アニメ『この世界の片隅に』の動画をアニポ以外で無料視聴する方法!

長編アニメ映画『この世界の片隅に』のあらすじ・見どころと、映画の動画をフルでアニポ以外で無料視聴する方法を紹介します。

 

「のん」こと能年玲奈が声優をつとめた長編アニメ映画『この世界の片隅に』。

 

こうの史代さんの漫画を原作にした本作は、昨年2016年の公開直後はわずか63館だったものの、その後口コミで「すごかった!!」と徐々に拡大。

 

予想をはるかに上回る大ヒットを記録しました。

 

そんなヒット映画の『この世界の片隅に』ですが、公開時は近くで上映されたいなくて作品を見逃してしまった人もいるのではないでしょうか。

 

なので今回はアニメ映画『この世界の片隅に』のあらすじ・見どころと、アニポなどの違法動画サイト以外で、動画をフル無料視聴する方法を紹介します。

 

◯『この世界の片隅に』動画をアニポ以外で無料視聴する方法

映画『この世界の片隅に』のフル動画をアニポ以外で無料視聴する方法をいくつか紹介します。

 

紹介するのは日本の大手企業が運営する正規の有料動画配信サービスとなります。

 

・U-NEXT

・auビデオパス

・TSUTAYAディスカス

 

docomoやソフトバンクを利用している人には『U-NEXT』がオススメです。auスマホユーザーには『auビデオパス』、パソコンユーザーには『TSUTAYAディスカス』がオススメです。

 

これらの動画配信サイトは本来有料ですが、いまなら約1ヶ月間の無料お試しキャンペーンを実施中であることと、見放題でない最新作品も登録時にもらえる無料ポイントを活用すれば、1作品だけ無料で視聴できます。

 

そのため、この約1ヶ月間の無料お試し期間を利用すれば、映画『この世界の片隅に』だけでなく、その他の作品も無料で視聴できてしまいます。

 

あくまでお試し期間なので、もし継続する意思がなければお試し期間中に解約しても料金を請求されることはありません。※無料ポイントを使い切り、その後見放題以外の有料作品をレンタル・購入した場合は、その分だけ請求されますのでご注意ください。

 

紹介するのは現在人気上昇中の動画配信サービスですので、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

◆『U-NEXT』を利用する方法

動画配信サービスの『U-NEXT』を利用する方法です。

 

『U-NEXT』とは、一部上場企業の大手動画配信サービスで、月額基本料1.990円で、映画(洋画、邦画)や海外ドラマなどの動画が無料で見放題となっています。

 

その『U-NEXT』ですが、今なら初月のみ月額基本料1.990円が無料!

 

入荷したばかりの有料映画も最初に無料でもらえる600ポイントを利用すれば無料視聴できます。

 

もし試してみて必要なかったら、無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません

 

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓
>>まず無料お試しで『U-NEXT』を利用する

 

無料トライアルの利用条件や
退会方法を知りたい人はこちらへ↓
>>U-NEXTの31日間無料トライアルについて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

◆『auビデオパス』を利用する方法

auスマホを利用する人には『auビデオパス』の無料キャンペーンがオススメです。

 

詳しくはこちら↓↓

auスマホを利用してる人なら、au公式サービスの『auビデオパス』の見放題プランがオススメです。

 

こちらは月額562円(税抜)で、スマホ、タブレットで人気のドラマ・アニメ・映画が約10,000本ほど見放題。そして今なら初月30日間の月額料金が無料です。

 

しかも毎月540円分のビデオコインがもらえるので、有料レンタル作品も1作品だけなら追加料金なしで視聴できます。

 

登録までの操作がカンタンでボタンをクリックするだけで登録完了できます。

 

今すぐ映画を視聴した人はコチラへ↓↓
>>[PR]『auビデオパス』をお試し利用する

 

 

 

◆『TSUTAYAディスカス』を利用する方法

紹介するのは『TSUTAYAディスカス』の動画見放題の無料キャンペーンを利用する方法です。

こちらは動画配信サービスだけでなく、DVD・ブルーレイの宅配レンタルも可能です。

詳しくはこちら↓↓

レンタルビデオ・DVDチェーン最大手のTSUTAYA(ツタヤ)が運営する、動画配信サービスの「TSUTAYAディスカス(定額レンタル8)」がオススメです

 

このサービスは月額2,014円(税込)となりますが、入会するとレンタルショップに足を運ばなくても、スマホ・タブレット、PCやテレビで、映画や海外ドラマなどを視聴することができます。

 

そして、今なら入会初月(30日間)は月額料金が無料!しかも入会時に1,080円分の動画配信ポイントが無料プレゼントされるため、

 

もちろん試してみて継続する必要を感じなかった場合は、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

映画や海外ドラマ好きにもとてもオトクなサービスですので、この機会に是非お試しを♪

 

>>『TSUTAYAディスカス』を30日間無料でお試し

 

◯『この世界の片隅に』の予告動画

 

 

◯『この世界の片隅に』の作品情報

 

◆登場人物・声優キャスト

北條 すず/声:のん
主人公。
絵を書くのが大好きな広島に住む少女。
18歳で北条家に嫁ぐ。

 

北條 周作/声:細谷佳正
すずの夫。大人しい性格。
軍法会議書の書記官。

 

水原 哲/声:小野大輔
すずの幼馴染み。
すずのことを好いている。

 

黒村 径子/声:尾身美詞
周作の姉。
キツイ性格で機嫌が悪いとすずに当たり散らす。

 

黒村 晴美/声:稲葉菜月
径子の娘。
優しい性格ですずと気が合う。

 

 

◆あらすじ・ストーリー

第二次世界大戦中の1944年の広島。

 

すずはおっとりした性格で、いつも厳格な兄から叱られてばかり。

 

幼いころから絵を書くことが大好きでお小遣いをもらっては絵の具を買って絵を書いていました。

 

18歳となったころ、すずに突然縁談がもちあがります。

 

相手は幼いころに一度だけ面識のあった4歳年上の周作(しゅうさく)という男性でした。

 

縁談はなし崩しのまま成就しすずは広島の呉(くれ)にある北条家に嫁ぐことになります。

 

北条家に嫁いだすずはこれまでのマイペースな性格を正して、日々北条家のために家事・洗濯に勤しみます。

 

北条家の嫁として慣れてきた頃、突然夫・周作の姉の径子(けいこ)が娘の晴美(はるみ)を連れて里帰りしてきました。

 

すずは晴美とすぐに仲良くなり、2人はいつも一緒に遊ぶようになりますが、母親の径子(けいこ)はキツイ性格。

 

事あるごとにすずに対して小言をいうなど、辛くあたるようになります。

 

マイペースで物怖じしない性格のすずですが、径子から連日怒鳴られる続けるうちにストレスで十円ハゲができるように…。

 

そのうち、軍艦が呉に寄港した際、海軍に入隊した幼馴染の水原がすずを頼って北条家にやってきます。

 

出征前にすずに思いを伝えるためでした。実はすずも水原に思いを寄せていたのでした。

 

数日間、北条家に滞在した水原はすずに自分の思いを伝え、軍艦の出港とともに去っていきます。

 

戦争は次第に激化するなか、食料や物資が不足して生活は困難になっていきます。

 

すずは持ち前の明るさで乗り切ろうとしますが、ついに呉にもアメリカ軍の空襲が始まりました。

 

そしてついに北条家に悲劇が…

 

◯『この世界の片隅に』の感想・見どころ

長編アニメ映画『この世界の片隅に』を観た感想です。

 

本作『この世界の片隅に』は戦争を悲劇を描いているものの、いわゆる「反戦お涙ちょうだい作品」とは全く違います。

 

全体的にほのぼのした印象で、親しみのあるキャラクターに明るい音楽。

 

そして戦時下、明るくたくましく生き抜いた主人公すずの日常を、ひたすら描いたストーリーとなります。

 

広島&戦争といえば、誰もが原爆の悲劇だけをイメージしがちですが、本作はそのような暗くてジメジメした反戦映画ではありません。

 

戦争+原爆という暗くて恐ろしいテーマであるにも関わらず、なぜだかのんびりした雰囲気。

 

おかげで辛いテーマであるにもかかわらず、終始おだやかな気持ちで鑑賞することができました。

 

そのなかでも、親を失い子供を失い、そして家族を失った人たちの、悲劇を乗り越えて明るくたくましく生き抜く姿には心打たれます。

 

まるで当時の人たちの日常を生生しく描いているようでした。

 

もちろん当時のことは実際に体験された方でないと到底わかりませんが、どうやってあの悲劇を乗り越えたのか?その一端を垣間見れたような気がしました。

 

悲しんでいても始まらない。亡くなった家族のために生き抜いていこう。

 

今の人達には想像もできない強靭で前向きな姿勢です。

 

「戦争は絶対ダメ!」というメッセージはもちろんのこと、どんな悲劇に決して負けず、人生を生き抜くにはどうあるべきかを教えてもらえるような作品でした。

 

もし「生きるのがつらい」とちょっとでも感じたことがある人は、是非本作を鑑賞してみてください。

 

アニメ映画『この世界の片隅に』をネットで無料視聴する方法はこちら