映画

アニメ映画「花とアリス殺人事件」のあらすじ・ネタバレ・感想!前作の前日談に声を吹き込む

キットカットのCMという短編映像から映画化した作品の前日談をアニメーション映画で公開!

もちろん声の出演は前作の花とアリスと同じ鈴木杏さんと蒼井優さんです。

アニメーションで描かれる世界を是非お楽しみください!

アニメ映画「花とアリス殺人事件」を無料視聴する方法


アニメ映画「花とアリス殺人事件」のあらすじ

中学3年生のアリスは親の離婚をきっかけに田舎に引っ越して来た。小説家の母と2人暮らしだ。新たな家で荷ほどきをしていると隣の家の窓からこちらの様子を伺う、女の子を見つける。

その家は花屋敷と呼ばれており、この女の子は街の人から気味悪がられていた。

アリスは石ノ森中学へと編入した。教室に入り、自己紹介をする。先生が、「じゃあ空いてるそこの席に座って。」と言うので、座ろうとすると「そこじゃなくて、一個前。」と言われる。アリスが座った一個後ろの席は空いていた。

掃除の時間、アリスは一個後ろにある空いている机を下げようとする。するとクラスメイトに「その机触っちゃだめ!!」と止められる。その机の足元を見ると、何やら結界のような呪文がかかれていた。どうやら訳ありの席らしい。

この街にもバレエ教室があると知ったアリス。アリスはそこに通うことに。

ある日、バレエ教室の女の子から「知ってる?石ノ森中学で起きた殺人事件。」と言われ、驚く。話を聞くと、1年前、今アリスのいるクラス、3年2組で殺人事件が起こったという。ユダという男の子が、4人のユダの妻に殺されたという。

そして、アリスが今座っている席は、1年前ユダが座っていた席だった。

 

アリスのクラスにはムーという、自称魔界から蘇ってきた女がいた。クラスメイトはみんなムーの魔術を信じ、彼女にひれ伏していた。彼女は、普通の女の子だったが、ある日突然ユダの霊が彼女に取り憑いたのだと言う。

しかし、ムーは取り憑かれたフリをしただけだった。クラスメイトはそれを信じたが、ムーはアリスに本当のことを話す。

呪いも全部嘘。私もユダのことはよく知らないけど、どうやらアナフィラキシーという毒を盛られて死んだそう。との事だった。

そして、アリスの一個後ろの席。それはあの花屋敷の女の子の席だと知ったアリス。名前は花。花は不登校が理由で卒業できなかったが、実は一個上でユダの事件の真相を知る唯一の人物だと言う事だった。

アニメ映画「花とアリス殺人事件」のネタバレ

ある日、アリスの家に「ユダさま宛」という手紙が届く。アリスが今住んでいる家は、前にユダが住んでいた家だった。いてもたってもいられなくなったアリスは、花屋敷に忍び込み、花と接触することに。

ひきこもりの花。そんな花にアリスはストレートに聞く。「あなたユダと同じクラスだったんでしょ?ユダは殺されたの?」と。「知らない。私が知っているのは、ユダが転校したって事だけ。」という花。「なんだ死んでないんじゃん。」と言うアリスだったが、「生きているのか死んでいるのかは知らない。私が協力してあげるから調べれば?」という花。

アリスはそこまで興味は無かったが、いやに乗り気な花に圧倒されてしまう。そして、その場でユダのお父さんの勤める会社に押しかけ、真相を探る作戦をまくしたてる花。アリスは花に言われるがまま、ユダ父の職場に突撃することになった。

ユダ父を呼び出すものの、会議中のため関係のないおじさんが出てくる。それをユダ父と勘違いしたアリスは尾行することに。実は、アリスの後を追い、ユダ父の会社の陰で様子を見ていた花。全然違う人じゃん!と思いながらも、携帯の充電が切れ、アリスと連絡が取れなくなった。

 

そうこうしている内に、花の方が本物のユダ父を見つけ尾行し、今ユダの住む家を発見する。そこにアリスも合流し、ユダの住む団地で張り込みをすることに。ユダの姿を確認できないまま、夜になってしまった。2人は今日はもう帰ろうか、といい駅を目指す。途中でラーメン屋を見つけ、お腹が空いていた2人は迷わず入っていった。久しぶりの外食だという花。

ところが、このラーメンのせいで終電を逃してしまった。2人はどうしようも無く、またユダ家のある団地へ戻って来た。寒さをしのぐ為に、二人は駐車場に止まっている車の下に入り寝転ぶ。

そこで花が口を開いた。「もし、ユダが死んでたら、殺したのは私。知りたい?何があったのか。」と。そこから花は、話し始めた。

 

花とユダは幼馴染だった。花はユダに毎年かかさずチョコレートをあげていた。子供の頃はユダからもホワイトデーにお返しを貰っていたが、思春期を過ぎるとそれも無くなった。そして中2のバレンタイン。花はチョコレートに封筒を添えて渡した。

中身はラブレターでは無く、婚姻届だった。ユダからの反応は何も無かった。そして中3になり、初めて同じクラスになった。席は前と後ろ。ユダは、花の気持ちを踏みにじるようにいろんな女の子に婚姻届を渡してプロポーズしていた。何が理由だったのかはわからない。

しかし、花は許せなかった。ユダが転校するとホームルームで発表した日、花は、ユダの制服のシャツの中に蜂を入れた。ユダはその場で倒れこんだ。クラスメイトは蜂にさされるとアナフィラキシーショックで死ぬんだぞと騒ぎ立てた。その後のユダの行方は誰もわからなかった。

 

「私、人を殺したかもしれないと思うと、夜も眠れなくて。気がついたら家から一歩も出られなくなっちゃった。」と泣きながら話す花。そこから引きこもりになってしまったのだ。

しかし、ユダは生きていた。翌朝、偶然ユダとすれ違う。ユダは、「俺の背中に蜂入れたのお前だろ、一生忘れない。」と花に向かって言う。帰り道、「あの痛み一生忘れないなんて、愛の告白だよね。」という花。今だけ、この幸せに浸らせて、という花に、アリスは浸ってて。と返す。

翌朝、母親に「どこ行くの?」と聞かれ、「学校。」と言う花。この日から、花とアリスは毎朝一緒に学校に行くようになる…。

>>U-NEXTで今すぐ無料視聴する

アニメ映画「花とアリス殺人事件」感想・見どころ

本作は2004年に公開された、鈴木杏、蒼井優主演の「花とアリス」の前日談が描かれたアニメーション映画。

「花とアリス」から11年がたち、大人になった鈴木杏と蒼井優が声を吹き込む。他にも、実写版の出演陣が声優をつとめている。この作品はロトスコープという手法が使われている。

ロトスコープは実写パートを撮影したのち、1コマずつ手書きでトレースしたものを繋げる手法。なんと本作の絵コンテは全て岩井俊二本人が描いたと言う。

本作では、実写版の名シーンがアニメーションとしてそのまま出てきたり、劇中音楽も花とアリスで流れていたものが繰り返し使われている。

そのため、花とアリスファンにとってたまらない一本になっている。実写とアニメ、続けて2作鑑賞するのがおすすめ。

アニメ映画「花とアリス殺人事件」を無料視聴する方法