『心霊ドクターと消された記憶』のあらすじ(ネタバレ・結末)や感想など

『戦場のピアニスト』で一躍有名となったエイドリアン・ブロディ主演のミステリー映画『心霊ドクターと消された記憶』。

この映画の原題は『BACKTRACK』という名前で、昨年2015年にオーストラリアで制作されて今年2016年5月14日から日本でも全国公開します。

邦題がちょっとミステリアスなのでどんな映画か気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は『心霊ドクターと消された記憶』のあらすじ・ストーリーと、ラストの結末や見た感想などをお話していきたいと思います。
※ネタバレ要素があるのでご注意ください!!

Sponsored Link

作品のあらすじ・ ストーリー

news_header_backtrack_201604_06

この映画はエイドリアン・ブロディが演じる精神分析のピーターが物語の主人公。

 

ある雨の日、ピーターの最愛の娘は自動車に轢かれて亡くなってしまった。

悲しみに暮れるピーターと絶望に沈むピーターの妻。娘を亡くしていらい夫婦の日常は暗く重苦しいものだった。

それでもピーターは精神科医として日々患者たちのカウンセリングを淡々とこなしていく。

患者のカウンセリングを行うために電車で職場へ向かい、そしていつものように電車で自宅へと帰る。

憔悴した妻を支えながら精神科医として20人の患者をかかえ、毎日カウンセリングをこなしていくピーター。

だが娘を失った悲しみはあまりにも大きかった。ピーターは次第に精神を病み自身も専門医のカウンセリングを受けることになる。

そのような時ピーターの事務所へ突如フードかぶった謎の少女が訪れた。そしてピーターは少女とやり取りをする最中にオカルト現象に遭遇する。

突然の出来事に驚くピーター。すると目を離した隙に少女は消え、机の上に残されたメモには「謎の数字」だけが書き残されていた。

そして翌日も謎の少女はピーターの事務所を訪れた。今度は窓際に立ち不気味な鼻歌を歌っていた。

少女のもとへ近づくと突然絶叫して倒れ込んだとおもったらまた忽然と消えてしまった。

少女はいったい何者なのか?幻なのか?それても人智を超えた存在なのか?混乱するピーターを尻目に、次の日に少女はまた事務所へと訪れた。いや訪れたというよりもピーターが事務所に到着するとすでに部屋のなかにたたずんでいるのだ。

得たいのしれない恐怖を感じるピーター。少女と出会ってからというものピーターは恐ろしいオカルト現象に悩まされるようになる。

ピーターは意を消し少女の残したメモの「謎の数字」を調べてみた。すると「謎の数字」はなんと自分の故郷の鉄道に関係するものだということがわかった。

理由を突き止めようと故郷に帰る。数年ぶりに自宅は戻ると懐かしい父親が出迎えてくれた。母親はすでにいない。

幼少のころに過ごした部屋でピーターはしばし子供の頃の記憶にふける。するとふと子供の頃にしまった「おもちゃ箱」を思い出した。

箱を開けてみるとなぜか昔の鉄道事故の新聞の切り抜きが保管されたいた。

切り抜きを見たピーターは幼少の頃に何か大変なことしでかしてしまったことに気づく。がどうしてもはっきりと思い出すことができない。

その夜近所のバーで昔の親友と再開した。親友に当時の時のことを聞き出そうとするがかたくなに話すのを拒む。

いったい当時何があったのか?ピーターは記憶を取り戻そうと真夜中に1人線路を歩いてみる。

すると何かに導かれるように当時の記憶が次々と鮮明に蘇ったのだ。

そして思い出してしまった。当時自分と親友がいたずらで線路の上に乗り捨てた自転車が原因で、走行中の列車が大事故を起こしてしまい多くの人たちが犠牲になってしまったことを。

このとき恐ろしいことに気づいた。なんと今まで患者としてカウンセリングしてきた20人の患者は全員この時に亡くなった人たちだったのだ。

ピーターはずっと自分のせいで亡くなった人たちの亡霊をカウンセリングしてきたのだった…。

Sponsored Link

後半とラスト・結末(ネタバレ注意)

あまりにも重く恐ろしい事実を受け止めることができないピーター。幼少の頃とはいえ多くの人が犠牲となり、さらにこの事実を知るのは自分と親友と父親の3人だけ。当時父親は警察官であったため事故の実況見分の際にピーターたちの証拠が残らないよう小細工をしたのだ。

ピーターはどうしても罪悪感に耐えきれず警察へ自首をしに行く。そして担当の女性警官に過去の罪を打ち明けた。すると女性警官はなんとピーターが引き起こした鉄道事故で犠牲になった人の娘だったのだ。

だが女性警官はピーターを責めることもなく、また当時の事は調べようもなく、既に警察では解決済みの事案でありこれ以上の対応はしないとピーターへ引き取るように促す。

一分の罪悪感が解消したのかピーターは事故の切り抜き記事をライターで燃やそうとする。がこの時突然「謎の少女」が現れ恐ろしい形相でピーターへ襲いかかる。

一度は気を失ったピーターだが、このとき鉄道事故とは別の「もう一つの事件」を忘れていることに気づいた。そしてそれこそが「謎の少女」に関わることだったのだ。

そのような時、鉄道事故に関わった親友が線路の脇にある線路切り替え小屋でなぞの首吊り自殺をした。ピーターはそれを発見して警察へ通報する。

ピーターの通報により現場へ駆けつけた女性警官。

一体何がどうなっているのか?次第に混乱するピーター。そして再び「謎の少女」が現れた。

そしてピーターは少女に導かれ「もう一つの事件」の真相を知ることになる。

なんとピーターの父親が「もう一つの事件」に関わっていたのだ。

さらにあの「鉄道事故」もピーターの乗り捨てた自転車が原因だったのではなく、実は父親が引き起こしたのだった。

ピーターの記憶は父親によって「事実と異なる内容」にすり替えられていたのだった。

真相はこうだ。ピーターの父親は当時未成年の少女を誘拐して、線路切り替えの小屋へ連れこみ凌辱していた。

そしてピーターと親友は「その現場」を目撃してしまったのだ。そして父親は「最中」に誤って線路切り替えレバーをひいてしまい、結果列車は脱線して大事故起こしてしまったのだ。これが事件の真相だった。

すべてはピーターの父親が原因だった。怒り心頭のピーターは父親を問いただそうとすぐさま自宅へ向かう。

一方女性警察は過去の資料からピーターの父親がなにか事件に関与しているではないかと怪しみピーターの自宅へ訪問する。

女性警官はピーターの父親に当時のことを問いただそうとするが、父親は女性警官の頭を鈍器で殴り車のトランクに押し込んでしまう。

ちょうどそのときピーターは自宅に到着した。すぐさま事件のことを問いただすが父親は弁解することもなく、拳銃でピーターを脅し女性警官もろとも車の中に監禁してしまう。

父親は自身の犯した罪を隠すために今度は息子にまで手にかけようとしているのだ。

ピーターと女性警官は手錠をはめられ父親の車に乗せられどこかへ連れていかれる。

絶体絶命の状況のなか謎の少女の亡霊が突如あらわれた。そして運転中の父親へと襲いかかる。

父親の運転する車は道路わきの障害物に衝突し、列車の線路踏み切りの真ん中に立ち往生してしまう。そこには貨物列車がものすごいスピードで近づいてきた。

ピーターと女性警官は衝突寸前に辛くも脱出するが、身動きの取れないピーターの父親は自動車もろとも貨物列車にはね飛ばされた。

父親の死によってすべてが終わったのだった。

 

場面は変わり美しい浜辺にピーターと妻は肩を寄せ合い海を眺めている。

妻には見えていないがピーターには別れを告げている少女の姿がはっきり見えた。

 

感想とまとめ

この映画は海外ではとても評価の高い映画だったようですね。

特に後半の大どんでん返しには大きな衝撃を受けると思います。

全体的には重苦しい内容ではありますが、しっかりとストーリーが作られていて見ている人に飽きさせない内容になっています。

個人的にはちょっと気になるところはピーターの娘さんが亡くなってしまったと言う部分がストーリーとの関連性が薄くてちょっと切ないところではありました。

また所々ホラー的な要素もあるので完全なミステリーやサスペンスとは違うかもしれません。

ストーリー的に無理な謎解きの部分はオカルト的な要素でカバーしてしまっています。

邦題でも「幽霊ドクター」と名がついているのでそこは見る前から頭に入れて置いた方がいいかもしれません。

それにしても幽霊ドクターってちょっとひどい題名ですよね(笑

見てみると幽霊ドクターなのではなく幽霊に悩まされたドクターです。

もう少し邦題を工夫してもらったほうがいいのではないでしょうか(笑

とても見応えのある映画なので興味のある方はぜひとも映画館に足を運んでみてみてください。

 

管理人のおすすめホラー映画ランキングはこちら
↓↓↓
おすすめホラー映画ランキング

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール