コメディ

映画「ホーム・アローン」ネタバレ・感想!ケビンがかわいそう…

映画「ホーム・アローン」を視聴したので、あらすじ・ネタバレをご紹介します。

もし無料で見れるならネタバレ前に見たい!という方はU-NEXTというサービスで無料で視聴することが可能です!

U-NEXTでは2019年1月時点で、「ホーム・アローン3」までが見放題で配信されていました!

▼31日間無料&600P付き▼
U-NEXTで「ホーム・アローン」を無料視聴


「ホーム・アローン」のあらすじ

その晩マカリスター家にはたくさんの人がいた。父の兄家族が来ており、家はごった返していた。子供だけでも全部で11人。

親戚一同で、フランスにクリスマス休暇で旅行に行くため、今晩はマカリスター家に集合していたのだ。

 

マカリスター家のケビンは8歳。兄弟、親戚たちみんなから子供扱いされ、馬鹿にされていた。そんな家族のことをケビンは面白く思っていなかった。

そこに現れる警官の男。クリスマスは空き巣の季節なので防犯レベルをチェックしにきたという。その警官は笑うと銀歯の覗く特徴的な顔だった。

 

出発は明日の早朝。

ケビンは兄と喧嘩をし、罰として1人屋根裏部屋に連れていかれる。ケビンは喧嘩になるといつも怒られるのは自分だけだと悪態をついた。

そして、母に対し家族なんていらない消えちゃえ!と捨て台詞を吐くケビンだった。今晩ケビンは皆と離れ、屋根裏部屋に寝ることになった。

 

翌朝、家の前の電線がショートしたことによりブレーカーがダウン。

セットしていた目覚ましが鳴らず家族全員が寝坊した。マカリスター家は大慌て。

空港行きのリムジンバスへ急いで乗り込むが、ケビンが乗っていない。その事に気がつかない家族は、そのまま出発。

飛行機に乗りフランスへ飛んでしまった。

「ホーム・アローン」のネタバレ

目覚めたケビン。家は自分1人を残し、誰もいない。

最初は不安がるものの、家族なんて消えてしまえ!という自分の夢が叶ったんだ、と喜ぶケビンだった。

普段は出来ないこと、暴力番組を見て、お菓子を気がすむまで食べる。ベットの上でジャンプし、兄の宝箱を開けた。ケビンは1人を満喫していた。

 

その頃上空では母がケビンを忘れた事に気が付いた。子供を忘れるなんて最低の母親だわと肩を落とした。

フランスに着いた家族は、すぐに家に帰ろうとチケットを購入しようとする。しかし、クリスマス休暇の為どの便も満席。なす術が無かった。

一方、ケビンの家がある通り。この通りは、どの家もクリスマス休暇で旅行に出かけ空き家になっていた。そこに怪しい2人組が乗る車が現れる。

 

この前ケビンの家に来た警官は実は泥棒だった。この通りの中でも一際豪邸なケビンの家。2人はケビンの家に侵入しようとする。

それに気がついたケビンは急いで部屋の電気をつける。誰かいる!と動揺する泥棒たち。
泥棒たちは一度あきらめ退散した。

 

しかし、翌朝になり泥棒たちは再度アタックをしてみようと試みる。車を走らせていると偶然にもケビンを引きそうになる。ケビンは運転していた男の銀歯がきらりと光るのを見逃さなかった。

ケビンの反応を見た泥棒たちも、アイツら俺らの顔を知ってるんじゃないかと後をつけた。

ケビンはあんなやつらに負けないぞ。と家にあるマネキンを使って家に人がいるように見せた。

それを見た泥棒達は、フランスから戻ってきたのか??と怪しんだ。そして今日は辞めておこう、また明日見に来ようと再度退散するのだった。

 

そしてその晩ベットでケビンは家族写真を見ていた。いい子にするから戻ってきてと写真にキスをした。

翌朝2人の泥棒がついに家にケビンしかいないことを突き止める。そして夜になったらまた訪れて侵入しようと話していた。

その話を聞いたケビン。ケビンはサンタクロースにプレゼントはいらないから家族を返してとお願いした。

そして僕の家は僕が守るんだ!と泥棒撃退の準備を始めた。

ケビンは初めて1人で買い物に出た。スーパーで必要なものを買い揃える。

 

夜になると、泥棒2人はケビンの家へとやってくる。そして、坊やここを開けな~!プレゼントを持ってきたよ~!と声をかける。そんな2人にケビンはエアガンをぶっ放した。

ケビンはその後もおもちゃやペンキ缶、アイロンなどを使いさまざまな方法で2人を撃退する。

その方法は8歳とは思えぬ過激な方法だった。しかし、ケビンは遂に泥棒に捕まってしまう。

 

そこに現れたのは近所に住むマーリーじいさん。

<シカゴのシャベル殺人鬼>と街の人に噂されていたが、実はとても良い人でケビンを助けてくれた。こうして泥棒2人は警察に捕まった。

 

翌朝目を覚ますと外は雪景色になっていた。思わずママを探すケビンだったが、そこには誰もいなかった。

するとしばらくして本当にママが帰ってきた。
そして家族も。ケビンは家族と抱き合い、家族と一緒の喜びを噛み締めたのだった…。

▼31日間無料&600P付き▼
U-NEXTで「ホーム・アローン」を無料視聴

「ホーム・アローン」の感想・見どころ

1990年に公開された本作は、クリスマス映画として今尚根強い人気がある作品。

監督は、グーニーズやグレムリンの脚本を手がけたクリス・コロンバス。

そして脚本はアメリカ青春映画で一斉を風靡したジョン・ヒューズが手がけている。

 

マコーレ・カルキン演じるケビンは、生意気だが賢い。

時に過激な方法を使い泥棒に立ち向かう姿にニヤリとしてしまう。

また当時カルキンは、世界一有名な子役としてギネスブックに載ったこともあった。

90年代のアメリカの雰囲気を楽しむことができ、クリスマスのワクワク感を盛り上げてくれる一本。

▼31日間無料&600P付き▼
U-NEXTで「ホーム・アローン」を無料視聴