映画ネタバレ

映画『ジョーカー』あらすじネタバレ!美しくも絶望的な”悪”の誕生物語

2019年10月6日より公開の映画『ジョーカー』。


引用:http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/

DCコミックスの『バットマン』に登場するヴィランで、これまでに数々の映画化作品にも登場してきたジョーカー。そんな悪役を主人公に据えた映画『ジョーカー』では、ジョーカーがいかにして”純粋悪”となっていったのかという起源が、完全オリジナルストーリーで描かれています。

ベネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得したほか、批評家や各国メディアからも絶賛されている本作。

今回は、そんな映画『ジョーカー』のあらすじネタバレを紹介します!
結末までのネタバレがあるので、未見の方は注意してください。


映画『ジョーカー』あらすじネタバレ

混乱するゴッサムシティに生きるアーサー

ゴッサムシティは、清掃業のストが長期化したことでネズミが大量発生するなど、混迷を極めていた。

アーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)はそんな街の片隅で、母ペニー(フランセス・コンロイ)を介護しながら暮らしていた。母から”ハッピー”と呼ばれるアーサーは、「どんな時でも笑顔で」と言う母の言いつけを胸に、大道芸人として収入を得つつ、いつかは人気コメディアンになることを夢見ていた。


引用:https://www.fashion-press.net/news/49659

一方で、アーサー自身も障害を抱えており、笑ってはいけない場面だと思うほど笑ってしまうことで、周囲と馴染めない部分があった。

ある晩、アーサーが帰宅すると、ペニーは「ウェインさんからの手紙は届いていなかったか?」と尋ねる。証券会社の社長であるトーマス・ウェインは、ゴッサムシティの次期市長選への立候補が取りざたされている人物だった。

以前、ウェインの屋敷で働いていたというペニーは、ウェインからの助けを得ようと、自分たちの困窮を伝える手紙を何度も送っていたが、いまだに一度も返事はなかった。

「きっと忙しいんだよ」とペニーをなだめすかしたアーサーは、コメディアンのマレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)が司会をする”フランクリン・ショー”というトーク番組を見始める。

アーサーは憧れの眼差しでテレビの中のマレーを見つめながら、自分がそのステージに立ち、歓声を受ける場面を妄想するのだった。


引用:https://www.fashion-press.net/news/49659

ある日アーサーは、アパートのエレベーターで、幼い娘を連れた女性・ソフィー(ザジー・ビーツ)に出会う。ソフィーは、途中で停止を繰り返すボロいエレベーターの中、「この建物、最悪よね」とアーサーに声をかけて降りていくのだった。

翌日、フードを深くかぶったアーサーは、ソフィーのあとをつけ、会社に入っていくまでを見届ける。するとその夜、ソフィーがアーサーの部屋を訪ねてくる。

「私を尾行した?強盗でもされるかと思った」と言うソフィーに、アーサーが「銃を持ってる。明日行こうか?」と冗談で返すと、ソフィーは「あなた面白いわね」と笑うのだった。

最初の凶行の発生

ある日、ピエロの格好をしたアーサーは、病院に入院する子供たちの前で踊るという仕事をしていた。

しかし、気分が乗って踊りを激しくした際に、懐に入れていた銃を落としてしまう。それを見て、しんと静まりかえる病室内。

病室に銃を持ち込んだことを問題視されたアーサーは、仕事をクビになってしまう。


引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-35143225-cnn-int

乗客が少なく、ガランとした地下鉄内に、アーサーはピエロの格好のまま乗っていた。

酔っ払ったサラリーマン風の3人組が女性に絡み出したのを見て、笑い出してしまうアーサー。

女性は別の車両へと去っていくが、3人の男たちは「何がそんなにおかしい?」とアーサーに詰め寄ってくる。それでも笑いが止まらないアーサーに、男たちは殴りかかる。

殴られ蹴られの中、アーサーは懐に持っていた銃を発砲してしまう。3人のうち2人がその場に倒れる。

足に銃弾を食らったもう一人は、電車が駅に到着すると同時にホームへ降りて逃げようとするも、アーサーは男の背中に何度も発砲。男は動かなくなる。

駅から走って逃げ去ったアーサーは、公衆トイレに駆け込み、笑い、踊り出すのだった。マンションに帰り着き、ソフィーの元へ向かったジョーカーは、彼女にキスをする。

夜、地下鉄での証券マン3人の殺害事件を報道するニュース映像には、3人が勤めていた会社の社長であるトーマス・ウェインが出演していた。ピエロの化粧をしていたため、犯人の調査は難航しているとのことだった。

ウェインが次期市長選の候補者であることから、キャスターは「貧困層には殺人を支持する声もありますが?」と事件へのコメントを求める。しかしウェインは「彼らのような落伍者はまさにピエロだ」「素顔も見せられない卑怯者」と痛切に批判するのだった。

一方で、ゴッサムシティでは、様々な福祉サービスへの支援が削減され、アーサーが受けていた定期カウンセリングも廃止。公的な支援がなくなったことで、アーサーは薬を得ることもままらなくっていく。

母の手紙の内容

アーサーは、あるコメディアンショーに出演する。ステージで原稿を読みながら、一人で笑い出してしまうアーサーだったが、会場からはそれなりに笑い声が上がる。


引用:https://www.fashion-press.net/news/49659

見にきていたソフィーと一緒に歩く帰り道、道端で売られている新聞には”殺人ピエロ”の文字が踊っていた。ソフィーが「彼はこの街のヒーローよ」と言うのを聞き、密かに自分の行為を誇るアーサー。

夜、母からウェイン宛ての手紙の投函を頼まれたアーサーは、手紙の内容をこっそり見てしまう。そこには、”あなたの息子と私は助けが必要です”という文章が書かれていた。

翌日、ウェインの屋敷へ向かったアーサーは、敷地内の少年に向かって、ステッキを使った手品を門越しに披露する。アーサーが名前を尋ねると、少年は”ブルース”と答えるのだった。

そこにウェイン家の執事が現れ、ブルースをアーサーから引き離すアーサーは執事に対し、母ペニー・フレックの名を出し「二人の秘密を知ってる」と言うが、執事からは「秘密などない、あの女はイカれ女だ」と一蹴されてしまうのだった。

帰宅したアーサーは、母が救急車で運ばれるところに出くわす。

病室で眠るペニーの側に座り、テレビを眺めるアーサー。すると、フランクリン・ショーで、先日アーサーが出演したコメディアンショーの映像が流れる。信じられない光景に喜ぶアーサー。

しかしマレーは、アーサーのことを「彼のモットーは、”笑い続ければ、ウケる”」と小馬鹿にしたように紹介するのだった。


引用:https://twitter.com/akaya2099/status/1166753033268559872

ニュース映像では、市長選に正式に立候補したウェインが「人々を貧困からすくい上げる」と語るが、貧困層の人々のデモは「彼こそがピエロ」「金持ちを殺せ」とヒートアップしていく。

ウェインが観劇に訪れた劇場にも人々が殺到しており、その騒ぎに紛れて、アーサーは劇場内に入り込む。

トイレでウェインと対面することに成功したアーサーは、ここでも毋であるペニー・フレックの名を出すが、ウェインからはやはり「私は君の父親ではない、どうかしてる」と一蹴されてしまう。

さらにウェインは、アーサーはペニーの実の息子ではなく、養子だと告げてくるのだった。

映画『ジョーカー』結末あらすじネタバレ

この先、結末までのネタバレがあります。未見の方は注意してください。

真実を自覚するアーサー

アーサーの元にフランクリン・ショーの担当者から電話がはいる。先日の映像にものすごい反響があったらしく、番組に実際に出演するゲストとして呼ばれたアーサーは、次週の生放送に出演することになる。

アーサーは、アーカム宗立病院を訪れ、30年前の母の診断書を見せてもらう。そこには、母ペニーは妄想性人格障害、自己愛性パーソナリティ障害の診断を受けていたほか、”自分の子の健康を危険にさらした罪”で有罪判決を受けていた。

恋人が子供に暴力を振るうのを黙認した罪だった。さらに書類には、養子縁組の証明書も添付されている。それを見て、やはり笑いが止まらなくなるアーサー。


引用:https://spotlight-scoop.com/western-films/joker/

雨の中、アパートに戻ったアーサーは、ソフィーの部屋へと向かう。アーサーが無言でリビングのソファに座っていると、子供を寝かしつけたソフィーがリビングへやってくる。

しかしソフィーは、アーサーが部屋にいるのを見て驚愕の声を上げる。

「何してるの?部屋間違えてる、たしかアーサーでしょ?お母さんを呼ぶ?」と、これまでと打って変わって他人行儀なソフィー。

あとをつけた日にソフィーがアーサーの部屋を訪ねてくれたことも、ステージを見にきてくれたことも、全てはアーサー自身が妄想した出来事だったのだった。

ジョーカーの誕生

母の病室で、アーサーは語る。

アーサー「言ってたよね?僕の笑いは病気だって。でも違う、これが本当の僕だ。

人生は悲劇だと思っていた、でも違った。僕の人生は喜劇だ」

そう告げたアーサーは、枕をペニーの顔に押し付け、窒息死させてしまう。

自宅に戻り、赤いスーツに身を包んだアーサーは、颯爽とエレベーターに乗り込む。その顔には”ジョーカー”の化粧が施されていたーーー。


引用:https://pon-mondo.com/joker-netabare-arasuji

アーサーがフランクリン・ショーの控え室で待機していると、マレーが声をかけにやってくる。

マレーはアーサーのメイクを見て「君も抗議デモを?」と尋ねるが、アーサーは「僕はああいうのは信じない。僕は何も信じない」と答え、「僕のことはジョーカーと紹介してほしい」と頼むのだった。

ついに憧れのステージに立ったアーサー。新しいネタを披露するように言われ、人が死んだネタを話すアーサーだったが、共演者からは「それはジョークじゃない」と言われてしまう。

するとアーサーは「このところ辛いことばかりで…証券マンを3人殺してから」と語り出す。

「失うものは何もない、僕の人生は喜劇だ」「全ては主観だ、善悪ですらも」と持論を語るアーサー。

そしてマレーに対し、「僕の映像を流して僕を笑い者にした。心を病んだ男を欺くとどうなるのか、思い知らせてやる」と糾弾し、彼の頭を拳銃で撃ち抜くのだったーーー。

結末

生放送で起きたジョーカーの凶行と彼の逮捕のニュースは、
一方、ジョーカーの犯行をきっかけに、ゴッサムシティでは貧困層の人々による暴動・略奪が激しさを増し、街は大混乱に陥っていた。

そんな街の様子を、ジョーカーは護送中のパトカーの中から楽しそうに眺めていた。

警官から「燃えてるのはお前のせいだ」と言われるも、「そうさ、楽しいだろう?」とケロリと返すジョーカー。

その瞬間、暴徒が運転する車がパトカーに衝突。ジョーカーはパトカーから運び出され、ボンネットに横たえられる。

一方その頃、トーマス・ウェインは、妻と息子ブルースとともに帰宅を急いでいた。しかしそこにピエロの仮面をつけた男が現れ、銃で両親を撃ち殺してしまう。血を流す両親を目の前にし、一人たちすくすブルース。


引用:https://theriver.jp/joker-theme-revolution/

と同時に、ジョーカーが目を覚ます。周囲を取り囲む人々の「立て!立つんだ!」の声を聞いたジョーカーが立ち上がると、ひときわ大きな歓声が上がる。歓声の中、パトカーの上で踊るのだった。

両手に手錠をはめられたアーサーは、カウンセリングを受けていた。

楽しそうに笑うアーサーに対し、カウンセラーは「何が面白いの?聞かせて」と尋ねる。

しかしアーサーは、「理解できないさ」と不敵に微笑むのだったーーー。

感想・まとめ

以上、映画『ジョーカー』のあらすじを完全ネタバレで紹介しました。いやぁ、すごい作品でしたね。。

どん底の状態の中で、それでも最初から悪人だったわけではないアーサー。しかし社会の中で救われることがなく、辛いことばかりが身に降りかかる中、ある時自分が本当に輝ける道=”ジョーカー”としての道を見出してしまいます。

そこに至るまでの絶望感に共感させられてしまっていたので、結果的にアーサーが見出す”ジョーカー”という存在にも否応無くシンパシーを感じてしまうという衝撃。『ダークナイト』(2008)で底の見えない純粋悪だったジョーカーに、ここまで感情移入させられてしまうとは、驚きました。

前評判通り、かなりの問題作・衝撃作でしたね。

これまでのDCバットマン作品とは異なる解釈がなされていたのもあり、ファンの間でもかなりの賛否両論を巻き起こしている本作。そういう意味でも、さまざまな面で語りがいのある作品なので、今後の興行成績や批評・レビューなどにも合わせて注目していきたいと思います!

ジョーカー関連のバッドマンを無料視聴

U-NEXTではジョーカーと敵対するバッドマンシリーズが見放題で配信されています。

31日間の無料期間があるので、見放題作品はすべて無料で視聴することが可能です。

無料期間でも600Pがもらえるので、レンタル作品も1作品までは無料視聴が可能ですよ。

映画は見放題で6600作品以上もラインナップされていますので、31日間を存分にお楽しみください!

▽U-NEXTでバッドマンシリーズを無料視聴▽

無料でバットマンシリーズを視聴する!