『新感染 ファイナルエクスプレス』韓国映画のネタバレ(あらすじ結末)を紹介!

韓国映画『新感染 ファイナルエクスプレス
ネタバレです!

 

時速300kmで走行する高速鉄道の車内を舞台に
ウイルスの感染が拡大していく恐怖を描いた
韓国映画『新感染 ファイナルエクスプレス』。

 

2016年、韓国でもっともヒットした
韓国初のゾンビ映画です。

 

ホラーなのに泣けるとの声多数あり!

 

今回はそんな韓国映画
新感染 ファイナルエクスプレス』の
詳しいあらすじやネタバレについて
触れていきたいと思います。

 

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので
映画を見ていない方はご注意ください。

 

Sponsored Link

○あらすじ・ストーリー

では、『新感染 ファイナルエクスプレス』の
まずはあらすじから紹介します。

 

韓国のとある道路で「防疫」
(伝染病の侵入を防ぐこと)の看板と薬剤を
撒く作業員の姿が。

 

そこを通過したトラックが飛び出してきた鹿を
はねてしまいます。

 

しかし死んだはずの鹿が立ち上がり…

 

腕利きのファンドマネージャーとして働く
ソグ(コン・ユ)は仕事優先の生活で家庭を顧みず
妻とは別居状態。

 

娘・スアンの面倒を実母にみてもらい
ソウルの高級マンションに暮していました。

 

娘の誕生日前日。
ソグはプレゼントを買って帰りますが
スアンの部屋にはすでに同じものが。

 

「他に欲しいものはないか?」と尋ねると
「プサンにいるお母さんに会いたい」
と答えるスアン。

 

娘の誕生日ということもあって
ソグは希望を叶えることにしました。

 

その夜、見に行く約束を果たせなかった
学芸会のビデオ動画を
実母から見せてもらったソグ。

 

そこには途中で歌うのをやめてしまう
スアンの姿が映っていました。

 

翌朝、ソグはスアンを車に乗せて
早朝のソウル駅へと向かいますが

 

その車中、
途中で歌うのをやめたことを叱ります。

 

しかし、
スアンが途中で歌をやめた理由は
頑張って練習した歌を
父であるソグに聴いてほしかったからで

 

学芸会に来てくれなかったことが
悲しかったからでした。

 

 

5時30分発の
ソウル発プサン行きの高速鉄道KTX101号。

 

早朝にもかかわらず車内には大勢の客が。

妊婦のソギョン(チョン・ユミ)
に寄り添うサンファ(マ・ドンソク)

 

野球チームに所属するヨングクと
チームメイトの高校生たち。

老姉妹のインギルとチョンギル

高速バス会社の常務・ヨンソク。

 

発車のベルが鳴り
列車が出発する直前、

車掌の隙をついて
怪しげな歩き方をする少女が乗車。

 

さらにホームレスの男性も乗車し、
すぐさまトイレに立てこもり
みんな死んだ、みんな死んだ…
とブツブツ言いはじめました。

そして列車は定刻通りに出発します。

 

眠るソグの隣で車窓を眺めるスアン。

 

すると
駅のホームで人が襲われている光景が
スアンの目に飛び込んできました。

 

しかし、列車は加速。
状況を確認することはできません。

 

ソグを起こさないよう
そっとトイレに向かうスアン。

 

トイレでは
切符なしで乗車したホームレスの男性が
車掌に注意されていました。

 

いっぽう11号車の連結部分では
うずくまって痙攣している少女の姿が。

 

女性乗務員が心配して声をかけますが、
その少女こそ”感染者”だったのです。

 

そして、女性乗務員の背中におぶさり
首にガブリと噛みつきます。

 

女性乗務員は無線で救助を求めながら
10号車へ。

 

しかし次の瞬間、
女性乗務員の目の色が変わり、
10号車の乗客に襲いかかります。

 

そこから一気に感染者が拡大し
列車内はパニック状態に。
乗客らは後ろの車両へと殺到。

 

そんなことが起きているとも知らず
目を覚ましたソグは
スアンがいないことに気づき
トイレの方へと探しに行きます。

 

 

その頃、スアンは
トイレで順番を待っていました。

 

個室の中には妊婦のソギョンが、
そして外には夫のサンファが。

 

そして3人は他の車両で
異変が起きていることに気づきます。

 

ソグはスアンの姿を見つけ、
急いで抱きかかえて
他の乗客らが逃げる車両へ。

 

その後を追ってサンファとソギョンも
その車両へと走りますが

 

自分と娘が助かることしか頭にないソグは
ドアを閉めてしまいます。

 

結局、ドアを開けて2人を助けますが、
このことでソグとサンファの間には
ピリピリした空気が。

 

そんな中、
高速鉄道は途中駅のテジョン駅で停車。

 

操縦士の車内放送によると、
この駅には政府が軍隊を投入しており
安全が確保されているとのこと。

 

乗客らは怖々と列車を降りて
中央広場へと向かいます。

 

しかし、ソグだけは
自分の顧客である政府官僚から
携帯で極秘情報を入手。

 

中央広場ではなく
東広場に行くよう指示され
他の乗客とは別のルートに向かいます。

 

中央広場に出た乗客らは
駅舎の外で整列する軍隊に
救助を求めますが、その瞬間、

 

感染した大量の軍人らが
乗客たちに襲いかかってきました。

 

乗客らは慌ててホームに戻り
乗っていたKTXに乗車して避難。

 

その間にも逃げ遅れた乗客たちは
次々と襲われ、感染していきます。

 

いっぽう、安全だと聞かされていた
東広場の方でも同じ事態が。

 

ソグはスアンを抱いて逃げますが
感染した軍人に襲われてしまいます。

 

そんなソグを助けたのはサンファでした。

 

ソグはサンファの妻・ソギョンに
スアンのことをお願いし、

 

サンファ、高校生のヨングクとともに
バリケードを作って
感染者がホームに進入するのを防ぎます。

 

避難が遅れたソギョンとスアン、
老姉妹の姉・インギル、
そしてホームレスの男性の4人は

 

間一髪でギリギリ乗車できましたが、
KTXは無情にも徐行しながら発車。

 

乗り遅れてしまった
ソグ、サンファ、ヨングクの3人は
猛ダッシュしてKTXに飛び乗ります。

 

しかし、ソグらは9号車に、
ソギョンらは13号車のトイレに、
他の生存者たちは15号車、とバラバラに。

 

そして、
その間の車両には大量の感染者が…

 

 

はたして彼らは無事に
プサンまでたどり着けるのでしょうか?

 

そして、感染が起きた理由とは?

 

 

Sponsored Link

○ラスト・結末(ネタバレ注意!)

 

以下、ネタバレ含みます。

 

家族らと離れ離れになってしまった乗客たち。

 

携帯でソギョンとスアンの無事を確認した
サンファは、ソグとヨングクの3人で
13号車のトイレに向かう決断を。

 

簡単な武装をして
感染者がいる10号車を進んでいきます。

 

列車がトンネルに入ったとき、
3人はあることに気づきました。

 

感染者は暗闇だと大人しくなるということ。
そして、音に敏感であるということ。

 

列車がトンネルに入ったタイミングに合わせ
携帯の着信音で感染者の注意をそらし
3人は10号車を無事に突破します。

 

11号車に移動した3人を待っていたのは
感染したヨングクのチームメイトでした。

 

変わり果てた友人らの姿に
動揺するヨングクでしたが、

 

ここでもトンネルのタイミングを利用して
無事に突破。

 

そして12号車もなんとかクリアし、
3人は13号車のトイレにいた
ソギョンとスアンら4人と合流。

 

7人で協力して
感染者のいない15号車を目指します。

 

ヨングクは
15号車にいる彼女にSNSで連絡。

 

しかし、15号車では
バス会社常務のヨンソクが主導権を握り、

 

7人が感染者でないことが確認できない以上
入れるべきではないと言って
15号車のドアに鍵をかけてしまいます。

 

そうとは知らない7人は
感染者であふれる14号車の荷物棚の上を
ほふく前進しながら進み、
15号車の連結部分に到着しますが、

 

ドアに鍵がかかっていたことで
サンファ、そして老姉妹の姉・インギルが
襲われ感染してしまいます。

 

ドアを開けてくれてたら全員助かったのに…

 

15号車に入れてもらえないことを巡って
ドア越しに口論が勃発。

 

残った5人はなんとか
15号車に入れてもらえましたが

 

ヨングクの彼女とともに
16号車へと隔離されてしまいます。

 

そんな時、
目の前で姉を失った妹のチョンギルが
自暴自棄になって
15号車のドアを開けてしまいます。

 

その瞬間、大量の感染者が15号車に。
生存者たちは次々と感染してしまいます。

 

すると、
15号車を仕切っていたヨンソクが
ドアのガラスを叩き割って16号車に侵入、
トイレの個室に身を隠します。

 

 

そこへソグの部下から電話が。

 

どうやらこの感染は
自分たちが株を操作して助けた
バイオ会社が関係しているとのこと。

 

「僕の責任じゃないですよね?」
と涙ながらにソグに尋ね、電話は切れました。

 

 

その時、列車が東テグ駅で緊急停車。

 

脱線した別の列車が
線路の前に横たわっており進めないため、

 

ここから先は別の列車に乗り換えて
プサンを目指すしかありません。

 

操縦士は生存者に向けて
そのことを車内放送でアナウンス。

 

操縦士は車庫へと向かって
運行可能な列車を探しに行きます。

 

いっぽう、数少ない生存者たちは
列車から降りて慎重に移動。

 

するとそこへ
燃えさかる列車が突っ込んできて
自分たちが乗っていたTKXに衝突。

 

ソグとスアン、ソギョン、
そしてホームレスの男性は
倒れた列車の隙間にはさまれてしまいます。

 

傾いたTKXの車窓からは
車内に残された大量の感染者たちが。

 

その重みでいつ窓が割れても
おかしくない状況です。

 

わずかに開いた隙間を通って
傾いた列車の反対側に脱出したソグ。

 

スアン、ソギョンを救出しますが、
ホームレスの男性は
感染者に襲われてしまいます。

 

その頃、
操縦士が運行可能な貨物列車を発見。

 

徐行運転で生存者らを待ちますが
感染者に襲われてしまいます。

 

そうとは知らず貨物列車に飛び乗った
バス会社常務のヨンソクでしたが、
やはり感染者に噛まれてしまいます。

 

 

ソグ、スアン、ソギョンの3人は
感染者たちに追いかけられながら
全力ダッシュで貨物列車に乗車。

 

しかし、大量の感染者たちが
全速力で列車を追ってきて

 

列車の後部は引きずられながらしがみつく
感染者であふれてしまいます。

 

その感染者たちを足で振り落とすソグ。

ホッとしたのも束の間、
運転室からは感染したヨンソクが。

 

ソグは体を張って
娘のスアンと妊婦のソギョンを守り、
右手を噛まれてしまいます。

 

なんとかヨンソクを列車から振り落とし、
ソグは2人を連れて運転室へ。

 

間違いなく自分も感染しており、
いつ2人を襲ってもおかしくない…

 

そう思ったソグは
まだ人間の意識があるうちに、と

 

ソギョンにブレーキの操作法を説明し、
娘のスアンに別れの言葉を残して

 

走る列車から飛び降り、
自ら命を絶ちました。

 

残されたスアンとソギョン。
プサン手前のトンネルのところで
線路をふさぐ事故車両を発見。

 

仕方なく列車を降りて
2人はトンネルを通って先に進みます。

 

しかし、トンネルの先では
武装した軍人が銃を向けて構えていました。

 

監視役の軍人が2人に気づき
上司に判断を仰ぎますが、

生存者なのか、感染者なのか、
この距離では確認ができないため、
射殺しろとの命令が。

 

軍人が引き金を引こうとしたその瞬間、
トンネルの中から少女の歌声が。

 

その歌は、娘のスアンが
父・ソグのために練習していた
「アロハ・オエ」でした。

 

「生存者だー!」
2人は無事に確保され、映画は終わります。

 

End

Sponsored Link

 

○感想

以上、韓国映画
『新感染 ファイナルエクスプレス』の
ネタバレを含みつつ
あらすじ・ストーリーをご紹介しました。

 

ホラー映画でありながら
2016年に韓国でナンバー1ヒットを記録。

 

韓国初のゾンビ映画でありながら
アメリカでのリメイクも決定!

 

いったいどんな作品なんだろう?
と期待に胸はずませて鑑賞しましたが

いやぁ、期待以上の面白さでした!!

 

様々な登場人物が登場し、
親子愛、夫婦愛、兄弟愛、友情、

 

そして極限状態に置かれた人間が
とるであろう醜い言動…

 

緻密なストーリーにぐいぐい引き込まれ
ゾンビ映画という枠を超え、
気がつけばラストは号泣…。

 

もちろん、
ホラー描写もよく出来ていて、

 

全速力で襲いかかってくるシーンや
窓を割って上から降ってくるシーン、

 

列車に引きずられながらも
大量にしがみついて
列車が止まりそうになるシーンなど

 

ブラッド・ピット主演の
『ワールド・ウォーZ』をも彷彿とさせました。

 

 

この映画を観て思い出したのが
2015年に新幹線の車内で
焼身自殺した老人の事件。

 

列車という閉塞空間で事件が起きたら
いったいどんなことになってしまうのか?

 

日本では防災の日の9月1日に公開される
『新感染 ファイナルエクスプレス』

 

ホラー映画として楽しむもよし、
人間ドラマとして楽しむもよし、
シミュレーション映画として観るもよし、

 

ぜひ映画館で体感してみてください。

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール