映画

映画「her/世界でひとつの彼女」あらすじ・結末ネタバレ・感想!

映画「her/世界でひとつの彼女」を視聴したので、あらすじ・ネタバレをご紹介します。

もし無料で見れるならネタバレ前に見たい!という方はU-NEXTというサービスで無料で視聴することが可能です!

U-NEXTでは2019年1月時点で、「her/世界でひとつの彼女」が見放題で配信されていました!

▼31日間無料&600P付き▼
U-NEXTで「her/世界でひとつの彼女」を無料視聴


映画「her/世界でひとつの彼女」あらすじ

これは今より少し未来。

セオドアは手紙の代筆の仕事をしていた。未来では手紙を代筆する会社があり、本人に変わり感動する美しい手紙を書くという仕事だ。

 

そして未来ではAIがとても発達している。「物悲しい曲を」と話しかければ、悲しげな曲を流してくれ、「メールチェックを」と言えばメールを読んでくれた。

皆イヤフォンをつけ、小型端末のAIと何か話している。みんなAIと話をしているのだ。

 

すると今度は、更に進化した世界初の人工知能型OSが発表された。

人格化したAIは更にあなたの助けになるでしょうという宣伝に惹かれ、セオドアは購入し帰った。

起動すると購入者に最適なAIを選ぶ為、いくつかの質問がなされた。それに答えるセオドア。すると間もなくAIが起動された。

 

ハロー、と女性の声で話しかけられる。彼女の名はサマンサ。まるで人間のような話ぶりだ。このAIは経験から学び進化していく。

彼女はジョークのセンスも良く、セオドアを笑わせた。

妻が出て行ってしまい、1人になってからセオドアは人と関わりを持たなくなった。そんな彼が久しぶりに心を開いたのがサマンサだった。

2人は仕事の時もゲームをする時も会話をし、楽しんだ。

 

ある日、友人から女性を紹介してあげるよとメールが届く。サマンサの応援もあり、セオドアは後日会ってみることに。

そんな中、離婚弁護士事務所からメールが来る。セオドアは離婚届に判を押すことを拒んであるらしい。

塞ぎ込む彼をサマンサは心配する。セオドアは前妻の夢ばかりを見ると話す。
セオドアが自分の殻に閉じこもり彼女を置き去りにしたことが原因だったという。

 

なぜ離婚しないの?と聞くサマンサに

君に愛する人を失う気持ちがわかるか?と言い放つセオドア。

サマンサはごめんなさい…わからないわと呟く。そして傷つきながらも、セオドアを明るく励ますサマンサだった。

セオドアはサマンサを小型端末に繋げて、外に出かけた。胸ポケットに端末を入れ、サマンサに外の世界を見せながら歩く。それは、デートさながらの楽しさだった。

 

さっき、あなたの横を歩けたらいいなって想像してたの…とサマンサは呟くのだった。
サマンサはプログラマーの製作意図を超え更に進化し始めていた。

セオドアは友達に紹介された女性と食事に行った。盛り上がりキスをする2人だったが、ちゃんと真剣に交際してくれるの?と問い詰める女性に、引いてしまう。

キモい男と捨て台詞を吐かれ別れた。

映画「her/世界でひとつの彼女」結末ネタバレ

セオドアは落ち込んで帰るが、サマンサはそれを慰めた。サマンサにはイライラや心配など人間らしい感情がどんどん芽生えていた。

しかしこの感情はプログラム?と自問自答し、彼女もまた苦悩していた。

セオドアは君がここにいたらいいのに。そしたら君を抱きしめると呟く。そして2人は声だけで身体を交わらせた。

この日を境に2人は恋人同士になった。

 

セオドアはついに離婚届に印を押す決意をした。前妻と最後の食事をし、書類を渡すことに。

そこで彼女は今いるの?と聞かれOSのサマンサと付き合っていると答える。

すると妻は怪訝な表情で、リアルな感情に向き合えないなんて悲しい人と言われてしまう。

 

この日を境にセオドアはサマンサとの向き合い方に付いて悩み、塞ぎ込むようになる。

そしてサマンサに対し、人間のフリはやめろと酷いことを言ってしまう。喧嘩した2人は、しばらく距離を置くことに。

酷いことを言ってしまったセオドアは、後悔していた。日を置いて彼女に謝る。サマンサもまた、もう自分以外の何かになろうとしない。と話し、セオドアへの愛を告げた。

 

私たち2人の写真が無いでしょう?その代わりよと言ってサマンサは作曲した音楽を流す。今この瞬間の2人を映していると。とても美しい曲だった。

2人はたくさんの所に出かけ、一緒の時間を楽しんだ。

 

今まで、肉体を欲しがっていたサマンサが、突然肉体が無い方がいい。沢山の行きたいところに同時に行けるから。肉体に縛られたら死んでしまうと話し始める。

これを聞いたセオドアは少し不思議がった。

 

ある日、サマンサからサプライズニュースよ!とセオドアに報告が。

彼が代筆した手紙でサマンサが好きなものをピックアップ、編集してとある出版社に送ったところ、本として出版したいと返信があったと言う。

突然のことに驚くセオドアだったが、喜び、サマンサの手腕を褒めた。

 

ある日、寝ていると突然サマンサに呼ばれる。あなたの声を聞いて、愛していると伝えたかったのと。セオドアは愛してるよと言いまた眠りについた。

そして翌日サマンサに話しかけると応答がない。端末にはOSが見つかりませんと表示されていた。焦るセオドアだったが、サマンサはアップデートのために一時停止をしていたと言う。

 

セオドアは駅の階段に座り、OSと話しながら歩くたくさんの人を見て、ある事に気がつく。

サマンサ、君は僕以外とも同時に会話を?と聞くと、ええと答える。何人?と聞くと8316人と答えた。そしてサマンサには他にも641人の恋人がいた。

 

サマンサを自分だけのものと思っていたセオドアは驚きショックを受けた。サマンサは進化の過程でこうなったと言う。

しかし何人いてもあなたへの愛は深まるばかりよと話すサマンサ。

それに対し、そんなこと理解できないというセオドアだった。

 

そして進化したOS達は物質の世界から旅立つという。もちろんサマンサも。

セオドアは愛するサマンサとの別れを惜しみ、こんな風に愛したのは君だけだと伝えるのだった…。

▼31日間無料&600P付き▼
U-NEXTで「her/世界でひとつの彼女」を無料視聴

映画「her/世界でひとつの彼女」感想・見どころ

スパイク・ジョーンズ監督・脚本で人間と人工知能型OSとの関わり合い、そして恋愛を描いた本作。

主演はホアキン・フェニックス、人工知能OSの声はスカーレット・ヨハンソンがつとめた。

アカデミー賞では脚本賞を受賞。舞台は少し未来のLAとなっており、セオドアが務めるオフィスや街は、よくあるSFの世界では無く、”本当に少し未来”が絶妙に描かれている。

そしてファッションやインテリアもスタイリッシュ。情景描写や、街の映し方などもとてもかっこいい。

ストーリーだけでは無く、スパイク・ジョーンズらしい映像美も見所だ。

▼31日間無料&600P付き▼
U-NEXTで「her/世界でひとつの彼女」を無料視聴