『ワイルド・スピード アイスブレイク』のネタバレ・あらすじを紹介!

ワイルド・スピード アイスブレイク』のネタバレ・あらすじの紹介です。

大人気シリーズとなったワイルドスピードシリーズ。

仲間をファミリーと呼ぶほどの熱い絆と迫力満点のアクションが見所の作品です。

そんなファミリーのリーダーであり父のような主役ドミニクが裏切るという衝撃的な展開が注目される『ワイルド・スピード アイスブレイク』。

一体どんなストーリーなのか気になる人もいるでしょう。

 

今回は『ワイルド・スピード アイスブレイク』のあらすじ、ネタバレ結末を紹介していきたいと思います。

 

※この記事はネタバレ結末を含みます。

 

Sponsored Link

 

◯あらすじ・ストーリー

ドムはキューバ・ハバナで妻となったレティとバカンスを楽しんでいました。

レースを挑まれた彼は持ち前のテクニックを駆使し難なく勝利を得ますが、その数日後サイファーと名乗る女性から声をかけられます。

彼女はドムに、自分の部下にならないかと誘いますがドムは断りました。

 

しかし「ある写真」を見せられドム表情は一変。

部下になることを了承するのでした…。

 

ーー
娘のサッカーを監督している捜査官のホブスのもとへ外交保安部のミスター・ノーバディが訪れます。

 

彼らが訪れた理由は、ホブスやファミリーにドイツの反体制派の武器商人に奪われた武器を取り戻して欲しいと依頼するためでした。

 

仕事を受けることにしたホブスはドム達を呼び、武器を取り戻すためベルリンヘ向かいます。

 

ベルリンへ到着した彼らは、武器商人から武器を奪い返し、追ってくる敵とベルリン警察を振り切りましたが、突然ドムがホブスを攻撃し、武器を盗んで逃亡してしまいます。

 

ドムの裏切りを知った妻のレティと、ファミリー全員は唖然とするしかありません。

 

さらにドムの攻撃で負傷したホブスは、追ってきた現地警察に逮捕されてしまいました。

 

アメリカの刑務所に送られたホブスの前に外交保安部のミスター・ノーバディが。

 

ノーバディは新しい仕事と引き換えに、釈放をさせることを提案しますが、権力に縛られることを嫌がるホブスは提案を拒みます。

 

収監された房の向かいには以前(前作のスカイミッション)で逮捕したデッカード・ショウの姿がありました。

 

因縁のあるホブスとデッカードが言い合いをしていると、突然、牢獄の房が全て解除。

 

大混乱が起きるなかホブスとデッカードは外へ脱出、ノーバディによって作戦基地「ノーウェアー」へと連れて行かれます。

 

 

実はこれらはノーバディが仕組んだものでした。

 

到着するそこにはファミリー全員が保護されていました。

 

ノーバディの話によると、今回の事件で、ファミリー自体が危険リストの上位になってしまっていること。

 

また裏切ったドムは、女テロリストの「サイファー」と手を組んでいるとのことでした。

 

動揺するメンバーでしたが、ノーバディの指示でデッカードをファミリーに加え、ドムとサイファーの追跡と確保を開始することになります。

 

ファミリー達は早速、監視システムの「神の目」を使って、ドムとサイファーの現在位置を探りますが、その結果は驚くことに自分たちのいる場所「ノーウェアー」。

 

と次の瞬間、基地の扉が破壊。投げ込まれたグレネードで、そこにいる全員、脳震盪を起こし動けなくなります。

 

そして武器だけでなく監視システムの「神の目」まで奪っていったドム。

 

妻レティの目の前で、サイファーはドムにキスをして去っていくのでした。

 

Sponsored Link

◯ラスト・結末(ネタバレ)

 

ここからはラストから結末をネタバレで紹介します。未見の方は注意です。

 

神の目を奪ったドムとサイファー。

 

なぜドムは大切なファミリーを裏切ったのか?

 

実は、かつての恋人エレナと、彼女とドムの間に産まれた息子が、人質に取られていたのでした。

 

ドムに会ったときにサイファーが見せた「ある写真」とは人質に取られていたエレナと息子の写真だったのです。

 

拳銃で脅されるエレナと息子を前に、ドムはどうしても逆らうことはできず、仕方なくサイファーに従っていたのでした。

 

ドムは自身が大切に持っていた十字架のネックレスを牢獄に掛けその場を後にします。

 

一方で襲撃を受けたファミリーはサイファー達がレーダーに映らない飛行機で行動していること、

次の行動はニューヨークでロシア国防長官の持つ核ミサイルの発射コードを奪うことだという情報を掴みます。

 

その頃、ニューヨークにはサイファーから任務を任されたドムがいました。

 

彼は任務の前にエンジンの調子を見るというと名目で、サイファーから5分間だけ時間をもらい、密かにデッカードの母親であるマクダレーンに会い協力を申し立てます。

 

その後ドムとサイファーは作戦を開始するのでした。

 

サイファーは部下に命じて防衛大臣の車列付近の車をハッキング。

 

車列に突っ込ませて警護車両の排除と大臣の乗る車両の足止めを図ります。

 

ドムはその車列に突っ込み防衛大臣を脅し核の発射コードを奪うのでした。

 

この一連の行動を警察無線で知ったファミリーは現場に向かいドムと対峙。

 

ファミリーはドムを確保しようとしますが、リーダーであり一番の実力者だったドムには歯が立たず逃走を許してしまうのでした。

 

デッカードだけがドムに追いつくものの、ホブスの目の前で彼はドムに射殺されてしまいます。

 

絆が芽生え始めたデッカードの死に激怒するホブス。

 

その後、妻という立場から撃たれないと確信したレティがドムから発射コードの入ったケースを奪うも、

サイファーの部下のローズが現れ彼女に銃を突きつけケースは再び奪われてしまうのでした。

 

基地に戻ったファミリーは、サイファーがファミリーと敵対するオーウェンやジャカンディと裏で繋がっていること、

ドムがこれまでサイファーの仕事を潰してきたこと、そして次の計画がロシアの軍事施設で行われることを掴みます。

 

一方でドムはサイファーからレティにケースを渡したことを責められ、人質の元恋人エレナを目の前で殺されてしまうのでした。

 

サイファーは自身の目的が「支配」であり、逆らう国や人は痛い目にあうと告げます。

 

ドムはそれに対し人質の息子がいなければ、痛い目にあわしていたのはこちらだと返します。

 

ロシアの核の発射コードを手にしたサイファー達が向かうのは核ミサイルを備えた潜水艦がある軍事施設でした。

 

先回りして軍事施設を見張っていたファミリーの前にドムが現れます。

 

ドムは電子機器を麻痺させるEMPという武器を使い潜水艦に侵入。

 

潜水艦を乗っ取ったドムは核ミサイルのカウントダウンを開始します。

 

そしてサイファーがミサイルを発射しようしますが、ファミリーが間一髪でストップ!ミサイル発射を食い止めることに成功しました。

 

 

ミサイル発射を阻まれたサイファーは、ゲートから基地外の外洋に向けて潜水艦ごと逃走。

 

ファミリーはそれを阻止するためにゲートへと向かいますが、サイファーの雇った武装勢力から激しい攻撃を受け劣勢に追い込まれていくのでした。

 

その時、飛行機から指示を出しているサイファーのもとに死んだはずのデッカードと彼の弟が急襲。

 

ドムに撃たれたデッカードですが、実はサイファーたちを欺くための作戦で実際には死んでいなかったのです。

 

ニューヨークでドムが彼の母、マクダレーンに求めた協力とはドムの息子の奪還でした。

 

デッカードは愛する母親からの頼みを断るわけにはいかず協力することを了承。

 

ドムが牢獄に掛けた十字架にはGPSを搭載されていて、その機能を活用して飛行機の特定したデッカード兄弟はドムの息子を奪還。

 

いよいよサイファーを追い詰めますが、あと一歩のところで彼女を取り逃がしてしまうのでした。

 

息子を無事に奪還したと聞いたドムはファミリーに戻り、潜水艦から発射された誘導式ミサイルを潜水艦にぶつけ爆発。潜水艦を破壊します。

 

すべてを終えたドムは、愛するファミリーと息子を守ることに成功したのでした。

 

そしてこの一件後、いつものようにファミリーが集まって食事をする場に、デッカードはドムの息子を連れて来ます。

 

ドムはレティと息子3人で生きていくことを誓い息子の名前を「ブライアン」と名付けるのでした。

 

Sponsored Link

 

◯感想・まとめ

以上、『ワイルド・スピード アイスブレイク』のネタバレでした。

 

シリーズ8作品目となる『ワイルド・スピード アイスブレイク』でしたが相変わらずの面白さ。

 

前作でシリーズを支えてきたポール・ウォーカーが不慮の事故で死去するという悲劇がありましたが今作はそんな彼への愛を表現しつつ、新たなワイルド・スピードを見せてくれました。

 

『ワイルド・スピード アイスブレイク』の見所は多いですがお気に入りは序盤のニューヨークでの戦いですね。

 

サイファーによりハッキングされた車がまるで”ゾンビ”のように襲いかかってくるシーンは圧巻の迫力で、車が上から降ってくる”車の雨”もすごいです。

 

車映画の常識を壊すようなシーンの連続でした。

 

「家族」がテーマですが感動的な作品ということは決して前面に押し出さず、初見の人にはアクション映画として楽しめる一方でシリーズファンには感動する場面がしっかり用意されています。

 

今作で仲間になったデッカードや彼と絆が芽生えたホブスなど伏線の多い映画だった『ワイルド・スピード アイスブレイク』。次作以降の展開が楽しみです。

 

迫力満点の作品ですのでこのあらすじや結末だけで満足せず、ぜひ映像を見て楽しんで頂けたらと思います。

 

Sponsored Link

 

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール