映画『ZOOMBIE ズーンビ』全ネタバレ結末(あらすじ・ストーリー)と評価

映画『ZOOMBIE ズーンビ』のネタバレ情報です。

この映画は大ヒット海外ドラマ『Zネーション』のスタッフが手掛けたゾンビ・パニック系の映画になります。

ゾンビといってもホラー的な要素でなく、どちらかというとアクション・パニック系の映画になりますね。

本作はゾンビ化した動物と人間とのバトルを描いた作品ですが、どんな作品なのか気になる人も多いと思います。

今回は一足先に、映画『ZOOMBIE ズーンビ』のあらすじ・ストーリーのネタバレ情報と、映画をみた感想と評価をお伝えします。

※注意:結末・ラストまですべてネタバレしますので映画を見ていない方はご注意ください。

 

Sponsored Link

『ZOOMBIE ズーンビ』のあらすじ・ストーリー

登場人物
・エレン:動物園のオーナーでシングルマザー
・シーア:エレンの娘
・リジー:女性飼育員
・レックス:男性飼育員
・ゲージ:研究員
・アンバー:大学生
・ダックス:ゴリラ飼育員
・A.J.:飼育員
・キフォ:ゴリラ
・ゴードン博士:獣医
・ロビン博士:獣医

 

あらすじ・ストーリー

エレン動物公園は野生の絶滅危惧種だけを集めた動物園。

zoombies11

最新テクノロジーの設備が整えられ、アウトドア設備、屋外プールなど家族連れでも楽しめるアトラクションも用意されていた。

そんなエレン動物園に、ある日原因不明の病に侵され凶暴化した1匹のサルが搬送されてきた。

 

サルは正体不明のウィルスに感染していて、獣医のロビン博士とゴードン博士がサルの治療にあたるが、治療の甲斐なく死んでしまう。

ゴードン博士は、やむなく禁止されているはずのアドレナリンを、サルの心臓に投与して蘇生を試みると、するとサルは生き返ったが、瞳は白くゾンビ化していた。

zoombies0

生き返ったサルは、恐ろしいほど凶暴で研究室内のロビン博士やドジャース博士たちに襲いかかる。

この時、室内いた他のサルたちにもウイルスが感染し、サルたちは次々とゾンビ化していった。

 

襲われたロビン博士は、ゾンビ化したサルに両目をくりぬかれ殺害されてしまう。

ゴードン博士は必死の思いで動物園の緊急警報ボタンを押した。

 

 

ーー

同じ頃、エレン動物公園のオーナーのエレン・ロジャース博士は、生物学の研究で来ていた学生たちをバスで案内していた。

エレンはシングルマザーであったため、娘シーアも一緒にバスに同乗していた。

 

途中、鳥好きの青年リッキーが、鳥の飼育ドーム内を見たいといい、女性飼育員のチェルシーとともに、別行動で鳥を見に行くことになった。

そのあと、アンバーを含めた他の学生たちも自由行動となりバスから降りた。

学生たちと別れたエレンは、娘シーアのお気に入りのゴリラ”キフォ”に会いに行き、シーアはは大喜びする。

 

エレンとシーアは、研究生のゲージと一緒に管理センターに戻ると、ロビン博士とゴードン博士の施設から、緊急警報が発せられたことがわかった。

飼育員のアレックスとリジー、研究生のゲージはジープに乗り、ロビン博士とゴードン博士のいる施設へと向かう。

 

到着した3人はロビン博士とゴードン博士たちのいる部屋へと行くと、扉は鍵がかかっていて外側から開けられない。

その時、ドアの小さな窓から血だらけのゴードン博士が助けを求めているのが見えた。

扉のカギが開き中に入ると、そこには目玉をくりぬかれて死んでいるロビン博士の遺体が…。

 

ゴードン博士も瀕死の状態で、彼は苦しみ出したかと思うと、体の中からサルが飛び出してゴードン博士は死亡してしまう。

リビーとアレックスたちはパニックになりながらも、間一髪部屋から逃げ出すことに成功する。

だがゾンビ化したサルたちは部屋から逃げ出し、園内へ放出されてしまった。

 

アレックスは、すぐにエレンに連絡を取り、ロビン博士とゴードン博士はウィルスに感染したサルに殺されてしまったこと、サルたちが逃げ出してしまったことを報告した。

エレンはさっそく緊急警報発令して、動物園から1匹も脱出できないようゲートを封鎖するとともに、飼育員と学生たちに急いで、ちかくの建物に入って施錠するよう訴えた。

 

その間、ゾンビ化したサルたちは動物園内の他の動物たちに襲いかかり、動物たちが感染して次々とゾンビ化していった。

エレンは警察に連絡を取り救出を要請すると、ほどなくしてヘリがやってきて、重装備の特殊部隊がやってきた。

 

安心したエレンだったが、特殊部隊が建物の地下に降りると、そこには凶暴化したライオンがいて、彼らはライオンに襲われ全滅してしまう。

 

一方、アンバーたち3人の学生たちにも、感染したイノシシが襲い掛かかり、彼らは急いで木のうえに避難する。

zoombies4

だがそこへゾンビ化したキリンが現れた。

 

キリンは木に登っている生徒たちにかみつき、彼らを引きずりおろす。

他の学生がキリンに襲われていく中、アンバーだけはかろうじて無事だった。

 

そのとき、アレックスとリジー、そしてゲージがジープで助けに来た。

だが3人がキリンと格闘している間、アンバーはジープに乗りひとりで逃げ出してしまう。

 

取り残された3人は、失望して途方に暮れていたが、そこへ3匹のゾウがやってきた。

リジーとアレックスは身構えるが、ゲージはゾウは感染していないから大丈夫と、ゾウを手なずけ3人はゾウに乗って移動することに…。

 

Sponsored Link

ラスト・結末(ネタバレ注意!)

アレンは、鳥小屋ドームに行ったチェルシーとリッキーたちが心配になり、彼らに電話をする。

しかし、彼らの所にはまだ感染が及んでいないようで、チェルシーは自分たちは大丈夫と電話を切ってしまう。

 

エレンはこの時、もし鳥小屋ドームで感染が始まったら、感染した鳥たちが空を飛んで脱出し、世界中に感染が広がってしまうと危機感を募らせる。

エレンの危惧したとおり、思っていた鳥小屋ドームにも感染の魔の手が及んできた。

チェルシーとリッキーは、感染した鳥たちに襲われ始める。

 

その時、エレンの娘シーアにも、ゾンビ化したコアラが襲いかかってきた。

エレンが駆けつけると、そこには体中にコアラの血を浴びたシーアの姿があった。

シーアはバットで応戦し、コアラをめった打ちにして撃退していた。

 

同じころ、リジーとアレックス、ゲージはゾウの背中に乗り移動していた。

だが、突如感染したサルたちが現れたことで、ゾウがパニックになり3人は振り落とされてしまった。

 

このとき、アレックスはゾウに足を踏まれて大怪我をしてしまい、3人は絶対絶名のピンチに陥る。

そこへゴリラ飼育員のダックスとAJが救出にかけつけ、3人を建物の中へ避難させた。

 

ここなら水と食料も充分にあるからしばらく大丈夫と彼らはいうが、監視モニタを見るとゴリラのキフォが倒れていた。

心配したダックスがキフォのもとへ行くと、既に感染してゾンビ化していた。

zoombies2

キフォはダックスをものすごいパワーで投げ飛ばして殺害し、ガラスを割って建物内に入ってきた。

足を怪我していたアレックスは、ここは自分に任せろといい、鉈で応戦を始めた。

 

その間、リジーたちは外へ逃げだすが、アレックスはキフォに頭をつぶされ死亡してしまう。

アレックスを殺したキフォはリジーとゲージ、AJにも迫ってくるが、3人はなんとか逃げ切った。

 

そこにジープで乗ったアンバーがやったきた。

しかし、彼女はすでに血だらけで、そのまま絶名してしまう。

悲しむ時間もなく、今度はゾンビ化したライオンが現れた。

 

リジーとゲージはジープに乗って逃げるが、運転を誤って木に激突してジープは壊れてしまう。

徒歩で逃げる3人は、動物たちが何かから逃げるのを目撃した。

 

自分たちも急いでこの場を離れようと、管理センターへ通じるロープウェイ用のワイヤーに滑車をすべらせて、センターまで一気に移動しようと考えた。

高いところが苦手なリジーを強引に滑車のぶらせげて3人は出発する。

 

途中AJのワイヤーが切れてしまい、AJは落下して、地面にたたきつけられ死亡してしまう。

管理センターに到着したリジーとゲージは、エレンに出迎えられ、ようやく安全な場所に落ち着いた。

 

エレンはこのままでは、感染した鳥たちによって世界中に感染が広がってしまうと、ドームごとを鳥たちを焼き殺すことの必要性を説いた。

エレンはリジーとゲージ、そして娘のシーアの4人で、地下室のガレージへと降りて、灯油タンクを車に積み、鳥小屋ドームへと車を走らせた。

 

到着した彼らはドーム内のチェルシーとリッキーを救助するため、リジーとゲージが中へ入っていった。

その間、エレンはドームの周囲に灯油をまき、火をつけるとゆっくりとまわりだす。

2人が中に入ると、すでにリッキーは死んでおり、内臓を鳥に食べられていた。

 

チェルシーも生存していたが、虫の息でそのまま死んでしまう。

リジーとゲージが鳥たちと格闘するなか、エレンの放った火が回り始め、ドーム内に煙が入ってきた。

 

エレンは2人が時間になっても帰ってこないことに心配するが、火が包まれる寸前のところで彼らは帰ってきた。

ドームが炎に包まれゾンビ化した鳥たちが燃えるのを4人は見届けた。

 

その時、ドームの上にゴリラのキフォがいた。

zoombies5

4人は危険を感じて、ゲートまで一目散に走り逃げ出すが、キフォは彼らを追ってきた。

 

ゲートに行きついたところで4人を襲い、シーアに手をかけようとしたとき、エレンがキフォの頭部を銃で打ち抜いた。

全てが終わり、彼らのもとに救助のヘリがやってきた。

 

エレンは祖父から受け継いだ動物園を壊してしまったことを悔やんでいたが、ゲージとリジーは皆の命を救ったのだから誇りに思うべきだと諭す。

エレンは思い直し、きっと祖父も誇りに思ってくれていると思うのだった。

最後、誰もいない動物園で、死んだはずのキフォが目を覚まし映画は終わる。

 

End

 

感想と評価

映画『ZOOMBIE ズーンビ』を観た感想と評価です。

えぇ~っと、まずどこから突っ込んだらいいのでしょうか(笑)

この映画はゾンビ映画の位置づけで、動物がゾンビになって人間を次々と襲っていくという内容ですが、正直いって怖さはゼロです(笑)

 

それもそのハズ、 映画に出てくるゾンビ動物たちが全て出来の悪いCGなんですから…。

そのCGがまた酷いのなんの(笑)

狙って作ったのかわかりませんが、まるでバラエティ番組用に作ったCG画像のようで、リアル感はまったくありません。

 

CG以外の映像もありますが、明らかにコスチュームっぽいので、これもまた残念な仕上がりです。

全体的な仕上がりですが、まるで80年代のB級映画なみのリアクションとカメラワークで、思わずコメディかと思ってしまいました。

 

主人公たちは至って真面目なのですが、ストーリーが進むにつれてCGは安っぽくなり、さらに演出もだんだんと手抜きがチラホラと…(笑)

最後のほうになると仲間が死んでも、ギャグにしか見えません(笑)

 

印象に残っているシーンのひとつに、仲間のAJがワイヤーを滑車で移動している最中に落下するシーンがあります。

笑えるのは落下して地面に叩きつけられたときに、べチャっと効果音がするのですが、これがなんだか嘘くさい(笑)

 

いや本当に、人間が地面に落下したときにはそんな音がするのかもしれませんが、この映画だとどうしてもギャグに見えてしまいました。

そんなツッコミどころ満載の本作ですが、B級路線の作品というよりは、完全に本物のB級作品です(笑)

 

なので本作を見るときは、設定や演出など、細かいことを気にしていけません。

全体的に漂うチープ感を存分に堪能していきましょう(笑)

 

B級映画を真似たタランティーノのような大作とはとは全く違い、この映画は本当にB級です。

純粋にゾンビ映画を楽しもうと思ったら肩透かしを食らいますが、B級映画を楽しもうとのコンセプトで見るならば、これほど面白い映画はありません。

 

そういう意味で何度見ても楽しめるのが映画『ZOOMBIE ズーンビ』です。

日本でも今年7月1日に公開予定のなので、興味のある方はぜひとも映画館でご覧ください。

 

管理人の評価
★★☆☆☆(2.0)

です。

Sponsored Link

関連記事

管理人nenoプロフィール

管理人nenoプロフィール