『覆面系ノイズ』映画のネタバレ(ラスト結末)と感想!

映画『覆面系ノイズ』のネタバレです!

 

 

音楽で結ばれた高校生の三角関係を描いた切ないラブストーリー『覆面系ノイズ』。

 

『花とゆめ』で連載中の人気恋愛コミックが原作で、主演は人気モデルの中条あやみ。劇中の楽曲も彼女が歌っています。

 

 

今回はそんな映画『覆面系ノイズ』の詳しいあらすじやネタバレについて触れていきたいと思います。

 

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので映画を見ていない方はご注意ください。

 

 

映画『覆面系ノイズ』のあらすじ

 

では、まずあらすじから。

 

 

鎌倉に暮らす小学生の有栖川仁乃(通称:ニノ)は、隣の家に住む同級生の榊桃(通称:モモ)に淡い恋心を抱いていましたが、モモの家族が借金の取り立てを苦に夜逃げ。

 

モモと会えなくなってしまったニノは、口をマスクで覆うように。それは叫び出したくなる感情を抑えるためでした。

 

「もし会えなくなっても、いつかお前の歌を目印にまた会えたらいいな」と言い残して姿を消したモモ。

 

自分の歌声がいつかモモに届くと信じていたニノ(中条あやみ)は高校2年生になっていました。

 

ある日のこと、転校先の学校で懐かしいメロディを耳にしたニノ。そのメロディは、由比ヶ浜で出会った少年・杠花奏(通称:ユズ)が砂浜に書いたスコアのメロディで、モモがいなくなって落ち込む自分を元気づけてくれた曲でした。

 

懐かしさのあまり音楽室へと走っていくと、そこにはピアノを弾くユズ(志尊淳)の姿が。

 

突然のモモとの再会に驚きを隠せないユズ。

 

実は6年前に由比ヶ浜で聴いたニノの歌声に惹かれ、それ以来、ニノのことを思い続けて曲を作っていたのです。

 

そんなユズの正体は、眼帯と包帯をして演奏する注目の覆面バンド「in NO hurry to shout;(通称:イノハリ)」のギタリスト兼、作詞作曲担当でした。

 

メンバーは他に、ベースの悠埜佳斗(通称:ハルヨシ/杉野遥亮)、ドラムの黒瀬歩(通称:クロ/磯村勇斗)、ボーカルの珠久里深桜(通称:ミオウ/真野恵里菜)の計4人。

 

メジャーデビューを目前に控えながらもスランプに陥っていたユズでしたが、ニノと再会したことでメロディがふたたび溢れ出すように。

 

ユズに想いをよせるミオウはそれを見て嫉妬。イノハリから脱退してしまいます。

 

 

その頃、新人バンドのボーカルオーディションがあることを知ったニノ。そのプロデューサーはなんと、6年前に姿を消したモモらしき人物でした。

 

モモに歌声を届けたいという思いから、そのオーディションに応募したニノ。

 

自分のせいでイノハリが空中分解しかけていることなどつゆ知らず、ニノはボーカルレッスンをミオウに頼みこみます。最初はミオウも断りますが、根負けして引き受けることに。

 

厳しい特訓の成果によって最終審査に残ったニノ。大好きなイノハリの「ハイスクール」を歌いますが、途中で曲を止められてしまいます。

 

曲を止めたのは、ずっと会いたいと想い続けていたモモ(小関裕太)でした。モモは、高校生でありながら音楽プロデューサーとして活躍しており、やはりこのオーディションの関係者でした。

 

ニノは会場を立ち去ろうするモモに駆け寄って想いを伝えますが、「会いたくなかった」とモモから言われて茫然自失。雨が降る中、ずぶ濡れになりながら泣きじゃくるニノでした。

 

翌日、感情を抑えきれなくなったニノはマスクを脱ぎ捨て、学校の屋上で「ハイスクール」を熱唱。ニノの歌声を聴いた全校生徒から拍手が。

 

ユズ、クロ、ハルヨシの3人は、イノハリの新ボーカルとしてニノを迎えようと決心します。

 

Sponsored Link

 

映画『覆面系ノイズ』の結末(ネタバレ注意!)

 

以下、ネタバレ含みます。

 

 

ユズからスタジオに呼び出されたニノ。そこには覆面バンド、イノハリのメンバーが。そしてその正体は、ユズ、クロ、ハルヨシの3人でした。

 

3人からイノハリの新ボーカルになってほしいと頼まれたニノ。さらに、新曲「カナリヤ」の譜面も渡されますが、モモに自分の歌声を届けたいニノはイノハリへの加入を決断。

 

マネージャーのヤナ(渡辺大)が見ている前で「カナリア」を堂々と歌います。

 

ニノの歌声を聴いたヤナの反応も上々で、メジャーデビューの話はトントン拍子に。

 

メジャーデビューに向けて再始動したイノハリは、初めてのテレビ出演で人気に火がつき、初ライブも決定。

 

テレビでニノの歌声を聴いたモモの心境にも変化が。ニノを呼び出し、オーディションでの言動を謝罪。そして、この曲を歌って欲しいと「Find You」という楽譜を手渡します。

 

モモに想いが通じて舞い上がるニノでしたが、その姿を見て傷つき、身を引こうと決めたユズは、初ライブをもってイノハリを解散すると言い出します。

 

ユズが最後に作った曲のタイトルは「Close to me」でした。

 

 

そして迎えた初ライブ当日。

 

ユズ、クロ、ハルヨシの3人がライブ会場でリハーサルをしている頃、ニノはモモの自宅を訪ねていました。

 

しかし、ニノは「Find You」の楽譜をモモに返します。

 

いつも近くで自分のことを支え、歌う機会を与えてくれたユズの存在の大きさにやっと気づいたのです。

 

ニノはライブ会場に向かって走り出し、開演時間の直前、リハーサル中の3人と合流。その勢いでユズに抱きつき、ニノは自分の想いを告げました。

 

そしてライブがスタート。満員の客席が最高に盛り上がる中、ニノは新曲「Close to me」を熱唱。

 

会場の後方には、ステージを見つめるモモの姿が。

 

しかし、ニノはユズだけを見つめて歌い続けます…。

 

 

End

 

Sponsored Link

 

映画『覆面系ノイズ』の感想

 

ネタバレを含みつつ、あらすじなどについてご紹介しましたが

 

 

この映画の魅力は、なんといっても楽曲の良さだと思います。

 

MAN WITH A MISSIONが書き下ろした映画オリジナルの曲を歌う「in No hurry shout;(通称:イノハリ)」のライブシーンは素晴らしかったですね。

 

中条あやみの歌唱力については正直なところ未知数で、映画を観るまで心配していたんですが、

 

歌声はとても伸びやかで表現力もあり、屋上でのアカペラシーンやスタジオでのパフォーマンスシーンも聴き入ってしまうほどでした。

 

ボーカルに抜擢されてメジャーデビューを果たしていく、というストーリーにも説得力を持たせていたと思います。

 

また、舞台となる鎌倉、江の島の風景がとてもキレイに切り取られてていて、映画に彩りを添えていました。

 

 

6年ぶりに再会した3人の高校生が、歌や音楽に想いをのせて届けようとする姿がさわやかに描かれており、青春映画としても音楽映画としても楽しめる作品だと思います。

Sponsored Link