『マイティ・ソー バトルロイヤル』のネタバレ(あらすじ・ラスト結末)を紹介

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル

 

『マイティ・ソー』で一躍有名となったクリス・ヘムズワーズ、トム・ヒドルストンの他に、『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター役として有名なアンソニー・ホプキンスや、『SHERLOCK/シャーロック』でお馴染みのベネディクト・カンバーバッチなどが出演していることで話題です。

 

また、日本からは浅野忠信さんがシリーズ三作連続でソーの部下・ホーガン役として出演していることでも注目を集めています。

 

今回はそんな話題作『マイティ・ソー バトルロイヤル』のあらすじ・結末(ネタバレあり)をご紹介したいと思います。

 

※この記事は作品の結末までネタバレしています。

 

Sponsored Link

 

〇あらすじ・ストーリー

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンから2年後。

 

ソー(クリス・ヘムズワーズ)はインフィニティ・ストーンの捜索を続けており、その最中、炎の悪魔スルトに囚われていました。

 

スルトは自分の王冠に、ソーの父が治めているアスガルドの宝物庫にある永遠の炎を与えることで、世界の終末を意味するラグナログが起こると予言します。
ソーはなんとかスルトから王冠を奪い、アスガルドに戻りました。

 

アスガルドに無事戻ったソーでしたが、アスガルドと他の世界をつなぐ虹の橋・ビフレストの門番がヘイムダル(イドリス・エルバ)からスカージ(カール・アーバン)に代わっていたり、

亡くなった弟ロキ(トム・ヒドルストン)の像が立っていたり、オーディン(アンソニー・ホプキンス)がのんきに観劇していたりすることに違和感を覚えます。

 

ソーがカマを掛けると、ロキがオーディンに化けて国を治めていたことが分かりました。

 

本物のオーディンは記憶を消した上で、ミッドガルド/地球のニューヨークの老人ホームに置いてきたとロキは言います。

 

ソーはロキとともに地球にやって来ますが、老人ホームは取り壊されていました。

 

手掛かりを失ってしまった二人でしたが、ニューヨークで地球の平和を守っていたドクターストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が、オーディンはノルウェーに居ると伝え、二人を魔術でオーディンのもとへ送ります。

 

オーディンと再会し、ソーとロキはオーディンをアスガルドに連れ帰ろうとしますが、自分の死期が近いことを知っていたオーディンはそれを断りました。

そして、二人には死の女神・ヘラ(ケイト・ブランシェット)という姉が居ることを伝えます。

 

ヘラはオーディンとともに9つの世界を制覇しましたが、野望があまりにも大きくなってしまったことからオーディンによって封印され、歴史からも消されていました。

しかし、オーディンが死ぬことによって、封印が解け、ヘラが蘇ってしまいます。

 

ヘラの野望を止めるように二人に伝えると、オーディンは死亡し、光の粒になり消えてしまいました。

 

オーディンの死とともにヘラが現れました。

 

ヘラはソーのハンマー・ムジョルニアを破壊し、アスガルドに戻ろうとした二人を虹の橋から突き落とします。

 

アスガルドに辿り着いたヘラはウォーリアーズ・スリーを倒し、大狼のフェンリルと古代の兵士たちを復活させると、スカージを処刑人に指名して、世界征服に乗り出しました。

 

しかし、虹の橋の鍵である大剣がヘイムダルにより盗まれたため、アスガルドから他の世界に進軍することができません。

 

そこでヘラは、アスガルド市民を脅し、ヘイムダルの居場所を突き止めようとします。

 

虹の橋から突き落とされたソーは、ロキともはぐれ、サカールという惑星に墜落しました。

 

そして、スクラッパー142(テッサ・トンプソン)という賞金ハンターに捕まり、サカールの支配者であるグランドマスターのもとに連れて行かれます。

 

そこにはロキもおりましたが助けてくれず、ソーは戦士として、グランドマスターが主催するバトルロイヤルに参加することになりました。

 

また、ソーはスクラッパー142がアスガルド人であり、王を守る女戦士団・ヴァルキリーであることに気付き助けを求めますが、過去のヘラとの戦いにより彼女以外のヴァルキリーは死亡してしまったことを聞かされます。

 

バトルロイヤルでソーはグランドマスターお気に入りのチャンピオンと戦うことになりました。

 

その相手とは、ソーの旧友であるハルク/ブルース・バナー(マーク・ラファロ)でした。

 

ソーはハルクとの戦いに敗れそうになりますが、雷神としての能力を発揮し、勝ちそうになりましたが、ハルクをチャンピオンにしておきたいグランドマスターによって妨害されてしまいます。

 

Sponsored Link

 

〇ラスト・結末(ネタバレあり)

 

戦いの後、ハルクの部屋に軟禁されていたソーは、ハルクとスクラッパー142にアスガルドを守るために力を貸してくれるよう説得しますが、二人の反応はイマイチでした。

 

仕方なくソーは一人で、ハルクが乗ってきたクインジェットを見つけ、サカールから脱出しようとしますが、後を追ってきたハルクによってジェットは破壊されてしまいます。

 

しかし、船内で仲間だったブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフの映像を見て、ハルクは2年ぶりにブルースの姿に戻りました。

 

グランドマスターはロキとスクラッパー142を呼び出し、ソーとハルクを見つけ出すように指示します。

 

しかし、ロキと142は喧嘩になり、ロキは142に彼女の同胞がヘラの手によって殺される場面を強制的に思い出させてひるませる手を使いました。

 

そのことから、ソーを助けようと決めた142はソーの信頼を得るためにロキを生け捕りにします。

 

サカールに置き去りにされそうになったロキは、それを避けるためにソーたちにグランドマスターの船の場所とそれを奪うためのパスコードを知っていると伝え、仲間にしてもらいました。

 

そしてソーはグランドマスターをかく乱するために、バトルロイヤルで出会った戦士のコルグとミールに他の戦士たちを率いた反乱を起こしてもらいます。

 

ソーとともにグランドマスターの船を奪ったロキでしたが、グランドマスターからの報酬を受け取るためにソーを裏切ろうとしました。

 

ですが、ロキの裏切り癖を知っていたソーは、逆にロキを陥れ、ロキをその場に残したまま、ブルース、142とともにアスガルドに向けて出発します。

 

アスガルドに辿り着いたソー、ブルース、142はアスガルド市民たちを逃がそうと虹の橋へ向かわせますが、ヘラとスカージが行く手を阻みます。

 

ブルースは再びハルクに変身してフェンリルと戦い、ソーと142はスカージと古代の兵士たちと戦います。

 

すると、ロキとコルグ、ミールの反乱軍たちが助けにやってきました。

 

ソーに置き去りにされたロキでしたが、実はコルグとミールを言いくるめて、サカールから脱出していたのです。

 

彼らの大きな船にアスガルド市民を避難させるために、ソーはヘラと対峙しました。

 

戦いの中で、片目を奪われたソーはオーディンの幻を見て、アスガルドから力を得ているヘラを止めることができるのは、アスガルドの終末であるラグナログだけだと気付きます。

 

ヘラの気をそらしている間、ソーは宝物庫にあるスルトの王冠を永遠の炎に入れて、スルトを復活させるようにロキに頼みました。

 

スルトは復活するとともに、アスガルドを破壊し始め、それにしたがってヘラも力を失っていきます。

 

国王となったソーとアスガルド市民たちは崩壊していくアスガルドを脱出し、地球に向かうことに決めました。

 

Sponsored Link

 

〇感想

以上、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のあらすじ・ネタバレについてご紹介させていただきました。

 

『マイティ・ソー』シリーズ三作目となった本作ですが、前作、その他MCU作品を観ていなくても楽しめる作品となっています。

 

また、アクションシーンの他に、笑いどころが沢山あり、戦いだけでなくキャラクター同士の掛け合いも見どころとなっています。

 

特に、ドクターストレンジとのシーンやサカールから脱出するシーンでは思わず声を上げて笑いそうになってしまいました。

 

MCUマニアにも初心者にも見やすい作品となっていますので、ぜひ、ご自身の目でお楽しみください。

 

Sponsored Link

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール