『沈黙-サイレンス-』あらすじ・ネタバレ(ラスト結末)を紹介!

映画『沈黙-サイレンス-
ネタバレです!

 

遠藤周作の原作小説を
巨匠マーティン・スコセッシ監督が完全映画化。

 

キリスト教徒が弾圧される江戸時代の長崎で
ポルトガル人宣教師が体験する苦悩を描いた

沈黙-サイレンス-

 

信仰とは何か?
人間の強さとは?弱さとは?

観た者に問いかける作品になっています。

 

今回はそんな映画
『沈黙 -サイレンス-』の
詳しいあらすじやネタバレについて
触れていきたいと思います。

 

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので
映画を見ていない方はご注意ください。

 

Sponsored Link

 

◯あらすじ・ストーリー

では、まずあらすじから。

 

17世紀初頭(江戸時代初期)
宣教活動で日本に渡っていた
フェレイラ神父(リーアム・ニーソン)が
キリスト教を捨て仏門に入ったとの噂が。

 

弟子のロドリゴ神父
(アンドリュー・ガーフィールド)と
ガルぺ神父(アダム・ドライヴァー)は
フェレイラ神父の安否を確かめるため
日本に行く決意をします。

 

当時、日本ではキリスト教が厳しく弾圧され
キリスト教徒の入国は大変危険なことでした。

 

2人は中国で出会ったキチジロー(窪塚洋介)
という日本人の手引きで日本に密入国。

 

キリシタンが潜伏するトモギ村に
辿り着いた2人は村人との交流を深め
狭い小屋の中で布教活動を行うように。

 

ある日のこと
2人は五島から来たキリシタンと接触。

 

ロドリゴは五島でも
布教活動をするようになります。

 

五島はキチジローの故郷でもありました。

 

キチジローはかつて
迫害を逃れるために踏み絵をし
キリスト教を捨てましたが
自分以外の家族は踏み絵ができずに処刑。

 

その罪の意識にいまでも苦しんでいました。

 

長崎奉行の井上筑後守(イッセー尾形)は
隠れキリシタンを見つけるため
トモギ村を訪れます。

 

そこで村長のイチゾウ、キチジロー、
敬虔な信者であるモキチ(塚本信也)らが
身柄を拘束されてしまいます。

 

そんな彼らに井上奉行が命じたのは
踏み絵とキリスト像に唾を吐くことでした。

 

キチジローだけは素直に従いますが
イチゾウとモキチは命令にそむき
海に立てられた十字架を張りつけられます。

 

満潮による溺水で死ぬまで放置…

 

その様子を岩陰から見ていた2人は苦悩し
神に問いかけます。

 

「なぜ神は我々にこんなにも苦しい試練を
 与えながら、沈黙したままなのですか…」

 

◯ラスト・結末(ネタバレ注意!)

以下、ネタバレ含みます。

 

ここにいては危険だと感じた2人は
トモギ村を出て別行動をすることに。

 

ロドリゴは五島へ、ガルぺは平戸へ。

 

五島に上陸したロドリゴは
キリシタン狩りで焼き払われた村の惨状に
言葉を失います。

 

そこへ現れたキチジロー。
踏み絵を踏んだことを悔やんでいました。

 

ロドリゴは川辺で水を飲んでいると
役人に捕らえられてしまいます。

 

懸賞金に目がくらんだキチジローが
幕府に密告していたのです。

 

ロドリゴは長崎に連行され牢屋へ。

 

そこにはモニカ(小松菜奈)、
ジュアン(加瀬亮)という洗礼名の
キリシタンも捕らえられていました。

 

彼らは死んだら天国に行けると信じており
踏み絵を命ぜられても決して屈しません。

 

井上奉行はキリシタンが拷問される姿を
ロドリゴに見せることで、キリスト教を
捨てるよう精神的に追いつめていきます。

 

ジュアンは斬首され、
モニカは藁で体を巻かれ海に突き落とされます。
次々と犠牲になるキリシタンたち…。

 

また、平戸へ渡ったはずのガルぺも
幕府に捕らえられていました。

 

キリスト教を捨てるよう
ガルぺも迫られていましたが
最後まで抵抗し死んでいきます。

 

井上奉行と直に対面したロドリゴ。

 

日本ではキリスト教は定着しないと諭され
「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」
とキリスト教を捨てるよう迫ります。

 

守るべきは己の信仰なのか?
それとも目の前の命なのか?
ロドリゴは必死に自分の心と向き合います。

 

それから数日後、
ロドリゴは寺に連れて行かれ
フェレイラ神父と対することに。

 

しかし、フェレイラ神父は
「沢野忠庵」という日本名を名乗り
キリスト教を捨てていました。

 

天文書や医学書のほか、
カトリック批判した「顕偽録」も執筆。

 

あの噂は本当だったのです。

 

フェレイラは、井上奉行と同様に
この国ではキリスト教は普及しないと言って
キリスト教を捨てるようロドリゴに勧めます。

 

それでも信念を曲げないロドリゴでしたが
フェレイラの最後の言葉で心が動きました。

 

「沈黙する神の代わって救える命がある」

拷問されているキリシタンらを助ける方法は
自分がキリスト教を捨てることなんだと。

 

ロドリゴは泣きながら踏み絵を踏みました。

 

その後、ロドリゴは幕府の厳しい監視のもと
長崎の出島でフェレイラと共に禁制品を
取り締まる仕事に就きます。

 

そして岡田三右衛門という日本名が付けられ
日本人の妻と江戸で生活することに。

 

ロドリゴへの厳しい監視は
彼が死ぬまで約40年間つづきました。

 

葬儀は仏式でしたが、火葬の直前
妻は藁の十字架をロドリゴに握らせました。

(エンドロールは波の音、虫の声、
 風の音で静かに終わっていきます。)

 

Sponsored Link

◯感想

ネタバレを含みつつ
あらすじなどについてご紹介しましたが

 

『沈黙 -サイレンス-』
というタイトルの通り
全編にわたって静かな作品でしたが

 

それとは対照的に描かれる拷問シーンが
なんとも残酷で見事なコントラスト。

 

まさに自分もその場にいるような臨場感で
ロドリゴと同じギリギリの心理状態を
疑似体験することができました。

 

過剰な音楽にたよらず
自分自身の心と向き合える静かな演出は

 

最近の瞑想(マインドフルネス)ブームに
マッチしているかもしれません。

 

どんなに拷問されても
信仰を捨てない江戸時代のキリシタンたち。
本当にすごいです。

 

それを演じる日本人キャストもすごかった!
イッセー尾形さんはじめ、窪塚洋介さん、

 

塚本信也さんらの熱演は
ハリウッド俳優にも引けを取りません。

 

上映時間160分の長い作品ではありますが
日本人として過去の歴史を知るうえで
観ておきたい一本です。

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール