スリラー

『グッド・タイム』のネタバレ(あらすじ・結末)と感想!

映画『グッド・タイム』のあらすじ・ネタバレを紹介します。

▽今すぐ見たい!という方はこちらから見れます!▽

映画「グッド・タイム」を無料で見る

U-NEXTなら31日間無料で見れます!

この映画は、ニューヨークの最下層で生きる兄弟が、銀行強盗に失敗して追いつめられていく姿をドキュメンタリー風に描いたクライムスリラーです。

主演は『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン。監督は『神様なんかくそくらえ』で高い評価を受けたサフディ兄弟監督。

全編に渡って流れるワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの音楽も刺激的です!

今回はそんな映画『グッド・タイム』の詳しいあらすじやネタバレについて触れていきたいと思います。

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので映画を見ていない方はご注意ください。


あらすじ・ストーリー

 

では、まずあらすじから。

主人公は、ニューヨークの最下層で生きるコニー(ロバート・パティンソン)と、知的障害がある弟のニック(ベニー・サフディ)

弟のニックがカウンセラーの質問に答えるシーンから始まります。

「ハサミと鍋」という言葉を聞いて「自分を傷つける物」と連想したニック。カウンセラーはさらに掘り下げようと質問を続けますが、そこへ突然、兄のコニーが。

カウンセラーの書いたカルテを破り捨て、ニックを部屋から連れ出します。

「お前には俺が必要だ。俺にもお前が必要だ」とエレベーターの中で言い聞かせるコニー。

最下層の生活から抜け出すため、2人は銀行強盗を決行することに。

黒人のマスクで変装した2人は銀行の窓口へ。「我々は武装している。このカバンに金を入れろ」と書いたメモを行員に渡し、周りに気づかれることなく現金を手に入れることに成功します。

路地裏でマスクをはずし、洋服を着替えた2人。「お前は本当にすごい奴だ!」とコニーはニックに称賛を送り、一人前だと認めました。

そして2人は逃走用の車が停まっている場所へ。しかし、指定した場所には車が停まっておらず、慌てるコニー。

すぐに仲間の車は来たものの、車に乗り込んだ直後、現金が入ったカバンの中から防犯用の赤い煙が発生。車内はたちまち真っ赤に。

顔が焼けたと勘違いしたニックはパニックに。さらに車も事故を起こしてしまいます。

全身が真っ赤に染まった2人は、車から降りて近くにあったピザ屋に入店。トイレの中で顔を洗い、汚れた洋服を脱ぎ捨て、コニーは盗んだ金をひとまずトイレの天井裏に隠しました。

完全には汚れが落ちていないものの、2人はフードで顔を隠して店の外へ。

そこへ巡回中のパトカーが通りかかり、2人に職務質問を。すると、突然ニックが逃走。ニックを追いかけてコニーも逃走し、2人は警察官から追われることに。

ショッピングモールに逃げ込んだ2人でしたが、ニックはガラス戸に激突してしまい、逮捕されてしまいます。

警察官から逃げきったコニーは、ピザ屋に戻って隠した現金を回収し、捕まったニックを助け出す方法を必死で考えるのでした。

その頃、留置所のニックはテレビのリモコンをめぐって喧嘩となり、袋叩きにあって大怪我を。救急病院へと搬送されてしまいます。

コニーは赤い塗料で汚れた現金を持って保釈保証人の事務所を訪ねますが、ニックを保釈するにはあと1万ドル足りません。

そこで、年上の愛人であるコーリー(ジェニファー・ジェイソン・リー)の家を訪ね、保証金を肩代わりしてもらうことに。

コニーはコーリーの車で保釈保証人事務所に向かい、今晩中にニックを保釈するための手続きを進めます。

その過程において、ニックが救急病院に搬送されたことを知ったコニー。さらに、コーリーのカードも止められていたことが判明。保釈金を用意することができなくなってしまいました。

ラスト・結末(ネタバレ注意!)

以下、ネタバレ含みます。

ニックの容態が心配なコニーは救急病院へ。病院職員や警察官の目をかいくぐり、ニックが治療を受けている6階へと向かいます。

顔を包帯で巻かれたニックらしき患者がいる病室の前には警察官の姿が。

コニーは隣の病室に忍び込み、その警察官がいなくなるタイミングを見計らってニックを連れ出すことに成功。

車椅子に乗せ、警備の手薄な出入口から脱出。病院の外に停まっていた患者専用のバスに乗り込んで市街地へと向かいます。

行くあてのないコニーは、同じバスに乗っていた老女宅を訪ね、電話を貸してほしいと頼みこみ、言葉巧みに泊めてもらうことにも成功。

別室にニックを寝かせると、コニーは洗面所にあったカラーリング剤を使って髪を金髪に。

その時、この家に暮らす16歳の少女クリスタルがコニーに話しかけてきました。

2人はなんとなく意気投合。ソファに座って一緒にテレビを見ていると、銀行強盗のニュースでコニーの顔写真がアップに。

クリスタルにテレビの画面を見せないようにするため、コニーは咄嗟にキスをして、そのままベッドのある部屋に連れこみます。

クリスタルの服を脱がせようとしたその時、別室で寝ていたニックの騒ぐ声が。

コニーが慌てて部屋を見に行くと、なんとそこにいたのは全くの別人で、このとき初めて病室から連れ出したのがニックではなかったことに気づきます。

間違ってコニーが連れてきたのは、仲間と違法薬物のLSDを売って金儲けをするレイ(バディ・デュレス)という男で、警察から追われていた途中、閉園後の遊園地に忍び込み、所持していたLSDの瓶を隠したとのこと。

車で逃走する途中、薬でハイになって走行中の車から飛び降り、大怪我をして病院へと搬送されたのです。

その話を聞いたコニーは、遊園地に隠したLSDの瓶を見つけ出して大金を山分けしようとレイに持ちかけます。

そして、クリスタルに車のキーを捜させ、クリスタルにはレイが弟だと信じ込ませたまま、3人は夜の遊園地に向かいます。

クリスタルを車の中に待たせ、遊園地の柵を乗り越えた2人はLSDの瓶を隠したお化け屋敷に。

電気をつけるわけにはいかないため、暗闇の中で必死に探す2人。なんとかLSDの瓶を見つけることができましたが、監視カメラで2人の侵入に気づいた警備員に見つかってしまいます。

コニーは警備員を殴って意識を失わせますが、すでに警察へと通報されていて、遊園地にはパトカーが。

コニーは着ていた服を脱いで、倒れている警備員の制服と交換。レイは警備員の口にLSDを流し込み、意識朦朧な状態にさせて物陰に隠れました。

警備員になりすましたコニーは、駆けつけた警察官に嘘の状況説明を。倒れている警備員を侵入者だと思い込ませ、警備員は逮捕されてしまいます。

そのとき、外で2人を待っていたクリスタルも、巡回中の警察官に補導され、パトカーに。

LSDを手に入れたコニーとレイは、警備員の車を奪って彼のマンションへ。

すぐに現金が欲しいコニーは、売人仲間に連絡をとるようレイに詰め寄り、マンションまで来させます。

ところが交渉が折り合わず、コニーはLSDの瓶を持ってマンションから逃走。

しかし、マンション周辺はすでに包囲されていて、コニーは警察に捕まってしまいます。

その様子を部屋の窓から見ていたレイ。コニーが逮捕される際、LSDの瓶が手から転がり落ちたのを見て奪い取りに行こうとしますがこの部屋にも警察官が。

レイは玄関に鍵をかけ、窓づたいに隣の部屋へと移動しようとしますが、誤って転落死してしまいました。

怪我が治ったニックは、カウンセラーの働きかけによって起訴は免れ、施設でグループセラピーを受けることに。

そこでは質問ゲームが行われていて、そのゲームに参加したニックは、「嘘をついたことがある人」「家族関係に問題がある人」「濡れ衣を着せられたことがある人」という質問に反応しました。

End

▽今すぐ見たい!という方はこちらから見れます!▽

映画「グッド・タイム」を無料で見る

U-NEXTなら31日間無料で見れます!

感想

ネタバレを含みつつ、あらすじなどについてご紹介しましたが、『トワイライト』で容姿端麗なヴァンパイアを演じたロバート・パティンソンが、これまでのイメージとは真逆の、社会の最下層でもがく自暴自棄な若者を熱演。その迫真の演技に冒頭から引き込まれてしまいました。

計画性ゼロ、行き当たりばったりの行動には共感できないものの、その根底にあるのは弟を助けたいという兄弟愛。

知的障害に加えて聴覚にも障害のある弟ニックを演じているのは、この映画の監督でもあるベニー・サフディとのことすが、一人で生きていくのも難しく、留置所でもトラブルに巻き込まれてしまう人物を見事に体現していましたね。

そんな2人の兄弟が、仕事も未来もない状況を打開するために選んだ手段が銀行強盗というのも切ないですが、選択肢の少なさこそが追いつめれた人間のリアルな生きざまなのかもしれません。

兄弟それぞれの表情がアップで映し出さるラスト、「自分のいるべきところに落ちついた」というカウンセラーの台詞が心に刺さりました。

ドキュメンタリーを思わせる一夜の展開が、全編に流れるワンオートリックス・ポイント・ネヴァーのシンセサウンドと融合し、痛みとスピード感と緊張感のある刺激的な映像体験に。

オススメの一本です。

▽今すぐ見たい!という方はこちらから見れます!▽

映画「グッド・タイム」を無料で見る

U-NEXTなら31日間無料で見れます!