『パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊』あらすじ・ネタバレ(ラスト結末)を紹介!

パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊
あらすじ・ネタバレを紹介します。

 

本作はジョニー・デップの人気を
不動のものとした大人気シリーズ!

 

彼の演じるジャック・スパロウをみて
ジョニーのファンのなった人も多いのではないでしょうか。

 

そしてついに
その大人気シリーズの第5作目
本年2017年に公開となりました!

 

第5作目のタイトルは
パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊

 

なんだかシリーズのラスト感満載の
タイトルですが、日本では7月1日に公開。

 

今回はそんな超話題の映画
『パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊』の
あらすじ・ネタバレをラスト結末まで
紹介させていただきます。

 

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので
映画を見ていない方はご注意ください。

 

Sponsored Link

 

◯あらすじ・ストーリー

 

ジャック・スパロウと海賊軍団が、
デイヴィ・ジョーンズを従える英国海軍に
勝利した、あの決戦の日から十数年後。

 

12歳に成長したエリザベスとウィルの
一人息子ヘンリー・ターナーは、

 

デイヴィ・ジョーンズの呪いで
フライング・ダッチマン号に拘束されている
父ウィル・ターナーに会うため、

 

深夜に家をコッソリ出て
手漕ぎボートで海の沖合まで向かいます。

 

 

父の呪いを解くカギは1つ。
それは伝説の「ポセイドンの槍」。

 

 

その槍を使えば、全ての海の呪いを
解くことができるといい、
父ウィルにかけられた呪いも解けるとのこと。

 

しかし、その「ポセイドンの槍」が
世界のどこにあるのか見当もつきません。

 

ヘンリーは尊敬している
海賊ジャック・スパロウの協力を得て
「ポセイドンの槍」を探すことを提案しますが

 

息子を危険な目に合わせたくないウィルは
「そんなことはやめろ」と反対し、
ヘンリーは陸に帰らされてしまいます

 

 

 

それから9年後…

 

21歳になったヘンリーは英国海軍に勤め
日々海賊たちを追っていました。

 

しかしまだ
父の呪いを解くことを諦めていません。

 

ある日、彼の乗る軍船モナーク号が
魔の海域『バミューダトライアングル』に
入り込みそうになります。

 

ここは昔から、多くの大型船が
行方不明になった恐ろしい場所。

 

それに気づいたヘンリーは
船長に進言するものの、彼の訴えは却下され
船はそのまま魔の海域へ。

 

すると
突如として幽霊船メアリー号が出現!

 

キャプテン・サラザール率いる
アンデッドたちが怒涛のごとくモナーク号に
乗り込んできて乗組員たちを皆殺しに…。

 

サラザールたちは、その昔、
若き日のジャック・スパロウによって
この魔の海域バミューダトライアングルに
閉じ込められていたのでした。

 

ジャック・スパロウへの復讐に燃える彼は、
海賊を絶滅させることにより
ジャック・スパロウもろとも消し去ろうと企んでいました。

 

サラザールはヘンリーだけは殺さず、
ジャック・スパロウへの復讐のメッセージを
彼に託し、引き上げていきます。

 

 

セントマーティンの町へと戻ったヘンリー。
しかし反逆の罪で捕まり
牢屋へと入れられてしまいます。

 

 

時を同じくして牢屋へ運び込まれたのは
若くて美しい天文学者カリーナ・スミス

 

彼女は天文学者でしたが、
いまだ科学に理解のない時代。

 

彼女は魔女の疑いをかけられて
無実の罪で死刑宣告を下されていました。

 

彼女は『ポセイドンの槍』のありかを
示す地図を持っており、
ヘンリーの話を聞き協力することに。

 

しかし、
ヘンリーの脱獄の手助けをして
成功させるも彼女自身が捕まってしまいます。

 

一方、ジャック・スパロウと
その仲間たちは、銀行に押し入り
大金の入った金庫の窃盗を試みますが
あっけなく失敗。

 

あまりにも不甲斐ないジャックに
ついに仲間たちも愛想をつかし
ジャックのもとから離れて行ってしまいます。

 

 

そんな自分に嫌気がさし
酒を煽っていたジャックでしたが、

飲み代がなくなり
魔法のコンパスを引き払ってしまいます。

 

 

するとその瞬間に大地が揺れ
バミューダトライアングルは崩壊、

 

なんとコンパスの力により
海域に捕らわれていたサラザールたちが
解放されたのでした。

 

自由を手に入れたサラザールは
ジャックを探します。

 

そんなこととはつゆ知らず
ジャックは酔っぱらって酒場を後にしますが、
そこで警察に捕まり連行されてしまいます。

 

 

ジャックが捕まったことで、
ヘンリーは憧れだったジャック・スパロウと
牢獄で初対面することに。

 

しかし、イメージとは全然ちがう
飲んだくれのジャックの姿をみて幻滅。

 

父ウィルを呪いを解いて助ける計画を
ジャックに打ち明けますが、
酔いどれの彼は関心すら示しません。

 

やがてジャックとカリーナの
2人の処刑が行われる日がやってきました。

 

2人とも何とかして時間を稼ごうとしますが、
処刑台に連行され絶対絶命のピンチ。

 

 

その時、
ヘンリーがジャックの手下ギブスたちを
引き連れ救出にやってきます。

 

ジャックに愛想をつかしていた
仲間たちでしたがヘンリーに
金で雇われしぶしぶやってきたのでした。

 

 

2人の救出に成功した一行は、
おんぼろの船に乗り込み、

 

カリーナの地図を元に
「ポセイドンの槍」が
隠されている場所へと向かうのでした。

 

 

場面は変わり、

 

前作で黒ひげ海賊から船を奪い
英国公認の海賊となったバルボッサは
優雅にくつろいでいました。

 

そんな彼のもとに舞い込んできた悲報。
それはサラザール一味により
各国の海賊船が次々と沈められているというもの。

 

バルボッサは悪い予感を抱き
魔女サンシャの元を訪へと訪れます。

 

なぜか彼女はジャックが手放したはずの
魔法のコンパスを持っており
バルボッサがそれを手にいれました。

 

その時 幽霊船メアリ―号に乗った
サラザールがバルボッサの前へ現れます。

 

しかし、
サラザールはバルボッサに対して
攻撃の意思はなく、

 

それどころか、ともに因縁の相手である
ジャック・スパロウを倒すため

 

「ポセイドンの槍」を探すのに
力を貸してほしいとバルボッサへ要請します。

 

 

サラザールいわくには

 

その昔、サラザールは
家族を海賊に殺害された過去をもち、

 

呪いを受ける前から
スペイン海軍として海賊狩りを行っておりました。

 

そんなある日、
若き日のジャック・スパロウが乗組員として
乗る海賊船と遭遇。

 

ジャックの機転を利かした策により
サラザールたちは魔法のコンパスの指す
バミューダトライアングルに誘導され、
永遠に閉じ込められた挙句、

 

海の呪いで部下たちと不死者(アンデッド)に
なってしまったとのことでした。

 

 

バルボッサは自分の船には
手をかけないかわりに
サラザールへの手助けを承諾します。

 

 

その頃、「ポセイドンの槍」を探すため
航海を続けていた
ジャック・スパロウたちの船。

 

まだ若いヘンリーとカリーナの2人は
お互いに惹かれ合っていきます。

 

 

しかし、それもつかの間、
サラザールの船に追いつかれ、
アンデットたちが船内になだれ込んできました。

 

ジャックの手下たちと
アンデットたちが戦っている最中、
形勢不利と判断したジャックは

 

サラザールの手下たちの攻撃を
船員にまかせ、

ジャックはカリーナとヘンリーと共に
小船に乗って逃げ出して、
陸に上がり逃げることに成功します。

 

海から出ることができない
サラザール率いるアンデットたちに代わって

 

今度はバルボッサがジャックたちを
追跡することになりました。

 

しかし、バルボッサの本当の狙いは
ジャックではなく、ジャックが小瓶に
封印していたブラック・パール号。

 

あのブラック・パール号を
再び海へ放ちたいと願うバルボッサは

 

ブラック・パール号さえ手に入れれば
サラザールなどどうでも良かったのでした。

 

バルボッサは、森の中で
ピンチに陥っていたジャックを助けて

小瓶に入ったブラックパール号を奪うと
それを海に投げ込み元のサイズに戻します。

 

そして、ヘンリーとカリーナを連れ
ジャックをマストに縛り付けたまま、

 

サラザールを裏切り
一行と共にその船で旅することを宣言します。

 

一行は「ポセイドンの槍」を探すため
ブラック・パール号を出港させます。

 

Sponsored Link

 

◯ラスト・結末(ネタバレ注意!)

 

旅の途中、夜空を見上げるカリーナに
バルボッサは話しかけます。

 

彼女から「カリーナ」という名前の
由来を聞くなか、

 

バルボッサは彼女が
自分がその昔、養子に出して生き別れた
一人娘だったことに気がつきます。

 

バルボッサの過去を知るジャックも
またそのことに気が付きました。

 

もちろんそれをカリーナは知る由はなく、
二人はそれを隠し通します。

 

 

そんな中背後にせまる英国軍とサラザール。

 

乱闘に巻き込まれ
ヘンリーがサラザールによりさらわれ、
一同はヘンリーを救うため何とか島へとたどり着きます。

 

宝石に覆われた島にカリーナが
幼いころ父から譲り受けた宝石をはめ込むと

 

海が2つに割れてカリーナとジャックが落ち
深い海の底へたどりつきます。

 

その場所こそ
「ポセイドンの槍」の隠し場所でした。

 

 

しかし、そこには
サラザールが乗り移ったヘンリーの姿が…。

 

 

戦いの火ぶたは切られましたが、
ヘンリーを相手にすることにためらいがあるジャック。

 

その隙をつかれ、サラザールたちに
『ポセイドンの槍』を奪われ、
同時にヘンリーの身体は用済みとなり解放されます。

 

槍を奪ったサラザールはその力をつかって
ジャックを殺そうとしますが、

 

この時、槍を壊せば
海の呪いが解けることを知ったヘンリーは
とっさに槍を破壊。

 

 

全ての海の呪いが解けたことで
サラザールたちは本来の姿に戻っていきます。

 

そのすきに、
ジャックとヘンリー、カリーナたちは逃げますが

 

それでもなお、
追いかけてくるサラザールたち。

 

すると、そこに船に乗った
バルボッサが助けにやってきます。

 

ジャックやサラザールを始め
皆がバルボッサの船の錨にしがみつきますが、

 

カリーナの手が錨から離れて
海へ転落しようとするその時、

 

とっさに彼女をつかみ
助けようとしたのはバルボッサ。

 

彼の腕に描かれたタトゥーをみて
カリーナはバルボッサが
実の父親であることに気が付きます。

 

そんな中カリーナの背後には
サラザールが迫っていました。

 

バルボッサはカリーナのことを
「宝物だ」と言い残し、

 

迫りくるサラザールたちを道ずれに
バルボッサは波にのまれ
娘を見つめながら自らの命を犠牲にします…

 

こうして、ジャックたちは
サラザールたちとの戦いに勝利し、

 

ブラック・パール号の乗組員全員で
身を犠牲にしたバルボッサの死を慎みます。

 

 


恋人同士になり丘の上で
熱いキスを交わすヘンリーとカリーナ。

 

カリーナは亡き父バルボッサの名前を
継ぐことに決めました。

 

ヘンリーは望遠鏡で海をみながら、
フライング・ダッチマンが現れるのを待ちます。

 

そして、呪いの解け数十年ぶりに
陸に上がってこれた父ウィルと再会。

 

どうやって呪いを解いたのかという
父ウィルにあとで話と説明するヘンリー。

 

そこへ母のエリザベスが駆け寄ってきて
ウィルに抱きついてキスをします。

 

こうしてやっと彼らは
家族3人で暮らすことが叶いました。

 

一方、コンパスを取り戻し
再びブラック・パール号のキャプテンとなった
ジャック・スパロウ。

 

乗組員たちと共に
新しい次の冒険の旅へと出港します。
彼らの旅に終わりはありません。

 

End

 

◯エンドロール後

 

自宅で妻エリザベスと
一緒にベッドに眠っていたウィルは

 

かつて死闘を繰り広げた
怪物デイヴィ・ジョーンズが
部屋に侵入してくる悪夢をみます。

 

ハッと目が覚ますと
床にはジョーンズの残したフジツボの痕跡が…

 

Sponsored Link

 

◯まとめ

以上、
パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊
のあらすじ・ネタバレ、ラスト結末まで
紹介させていただきました。

 

ラストはとても衝撃でしたね!

 

なんとキャプテン・バルボッサに
生き別れた実の娘がいて、

 

そして娘を助けるために
あの傲慢なバルボッサが身を犠牲に…

 

 

第一作目では
ジャック・スパロウの宿敵として
アンデットの姿で登場したバルボッサですが、

 

第三作目では
ウィルの妻となるエリザベス・スワンと共に
ジャック・スパロウを救出するため大活躍。

 

海での激しい戦闘のなか、
ウィルとエリザベスの結婚の儀を
執り行ったもの彼でしたね。

 

シリーズの人気を引っ張ってきた
キャラクターだっただけに
こみ上げてくるものがあります!

 

でも、なんだかんだいっても
続編ではまた復活するかもしれませんが(笑)

 

 

それと
デイヴィ・ジョーンズから呪いを引き継いで

 

フライング・ダッチマン号の船長として
海に囚われていたウィル・ターナーが

 

本作では息子ヘンリーの活躍によって
救い出されます。

 

このヘンリーを演じるのは
ブレントン・スウェイツという27歳の
俳優さんなのですが、

 

父ウィルを演じるオーランド・ブルームに
なんとなく似ているのがミソですね(笑)

 

 

ラスト結末でキーラ・ナイトレイ演じる
エリザベス・スワンも

 

カメオ出演でちょっとだけ出演して
ウィルと抱擁を交わしますが、

 

個人的にはいちばんカッコよくて
大好きだったキャラクターだっただけに
ちょい役出演は残念でなりません。

 

 

ジャック・スパロウも
シリーズ第一作目から実に14年が経過して
ジョニー・デップもかなり老けました(笑)

 

でもなんだかんだいって
やっぱりカッコイイ!!

 

本作『パイレーツ・オブ・カリビアン』では
ジャック・スパロウというキャラクターは

本作パイレーツ・オブ・カリビアンでは
主人公というよりも象徴・テーマに近い存在。

 

ストーリーラインのすすめていくのは
いつも準主役級のキャラクターたちですが

 

ジャックは彼らと一緒に冒険して
協力したり、または裏切ったりと…(笑)

 

とにかくジャック・スパロウという
独特なキャラクターなしでは
成り立たないシリーズです。

 

そして
気になるのはこの後、続編があるかどうか?

 

本作のエンドロール後に
デイヴィ・ジョーンズ復活を
ほのめかすようなシーンがあることから

 

もしかしたらシリーズの第6作目も
あるかもしれませんね!

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール