映画『裸足の季節(2015)』あらすじ・ストーリー(結末ネタバレ)と感想

映画『裸足の季節』のあらすじとストーリーのネタバレになります。

この映画は昨年2015年にヨーロッパで制作され、トルコの田舎を舞台にした5人の美人姉妹の瑞々しい人間ドラマです。

『裸足の季節』は第68回のカンヌ国際映画祭ではヨーロッパ・シネマ・レーベル賞を受賞したほか、数々の映画祭でノミネートされるなど、ヨーロッパの映画祭では絶大な人気を誇りました。

監督のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェンは本作が初監督とのことです。

今回は2015年の映画『裸足の季節』のあらすじとストーリーと見た感想などをお伝えしたいと思います。

※注意:結末ラストまですべてネタバレしますので映画を見ていない方はご注意ください。

Sponsored Link

あらすじ・ストーリー

登場人物
・末娘 :ラーレ(主人公)
・長女 :ソナイ
・次女 :セルマ
・三女 :エジェ
・四女 :ヌル
・叔父 :エロル
・祖母 :

映画はトルコの首都イスタンブールからはるか1000キロ以上離れた海岸沿いの小さな村が舞台。

 

主人公のラーレは村に住む5人姉妹の末っ子で13歳になる自由奔放でおてんばな少女。

mustnag3

姉は長女のソナイ、次女のセルマ、三女のエジェ、そして四女のヌル。

5人姉妹は村でも評判の美しい姉妹だった。

 

 

 

彼女たちの両親は10年前に交通事故で亡くなり、それ以来、祖母と叔父エロルとともに祖母の自宅に同居していた。

ある日ラーレの大好きなディレッキ先生が、学校を辞めてイスタンブールの学校へ移動することになった。

ラーレは悲しみディレッキ先生と別れを惜しむ。

 

その日の学校帰り、天気が良いので姉妹5人は下校バスに乗らず、歩いて帰ることにした。

下校途中、同級生の男の子たちと一緒に海岸へ行き、騎馬戦をして遊ぶ。

男の子の肩に無邪気に乗り水浸しになってはしゃぐ姉妹たち。

 

ところが自宅へ帰ると祖母が激怒していた。

祖母は彼女たちが海岸で男の子と”ふしだらなこと”をしていたと、近所の人から苦情があったことを告げた。

“ふしだらなこととは何?”と姉妹と祖母に問う。

すると祖母は「男の首に股をこすり擦り付けて性交渉していた」といった。

 

姉妹は「とんでもない!!」と激怒し抗議するが、祖母は5人を部屋に監禁してしまう。

そこへ叔父のエロルも帰ってきて祖母以上に激怒し5人を殴り折檻をくわえる。

必死に釈明するが叔父も祖母も聞き入れない。

 

翌日、ラーレ以外の4人の姉は処女チェックするため病院に行くことになった。

mustnag6

古い慣習が根付いているこの村では結婚前の女性が男性と仲良く遊ぶなどは許されない。

そんなことをすれば「ふしだらな女」として結婚はおろか村に居ることすら許されなくなる。

病院での結果は当然全員”シロ”だった。

 

だが、この日以来彼女たちは家から外出することを許されなくなった。

学校に通うことも禁止され、おしゃれな服やアクセサリー、携帯電話やパソコンなど現代的なものは全て捨てられてしまった。

化粧することも許されず、着る服は控えめで地味な服ばかり。

 

学校に行かない彼女たちに課せられたのは“花嫁修業“だった。

自宅には代わる代わる近所の女性たちが訪れ、料理や掃除の仕方そして女性としてのあり方などを教えていく。

 

しかし彼女たちにとっては花嫁修業など退屈そのもの。特に自由奔放でおてんばなラーレに鼻から花嫁修業などやる気はない。

窮屈な生活のなか、彼女たちの唯一の楽しみは寝る前に5人姉妹そろってふざけてじゃれ合うことだった。

 

姉妹たちは子供のように遊んだあと子猫のように折り重なって仲良く眠る。これが彼女たちの日課となっていた。

そんな花嫁修業中、長女のソナイだけは時折、家を抜け出してボーイフレンドとデートしていた。

 

ただでさえしきたりの厳しい村で結婚前の男女がデートするなどもってのほか。

ソナイは妹たちの協力を得てボーイフレンドと重ね愛を育んでいく。

 

一方、おてんば娘の末娘ラーレは家から出たくてウズウズしていた。

ある日、サッカー好きのルーレは大好きなチームの決勝戦をスタジアムにいって観たいとエロルに交渉してみる。

だがエロルは先日スタジアムで観客同士の暴動があったばかりなので危ないから許可できないという。

 

後日、スタジアムは前回の観客同士の暴動を考慮し、次の試合からはスタジアムに男性観客を禁じる措置を取ることになった。

これを知ったラーレは姉たちと一緒に家を抜け出してスタジアム観戦に行く決心をする。

 

5人姉妹はサッカー決勝戦当日、こっそりと家から抜け出してバス停に向かった。

この時バスに乗り遅れてしまうが、トラックをヒッチハイクしてドライバーのヤシンと知り合いになり、荷台に乗せてもらってバスまで運んでもらう。

 

 

バスに乗り現地に到着するとスタジアムは女性だけの清々しい熱気に満ちていて、姉妹たちも大興奮する。

試合はラーレの応援するチームが勝ったことで拍手喝采となり、観客席の中で姉たちはラーレを胴上げする。

 

一方、家では姉妹たちがスタジアム観戦していることを知らない祖母が、テレビのサッカーの中継に目にやった瞬間、観客席にいる姉妹たちを目撃してしまう。

祖母はエロルや村の人たちに、この事を知られないよう、村中のテレビを見られなくするため、電源を供給している電柱のコンデンサを破壊した。

 

そんなことも知らずサッカー観戦を見終え、気分良く帰ってきた5人姉妹。

5人が家に帰ってくると祖母は姉妹たちを結婚させるための準備を始めることに決めた。

 

祖母は彼女たちに「レモネードを取りに行く」という名目で町へ連れ出す。

そして、街へつくと祖母たちが決めた相手とお見合いをさせた。

 

まずは長女のソナイからお見合い相手とその家族に会うため、祖母の知り合いの家に行く。

到着して相手家族に紹介されたソナイだが、彼女は祖母に対し、自分には結婚を約束したボーイフレンドがいることを告げた。

さらにもし無理やり不本意な相手と結婚させるようものならこの場で叫び声をあげて、お見合いそのものをぶち壊してやると宣言して大声をあげる。

 

ソナイの過激な行為に泡を食った祖母はソナイをなだめ、ボーイフレンドの家族が了承するなら、それで構わないとソナイの提案を受け入れた。

そして改めてボーイフレンドの家族を呼び、相手家族の了承を得てソナイはボーイフレンドと晴れて結婚することができた。

 

一方、次女のセルマは祖母の決めた相手と結婚することになった。セルマには選択肢はない。

相手はオスマンという軍人上がりの冴えない退屈そうな男でセルマの好みではなかった。

 

オスマンはセルマとの結婚に喜びを示すが、セルマはどうしても彼をうけいれることができず、嫌悪感を剥き出しにする。

しかし、そんなセルマの気持ちなど関係ないと言わんばかりに結婚は粛々とすすめられた。

 

2人の婚礼の日、ボーイフレンドと結婚することができたソナイは明らかに幸せそうだった。

幸せそうなソナイを横目にセルマは浴びるように酒を飲み干し、ひっそり涙を流していた。

 

見かねたラーレはセルマに対し「結婚したくないなら逃げて」というが、「イスタンブールまで1,000キロ。どこに逃げるというの?」とセルマは吐き捨てるようにつぶやく。

 

この日から姉妹5人はバラバラになっていく…。

 

Sponsored Link

ラスト・結末(ネタバレ注意!)

結婚式の次の日の朝、セルマの結婚相手のオスマンは彼女が新婚初夜以前に処女であったことを確認するため、伝統的な行事として初夜を明かした後の白いシーツを家族と確認した。

ところがシーツに付いているはずの血がないことでオスマンと家族は彼女が処女では無いのではないかと騒ぎ出す。

 

オスマンの親戚たちはセルマを病院へ連れて行き医者にセルマの処女確認をしてもらう。

医者が言うにはまだ処女膜は無傷だとのことで、彼女は膜が破れにくい体質とのことだった。

ひとまず疑いは晴れたが、デリカシーの欠片もないオスマン家族に対し、セルマはほとほと嫌気がさす。

 

次に結婚する予定は三女のエジェだが、彼女は叔父エロルから性的虐待を受けてしまった。

自暴自棄になったエジェは危険な行動を起こしてしまう。

 

エロルが銀行に行くために3人姉妹と一緒に車に乗って街へ出ていた際、エロルがいない隙にエジェは見ず知らずの若い男と車中でセックスしてしまう。

間一髪のところでエロルに見つかりそうになるがエジェはあまり気にしていない。

 

一方、ラーレは村から脱出するためトラックドライバーのヤシンから自動車の運転を教えてもらっていた。

その日、夕食の時に三人姉妹と祖母叔父がそろって食事をしているとエジェはふいに笑い出す。

ヌルとラーレもいっしょに笑い始めると、エロルが何を笑っているかと姉妹を叱りつける。

 

するとエジェが無表情で席を立った。

食べ終わった食器を運ぶのかと思いきや彼女はそのままキッチンで拳銃自殺をしてしまう。

 

騒ぎを聞きつけ、自宅には救急車と警察が来た。

葬儀がすぐに行われエジェの遺体は白い布で包まれて墓地へ埋葬される。

 

長女のソナイ、次女のセルマも駆けつけ4人はエジェの死で悲嘆に暮れる。

ラールは次の結婚予定のヌルに、いっしょにイスタンブールへ逃げようと話を持ちかけた。

 

ラーレは来るべき日にそなえ、何度も何度も脱走の練習を繰り返す。

 

そして、四女のヌルの結婚の準備が進められている中、あろうことか叔父のエロルは、今度はエジェに性的暴行をしようとした。

幸い祖母に見つかり事なきを得たが、繰り返される叔父エロルの悪質な所業に、ラーレは心底嫌気がさし、ついにこの村から脱出する行動を起こす。

 

四女のヌルが祖母たちの決めた相手と婚礼を行う日、ヌルはドレスを着て相手家族が自宅に来るのを待っていた。

相手家族が自宅にやってくると祖母とエロルが出迎えるために先に2人で外に出る。

その瞬間、ラーレは家の扉を閉めて鍵をかけ、ヌルと2人で家の中に閉じこもってしまった。

 

外では相手家族が困惑し、叔父テロルはラーレとヌルに暴言を吐き、窓ガラスへ石を投げてくる。

外で彼らが騒いでいる間にラーレとヌルは家からこっそりと抜け出して、エロルの車に乗り込みラーレの運転で村から逃げ出した。

 

途中草むらに車を乗り捨て、そこからはヒッチハイクで友人となったヤシンの車に乗り込み町の長距離バス停留所まで向かう。

ラーレとヌルは長距離バスに乗り換え、そのままインタンブールへと出発する。

 

祖母や叔父がいくら探そうとも、1000キロ離れたイスタンブールまで逃げてしまえば、見つけだすことは不可能に近い。

イスタンブールに着いた2人はラーレが最も尊敬するディレッキ先生の自宅の住所調べる。

 

先生の自宅や訪れた2人は玄関のドアをノックして久しぶりにディレッキ先生と再会する。

大好きだった先生にやっと会えたラーレは先生の胸の中に一目散に飛び込んだ。

 

映画はここで終わる。

 

 

Sponsored Link

まとめと感想

映画『裸足の季節』を観た感想です。

序盤までは明るいシーンが多いのですが、ストーリーが進むにつれてだんだんと暗くなっていきます。

天真爛漫で無邪気な姉妹たちが田舎のしきたりで結婚を強制させられていきます。

トルコというとイスラム系の国のなかではヨーロッパに近く、比較的文化的にもひらけているイメージでした。

 

でも田舎ではいまだに女性の人権が守れらない風習が根付いているのかと思うと、やるせない気持ちになりますね。

特に三女のエジェが亡くなった場面はどうしようもなく切ない。

 

そして、許せないのは叔父のエロルですね。
最初は田舎の風習に従うも叔父という立場なりに、姉妹達のことを考えていたのだと思っていましたが、この男、その名のとおり”エロル”でした(笑)

 

両親がいないことをいいことにやりたい放題。日本だと絶対に許されないですが、イスラムの男社会では罪には問われない?のかな。

いずれにしても切ない映画ですが見ごたえはとてもありました。

何度見ても考えさせられる映画です。

 

“自由”とか”人権”を与えられる社会に生まれたのは、当たり前ではないことを改めて認識させられました。

 

管理人おすすめ度は

★★★★☆ (4.3)

日本では本年2016年6月に公開予定です。

興味があれば是非と映画館まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール