

 

そんな2人ですが、セバスチャンが夢を諦めて現実を受け入れたあたりから関係がギクシャク。

 

ミアは一人芝居が失敗して落胆したことで、あれほど仲の良かった2人の関係が最悪な状態に…

 

その後、2人はどうなってしまうのか?
ミアは女優として成功するのか?
セバスチャンはジャズの夢を諦めるのか?

 

ハイウェイでの2人の最悪の出会いから、まるで運命のように何度も出会った2人。

 

こんなにも運命的な2人は衝撃のラストを迎えます…

 

なんど観ても感動を味わえる映画でした。

実際に映画をご鑑賞ください♪

 

 

◯『ラ・ラ・ランド』の感想・口コミ

 

30代前半/女性

総合評価 ★★★★☆(4.0)

夢を追う女優志望のミアと自分のお店を持つことを夢見るジャズピアニストのセバスチャン。

二人は恋に落ちますが、生活のことを考えると夢ばかり見ているわけにいかなくなります。

恋する二人を眺めていると嬉しくもあり、ハラハラもします。映画は最後まで見てみいないとわからないもの。

セバスチャンとミアはお互いの夢を叶えるために出会い、そしてお互いの存在そのものが励ましになるのだと少し切なくなりました。

女優になりたいと夢見て叶う人間は少なく、さらに有名人になるのはほんの一握り。

二人でいるからこそ、夢の方向が別の方向に向かっていくのではないかと映画を観ながら少し想像しました。

特別ジャズが好きではないけれど、ジャズを演奏するシーンは思わず聞き入りました。ミアがセバスチャンと一緒にいることを選んだ時のシーンに、少しドキドキしました。

ミアはセバスチャンの後押しを受けながら、様々な挑戦を試みますがなかなかうまくいきません。

失敗は成功の母といいますが、あまりに多い失敗は挫折につながりかねません。それでも挑戦しなければ道は開かれないのです。

ミアの情熱が花開く時、二人の仲もまた違った様子を見せます。

 

30代後半/男性

総合評価 ★★★★★(5.0)

女優への道を目指しながらも現実とのギャップに苦しむヒロインのミアの役のエマ・ストーンがフレッシュな演技を見せていました。

セブが働いているレストランのオーナーには、J・K・シモンズが貫禄の演技を見せています。

セブに冷たくクビを告げる姿には、映画「セッション」の鬼教師フレッチャーにつながるものがありました。

古き良き時代のハリウッド映画に敬愛を込めるとともに、新しい創作活動への監督の決意が伝わってきました。

 

20代前半/男性

総合評価 ★★★★★(5.0)

私はLALALANDが大好きすぎて映画館で3回観た後DVDも買いました。

初めて観に行ったのが彼女がどうしても観たいから行こうと言われて映画館で観たのが最初です。

当時私は映画館で恋愛映画を観ることに少し抵抗があり、せっかく映画館で映画を観るのに恋愛ものかぁという感じでした。

映画も始まり、少し萎え気味で映画を観ていましたが、映画が終わった後の私はもうかなり号泣しちゃってました。

初めて映画でこんな泣いたわって思うほど泣きました。エンドロールが終わった後もしばらく席から立たず、彼女も困っちゃってました笑

なんといってもエマ・ストーンとライアン・ゴズリングの演技が半端じゃなかったです。

ライアン・ゴズリングのピアノを弾くシーンは哀愁が漂いすぎて鳥肌すら覚えました。

この作品は歌とダンスのミュージカル要素も作中にふんだんにあり、どれも素晴らしいものとなっています。

思わずLALALANDのCDも私は買ってしまいました。

ストーリーもかなり感動的なものとなっているので、全てにおいて完璧な作品だと私は思います。

是非まだ観ていない方はLALALANDを観て、感動していただきたいなと思います!

 

20代後半/男性

総合評価 ★★★☆☆(3.0)

ミュージカル自体の作りはとても良く全編に渡って展開するのですがそれが好きな人であればオススメの映画であるでしょう。

ストーリー展開としてはそこまで気をてらった作品では無いのですが意外と良く作られています。

しかしミュージカルが入るべき部分が妙な所であったり急に途切れてしまう感な感があったのでそのタイミングがいまいちだなと思いました。

劇中の中にハイウェイを借り切って踊るシーンがあるのですがそこはCGでは無く本当に行ったそうで迫力があり驚きました。

かつてのミュージカル映画とはまた違った感じの作品になっており古い映画の良さや現代で無ければ表現出来ない素晴らしさなどが伝わります。

エピローグの展開は賛美両論になっていますが個人的にこの様な展開になってしまうのかというは見ていくうちに予想が出来たのですが、もう少し補正等して欲しかったです。

あくまでミュージカル主体の映画ですのでそこを楽しむ映画として見るのをおすすめします。

 

 

30代前半/女性

総合評価 ★★★★☆(4.0)

とにかく色彩が美しい映画でした。

SNSでの世間的な評判(パッと見て美しい映画なのに過剰に評価されている…というような内容のものです)を見てからの鑑賞だったので多少気構えました。

確かに「とにかく色が綺麗だな…画面の綺麗な映画だな…)とは思いましたが、違う見どころは沢山あったので、私的にはそれ程低評価にはなりませんでした。

登場人物(所謂モブに至るまで)の服の色すべてが「計算されているのでは…?」と思うほどに絶妙の組み合わせで、ワンシーンワンシーンが絵画のように「絵」として成立しているように見えます。

圧巻だったのは「ライティング」で、ライトの色が登場人物の肌に反射する(人物の肌だけでなく、セットなどにもですが)色彩までもが計算された美しさだった事です。

同監督の前作も(「セッション」です)鑑賞しましたが、こちらはどちらかというと画面には「黒」が多く、色彩に乏しい印象でしたので、あまりに対照的な二作品に「監督の圧倒的な引き出しの多さ」を感じて舌を巻きました。

エマはひたすらキュートで、ゴズリングは女性ファンを増やしそうな好演でした。

歌も踊りも音楽も素晴らしいけれど「画」の力に圧倒された作品でした。前評判(というか受賞した事による評判)が高すぎて批判されているのは少々気の毒な気もしました。

 

◯『ラ・ラ・ランド』を安全に無料視聴する方法

ここでは映画『ラ・ラ・ランド』のフル動画を安全に無料視聴する方法を紹介します。

 

その方法とは大手一部上場企業が運営している「U-NEXT」という動画配信サービスです。

 

本来は月額1,990円かかる有料サービスになりますすが、今なら31日間無料トライアルというキャンペーンを実施中なので最初の31日間だけ基本料金がタダ。

 

これを利用すれば『ラ・ラ・ランド』のような新作映画も無料で視聴できます。

 

詳しくはこちらへ↓↓

映画が観るのが好きな人なら
動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

 

いまなら31日間無料トライアルに登録すると
月額1,990円の見放題コースが
初月31日間だけ無料でお試しできますので
スマホタブレットで映画やドラマが見放題

 

もちろん入荷したばかりの新作映画も
最初にもらえる600ポイントを利用すれば
無料で視聴できます。

 

もし試してみて必要なかったら、
無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

 

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓ 
>>まず無料お試しで『ラ・ラ・ランド』を視聴する

 

無料トライアルの利用条件や
退会方法を知りたい人はこちらへ↓
>>U-NEXTの31日間無料トライアルについて

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール