『パトリオット・デイ』映画 動画(吹替)を無料視聴!感想・評価・レビューを紹介!

映画『パトリオット・デイ』の感想・評価・レビュー、フル動画(吹替、字幕)を無料視聴する方法を紹介します。

 

2013年にボストンマラソンを襲った爆弾テロ事件。

 

その事件の犯人特定から逮捕までの102時間を忠実に再現した映画『パトリオット・デイ』。

 

ピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグがタッグを組んだ、実話ベースの映画化3作目になります。

 

今回は映画『パトリオット・デイ』の吹替/字幕のフル動画を無料視聴する方法を、あらすじ・感想・レビューと合わせて紹介いたします。

 

 

 

◯映画『パトリオット・デイ』のキャスト

 

トミー・サンダース(マーク・ウォールバーグ)

ボストン警察巡査部長。
ボストンマラソン当日は、ゴール地点の警備を担当。

 

リック・デローリエ(ケヴィン・ベーコン)
テロ現場に駆けつけ指揮をとる
FBI特別捜査官。

 

エド・デイヴィス(ジョン・グッドマン)
ボストン警察警視総監。

 

ジェフ・ピュジリーズ(J・K・シモンズ)
ウォータータウン警察巡査部長

 

キャロル・サンダース(ミシェル・モナハン)
トミーの妻

 

ジョハル・ツァルナエフ(アレックス・ウルフ)
爆弾テロ事件の犯人

 

ディーヴァル・パトリック(マイケル・ビーチ)
マサチューセッツ州知事

  

 

◯映画『パトリオット・デイ』のあらすじ

 

舞台はマサチューセッツ州、ボストン。

毎年4月の第3月曜日は「パトリオット・デイ」(愛国者の日)とされ恒例のボストンマラソンが開催される日でした。

 

50万人もの人が参加する大イベント。

 

そんなボストンマラソンの開催日、4月15日にタメルラン(テモ・メリキッゼ)とジョハル(アレックス・ウルフ)の兄弟は爆弾テロを計画していたのです。

 

そして、マラソンの当日。

 

世界でも有数のマラソンビックレースということもあり、朝からコースの沿道には参加者や観客など、大勢の人で賑わっていました。

 

会場の警備をしていた巡査部長・トミー(マーク・ウォールバーグ)はゴール直前の場所を担当する予定でした。

 

ニュータウンスクールでの銃乱射事件で死亡した26名の犠牲者へ黙祷を捧げ、マラソンがスタート。

 

そして、タメルランとジョハルはレースのゴールへと到着。

彼らは、爆薬がたくさん入ったバックパックを背負い、二手に別れ待機していました。

 

次々にランナーがゴールへ。

優勝者が決まり、ゴール前の賑わいが頂点になった頃、大きな爆発が二度も起きます。

 

爆発現場の警備をしていたトミーは、同じように警備にあたっていた仲間と必死の救援活動に回りました。

 

メディカルチームも駆けつけ、負傷者は病院へ。

 

しかし現場には多くの人が地面に倒れこんでおり、歩道は血の海…。

 

 

まさに大惨事。

 

この事件で8歳の子供を含む3人が死亡という結果になってしまいます。

 

 

爆発から47分が経ち、FBIの特別捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らが現場に到着。

 

状況を把握したリックは、市民を混乱させたくない気持ちから、すぐにこの事件を「テロ」だと断定したくありませんでした。

 

しかし、テロを認めざるを得ない状況。

 

リックはブラック・ファルコン・ターミナルという巨大倉庫に捜査本部を設置し、本格的な操作に取り掛かります。

 

爆発時に現場にいたトミーは、自身が感じた恐怖や自分の無力さに失望。

 

しかし、この手で犯人を捕まえると固い決意をし、手がかりを得るためにボストン中を捜査して回りました。

 

一方、捜査本部ではセキュリティカメラの分析を進めていました。

 

映像から白い帽子のジョハルを割り出し、もう一人の犯人が黒い帽子のタメルランであることを特定。

 

しかし、リックは彼らの映像を公開することをやめ、様子を伺うことに。

 

映像の画質の悪さや、彼らを犯人だと断定する証拠がつかみ切れていない為でした。

 

そんなとき、一部のマスコミが情報をリークしようとしていました。

 

リックは情報の流出に憤りを感じながらも、先手を打ち情報の公開に踏み切ります。

 

ニュースをみたタメルランとジョハル。

 

まだ犯人は特定されていないものの、捜査の手が自分たちに及ぶのも時間の問題です。

 

彼らはニューヨークで次なるテロを起こそうと計画。

 

爆薬を車に積み込み、二人は家を出発します。

 

そして、この事件はアメリカ全土を揺るがす緊迫の事態へと発展していくのでした。

 

◯映画『パトリオット・デイ』の予告動画

 

 

◯映画『パトリオット・デイ』の感想・評価

 

2013年に実際に起きたボストンマラソンの爆破テロ事件。当時、日本でも大きく報じられたので鮮明に記憶に残っていましたが、

 

犯人が逮捕されるまでの102時間にこれほどの紆余曲折があったことは、映画を観るまで知りませんでした。

 

さらに驚いたのは、犯人の計画性のなさと行き当たりばったりな行動。綿密に計画されたテロだと思っていたので、穴だらけだったことには正直ビックリしました。

 

同時多発テロ事件以来、様々な対策と準備をしてきたアメリカだからこそ、100時間余りで解決できたのだと思いますが、

 

2020年に東京オリンピックを控えている日本で、もし大規模なテロが起きてしまったら、迅速に事件を収束することができるのだろうか?と正直不安になってしまいます。

 

そうでなくても近年、世界各地で頻発しているテロ事件。我々も、常にテロを意識して暮らしていかなくてはいけないのかもしれません。

 

 

映画としても緊迫感のあるスリリングな内容になっていて、レースシーンや爆破の瞬間がとにかくリアル。監視カメラの映像や実際のニュース映像なども効果的に使われていました。

 

事件に巻き込まれてしまった人たちの、事件前の幸せそうな姿と事件によって人生が一変してしまった姿との対比描写も、心に迫るものがありましたね。

 

 ”最大の危機は、最大の奇跡を生む”という宣伝コピーがまさにぴったりの作品です。

 

◯映画『パトリオット・デイ』の動画を無料視聴!

ここで映画『パトリオット・デイ』のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

 

その方法とは動画配信サービスの『U-NEXT』を利用する方法です。

 

『U-NEXT』とは、一部上場企業の大手動画配信サービスで、月額基本料1.990円で、映画(洋画、邦画)や海外ドラマなどのフル動画が無料で見放題となっています。

 

その『U-NEXT』ですが、今なら初月のみ月額基本料1.990円が無料!

 

映画『パトリオット・デイ』などの有料映画も無料ポイントを利用すれば無料視聴できます。

 

詳しくはこちら↓↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

映画が観るのが好きな人なら
動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

 

いまなら31日間無料トライアルに登録すると
月額1,990円の見放題コースが
初月31日間だけ無料でお試しできますので
スマホタブレットで映画やドラマが見放題

 

もちろん入荷したばかりの新作映画も
最初にもらえる600ポイントを利用すれば
無料で視聴できます。

 

もし試してみて必要なかったら、
無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

 

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓ 
>>まず無料お試しで『U-NEXT』を利用する

※『パトリオット・デイ』の動画配信日は2017月11月8日となります。

>>他にどんな作品があるのかチェックしてみる

 

無料トライアルの利用条件や
退会方法を知りたい人はこちらへ↓
>>U-NEXTの31日間無料トライアルについて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール