『5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~』映画のネタバレを紹介!

映画『5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~』のネタバレ記事です。

 

95パーセントの視力を失った青年が、五ツ星ホテルで働くために“大芝居”を打つ……、映画『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』。

 

懸命に生きる主人公の姿は、夢に挑戦する意義と、幸福とは何か、について、考えさせてくれます。

 

そんな『5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~』の詳しいあらすじやネタバレについて触れていきたいと思います。

 

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので映画を見ていない方はご注意ください。

Sponsored Link

○『5パーセントの奇跡』のあらすじ

 

まずは、あらすじの紹介になります。

 

スリランカ人の父と、ドイツ人の母を持つ主人公・サリヤことサリーは、真面目で成績優秀・周囲からの期待も厚い学生でした。

 

そんな彼の少年時代からの夢は、五つ星ホテルのホテルマンになること。

 

地元の一流レストランの実習でも、上司から期待の言葉をかけられ、若く、熱心な彼の前途は洋々に見えました。

 

しかし、突如、大きな困難が訪れます。ある時、視界がぼやけ、手元の文字も見ることができないまで悪化してしまうのです。

 

サリーは、自分が先天性の網膜剥離により、十代にして、視力を失ってしまうことを知らされます。

 

失望した父は無言で診察室を出、母親は泣き出してしまいます。しかしサリーは、その数パーセントに希望を託し、手術を受けることを決意します。

 

手術は無事に成功。しかし、彼は、95パーセントの視力を失い、残された視力はわずか5パーセント。

 

父親は苛立ちを隠せず、「障がい者学校へ行け」と言い放ちますが、サリーは、めげません。

 

「普通の学校を出て、一流ホテルに勤めたい」と宣言し、必死で勉強をしようとします。しかし、ルーペを用いても、授業の数式をノートに書くことさえままなりません。

 

ところが、視力を失った代わりに、サリーは聴覚が敏感になっていることに気付きます。

 

すると、サリーは板書を“眼”ではなく“耳”から覚えようとし、先生が授業で一度唱えた公式を暗記するまでに。

 

姉は彼を支え、公式を朗読して学習をサポートし、サリーは無事に学校を卒業。

 

憧れの一流ホテルのスタッフに応募をするサリーですが、待っていた現実は、とてもシビアなものでした。

 

弱視であることを正直に告げた願書に、結果は、すべて、不採用。

 

しかし、めげないサリーは、視力がないことを隠して、ミュンヘンの、五ツ星ホテル・“バリエッシャー・ホーフ”に願書を提出します。

 

書類審査の合格の知らせに、姉は弟の“大芝居”をサポートすることにして訓練します。

 

ほとんど周りが見えないのを面接官に隠し通そうとするサリー。そこへ、軽薄そうなマックスという青年が1時間遅刻をしてきます。

 

「市電が事故に遭って」と、見え透いた嘘をつくマックスに、サリーは事故のニュースを聞いたと言ってかばってやります。

 

大学を留年したマックスは、一流レストランを経営する親の手前もあり仕方なくホテルの面接を受けとのこと。

 

マックスは志望理由も考えていない酷い有り様でしたが、サリーは、面接官の目を盗んでマックスに助け船を出してやります。

 

サリーは無事合格。サリーに助けられたマックスも、なんとか面接に合格し、五ツ星ホテルでの見習い期間は始まります。

 

最初の研修は、ルームクリーニング。ところが、サリーは洗面台の鏡の曇りさえ見ることができません。

 

隠れてルーペを使い鏡を拭くサリーをマックスは問いつめ、面接で自分を助けてくれたサリーの秘密を守り協力してくれることになります。

 

サリーは、最初の課題に合格し、次は、「軍隊並に厳しい」というホテルの厨房で働くことになりますが、見えない皿の汚れを取ることもままなりません。

 

皿洗いの移民の男性がそれに気付き、自分を頼れと声をかけてくれます。

 

アフガニスタンからの移民だという男性は、今はビザの問題で皿洗いをしているが、国では外科医だったと告げ、サリーも政府からの書類を読んであげるなどして、サポートしてあげました。

 

ところが、ある日、ハムのスライサー作業を命じられたサリーは、その最中に指を切って怪我を負ってしまいます。

 

料理長はサリーを呼び出し、質問すると、サリーは殆ど眼が見えないことを正直に答えました。

 

料理長は、「責任は取れない」とは言いつつも、電動スライサーを解体して見せ、機械の構造と作業の手順を丁寧に教えてくれました。

 

サリーはスライサーの要領も覚え、厨房の仕事にも慣れて行きます。

 

そんななか、サリーは厨房の外の廊下で、とても美しい歌声を耳にし、その虜になります。

 

それは、野菜を配送する業者のラウラという女性の歌声でした。

 

ラウラに一目惚れしたサリーは、マックスの助けも借り、ラウラをデートに誘います。

 

目が見えないことをラウラに隠そうとするサリーに、マックスは正直に打ち明けたほうが良いとアドバイスをしますが、サリーは拒みます。

 

ラウラは、デートを愉しみ、5歳の息子がいるシングルマザーであることを打ち明けました。

 

「今は両親に見てもらっているけど、普段は子どもとずっと一緒にいるようにしていて、大事な時にしかでかけないの」と、サリーへの好意を仄めかします。

Sponsored Link

 

○『5パーセントの奇跡』の結末(ネタバレ注意)

以下、ネタバレを含みます。

 

さて、サリーたちの次の課題は、バーでの接客でした。

 

豊富な種類の酒類やカクテルの作り方を覚えながら、弱視のサリーに、分量を量るカクテル作りの作業は大変難しいもの。

 

しかも、教官は、新人教育に、非常に厳しく、嫌味を言います。

 

サリーは、酒の量を手の重みで計れるよう、マックスの実家のレストランで、カクテル作りの猛特訓をします。

 

忙しい日々のなかでも、サリーは、ラウラと、息子のオスカーと休日を過ごそうとします。

 

そんなある時、父が愛人を作り、財産を持ってスリランカに逃げ結婚したという知らせが入ります。

 

悲嘆にくれる母を、サリーは、自分もアルバイトをして援助する、と申し出ました。

 

サリーは必死で働きますが、ただでさえ過酷なホテルの仕事。

 

目の見えないことを隠しながら、眠る時間も削って新しいパン屋のバイトを入れ、それでも休日はラウラとオスカーと過ごそうと。

 

身体の限界を超えたサリーは、とうとう、薬物に手を出してまで、無理矢理自分を働かせようとします。

 

身も心もへとへとのサリーに、ラウラが、一時間、オスカーを公園で見ていてほしい、と頼みます。

 

快く引き受けるサリーですが、その日は、結婚式の給仕のために出勤をしなければいけない日だったのでした。

 

マックスからの電話を受け、サリーが困惑した隙に、なんと、オスカーがいなくなってしまいます。

 

オスカーがいなくなったことに動揺してサリーをなじるラウラに、とうとうサリーは、最悪のタイミングで、自分の目が見えないことを打ち明けてしまいます。

 

オスカーの父親は嘘つきだったこともあり、嘘を嫌悪するラウラは、オスカーを見つけると、そのまま、サリーの元から立ち去ってしまいました。

 

ホテルの結婚式に向かったサリーですが、ラウラに去られたショックと、ドラッグの副作用のために、グラスを割り、更には主役のウェディングケーキを台無しにしてしまいます。

 

教官から、「出て行け」と命じられ、意気消沈のまま、ホテルを出て行くサリー。

 

その晩、深酒をしたサリーは、階段から転げ落ち、重傷を負います。

 

病院で、母が再就職をしたことを知らされ、家に帰りましょう、と姉に優しく諭され、安堵するサリー。

 

マックスも駆けつけてくれ、サリーを励まします。サリーはコールセンターで働くことを考えますが、見学に行くと、聴覚の過敏さのために、自分にはとても無理だと感じてしまいます。

 

意気消沈するサリーを、マックスは山に連れて行き、「やってみたかったことがある」と、サイクリングに誘うのでした。

 

目の見えない自分には無理だ、というサリーに、自分がサリーの目になる、とマックスはいいながら、指示を出してくれ、二人はチームワークを発揮して山道を完走します。

 

清々しい気持ちになり達成感を感じたサリーは、自分を偽って無理をすることをやめ、そのままの自分を受け入れる大切さを理解したのでした。

 

ホテルに戻ってサリーは、自分の障害を正直に伝えます。そして、教官に頼み込み、同僚達の応援もあり、最終試験を受けられることになりました。

 

サリーは、マックスの実家のレストランで、テーブルコーディネートの訓練をします。

 

サリーは、厳しいバーでのテストや筆記試験をこなしていきますが、テーブルセッティングの途中でグラスを落とし、制限時間に間に合わず、不合格になってしまいます。

落ち込んだ表情になるサリー。ところが、テーブルセッティングは不合格でしたが、他の試験はすべて高得点で、合格を告げられます。

 

「特に理論は完璧だった」と鬼のようだった教官も、サリーを認めてくれました。

 

採用試験の合格のパーティーで、アフガニスタン移民の男性が、希望の救急隊員になって駆けつけ、夢は叶うということを証明してみせます。

 

サリーは、教官たちから、ホテルに勤めないかとオファーを受けますが、サリーは、今の自分をそのまま受け入れることにし、自分と支え合って試験をくぐり抜けたマックスと、店を始める、と言います。

 

サリーはマックスと念願の、スリランカのシンハラ料理を出す店のオープニングの日を迎えます。そこにラウラが駆けつけてくれ、「手伝いが必要でしょう」と…。

 

「オスカーに言われたの。ママのためなら、僕だって嘘をつくって。」

 

サリーの真の想いに触れたラウラは、サリーの嘘を許したのです。

 

夢のレストランで、二人はキスを交わし、甘い音楽に包まれて、ダンスを始めるのでした。

Sponsored Link

 

○『5パーセントの奇跡』の感想

 

まさしく、エンターテイメントの良作でした。ピントのぶれた映像での、視覚障がい者の世界の映像表現もさることながら(河瀬直美監督の『光』でも行われた手法ですね)、奮闘するサリーのひたむきさ、周囲のあたたかさに、涙が止まりません。

 

サリーのモデルは、弱視を隠し、一流ホテルやレストランで働いたという、スリランカ系仏教徒のサリヤ・カハヴァッテ氏です。映画の冒頭で、サリーは、ブッダの言葉を引用しています。

 

「人間にとって幸福なことは、幸福な道を歩む事でない。その道自体が幸福なのだ」

 

これは、まさしくこの映画の主題であり、仏教の思想そのもの。

 

映画の終盤、サリーは、夢を叶えるために歩んできた道自体が、幸福なのだ、ということを悟ります。それは、懸命に挑戦するサリーに、触発され自分も精一杯試験に挑んだマックスなど、周りの人たちとの交流を通しながら、改めて本当の自分と、人生を受け入れたどり着いた境地でした。

 

今作は、障がい者(チャレンジド)の人々を扱った自己実現の映画、というだけでなく、欧州の移民問題なども取り上げた、非常に感慨深い内容となっています。

 

今作はドイツ映画ですが、プロデューサーを、異邦人の日本人女性・樋口洋子氏がしており、ハンディを抱え挑戦するというテーマの真核に対し、作り手の深い愛情がこめられているのも頷けます。

 

関連記事