『シンクロナイズドモンスター』のネタバレを紹介!アン・ハサウェイ主演のコメディ!

アン・ハサウェイ主演の映画『シンクロナイズドモンスター』のあらすじ・結末(ネタバレあり)を紹介します。

 

『プラダを着た悪魔』や『マイ・インターン』など多くの話題作に出演したアン・ハサウェイ主演・製作総指揮『シンクロナイズドモンスター』

 

『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞をはじめ映画賞を総なめにした、あのアン・ハサウェイがアルコール中毒のダメ女を演じるということで話題です。

 

そこで、今回は『シンクロナイズドモンスター』のあらすじ・結末(ネタバレあり)をご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

 

〇あらすじ・ストーリー

 

アメリカ・ニューヨーク。

 

二日酔いを抱えたまま、早朝家に帰ってきたグロリア(アン・ハサウェイ)

 

ウェブ(WEB)ライターをクビになってから、記憶を無くすほど酒を飲み、朝帰ってくるような毎日を過ごしています。

 

一緒に住んでいる恋人ティム(ダン・スティーブ)はそんなグロリアでも愛していましたが、さすがに愛想をつかしていました。

 

事情を説明するグロリアに、僕が帰ってくるまでに居なくなってくれと、ティムは言い捨て、立ち去ります。

 

冗談だと思っていたグロリアでしたが、すぐ出ていけるようにまとめられた自分の荷物を見て、彼が本気だということに気づきました。

 

仕事もなく、住むところまで失ってしまったグロリアはニューヨークから故郷ニューハンプシャーの古い家に戻ってきました。

 

家具の全くない家にマットレスを運んでいるとき、車で通りかかった幼馴染みのオスカー(ジェイソン・サダイキス)と偶然、再会します。

 

父親から受け継いで経営しているバーへ来ないかと誘われたグロリアは、そこでオスカーの友人であるガース(ティム・ブレイク・ネルソン)とジョエル(オースティン・ストウェル)に出会います。

 

酒が原因でティムにフラれたグロリアでしたが、結局バーでの飲み会に参加してしまいました。会は朝まで続き、グロリアは酔ったままマットレスを担ぎ、公園の中の遊び場を通って家に帰りました。

 

翌朝、グロリアは妹からの電話で目覚めました。

 

ニュースを見るように言われ、パソコンで調べると、なんとソウルがモンスターに襲われたという記事と、その様子を写した動画を見つけます。

 

グロリアはその映像をとても怖がり、ティムに電話をかけますが、彼は酔っているグロリアとは話したくないと言い、電話を切ってしまいました。

 

その直後、リビングに置くための大きなテレビを持ってオスカーがやって来ます。

 

突然の訪問にグロリアは驚きますが、実は昨夜、約束していたこと。ですが、グロリアは酔っていたために何も覚えていませんでした。

 

また、そのとき失業と失恋をして帰ってきたという事実も聞いていたオスカーは、グロリアに自分のバーで働かないかと提案します。

 

お金も底を尽きていたグロリアはオスカーのバーで働くようになりました。しかし、仕事終わりに毎回オスカーやその友人たちと飲むようになったことで、グロリアのアルコール依存は加速していきます。

 

再び、モンスターがソウルに現れたとき、ニュース内でモンスターが頭をかく姿が写りました。実はその姿はグロリアがクセで頭をかくときと、まったく同じ姿。

 

それに気付いたグロリアが映像を見続けていると、モンスターはまるで何かを背中に担いでいるように動き出しました。実はこの間のグロリアの行動と全く同じことをモンスターはしていたのです。

 

また、グロリアが公園を通るのと同じ時刻に、モンスターの襲来が報告されていました。もしかしてモンスターは自分とシンクロしているのでは?と、グロリアは考え始めます。

 

公園の遊び場とソウルの地図を照らし合わせるなどの調査をした後、グロリアは公園でポーズを取る実験を行います。

 

実験後、すぐに帰宅してニュースを確認すると、公園で彼女が行ったのと全く同じポーズを取るモンスターの姿が放送されていたのでした。

 

グロリアはオスカー、ガース、ジョエルにこの事実を教えるため、いつもように朝まで飲んだ後、彼らとともにモンスターが出現する時間、8:05に公園へやってきました。

 

3人にはソウルの中継映像を見させると、グロリア自身は遊び場に立ち、モンスターが画面現れたのと同時にダンスを始めました。

 

すると、映像上のモンスターがグロリアと同じダンスを踊り始めたのです。

 

初めは何が起こっているのか分からない3人でしたが、グロリアが動きを変えると動きを変え、モンスターにミサイルが打たれれば同じ場所に痛みを感じるグロリアを見て、グロリアとモンスターがシンクロしていることを理解しました。

そして、酔っていたグロリアが足をもつれさせ転んでしまうと、同じようにモンスターも倒れ、それによってソウルの町が破壊され、何百人もの死者が出てしまったのです。

 

オスカーが倒れたグロリアを助け、事故にショックを受ける彼女を家まで送ると、届いていた新聞を見せました。
そこには、モンスターとともにロボットがソウルに現れた写真が載っていました。

 

オスカーは自分がグロリアと同じ場所に立ったことから、このロボットは自分ではないかと、グロリアに伝えます。

 

Sponsored Link

 

〇ラスト・結末(ネタバレ注意)

それからグロリアはあまりアルコールを口にしないように心がけ、公園にも近づかないようになりました。

 

しかし、最初の飲み会で良い雰囲気になっていたジョエルと初めて夜を過ごした翌朝、グロリアはソウルでロボットが人々を脅かすように動いているニュースを見てしまいます。

 

グロリアがすぐに公園へ行くと、酔ったオスカーが遊び場でふざけているのを見つけました。
ジョエルとグロリアの関係に嫉妬していたオスカーは、酔うとグロリアに敵意を見せ、対立するようになっていたのです。

 

それから、ティムがグロリアに会いに町へやってきました。グロリアが改心したと聞いたティムは、一緒にニューヨークへ帰ろうと言います。

 

そのことを伝えるため、グロリアがティムとバーを訪れると、すでに酔っていたオスカーは怒り、花火を打ち上げてバーの全てを破壊してしまいました。

 

また、オスカーはグロリアの家に現れると、彼女がティムとニューヨークに帰らないように見張ると言い始めます。

 

そして、グロリアとオスカーは子供の頃、遊び場の近くを歩いていたとき、雷に吹き飛ばされたことを突然思い出します。

 

その時、授業で作った模型を持って二人は歩いていましたが、どちらの模型も風で飛ばされてしまいました。オスカーがグロリアの作ったソウルの模型を見つけますが、意地悪くもそれを壊そうとします。

 

グロリアが止めようとしたとき、二人に雷が落ち、鞄からそれぞれモンスターとロボットの人形が飛び出したのでした。

 

原因を思い出したグロリアは、ティムと町を離れることを思い直し、怒り狂ったオスカーがソウルを破壊するのを止めることにしました。

 

 

再び8:05、ロボットがソウルに現れます。そのとき、グロリアはソウルでロボットを迎えました。グロリアは自分がソウルに行けば、逆にモンスターがアメリカに現れると考えたのです。

 

そして、その手でロボットを捕まえると、そのまま空へ投げ飛ばしました。ロボットが投げ飛ばされると同時に、モンスターにつかまれていたオスカーも空へ飛んで行きます。

 

 

グロリアの手によってソウルは守られました。

 

計画が終わり、彼女はソウルのバーに立ち寄ると、ウェイトレスに「スゴい話を聞きたくない?」と話しかけるのでした。

 

Sponsored Link

 

〇感想

『シンクロナイズドモンスター』のあらすじ・ネタバレについてご紹介させていただきました。

『シンクロナイズドモンスター』というタイトルの通り、モンスターとシンクロしている女性という突拍子もない物語ですが、中身は奥深く人間の心理をついた作品となっています。

 

昔の自分から抜け出せたグロリアと、昔の劣等感から抜け出せなかったオスカー。二人の対比が鮮やかな物語でした。

 

アン・ハサウェイ自身が今作のプロデュースを務めたことも話題になっており、作品に対する彼女の熱意はとても大きいものだったことが分かります。

 

また、アン・ハサウェイ演じるグロリアはとてもキュートで、多少(?)酒癖が悪くても、男たちが彼女に惹かれてしまうのも分かります。

 

ソウルで繰り広げられる、迫力のモンスター登場および戦いのシーンはぜひご自身の目でお楽しみください。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール