映画

アトミック・ブロンド|映画フル動画(字幕・吹き替え)を無料視聴!youtube・netflixにない?

映画『アトミック・ブロンド』の字幕・吹き替え版の無料動画をフルで無料視聴する方法を紹介します。

映画「アトミック・ブロンド」を無料で見る

△画像orボタンをクリックすれば今すぐ安全に無料で見れます△

冷戦下したドイツを舞台にした女スパイ映画。

アカデミー女優として名高いシャーリーズ・セロンが美しくもカッコよく戦う姿が話題となりました。

バイオレスアクションと軽快な音楽演出がマッチし、お洒落なスパイ映画に仕上がっています。

真実がなにか、味方は誰なのか…自分自身しか信用できない物語。

そんな『アトミック・ブロンド』のあらすじと見どころ・レビューと、字幕・吹き替え版の動画を無料視聴する方法を紹介します。

映画『アトミック・ブロンド』の字幕・吹き替え版の動画を無料視聴する方法を紹介します。

『アトミック・ブロンド』の字幕・吹き替え版の動画をフルで無料視聴する方法

映画『アトミック・ブロンド』の動画をフルで無料視聴するならU-NEXTがオススメです。

公式の動画配信サービスなので、安全、高画質、再生速度が良好と3拍子揃っています。

▷映画『アトミック・ブロンド』を無料で見る

登録も解約も簡単なのでオススメです。

以下より詳しくまとめています。

映画『アトミック・ブロンド』の動画配信情報

2018年9月現在、映画『アトミック・ブロンド』の字幕・吹き替え版の動画を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。

U-NEXT 字幕・吹き替え対応/ポイントで無料
ビデオマーケット 字幕・吹き替え対応/ポイントで無料
TSUTAYA TV 字幕・吹き替え対応/ポイントで無料
music.jp 字幕・吹き替え対応/ポイントで無料
Amazonプライムビデオ 字幕・吹き替え対応/400円の個別課金が必要

オススメなのはU-NEXTです。

現在、映画『アトミック・ブロンド』が見放題で見ることができるサービスはなく、全てポイントか個別課金が必要となっています。

さらに、U-NEXTは600ポイント、TSUTAYA TVは1080ポイントなど、無料トライアル中にもらえるサービスを使って、ポイントを利用して無料で見れるのでお得ですね。

高画質で今すぐ無料で見るならU-NEXT

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアル期間で使えるポイントが600ポイントあり、無料登録した時点ですぐにもらえます。

このポイントを使えば、新作映画も無料で見ることができるのがU-NEXTの強みです。

さらに、高画質で再生も非常にスムーズですのでストレスなく動画を楽しむことができます。

画質 4K画像対応
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
DL機能 対応
その他機能 同時に4台まで可/TV視聴可

2018年9月現在、U-NEXTでは『アトミック・ブロンド』はポイント作品としてラインナップされていますので、ポイントを利用して無料で視聴することができます。

見終わった後は、見放題作品も豊富なので、充実した暇つぶしに利用できますね。

U-NEXTは動画配信サービスの中で最も多くの動画コンテンツを取り揃えており、映画のみならず、国内ドラマ、アニメ、韓流、海外ドラマ、電子書籍と揃ってますので、気に入った場合は継続すると倍の1200ポイントがもらえます。

もし合わなければ解約もすぐにできますので安心です。『アトミック・ブロンド』が見放題で見れるのも期間限定ですので、詳しくは公式サイトにてご確認ください。

映画「アトミック・ブロンド」を無料で見る

2倍速機能&Tポイントで新作を無料視聴できるTSUTAYA TV

TSUTAYA TV

TSUTAYAが運営している動画配信サービスで、ネット動画だけじゃなくてDVDレンタルサービスプランまで揃っています。

無料トライアル期間中に1080ポイントがもらえるので、新作を2本ほど無料で見れるのが嬉しいサービス。

画質 SD/HD
無料期間/ポイント 30日間/1080ポイント
DL機能 Android端末、iOS端末でDL可能
その他機能 2台同時ログイン可/TV視聴可

TSUTAYA TVでも2018年9月現在は『アトミック・ブロンド』がポイント作品としてラインナップされています。1080ポイントを利用して無料で見れるのは嬉しいですね。

U-NEXTに比べると見放題作品の動画配信数は少ないですが、YouTubeのような2倍速機能がついているので便利です。DVDレンタルサービスも付いているのでChromeキャスト等がなくてTVで見たい場合はTSUTAYAが良いですね。

また、Tポイントを使って動画を見ることができますので、ポイントをたくさん貯めている方であればお得に利用できる動画配信サービスです。

気に入らなければ解約もすぐにできますので、TSUTAYA TVを使ってお得に見てみましょう。

映画「アトミック・ブロンド」を無料で見る

無料でもらえる1600ポイントを使ってmusic.jpで見る

music.jp

実は音楽配信サービスと思えるmusic.jpですが、映画もしっかりと配信されています。しかも、新作ラインナップもしっかりと揃っています。

music.jpでは全てが購入して視聴するタイプで見放題が無い代わりに、登録時に付与されるポイントが1600ポイントと圧倒的に多いのが特徴です。

画質 SD/HD
無料期間/ポイント 30日間/1600ポイント
DL機能 あり
その他機能 TV視聴可/音楽配信サービス付き

この機会に他の人気サスペンス作品も無料で見たい!という方にはmusic.jpがオススメです。

2018年9月時点では、

  • ペンタゴン・ペーパーズ
  • トレイン・ミッション
  • サニー/32
  • 不能犯
  • ゲティ家の身代金

などがmusic.jpには揃っており、無料期間で付与される1600ポイントを使えば無料で視聴することができます。

ただ、music.jpでは見放題作品というのが無く、全てがポイント購入作品ですので実際に契約して毎月利用するかどうかは公式サイトのラインナップ等をチェックして判断してみてください。

新作・人気映画「を今すぐ無料で見る

違法アップロードによる無料視聴サイト

ここまででご紹介してきた動画配信サービスは公式に配信しているものですので、高画質で安全に見ることができますが、ネット上では一部、無断でアップロードされたサイトもあります。

dailymotion ▷アトミック・ブロンドを無料で見る
Pandora ▷アトミック・ブロンドを無料で見る
YouTube ▷アトミック・ブロンドを無料で見る
openload ▷アトミック・ブロンドを無料で見る
Miomio ▷アトミック・ブロンドを無料で見る

ただ、こちらは違法でアップロードされた作品である上に、再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如広告が表示されたり、読み込みスピードが遅かったりと、様々なデメリットもあります。

自己責任ですので、それでも見たい方はチェックしてみてください。

リンク先で表示されない場合は、削除されている可能性もありますので、無料で安全に見れて高画質、サクサク再生できる公式サービスをオススメします。

映画「アトミック・ブロンド」を無料で見る

『アトミックブロンド』の作品紹介

登場人物・キャスト

ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)

本作のヒロイン。
身体能力、頭脳ともにずば抜けているMI6所属のスパイ。
タバコとウォッカを好む、かっこいい女性。

デイヴィッド・パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)

ロレーンとは任務上のパートナー。
不審な行動が多く、ロレーンに信用されていない。

あらすじ・ストーリー

東西冷戦末期の1989年。

イギリス諜報部MI6のスパイであるロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)は上司のエリック・グレイ(ドビー・ジョーンズ)とCIAのエージェント、エメット・カーツフェルド(ジョン・グッドマン)からベルリンでのミッションについての事情聴取を受けていました。

この事情聴取の10日前、ベルリンに潜入調査をしていたMI6のエージェント・ガスコイン(サム・ハーグレイヴ)がソ連国家保安委員会NGBのスパイ・バクティン(ヨハンネス・ヨハネッソン)によって殺害されます。

彼が持っていたのは、世界中のスパイリストを内蔵した腕時計。そして、殺されたときにこの腕時計が盗まれてしまいます。

このリストが公になれば、大きな混乱が予想されます。

バクティンはKGBを裏切り、リストを高値で売りさばこうと東ベルリンに潜伏。

なんとしてもこのリストを取り戻したいMI6は、ロレーンにリストの奪還とガスコインを裏切ったスパイ・サッチェルの抹殺を任命します。

彼女はガスコインの遺体を引き取る弁護士としてエリザベス・ロイドという偽名をつかって西ドイツに入国。

しかし、極秘任務のはずがKGBからの襲撃を受けてしまいます。

的確な対処のおかげでロレーンは無事だったものの、彼女を追跡する謎の女が…。

なんとかKGBから逃げることが出来たロレーンは同じMI6のエージェント、デヴィット・パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)と合流しチームを組むことに。

しかしパーシヴァルはリストの奪還に協力するどころか、不審な行動を起こし、ロレーンを混乱させていきます。

ロレーンはパーシヴァルがガスコインを裏切ったサッチェルではないかと目をつけ始めます。

そして、ロレーンは東ベルリンへ捜査のために単独で密入国。

KGBもリストを持ったまま裏切ったバクティンを必死で探し回っています。

こうしてスパイリストを巡って、ロレーンは真実も嘘も、さらには誰が敵か味方かもわからない状況の戦いに身を投じていきます。

彼女は無事にリストを奪還することが出来るのでしょうか。

映画「アトミック・ブロンド」を無料で見る

『アトミックブロンド』の見どころ

ハリウッドきっての美人女優シャーリーズ・セロンが演じる美しく、凄腕の女スパイの華麗なアクションがみどころの『アトミックブロンド』

「キングスマン」などスパイ映画の人気が高まっている中、女スパイというのはなかなか注目したい作品ですね。

もちろんロレーンのかっこいい戦いぶりはみどころのひとつなのですが、本作では他にも注目していただきたい点があります。

スパイ映画というとダークなバイオレンスシーンになりがちですが、軽快なポップミュージックを合わせる演出がとても心地が良い!

近年はこういった音楽演出に力を入れている作品が多くみられ、ジャンルは違いますが、「ベイビードライバー」なんかも聴覚に刺激を与えてくれる作品でした。

シーンごとに特徴がある音楽が流れることでそのシーンが強く印象づけられる、とても良い演出方法だと思います。

そして女スパイといえばハニートラップのイメージが強いですが、ロレーンは拳で戦う格闘派スパイ。

お色気シーンなんて無縁かな…と思っていたのですが、なんとありました!

しかも相手は女性。ロレーンの強さと美しさを前にしたら女性でも心惹かれてしまうのは仕方がありません。

本作ではこのように「セクシャル・マイノリティ」を含んだ現代に合わせた設定になっているのもポイントのひとつです。

海外の作品は性に対する理解がされていると感じる作品がかなり多くなっていますね。

本作と同様、女性ヒロインが大活躍の「ワンダーウーマン」も原作ではバイセクシャル設定ですし、「美女と野獣」でもディズニー映画初のゲイキャラクターが出てきました。

映画作品を通して、セクシャルマイノリティへの認知が広まっていくのではないでしょうか。

また、本作のラストには驚きの真実が隠されており、最後まで見逃せないシーンばかり!

全体的にテンポが良く、ロレーンのカッコよさに釘付けであっという間に時間が過ぎていく作品となっています。

ぜひ皆さんも『アトミックブロンド』をご覧くださいね!

『アトミックブロンド』の口コミ・レビュー

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・20代後半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

予告編を見たときから、ずっとずっと劇場公開が楽しみで仕方なかった作品。
シャーリーズ・セロンのアクション映画。年齢を感じさせないのがスゴイ。
『マッドマックス 怒りのデスロード』以来、アクション女優として大活躍の彼女。
あのシャーリーズ・セロン姐さんが、『キングスマン』で大活躍だった若手女優ソフィア・プテラと競演だなんて、最高でしょう。
シャーリーズ・セロンがアクションして女とセックスするだけ、中身は何もない…なんて感想も見かけましたが、
それのどこが悪いんだよ! アクション映画かくあるべしだろうが!
というわけで、最高でした。
女性が戦う理由をいちいち説明しない、
いままで男性がやってたような役割をそのまんまシャーリーズ・セロンがやってのける、
殴られ、傷つきながら、ハイヒールだの、身の回りの武器を使いこなして、体格で勝る男性を叩きのめしていく、
かっこよすぎて、爽快で、最高でした。
予告編で使用されていた名曲『Killer Queen』が本編で流れなかったのは少し残念でしたが、
大満足でした。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・52歳”]

評価 ★★★★☆(4.0)

冷戦終わり間近のベルリンで最高機密のスパイリストの争奪戦が繰り広げられるシャーリーズ・セロン主演のアクション映画。
凄腕MI6諜報部員ローレン・ブロートンに扮するシャーリーズ・セロンは、旧ソ連、旧東ドイツ、そしてフランスのスパイと交錯しながら、スパイリストとそれに絡む二重スパイの正体を追います。
タフな男たちを次々と倒していくシーンは、スケールの大きい仕掛けと迫力に思わず息をのみます。
体を鍛え込み怪我をしたまま撮影に臨んだと言われるシャーリーズ・セロンの近接戦闘は、体の不調などまるで感じさせない軽快さで、さすが元バレエリーナと納得する程に美しく見入ること間違いなし。
また、ジョージ・マイケルのファーザー フィギュアやニュー・オーダーのブルー・マンデイ等80年代のヒット曲を随所に織り込んでいて、映画全体が非常にスタイリッシュです。
最後のサプライズまで、エンターテイメント性が高い本作は、男性、女性両方が楽しめる格好いい映画です。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代後半”]

評価 ★★★☆☆(3.0)

まさに女版007の名にふさわしい爽快なアクションに、映画を見終わった後は、スッキリした気持ちで、映画館を後にする事が出来ました。
よくこんな激しいアクションを、女性がされたな。と思うぐらい激しいアクションシーン盛りだくさんの映画となっています。
内容としては、スパイ映画特有の、誰が味方で、誰が敵かが分からない。というハラハラドキドキ感を、終始感じる事が出来るので、本当にあっという間に映画が終わってしまったという内容となっています。
こういうスパイ映画というのは、次々と人が殺されていきますが、自分もいつ何時殺されるかわからない状態で、よくこれだけ冷静に、瞬時に動く事が出来るな。と感心させられます。
確かに映画やし。と言われれば、それまでかもしれませんが、実際の世の中でも、スパイという仕事をしている人がいる。と聞くので、この失敗=死という世界に生きる事は、私には絶対に無理だな。と思ってしまいます。
なので、こういう映画を観ると、本当にすごいな。と感動させられます。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・50代前半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

アトミックブロンドはシャーリーズ・セロン主演のスパイアクション映画です。
まだドイツが東西に分断されていた時代で、その時代の変化の中で翻弄される女スパイを描いた作品です。
この映画の一番の見所は、なんといってもシャーリーズ・セロンの素晴らしいアクションシーンだと言えます。
ハリウッド女優の中でも随一の美しさを誇るシャーリーズ・セロンが、男達をぶちのめしまくります。
またアクションシーンも、いわゆるカッコイイだけアクションではなく、死闘ともいうべき、血みどろの闘いを繰り広げます。
なんというか観ている方も痛くなるリアルさです。
それもそのはずで監督はジョン・ヴィックを監督したディッド・リーチなのです。
映画の展開はミステリー色の強いシナリオで、これが非常によく出来ていて、果たして誰が黒幕なのか最後までハラハラしながら見入ってしまいます。
この作品はミッション・イン・ポッシブルのような軽快なスパイアクションというよりは、ダニエル・クレイヴの007やボーンシリーズのようなリアリティのある見応え満点の傑作スパイ映画です。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代後半”]

評価 ★★★★★(5.0)

現在の世界的に言われ課題となっている、女性の社会進出が、スパイの世界では遥かに前から既に女性が活躍しているように思ってしまう作品です。
舞台となるは、壁で隔てられたドイツのベルリンで、スパイ活動をしている工作員の情報を奪われたのを、世界で最も有名なスパイ組織のMI6の凄腕女性スパイのローレンに回収する事と、情報を流しているMI6内にいる二重スパイを見つけ出す命令を受け、ローレンの活躍が始まります。
ローレンの相棒のデヴィッドが、既にすごく怪しい雰囲気があり、スパイが暗躍する世界の怪しさを醸し出していました。
実際にスパイを見たことはないので分かりませんが、ローレンのような美し過ぎるスパイは目立ってしまい、スパイ活動なんてできないと感じてしまいました。
さすがにスパイ映画だけあって、女性スパイでも派手な格闘アクションがありますが、ローレンを演じたシャーリーズ・セロンは、驚く事に殆どのアクションの場面を彼女自身が行っていて、彼女のこの作品への思いが伝わってきます。
また、この映画の舞台が、ドイツのベルリンの壁が壊される少し前という時代が、密かに行動するスパイ世界の雰囲気をより怪しく魅せていると感じました。
今までも多くのスパイ映画がありましたが、女性を主人公にして、多くの思惑の渦巻くスパイを見ていると、スパイの世界は「誰も信じるな」の言葉に尽きると思いました。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・50代前半”]

評価 ★★★☆☆(3.0)

この映画は、誰が敵で誰が味方なのかが目まぐるしく入れ変わる典型的なスパイでシャーリーズ・セロンの魅せるアクションがメインの作品なのだが、一回見ても登場人物がいっぱいいて分からない。
そんな作品なので、レンタルが出たらまた見ようと思う作品です。
この作品で印象に残ったのは、エレベーターから降りてきたセロンとのアクションで階段で後ろ向きに落ちるスタントはどうやってるのかわからなかったです。
中にパットを入れてるのか、CGなのか、まったく分からかったので、レンタルが出たら何回も見てどっちなのかを見たいと思いました。
また、スパイたちは誰しも人として欠陥を抱えた人物ばかりだと思うので、、実際に撮影でMI6はアル中や、身寄りのいない精神疾患者などいつ死んでもいいような者をわざと起用していた様です。
そう思うとあっちを裏切り、こっちを裏切りと二重スパイをして互いに化かし合いをするという登場人物たちの行動はなかなかに真に迫っていると思うのは納得が行くのかもしれないと思いました。
この作品は、一回見ても分からないので何回も見ようと思う作品です。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・40代後半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

シャーリーズ・セロン主演のスパイアクション映画です。舞台は1989年、東西冷戦末期のベルリンです。
世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われてしまい、ジャーリーズ・セロン演じるロレーン・ブロートンはその奪還を命じられます。
そこに二重スパイを見つけるというミッションも加わり、誰が味方で誰が敵なのかが全く分からないサスペンスな展開になっていきます。
そして、ほとんどスタント無しでやったというシャーリーズ・セロンのアクションはすごいです。
アクション映画で女性が戦うシーンで、ここまで女性であることの不利やハンデをリアルに感じることはなかったと思います。
屈強な男と戦ったらもちろん不利なわけです。まともにやったら負けてしまいます。
じゃあどうするかと言うとその辺にあるもの何でも武器として使うわけです。
フライパンとか鍋とか家具とかラジカセとか、バッコンバッコン投げつけるわ力任せにぶん回すのです。
あと、パンチやキックもすべてがフィニッシュショットくらいの勢いです。そのレベルでやらないといくら鍛えてても女じゃ負ける、っていうギリギリのアクションなのです。
ほとんどワンシーンで撮られたというクライマックスの戦闘シーンは本当に壮絶です。一見の価値があると思います。
全編を彩る80年代洋楽ナンバーも、この映画の重要な要素だと思います。リアルタイム世代の人はこれだけでこの映画大好きになるでしょう。
そして選曲については「このシーンでこれが流れる」意味のあるものになっています。曲のタイトルや歌詞がわかるとより楽しめると思います。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・20代後半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

スパイものということで、ストーリーも伏線をちりばめてしっかりとそれを回収する形で構成されていましたが、本作の何よりの見どころは主演のロレーン役のシャーリーズ・セロンのアクションに尽きると思います。
聞くところによると彼女は何事も本物志向でアクションも実際に自身で行っていたとのこと。
端正な顔立ちにもかかわらず、筋肉隆々の男性エージェント相手に格闘を披露するシーンは圧巻で、かつ美しいものでした。
また、要所要所で流れるBGMも場面を考慮したスピーディーなものが多く使用されており、爽快感を感じることができました。
むしろ「BGMを生かすアクション」と表現した方が適切かもしれません。本当に気に入ったのでサントラも手に入れてしまいました。
スタイリッシュでかっこいい映画。続編を作って欲しいです。
[/speech_bubble]

映画「アトミック・ブロンド」を無料で見る