『しあわせな人生の選択』あらすじ・ネタバレ(ラスト結末)と感想!

映画『しあわせな人生の選択
ネタバレです!

 

スペインのアカデミー賞といわれるゴヤ賞で
作品賞、監督賞、主演男優賞など5部門を受賞した
しあわせな人生の選択

 

自分の余命が残りわずかだと知った男が選んだ
人生最後の過ごし方とは?

 

本作は彼を見舞う親友との
4日間を描いた作品です。

 

今回はそんな映画
『しあわせな人生の選択』の
詳しいあらすじやネタバレについて
触れていきたいと思います。

 

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので
映画を見ていない方はご注意ください。

 

 

Sponsored Link

◯あらすじ・ストーリー

では、まずあらすじから。

 

スペインのマドリードで
愛犬のトルーマンと一緒に暮らす
舞台俳優のフリアン(リカルド・ダリン)。

1年前に肺ガンと診断され闘病するも、
ガンが全身へと転移、余命は残りわずか。

 

化学療法を拒否して
終活”を始めようとしていました。

 

そんなフリアンの旧友で、
現在はカナダ在住の大学教授、

トマス(ハビエル・カマラ)が
カナダからはるばる訪ねてきます。

トマスはフリアンの従妹にあたる
パウラ(ドロレス・フォンシ)から

 

フリアンの病状をメールで知らされ
化学療法を受けるよう説得するつもりでした。

 

 

トマスはアポなしでフリアンのアパートへ。

 

フリアンは旧友の突然の訪問を歓迎しつつも
もし説教しに来たのならカナダに帰れ!
とトマスに食ってかかります。

 

かと言ってすぐに追い返すわけにいかず
トマスは4日間だけ滞在することになりました。

 

 

愛犬トルーマンのことを
何よりも心配していたフリアン。

 

トマスと一緒に動物病院へいった際、
自分が死んだ後の愛犬のことについて
獣医にいろいろと相談します。

 

「飼い主が死んだら
 犬も喪失感を感じるだろうか?」

 

「新しい家族に引き渡す時は
 俺のにおいのついた服をもたせるべきか?」

 

動物病院を後にした2人は
その移動中、
フリアンはトマスにこう言いました。

 

 

「お前から人生で大事なことを学んだ。
 それは、見返りを求めない寛大さだ」

 

それに聞いたトマスも

 

「俺はお前から勇気を教わった。
 決して逃げ出さない勇気を」

 

 

主治医との面談において
「わずかな財産を治療に使いたくないから
 化学療法を拒否する」と答えたフリアン。

 

「化学療法を受けることで時間が稼げる」

と主治医は説明し、トマスも
「もう一度よく考えろ」と説得しますが

 

フリアンは一言
「1年間、考えてきた…」と。

 

病院を出た2人は書店に立ち寄り、
動物心理学の本と一緒に
『死ぬ瞬間』『死への誘い』という本を購入します。

 

 

そして2人はレストランへ。

フリアンは別の席で食事中だった役者仲間に
挨拶をしますが無視されます。

 

それに腹を立てたフリアンは彼らのテーブルへ。

 

「挨拶くらいしてくれたっていいじゃないか。
 もう会えなくなるんだから…」

 

席に戻ったフリアンにトマスは優しく
「気が済んだか?」と声をかけました。

 

 

その夜、フリアンが出演する舞台『危険な関係』
を彼の従妹のパウラと客席で鑑賞したトマス。

 

舞台終演後、2人は食事に。


互いの近況などを話すうちに

 

「友人の死が初めてで
 どうしていいのかわからない…」

 

とトマスはパウラに本音をこぼします。

 

 

ホテルに戻ったトマスですが、
深夜4時に電話で起こされました。

 

電話はフリアンからで
死んだ両親の夢を見てしまい、
寝付けないとのこと。

 

昼間に購入した『死の瞬間』によると
自分の死が近づくと迎えに来る人が思い出され、
無意識に死の準備をするようになるのだそう。

 

トマスは眠い目をこすりながら
フリアンの話に付き合いました。

 

 

余命わずかなフリアンにとっての
しあわせな人生の選択とは?

 

Sponsored Link

 

◯ラスト・結末(ネタバレ注意!)

以下、ネタバレ含みます。

 

翌日、フリアンは愛犬のトルーマンを連れて
トマスのホテルへやってきました。

 

浴室でトルーマンの体を洗い、
トマスとともに向かった先は
トルーマンの里親候補の家でした。 

 

フリアンは愛犬の里親探しを
具体的に始めていたのです。

 

今回の里親候補はLGBTのカップル。

 

養子に迎えた息子と犬との相性を確認したいから
1日預からせてほしいと提案してきました。

 

フリアンはそのカップルに
トルーマンを1日預けることにます。

 

 

その後、2人は葬儀社に向かいました。
フリアンは自分の葬儀を相談しに来たのです。

 

土葬にするか、火葬にするか?
棺や墓、骨壺はどうするか? など

 

リアルに死を連想させる内容に
言葉を失うフリアンでした。

 

 

2人はその足でレストランへ。

 

フリアンに蓄えがないことを気遣いながら
彼のプライドを傷つけないよう
「少し金を置いていく」と申し出たトマス。

 

「俺に気づかれないよう
 クッキーの缶に入れといてくれ」
とフリアンは笑ながら答えました。

 

この店にも役者仲間が食事に来ていました。
しかし、見つからないよう手で顔を隠すフリアン。

 

実は、昔その友人の奥さんを寝取って
離婚へと追いやった過去があったのです。

 

すると、彼の方から
フリアンのテーブルへ近づいてきます。

 

彼はフリアンを気づかう言葉をかけました。

 

フリアンは当時のことを心を込めて詫び、
彼に最後のお別れを言いました。

 

その表情はとてもスッキリしていました。

 

 

この日の夜も舞台に出演したフリアン。

 

終演後、楽屋でメイクを落としていると
劇場の支配人から病気を理由に
事実上の解雇通告を受けてしまいます。

 

 

その姿をトマスにも見られてしまい
フリアンはバツが悪そうな表情で
「崖っぷちだな」とつぶやきました。

 

 

次の日の朝。

トルーマンを預かっていた里親候補から
もう一日だけ預かりたいと連絡が入ります。

 

急に予定が空いてしまったフリアンは
明日が息子の誕生日であることを思い出しました。

 

ならば一緒に食事をしてお祝いしよう
とトマスは話を進めますが
なんと息子はオランダの大学に留学中とのこと。

 

てっきりマドリードにいると思っていた
トマスは、驚きながらも航空券を手配して
2人はアムステルダムに向かいます。

 

しかし、アポなしでの訪問だったため
息子と過ごせたのはランチのわずかな時間だけ。

 

フリアンは息子から恋人を紹介され
4人で誕生日のお祝いしました。

 

結局、フリアンは
自分の死期が迫っていることを
息子に話すことができませんでした。

 

ランチが終わって別れる際、
フリアンは息子から力いっぱいハグされます。

 

フリアンは息子を見送ると
「少し泣いてくる」と言って運河へ向かいました。

 

トマスはその背中を遠くから見つめていました。

 

2人はすぐにマドリードへ戻り、
その夜はバーで飲み明かします。

 

そして、トマスが泊まっているホテルへ。

 

酔いつぶれてしまったフリアンでしたが、
右手をそっと差し伸べてきました。

 

それに気づいたトマスは
黙ってフリアンの右手を握り返しました。

 

 

最終日の4日目の朝。

 

トルーマンが戻ってきましたが
老犬を理由に里親を断られてしまいます。

 

フリアンはその足で
早くも次の里親候補と面談をしますが、

 

その人物が人種差別主義者だったため
トマスは猛反対しました。

 

その帰り道、
フリアンは離婚した元妻と再会します。

 

そこで、実は元妻が息子にフリアンの病状を
すべて話していたことを知らされました。

 

昨日、息子は
父との最後の別れになることを悟って
別れ際に力強くハグしてきたのか…

 

腑に落ちたフリアンでした。

 

 

フリアンとトマスはカフェへ向かいます。

 

「別れを言いたくないから
 明日は空港に見送りに行かない」

 

と親友と別れるのがつらいフリアンでした。

 

話の途中でトイレに立ちますが
間に合わずに失禁してしまいます。

 

「恋愛モノの主役を張っていた俺が…」

 

と落ち込むフリアンでしたが
トマスはそんなフリアンを優しく慰めました。

 

 

最後の夜、
フリアンのアパートで
トマスは料理の腕をふるいました。

 

従妹のパウラも夕食に呼んでいました。

 

食事の途中、フリアンが2人に
「末期の症状が出たら
 薬を飲んで人生を終わらせる」

 

そう言って自死をほのめかしました。

 

化学療法を受けてほしいと願っていたパウラは
怒って部屋を飛び出してしまいます。

 

帰国前夜はなんとも険悪なムードに…。

 

トマスがアパートから出ると、
忘れ物をして戻ってきたパウラと路上で再会。

 

「こんな別れ方はしたくない」

トマスはパウラにそう言うと、
2人は自然な流れでそのままホテルへ…。

 

2人は激しく体を重ねますが、
トマスはこみあげてくる感情が抑えきれず
パウラの胸に顔をうずめて号泣します。

 

 

そして、
トマスがカナダに帰る日の朝が来ました。

 

フリアンは愛犬のトルーマンを連れて
トマスが泊まるホテルへ。

 

そこへトマスとパウラが2人揃って
フロントに現れました。

 

ゆうべのこともあって気まずい3人。
空港まではパウラの車で行くことに。

 

 

空港に到着し
ついにお別れの時間が来たその時、
フリアンがトマスに書類を手渡しました。

 

それはトルーマンの予防接種の証明書や
渡航に伴う書類でした。

 

そして、航空会社とは話がついているから
と言ってトルーマンのリードを預けました。

 

難航していた里親探し。

 

結局、フリアンはトルーマンの世話を
親友のトマスに任せることにしたのです。

 

トマスとトルーマンをいつまでも
名残惜しそうに見送るフリアン。

 

愛犬のトルーマンも
フリアンの方を何度も振り返ります。

 

そしてトマスは無言のまま
飛行機に乗ってカナダに帰っていきました。

 

 

End

 

Sponsored Link

 

◯感想

以上
映画『しあわせな人生の選択』の
ネタバレを含みつつ
あらすじなどについてご紹介しました。

 

 

『しあわせな人生の選択』という
なんともぼんやりした邦題ですが
(ちなみに原題は愛犬の名前『トルーマン』)

 

あの世に旅立つ準備を始める男と
彼をそっと見守る親友との物語です。

 

原題のとおり、愛犬のトルーマンが
絶妙なアクセントになっていました。

 

”終活”がテーマの作品だからか
映画館は中高齢者を中心にかなりの客入り。

 

自分の身近でも、
また自分自身においても
死が身近な問題となりつつある年代には
とてもリアルな内容だと思いました。

 

自分は大切な人の最期にどう寄り添えるだろうか?

何をしてあげられるだろうか?
何をしてあげたいだろうか?

 

そして、
自分が余命宣告されたら最後に何をしたいだろうか?

何をするだろうか? 
何が気がかりだろうか?

 

 

そんなことを主役の2人に重ね合わせながら
彼らととも4日間を過ごした気分になりました。

 

 

フリアンにとって一番気がかりだった
愛犬の里親探しも、かなり強引ではありますが
親友に任せることができて肩の荷が下りたはず。

 

トマスもカナダに戻ってから
トルーマンを散歩させる度に
フリアンとの4日間を思い出すことでしょう。

 

死を扱っている作品なのに
どこかユーモラスで温かい気持ちになれる
おすすめの作品です。

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール