パイレーツ・オブ・カリビアンのキャスト声優一覧!エリザベスの年齢や人魚の女優は?

大ヒット『パイレーツ・オブ・カリビアン』の
シリーズ最新作
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が
いよいよ公開!!

 

パイレーツファンなら
もう興奮がしまくりでしょう!!(笑)

 

今回はその記念におさらいとして
シリーズを通しての主要キャラクターたちや

 

特に「気になる」との声が多い
エリザベスや人魚役の女優、キャスト・声優陣を
一覧としてまとめました。

 

最新作のネタバレはこちらへ
↓↓↓

『パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊』あらすじ・ネタバレ(ラスト結末)を紹介!

 

Sponsored Link

 

◇パイレーツ・オブ・カリビアンのキャスト・声優一覧

■ジャック・スパロウ

ジョニー・デップ/声優:平田宏明

本シリーズの主人公で、
破天荒で自由気ままな海賊です。

 

ジャック・スパロウを演じるジョニー・デップは、
1963年6月9日生まれ、
アメリカのケンタッキー州出身。

 

実は1984年公開の名作ホラー
エルム街の悪魔』でスクリーンデビューを
果たしていました。

 

以降さまざまな映画に出演しており、
本作でその人気を不動のものとしています。

 

ジョニー・デップといえば一風変わった役を
演じているのが印象的ですよね。

 

1990年『シザーハンズ』では
哀愁漂う人造人間。

 

 

2005年『チャーリーとチョコレート工場』では
奇抜なチョコレート職人。

2010年『アリス・イン・ワンダーランド』では
イカれた帽子屋。

 

2012年『ダーク・シャドウ』では
陽気なバンパイア…。

 

などなど、まさに七変化(笑)。

 

どちらかというと人間離れした役どころが多く、

 

どこかおかしなキャラクターこそが
彼にとってのハマり役という気がします。

 

ジョニーは1983年に当時はまだ20歳という
若さで5歳上のロリ・アン・アリソンと結婚。

 

しかしわずか2年で離婚して、
その後は数多くの女性と婚約・婚約破棄を
繰り返しているようですね…。

 

世界的大スターでセレブな彼を女性達が
放っておくわけがありません(笑)

 

ジャック・スパロウの日本語吹き替え
声優を務めるのは平田広明さん。

 

代表作にアニメ『ワンピース』のサンジや、
アニメ『宇宙兄弟』の南波六太などがあります。

 

 

 

■エリザベス・スワン

キーラ・ナイトレイ/声優:弓場沙織

 

1作目~3作目で活躍したヒロインです。

 

総督の一人娘、お嬢様でありながら
一度は海賊を体験するなど勇敢で怖いもの知らずな一面も。

 

エリザベスを演じるキーラ・ナイトレイ
1985年3月26日にイングランド・ロンドンの
テディントンで生まれ。

彼女はエリザベス・スワン役を務めた当初の
年齢はわずか17歳でした。

 

なので第1作目でのエリザベスの年齢は
おそらくは17歳くらいだと思われます。

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの
記録的大ヒットに伴い、ハリウッドの
トップスターの仲間入りを果たします。

 

エリザベスを演じる美しく可憐な彼女の容姿に
魅了された人は多いでしょうね(笑)

 

そんな美しい彼女ですが、実はひとつ問題も。

 

 

キーラは自他ともに認めた”洗濯板”であり、

今シリーズでは胸の谷間にハイライトを入れ
胴着でウエストを締めあげるなどして
胸を大きく見える細工をしているんだそうです。

 

そんな情報を耳にしたらうっかりそちらに
目がいってしまいそうですよね(笑)

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの
他にも彼女の代表作は、

 

2005年『プライドと偏見』
2007年『つぐない』
2013年『はじまりのうた』
などがあります。

 

まだまだ若い彼女は、今後も正統派女優として
ハリウッドの第一線女優として活躍し続けるでしょうね。

 

エリザベスの日本語吹き替えを務めるのは
弓場沙織さん。

 

ドラマ『ゴシップ・ガール』のブレア役など
多くの作品で日本語吹き替えを担当しています。

 

 

 

■ウィル・ターナー

オーランド・ブルーム/声優:平川大輔

海賊ビル・ターナーの息子。

 

1作目~3作目でジャックと共に旅をします。

 

エリザベスと恋に落ち結婚、その後1人息子が誕生。

 

ウィルを演じるオーランド・ブルーム
1977年1月3日生まれ
イギリスのイングランド地方出身です。

 

彼の代表作はなんといっても
2001年の『ロード・オブ・ザ・リング』!

レゴラス役で3部作全てに出演したことにより
一躍有名となりました。

 

二枚目俳優として女性ファンが多い彼ですが、

2010年にはモデルのミランダ・カーと結婚し
その後2013年に離婚しています。

 

実はオーランド・ブルームは
”失読症”という英語圏特有の障がいを抱えており 

 

知力や理解力は全く問題はないものの、
文字の読み書きが困難とされています。

 

それにも関わらず、彼は映画の台本を
すべてまる暗記しているのだとか。

 

並々ならぬ努力の積み重ねを感じて
尊敬してしまいますよね。

 

ウィルの日本語吹き替え声優を務めるのは
平川大輔さん。

 

主な出演作品はアニメ『アイシールド21』
の赤羽隼人などがあります。

 

 

 

■ヘクター・バルボッサ

ジェフリー・ラッシュ/声優:壌晴彦

伝説の海賊のひとり。

 

ジャック・スパロウとは犬猿の仲であるものの、
持ちつ持たれつの関係です。

 

バルボッサを務めるジェフリー・ラッシュ
1951年7月6日生まれオーストラリア出身です。

 

なんと今年で65歳になるジェフリー、
劇中でのアクションシーンを見る限り
年齢を一切感じさせません。

 

しかしバルボッサの姿をしていない
彼は優しいおじいちゃんといった感じです。

 

ジェフリーがその名を轟かせたのは、
初主演を務めた1996年公開『シャイン』。

 

今作品で彼はアカデミー賞主演男優賞を獲得しました。

 

長年演劇に携わっており、
アカデミー賞(映画)・トニー賞(舞台)・
エミー賞(ドラマ)を受賞するなど
かなり凄い役者さんなんです。

 

バルボッサの日本語吹き替えを務めるのは
壌晴彦さん。

 

壌晴彦さんは声優だけでなく、
優として数々の大河ドラマへの出演や
日本のアニメのナレーションも務めます。

 

 

■ジョシャミー・ギブス

ケヴィン・R・マクナリー/声優:青森伸

航海士でありジャックの右腕、
ジャックに忠実で絶対的信頼を寄せています。

 

航海士ギブスを務める
ケヴィン・R・マクナリー
1957年4月27日生まれイングランド出身。

 

 

 

16歳から芸能活動を開始しており、
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズが
彼の代表作にあたります。

 

ペネロペ・クルスのファンであり
共演を喜んでいるというお茶目な一面も。

 

ギブスの日本語吹き替えを務めるのは青森伸さん。

 

俳優としても活躍する一方で
『名探偵コナン』や『サザエさん』など
数々の人気アニメでゲスト声優を務めます。

 

 

 

■ジェームズ・ノリントン

ジャック・ダベンポート/声優:森田順平

ノリントンは英国海軍士官で
海賊を嫌い討伐する任務を負っています。

 

エリザベスに好意を抱いていて
結婚を迫りますがウィルの存在を知り
その後いさぎよく身を引きます。

 

当初は嫌味なエリート役の印象でしたが、
その後、ジャックを逃したことで失脚。

 

以降は嫌味キャラを脱して
ジャック達と共闘するなど意外な面をみせます。

 

ジェームズ・ノリントンを務める
ジャック・ダベンポートは1973年3月1日生まれ
イングランド出身です。

 

 

甘いマスクの彼は、両親はともに俳優。

伯父は政治家、曽祖父は初代ラグビー男爵と
プライベートでも正真正銘のエリートなんですね!

しかも貴族の血筋を引いているとか。
まさにノリントンそのものの!

 

映画出演の他にテレビでも活躍しており
『SMASH』のデレク役としてもおなじみです。

 

ノリントンの日本語吹き替えを務める森田順平さん。

 

ドラマ『3年B組金八先生』乾先生役として有名です。

 

 

 

■サオ・フェン

チョウ・ユンファ/声優:磯部勉

シリーズ3作目に登場。

伝説の海賊のひとりでデイヴィ・ジョーンズの
墓場への地図をもつ唯一の男です。

 

サオ・フェンを務めるチョウ・ユンファ
1955年5月18日生まれ香港島出身。

 

 

香港でテレビスターとして活躍し、
後に映画界に進出1998年に
ハリウッドデビューを果たしています。

 

現在はどんな役でもこなす
ハリウッドスターの彼ですが、

 

公共の乗り物を使い
街市で買い物や食べ歩きをするという
庶民的な生活を好むそうです。

 

なんだかとても好感がもてますね。

 

日本語吹き替えを務めるのは磯部勉さん。

 

火曜サスペンスや
土曜ワイド劇場の出演でおなじみです。

 

 

■デイヴィ・ジョーンズ

ビル・ナイ/声優:大塚芳忠

世界中の海賊達から恐れられている
幽霊船フライング・ダッヂマン号の船長です。

 

呪いによって変えられてしまった
タコのような化け物の姿が印象的ですね。

 

ジャックは過去に彼と契約を交わしたことで
ブラックパール号を手に入れる事が出来ました。

 

デイヴィ・ジョーンズを務めるビル・ナイ
1949年12月12日生まれイングランド出身です。

代表作は2003年大ヒットを記録した
『ラブ・アクチュアリー』。

 

この作品で彼はアカデミー賞助演男優賞を受賞しています。

素顔はとってもチャーミングな個性派俳優です。

 

日本語吹き替えを務めるのは大塚芳忠さん。

多くの有名なアニメ作品で声優を務めるほか、
報道番組『バンキシャ』などのナレーションも務めています。

 

 

■ビル・ターナー

ステラン・スカルスガルド/声優:柴田秀勝

ウィルの父親。

デイヴィ・ジョーンズと契約を交わしたことで
フライング・ダッヂマン号に乗り
ゾンビのような姿で働かされていました。

 

ビル・ターナー役を務める
ステラン・スカルスガルドは1951年6月13日
生まれスウェーデン出身です。

 

 

 

もともとはスウェーデンを中心に
活動していて、90年代後半ごろから
ハリウッド映画などでも活動を開始。

 

近年では2011年『ドラゴンタトゥーの女』や
2012年『アベンジャーズ』など
数々の作品に出演しています。

 

ビル・ターナーの容姿は
トラウマになりそうなほど、フジツボやサンゴが
顔から生えたおぞましい見た目…。

 

フジツボのとれた彼は
とってもダンディな2枚目俳優です。

 

 

日本語吹き替えを務めるのは柴田秀勝さん。

 

1937年3月25日生まれ。なんと80歳

 

数えきれないほどの声優業をこなし、
バラエティー番組のナレーションなどでも知られています。

 

 

 

■ティア・ダルマ

ナオミ・ハリス/声優:高乃麗

シリーズ1作目で死んだとされたバルボッサを
魔術で蘇らせたブードゥー教の預言者。

 

エキゾチックな容姿のなかにも
可愛らしさが見え隠れするなんとも不思議な存在
ティア・ダルマ。

 

その正体は海の女神カリプソ。

 

なんともトリッキーな設定のティア・ダルマ役
を演じるのはナオミ・ハリスです。

1979年9月6日生まれイギリスのロンドン出身です。

2002年公開の映画『28日後…』で
ヒロインを務めたことにより一躍有名となった彼女。

 

ケンブリッジ大学を卒業しているとのことで
頭脳も兼ね備えているんですね。

 

2017年『ムーンライト』や、
同年『素晴らしきかな、人生』など

 

近年の話題作にも次々と出演しており、
今後も活躍に目が離せない注目の女優さんです。

 

ティア・ダルマの日本語吹き替え
務めるのは高野麗さん。

 

代表作はディズニー映画『シンデレラ』アナスタシア等。

 

 

 

■カトラー・ベケット

トム・ホランダー/声優:横島亘

通称ベケット卿、東インドの貿易会社の権力者。

 

物事を損得で考え、
会社の利益のためならなんでもする悪人です。

 

ベケット卿を務めるトム・ホランダー
1976年8月25日生まれイギリス出身。

 

14歳で俳優デビュー、代表作は
『プライドと偏見』のコリンズ役です。

 

彼はコメディもうまいと定評があるそうですが、
あのベケット卿の姿からは全く想像できませんね(笑)

 

 

日本語吹き替えを務めるのは横島亘さん。

 

トム・ホランダ―の出演作品はほぼ彼が務め、
ほかにもサイモン・ペッグや
ピアース・ブロスナンの声を担当しています。

 

 

 

■アンジェリカ

ペネロペ・クルス/声優:本田貴子

大海賊・黒ひげの娘の女海賊。

 

作中ではジャック・スパロウの
かつての恋人という設定ですが…

 

 

アンジェリカを演じるのはペネロペ・クルス

 

1974年4月28日生まれスペイン出身です。

 

4作目でキーラ・ナイトレイに変わり
ヒロイン役として抜擢された彼女ですが…

 

残念ながらキーラのような
愛されるキャラクターにはなれませんでした(笑)

 

何といっても世の男性を虜にしたのは
ペネロペ・クルスの申し分ないスタイル。

 

米雑誌の「もっともセクシーな女優」に選ばれ
同誌はペネロペを大絶賛、セクシーの代名詞とまで…(笑)

 

そして何と彼女、スペイン語の他に
英語・フランス語イタリア語と4か国語を喋ります。

 

才色兼備とはまさにこのことなんですね…。

 

アンジェリカの日本語吹き替えを務めるのは
本田貴子さん。

 

代表作はアニメ『とっとこハム太郎』ののっぽ君です。

 

 

 

 

■大海賊 黒ひげ

イアン・マクシェーン/声優:勝部演之

大海賊「黒ひげ」は、史上最恐の海賊として名高く、
目的のためなら手段を選びません。

 

黒ひげを演じるイアン・マクシェーン
1942年9月29日生まれイギリス出身。

 

映画やテレビドラマで活躍し、
近年は声優やナレーターとしても活動しています。

 

彼の素顔は黒ひげの強面からのギャップで、
すごくいい人そうに見えます(笑)

 

日本語吹き替えを務めるのは勝部演之さん。

 

勝部さんは俳優としても活躍されており、
大河や必殺シリーズや水戸黄門など時代劇に
多く出演されています。

 

 

 

■人魚・シレーナ

アストリッド・ベルジェ=フリスベ/声優:桑島法子

シリーズ4作目でジャック・スパロウが
「命の泉」を探している際に出会った人魚。

 

人魚のシレーナを演じたのは
アストリッド・ベルジェ=フリスベ

1986年5月26日生まれ
スペインのバルセロナ出身です。

 

作中、ひときわ美しい容姿の彼女のことが、
気になった方も多いのではないでしょうか。

 

アストリッドは
もともとフランスで活動している女優さん。

 

ハリウッド映画への出演は本作が初めてでした。

 

公開当時話題となったのは
何と言っても彼女の人間離れした肌の白さ!

 

よりリアルな人魚に近づけるために
透き通った肌を演出するべく、

 

日焼けは絶対厳禁で
太陽禁止令が出ていたそうです(笑)

 

彼女の日本語吹き替えを務めるのは桑島法子さん。

 

代表作はアニメ
『ハートキャッチプリキュア』のキュアサンシャイン。

声優だけでなく歌手としても活動されています。

 

 

Sponsored Link

 

◇まとめ

 

以上、パイレーツ・オブ・カリビアンの
主要キャラクターとキャスト・声優を
ざっと紹介させていただきました!

 

改めて見てみると
やはり豪華なキャスト陣ですね!

 

お気に入りのキャラのキャストについて
おさらいしてから観ると、
また違った面白さがあると思います。

 

このような個性的な
キャラクターたちばかりなのも
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の魅力の一つですね。

 

 

他のパイレーツオブカリビアン関連記事はコチラ
↓↓↓

『パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊』あらすじ・ネタバレ(ラスト結末)を紹介!

パイレーツオブカリビアン最後の海賊|エンドロール後のフジツボは?続編あるのか?

パイレーツオブカリビアン5/最後の海賊|オーランドとキーラナイトレイは?カメオ出演は誰?

パイレーツオブカリビアン/最後の海賊の魔女役は何者?ジャック若い頃の役は誰?

 

過去の作品を見逃した人はコチラへ!

↓↓↓

いまなら動画配信サービス「U-NEXT」の
31日間無料キャンペーンに登録すると、

登録時にもらえる600ポイントを利用して

次のパイレーツオブカリビアンのシリーズ作品のなかから、
1作品だけ無料で視聴できます。

・『呪われた海賊たち』(2002年)
・『デッドマンズ・チェスト』(2006年)
・『ワールド・エンド』(2007年)
・『生命の泉』(2011年)

 

もし試してみて必要なかったら、
無料期間内であれば解約しても0円なので、
デメリットがありません。

見逃した作品があるけど…
わざわざDVDでレンタルするほどじゃない

って考えている人には
是非ともオススメです!!

 

いますぐ見たい人はこちらへ↓ 
>>無料で「U-NEXT」を試す

 

無料トライアルの利用条件や
退会方法を知りたい人はこちらへ↓
>>U-NEXTの31日間無料トライアルについて

 

 

人気記事ランキング

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール