映画ネタバレ

映画「IT /イット “それ”が見えたら、終わり(2017)」あらすじ・見どころ!ペニーワイズの恐怖

背筋がぞっとするようなタイトルの本作品は、スティーヴン・キング原作のホラー映画です。

スティーヴン・キングと言えば言わずもがな、アメリカモダンホラー小説の第一人者。
キャリーをはじめ、シャイニング、痩せゆく男等ヒット作を放ち続けています。

またテレビドラマや映画など、映像化される作品が多いことでも有名です。
そんなスティーヴン・キング原作の本作品がおもしろくない訳がない!

恐怖映画の定番キャラとも言うべきクラウン(ピエロ)もので、思う存分恐怖のどん底に突き落とされてみてはいかがでしょうか。

\U-NEXTで無料視聴可能!/

映画「IT /イット“それ”が見えたら、終わり」を無料視聴


もう一つのスタンドバイミー、IT /イット “それ”が見えたら、終わり。

スティーヴン・キングと言えば、若くして亡くなったリバーフェニックス主演の映画「スタンドバイミー」を思い出す人も多いのではないでしょうか。

原作はキングの思春期だった頃に着想を得たと言われている、少年たちの物語です。
ベンEキングが歌う同名タイトル「Stand by Me 」の切ないメロディーが作品にマッチした、郷愁感漂う珠玉の作品でした。

「IT /イット “それ”が見えたら、終わり。」はホラー映画であるにもかかわらず、全編を通して甘酸っぱく切ない雰囲気を醸しており、どこか「スタンドバイミー」を彷彿とさせます。

大人になるにはもう少し時間がかかる、青春一歩手前の壊れそうに危うい世代。
そんな子供たちが悩み成長していく様はまさに「もう一つのスタンドバイミー」です。

ノスタルジックなふたつの作品はまさに名作。

しかしいずれもキング原作なので 彼独特のサスペンス色がもちろんそこかしこに散りばめられています。

「スタンドバイミー」では少年たちは「死体」を探す旅に出ます。
「死体」は彼らにとって得体の知れない恐怖の対象。

しかし熱に浮かされたように死体を求めて旅に出るのです。
そして本作品で子供たちの恐怖の対象となる存在は、ペニーワイズという名の「クラウン(ピエロ)」です。

「IT /イット “それ”が見えたら、終わり。」は殺人ピエロを中心に物語が展開されてゆくので、恐ろしさが増幅されているのは言うまでもありません!

キング渾身の恐怖作品をとくとご覧あれ。

悪の権化ペニーワイズ

ピエロの姿をしたペニーワイズが心底不気味な様相を呈している本作品。
タイトルの「IT(それ)」とは邪悪なピエロ、ペニーワイズそのものを指します。
ピエロ恐怖症の人は要注意。

因みにピエロ恐怖症の事を英語ではクラウンフォビアと言うそうな。
(クラウンCROWNはピエロの事です)

本作品を見たら、ピエロ嫌いでなくてもクラウンフォビアになる可能性があるかも!

邪悪・悪意・よこしま これら全てを包括した悪の化身、それがペニーワイズ。

しかしなんだか懐かしいお顔立ち・・ここでふと脳裏をよぎったのは 最新作公開が迫る「チャイルドプレイ」のチャッキーなのでした!

悪魔が潜んでいるとしか思えないペニーワイズの凶悪顔は、殺人鬼に豹変したチャッキーそっくり。

背筋がぞっとするようなメーキャップは、悪夢にうなされそうな出来栄えです。
今宵ナイトメアを見たいキワモノは、本作品を見てからベッドに入るべし。

物語の主人公が密かに思いを寄せる、ベヴァリー役のソフィア・リリスが可愛すぎる!

ベヴァリーは街の人たちからは”身持ちの悪い女の子”というレッテルを貼られ、時には悪ガキどもに嫌がらせを受けることも。

けれど彼女と交流するようになる物語の中心人物である男の子たちは、美しいベヴァリーの人となりを知り皆が彼女に淡い恋心をいだきます。

しかしベヴァリーには暗い秘密があるのでした。
唯一の家族である実父から性的虐待を受けているのです・・・

小枝のように細い肢体と少し上をむいた形のよい鼻。
そして抜けるような白い肌に映えるソバカスと澄んだブルーの瞳。

スクリーンに登場したベヴァリーをはじめて見た時、まるで妖精のような透明感あるその美貌に思わず息をのみました。

彼女の魅力を言葉にするなら、チャーミング&コケティッシュという表現がぴったりな気がします。

スレンダーな体躯と鮮やかな赤毛は、アメリカ版赤毛のアンと言えるかも。

もう少し子供のままでいたい、けれど彼女をとりまく男たちの視線は少女に向けるそれではない。

自分ではまだ気づいていない、少女から大人の女性に変わりゆくその危うさが 実の父でさえも狂わせてしまうのでした。

魅力たっぷりのベヴァリー役ソフィア・リリスは、本作品が長編映画初出演です。
彼女のみずみずしい演技があるからこそ、作品が単なるホラーではない珠玉の作品になり得たと言えます。

将来どんな素敵な美女になるのか、ソフィアちゃんの今後の成長が楽しみです!

ペニーワイズ役 カメレオン俳優ビル・スカルスガルド

世にも恐ろしいクラウン、ペニーワイズを演じた俳優はスウェーデン出身のビル・スカルスガルド(ラストネームの発音が難しい!)です。

父はマンマミーヤ俳優のステラン・スカルスガルド、兄もターザン:REBORNに出演しているという俳優一家です。

ペニーワイズを演じるなんて、いったいどんなコワモテ俳優さんなのだろうと思いきや、素顔はいたってさわやかな兄ちゃんでした!

恐ろしいペニーワイズのメーキャップは、ビルの端正な顔立ちからは想像もできないほどの完成度。

身の毛もよだつ存在感は、プロのメーキャップアーティストとビルの演技力ゆえなんですね。

それにしてもペニーワイズの裂傷のような細〜く白い眉毛が怖すぎ・・・
子供だったら鑑賞した夜は絶対ひとりでトイレに行けませんから!

撮影秘話 子役達とペニーワイズの初対面

おもしろいのは、子供達が怯えるシーンにリアリティーを持たせるため、監督がある工夫をした事です。

初めてペニーワイズと子役たちの共演シーンを撮るまで、ペニーワイズに扮したビルと子役達とを会わせないようにしていたそうです。

そんな豆知識を頭に入れてから作品を見るのも楽しいかもしれません。

子供達のあの恐怖におののく表情は、こういった監督の配慮があったから成功したのでしょうね。

それにしても、大人でもビビるペニーワイズに 演技とはいえ実際に出くわすのだから子役たちもトラウマにならなければいいのですが・・・

「IT /イット“それ”が見えたら、終わり。」の見どころ

「IT /イット“それ”が見えたら、終わり。」の見所はなんといっても邪悪なペニーワイズの登場シーン全てです。

その形相たるや、どれだけ言葉をつくしても語りきれないほど。

真っ赤な風船を持って奇妙な動きをするペニーワイズほど不気味なものはありません。

風船とは対照的な、真っ暗な空間へ幼い男の子が引きずり込まれるシーンでは思わず悲鳴が出ます。

百聞は一見にしかず。とにかく視聴すべし。

「IT /イット“それ”が見えたら、終わり。」動画配信サービスの紹介

2019年11月現在「IT /イット“それ”が見えたら、終わり。」は次のVOD各社で視聴可能です。

U-NEXT・amazonプライム・dtv・TSUTAYA TV・music.jpで配信していましたが、どこもポイント作品として配信していましたので、無料でポイントがもらえるサービスに絞り込んでいきます!

U-NEXT 31日間無料&600Pで無料視聴可能
TSUTAYA TV 30日間無料&1100Pで無料視聴可能
music.jp 30日間無料%1600Pで無料視聴可能

単体でご覧になるなら、どのサービスでも問題ありませんが、いろんな映画を無料で見たいという方ならU-NEXTのサービスがおすすめです!

14万本以上が見放題となっているU-NEXTは個人的にも使い続けているサービスなので是非、無料でお試しください!

\U-NEXTで無料視聴可能!/

映画「IT /イット“それ”が見えたら、終わり」を無料視聴

次回作 続編「IT /イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」

〜今明かされるペニーワイズの真実〜

トレーラーに出てくるワンシーンでの昔の写真には、見まごう事なきペニーワイズ本人が写っています。

人間の雰囲気を漂わせてはいるが、う〜ん、これは子供達を恐怖に陥れてきたあの悪のピエロそのもの。

えっ!?ピエロメイクなしでこの表情? ひえ〜っっ!
そして大人になったベヴァリーの後ろに不気味な動きをする人影が・・・
もしやIT(やつ)なのか!?

ペニーワイズとはいったい何者でしょうか。
かつて人間として生きていたのか?ならば何故これほど邪悪なピエロとなりえたのか?
はたまたピエロに扮した悪魔なのか?
この恐怖、はたしてTHE ENDとなるのでしょうか・・・

今秋新たな恐怖を経験したい人は、映画館までゾゾ〜っとしに行こう!