SF

『ジュラシック・ワールド』あらすじ・ネタバレ(ラスト結末)!歯の数とは?疑問について

映画『ジュラシック・ワールド』のネタバレです!

▽今すぐ見たい!という方はこちらから見れます!▽

映画「ジュラシック・ワールド」を無料で見る

U-NEXTなら31日間無料で見れます!

人気テーマパークで恐竜に襲われる恐怖を描いたアクション・アドベンチャー映画『ジュラシック・ワールド

大ヒットシリーズ『ジュラシック・パーク』の14年ぶりの続編ですが、過去作を観ていなくても楽しめる内容になっています。

今回はそんな映画『ジュラシック・ワールド』の詳しいあらすじやネタバレについて触れていきたいと思います。

作中で言われていた、恐竜の歯の数の疑問についても調べてみましたのでご参考にどうぞ!

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので映画を見ていない方はご注意ください。


あらすじ・ストーリー

 

では、まずあらすじから。

中米・コスタリカのイスラ・ヌブラル島で起きた、ジュラシック・パークでの大惨事から22年。

施設を運営していたインジェン社を買収したマスラニ・グローバル社は、ジュラシック・パークの再建に取り組み、新しい恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を完成。

来場者は1日に2万を超え、人気の巨大観光施設へと生まれ変わりました。

ある日のこと、この施設の運営責任者のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)を訪ねて、甥のザックとグレイが遊びに来ます。

ジュラシック・ワールドに入場した2人はあまりのスケールの大きさに興奮を隠せません。

しかし彼らの世話を頼まれたクレアは、施設長として多忙なため、アシスタントに甥2人の世話をすべてを丸投げ。

その頃、クレアはマスラニ社長と入場者数をさらに増やすための目玉について話し合っていました。

その目玉とは遺伝子操作で創り出したハイブリッドの肉食恐竜「インドミナス・レックス」

マスラニ社長は5月のお披露目を考えていますが、安全面を最優先に考えた防壁の設置といった課題が残されていました。

そこでクレアは恐竜の飼育員でもあるオーウェン(クリス・プラット)に相談してみることに…。

オーウェンは恐竜行動学の専門家で、恐竜たちとの間に信頼関係を築いていました。

凶暴で危険な4頭の恐竜ラプトルもなぜかオーウェンにはよく懐いています。

そんな時、ラプトルを飼育する檻の中に新米飼育員が誤って転落。

飼育員にラプトルたちが襲いかかろうとしますが、オーウェンは檻の中に入って、4頭のラプトルに「待て」と命令し、無事にその飼育員を救出しました。

その様子をみていたジュラシック・ワールドの警備を委託されたインジェン社のホスキンスは、恐竜の軍事利用が可能だと確信します。



スポンサーリンク





その後、オーウェンのもとへやってきたクレアはインドミナスの件で相談しますが、遺伝子操作で誕生したインドミナスの一般公開はとても危険なことだとオーウェンは厳しく警告。

実はこの2人、過去にデートしたことがありました。

しかしオーウェンは恐竜たちを商品として扱うクレアを含めた経営陣の方針に反発。

また性格の不一致などから正式な交際には至りませんでした。

久しぶりに顔を合わせて気まずいムードとなってしまいます…。

オーウェンはまずインドミナスをこの目で確認するため、インドミナスの飼育エリアに向かいました。

ところが、そこにいるはずのインドミナスの姿がありません。

しかも、生体反応も確認できないうえ、12mもある防壁には爪痕が残されていました。

大変だ!インドミナスが脱走した!

クレアは直ちに集中管理室へ連絡。

オーウェンと2人の職員は飼育エリア内に入って防壁の爪痕を調べます。

しかしそれは、高い知能を持ったインドミナスの罠。

脱走したように見せかけて人間を待ち伏せし、捕食しようとしていたのでした。

生体反応を消して、息をひそめていたインドミナスは飼育エリアに入ってきた3人に襲いかかります。

オーウェンはとっさの判断で車のオイルをかぶって体臭を消し、なんとか切り抜けることができましたが、他の職員は無残にも食べられてしまいました。

そして、インドミナスは飼育エリアを脱走してしまいます。

クレアは警備会社に連絡。
インドミナスの捕獲作戦が始まりました。

インドミナスの背中には位置を確認できるようGPSチップが埋め込まれていましたが、高い知能をもつインドミナスはそれを肉片ごと剝ぎ取り、さらには擬態(ぎたい)によって
周囲と同化して追跡を撹乱させます。

強力な武器をもった追跡部隊でしたが、インドミナスの狡猾な罠にハマり、逆に襲われて捕獲作戦は失敗に終わります。

なぜこんな危険な恐竜を研究者たちは作ってしまったのか?

マスラニ社長は遺伝子研究所に向かい、インドミナスのDNAを設計したウー博士を問い詰めます。

博士いわく、インドミナスにはさまざまな生物のDNAが組み込まれており、赤外線放射を抑制する能力や擬態能力のほか高度な能力が備わっていることも判明。

恐ろしい怪獣を創り出してしまったのです。

クレアは来場者の安全を確保するため、施設を封鎖し、パーク中央のメインエリアに全員を避難させるよう指示を出します。

最強の最悪のインドミナスが脱走したジュラシック・ワールドはこの後どうなってしまうのでしょうか?



スポンサーリンク





ラスト・結末(ネタバレ注意!)

以下、ネタバレ含みます。

そんな事態が起きているとも知らず、クレアの甥のザックとグレイは施設内をのんびりと見学。

水生恐竜のショーでは、巨大なワニのようなモササウルスが水中から飛び出して巨大サメを丸飲み。

2人は水しぶきを浴びながら多くの観客とともに大歓声をあげました。

しかしヤンチャな2人はクレアが付けたアシスタントの目を盗んで、施設内を勝手に行動してしまいます。

恐竜を間近で見られるジャイロスフィアという透明なカプセルの乗り物に乗った2人。

クレアからの電話で危険が迫っているから避難するよう指示されますが、少しだけなら平気だろうと、巨大草食竜のエリアへ。

そして、気がつくと立入禁止区域内に…

するとアンキロサウルスという亀のような頑丈な恐竜がインドミナスに襲われ食べられていました。

それをみた2人はジャイロスフィアで急いで逃げますが、インドミナスに気づかれてしまいます。

鋭い爪と歯で、2人の入った透明カプセルを壊そうとするインドミナス。

カプセルの中から投げ出された2人は必死で走り、目の前の滝壺へとダイブして逃げのびます。

そして2人は、昔ジュラシック・パークとして使われていた施設内に放置されたままの92年型のジープを発見。

ジープを修理して安全エリアへと向かいました。

その頃、マスラニ社長はインドミナスを殺処分することを決め、兵士を乗せて自らヘリコプターを操縦。

上空からインドミナスを追跡していましたが、立入禁止区域内にいたインドミナスは翼竜の飼育ドームのガラス壁を破壊。

ドームに開いた穴からプテラノドンなどの翼竜が一斉に逃げ出して、マスラニ社長が操縦するヘリコプターは翼竜の襲撃を受けて墜落し、マスラニ社長は亡くなってしまいます。

そして、翼竜の大群はそのまま安全エリアに飛来し、避難していた来場者らを次々と襲い始めます。

ジープで逃げてきたザックとグレイですが、安全エリアもプテラノドンの襲撃で大混乱になっているの見て呆然。

アシスタントの女性と再会しますが、次の瞬間、プテラノドンに襲われてしまい、アシスタントの女性は恐竜に食べられてしまいます。

そのころ、オーウェンも翼竜に襲われそうになりますが、クレアがそれを撃退。

大混乱のなか、オーウェンとクレアはの2人はザックとグレイを見つけ、4人で施設の管理棟を目指します。

管理棟に着くと、警備責任者のホスキンスが指揮をとっていました。

施設内にある武器も兵士も残りがわずかであるため、ホスキンスは4頭のラプトルを
兵器として使い、インドミナスを攻撃する作戦を立てました。

ラプトルの飼育員であるオーウェンは不本意ながらもその作戦に協力することに。

4頭のラプトルに小型カメラを取りつけ、インドミナスの臭いを嗅がせて放ち、その後ろをバイクで追跡します。

計画は、インドミナスをみつけた4頭のラプトルがインドミナスを取り囲み、そこへ一斉に攻撃を加えるという作戦でした。

そして作戦どおり、ラプトルたちはインドミナスを発見しますが、ここで想定外の事態が発生。

なんとインドミナスにはラプトルのDNAも配合されていたため、互いに意思疎通を図ることができたのでした。

最初はオーウェンの命令を従っていた4頭のラプトルは、インドミナスに指示をされて人間を襲います。

オーウェンは他の援軍バイクとともにラプトルたち戦うことになってしまいました。

激しい攻防戦のすえ、ラプトルの1頭はロケット弾で爆死。

他の3頭はどうにか撃退したものの、インドミナスには逃げられてしまいました。

作戦に失敗したオーウェンらはメインエリアに戻り、遺伝子研究所へ。

すると、なぜかホスキンスが逃走しようとしていました。



スポンサーリンク





実は凶暴なインドミナスを作り出したのはホスキンスの指示だったのです。

彼は軍事利用のためにウー博士と共謀してインドミナスを開発。

しかしインドミナスの暴走によって計画はダメになってしまったため、証拠隠滅をはかり生物兵器となりうるインドミナスの受精卵をウー博士に持たせて、島から脱出させていたのでした。

ホスキンスはオーウェンにインドミナスの生物兵器としての価値を力説しますが、そこへ1頭のラプトルが突然入ってきてホスキンスは殺されてしまいます。

オーウェンとクレア、そして甥の2人はかろうじて研究所から脱出しますが、3頭のラプトルに取り囲まれてしまいます。

この時、オーウェンは3匹のラプトルに必死に語りかけました。

オーウェンとラプトルたちは長い間、信頼を築いてきた関係。

「心」が伝わらないはずはない。

するとオーウェンの声を聞いていた3頭は飼育されていた頃を思い出し、オーウェンの指示に従うようになります。

そこへ再びインドミナスが姿を現しました。

3頭のラプトルは小さな体でオーウェンたちを守るため、インドミナスに捨て身で体当たりしていきます。

しかし、力で敵うはずもなく、1頭ずつ殺されてしまいます。

そして、オーウェンとザック、グレイはインドミナスに追い詰められてしまいました。

ここでグレイがインドミナスの歯の数が意外と少ないことを発見。

これを聞いたクレアは最後の手段として、もっと歯の数の多いTレックスとインドミナスを戦わせることを思いつきます。

22年前、パーク内で暴れたTレックスは隔離エリアに幽閉されていました。

クレアはTレックスを隔離エリアから解放し、発煙筒で誘導します。

そしてTレックスとインドミナスを戦わせることに成功しました。

2匹の巨大恐竜は体長はほぼ同じでしたが、スピードと力ではインドミナスの方が上。

Tレックスは強力な歯でインドミナスに対抗しますが、徐々に劣勢になってしまいます。

そして、Tレックスが倒されそうになったその時、瀕死状態だった1頭のラプトルが最後の力をふり絞ってインドミナスに体当たり。

そのタイミングに合わせてTレックスも反撃してインドミナスを巨大プールのサイドまで追い詰めます。

次の瞬間、血のにおいを嗅ぎつけた超巨大恐竜のモササウルスが池から飛び出してインドミナスを噛みつき。

水中に引きずり込んでしまいました。

まさに一瞬の出来事でした。

戦いを終えたTレックスはラプトルと目を合わせ、施設の奥へと去って行きました。

また、瀕死状態のラプトルもオーウェンの方を見て去っていきました。

島に救援隊が到着し来場者たちも全員救出。
コスタリカの避難所へ。

ザックとグレイも迎えにきた両親と再会しました。

オーウェンとクレアも生還した喜びを分かち合いながら、距離も急速に縮まりました。

朝を迎え、誰もいなくなったジュラシック・ワールドでは翼竜の群れが飛ぶ中、Tレックスが咆哮をあげていました。

End

▽今すぐ見たい!という方はこちらから見れます!▽

映画「ジュラシック・ワールド」を無料で見る

U-NEXTなら31日間無料で見れます!

歯の数が足りないとの疑問について

終盤で4人がインドミナスに追い詰められた時にグレイがインドミナスの歯の数を数えて、「歯の数が足りない」とのセリフを言い、それを聞いたクレアが真っ先にTレックスとインドミナスと戦わせることを思いつきます。

でも疑問が残りますよね?なぜクレアはそう解釈したのか?

色々しらべてみましたが、どうやら肉食恐竜というのは歯の数が多いほど強いらしいのです。

恐竜好きだったグレイはその事を知っていました。

そしてふとインドミナスの歯の数が以外に少ないことを発見。

数えてみたら、Tレックスよりすくなったということですね。

そしてジュラシック・ワールドの施設長であるクレアは当然その知識も持ち合わせていました。

インドミナスの歯40本~50本であるのに対し、Tレックスは88本。

歯の数だけで行ったらTレックスの方が強いハズ。

そう思ったクレアはグレイの言葉を聞き、Tレックスを戦わせることを思いついたものと思われます。

つまり一般人には意味不明なやり取りだったということですね(笑)

しかしそのセオリが通用するのは自然に進化した恐竜だけの話。

インドミナスはいろんな遺伝子を取り込んだ人工恐竜なので歯の数はあまり関係なかったようですね(笑)

まぁ結果的にはTレックスの大活躍でインドミナスを倒すことに成功しましたが…。

▽今すぐ見たい!という方はこちらから見れます!▽

映画「ジュラシック・ワールド」を無料で見る

U-NEXTなら31日間無料で見れます!

いまなら動画配信サービス「U-NEXT」で
ジュラシック・パーク』の
全4部作が無料で視聴できます。
・『ジュラシック・パーク』
・『ロストワールド』
・『ジュラシック・パークIII』
・『ジュラシック・ワールド』

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓
>>まず無料お試しで『U-NEXT』を利用する

 

無料トライアルの利用条件や
退会方法を知りたい人はこちらへ↓
>>U-NEXTの31日間無料トライアルについて

感想

以上『ジュラシック・ワールド』のネタバレを含みつつ、あらすじなどについてご紹介しました。

前作から14年ぶりの続編ということでその間にVFXも格段に進歩。

恐竜のリアルさと迫力に圧倒されました。

とくに終盤の肉食恐竜同士のバトルシーンは圧巻の出来映えでした。

ただ、恐竜が逃げ出すまでの序盤のもたつきやご都合主義な展開がちょい残念な気も…。

とはいえ、こういう映画は細かいこと抜きで楽しんじゃったもん勝ち!

混雑するテーマパークに行くよりも部屋でゆったりと『ジュラシック・ワールド』を楽しむのがオススメです。

ジュラシック・ワールドの関連記事はコチラ
↓↓↓
『ジュラシック・ワールド2/続編』の公開日とキャストは?
『ジュラシック・ワールド』恐竜の名前と種類一覧
『ジュラシック・パーク』シリーズ一覧を紹介