映画ネタバレ

【このすば・ネタバレ】映画「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」評価・感想も!

シリーズ累計850万部を突破している人気ラノベ「この素晴らしい世界に祝福を!」シリーズ。

TVアニメも2期まで放送され、”異世界コメディの決定版”として人気を博している「このすば」シリーズが、ついに映画化されました!


引用:http://konosuba.com/

今回は、映画『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』の結末までのあらすじネタバレと、感想を紹介します!

結末までの完全ネタバレで紹介するので、未見の方は注意してください。

\TVアニメ・このすばの1期・2期が見放題/

31日間無料!U-NEXTでこのすばを無料視聴する!


映画『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』あらすじネタバレ

紅魔の里の危機?

相変わらず爆裂魔法一筋のめぐみんに、手を焼かされるカズマ。毎度、状況を考えず放たれるめぐみんの爆裂魔法のせいでクエストに失敗するため、めぐみんの「今日の爆裂魔法は何点ですか?」に対し「0点どころかマイナスだ!」と返すような日々を過ごしていた。

そんな折、めぐみんと同じ紅魔族のゆんゆんが、助けを求めてやってくる。聞けば、めぐみんとゆんゆんの故郷である紅魔の里が、魔王軍に襲われているとのこと。


引用:https://animeanime.jp/article/2019/02/06/43250.html

ゆんゆんの父からの手紙には「この手紙が届く頃には私はこの世にいないだろう」の一文があった。

里に向けて旅立ったゆんゆんを追い、カズマたち一行も紅魔族の里へ向かうことに。

紅魔の里

途中、カズマが女オークの群れに襲われ貞操の危機に陥るなどのハプニングがありつつも、紅魔の里の近くまで行き着いたカズマたち。

しかし、里が魔王軍の襲撃にあっていること自体は事実だったが、これまでと変わらず難なく撃退しているようだった。

ゆんゆんの父からの「手紙が届く頃にはこの世にいない」という一文も、中二病をこじらせた集団である紅魔族での定番の挨拶として書かれていただけだったと判明。

すっかり拍子抜けした一行は、ひとまずめぐみんの実家に向かう。


引用:https://getnews.jp/archives/2182693/gate

超貧乏な生活をしているめぐみん家で、「近々3億円が入る予定」「アクセルの街に屋敷がある」などをうっかり喋ってしまったカズマは、めぐみんの両親(特に母)から熱烈な歓迎を受けることに。

めぐみん母の策略により、爆裂魔法で眠り込んだままのめぐみんと、部屋で2人っきりになるカズマ。めぐみんが寝ている間につい手を出そうとしてしまったゲスっぷりを見抜かれ、思いっきりヒかれる・なじられるなど、いつもの流れを踏襲しつつ、夜は更けていくのだった。

めぐみんとゆんゆん

翌日、めぐみんの案内で紅魔の里を観光するカズマたち。

魔導ローブを買い込むめぐみんの横で、店主が銃器にしか見えない物騒なものを”物干し竿”として使っている様子を見て、カズマたちは改めて紅魔族のぶっ飛びっぷりに呆れていた。


引用:https://www.intoxianime.com/2019/07

その後、魔法学園でゆんゆんと合流したカズマたちの元に、めぐみんとゆんゆんの元同級生がやってくる。今では上級魔法使いとなったゆんゆんだが、学生時代は中級魔法しか使えなかったことが同級生の口から明かされる。

カズマがそのことについて尋ねると、めぐみんが説明を始める。

かつて、魔物に囲まれてしまっためぐみんの妹・コメッコ。めぐみんが爆裂魔法を覚えるために溜めていたポイントを使うことを躊躇してしまった一方、ゆんゆんが自らのポイントを使って中級魔法を覚え、魔物を撃退してくれた。

ゆんゆんはこの時、中途半端な時期にポイントを使ってしまったことで、上級魔法が覚えられないままになってしまった、というのがことの経緯だった。

“魔術師殺し”

その夜、魔王軍の幹部・シルビアが里にこっそり侵入してくる。

カズマ一行に見つかったシルビアは、カズマを人質に取る。顔を巨乳に挟まれる形で拘束され、まんざらでもないカズマ。調子に乗ったカズマは、アクアたちパーティメンバーに「お前たちももっと日頃自分に迷惑をかけていることに対してねぎらいの心を持て」と要求。

そんなカズマの様子を気に入ったシルビアは、自分が様々な生物の体を合体して生成されたキメラであり「半分は男」だということを明かし、カズマの心に傷を負わせつつ、カズマを人質にとりながらアクアたちを撒く。


引用:https://akiba-souken.com/article/40831/

シルビアは、紅魔の里にある地下格納庫にやってくる。シルビアの目的は、この場所に封印されている”魔術師殺し”を奪うことだった。

封印の鍵になっていたのは、カズマにはゲームのコントローラーにしか見えない代物だった。カズマが定番のコマンド「上上下下左右左右AB」を入力すると、扉の封印が解かれ、階段が現れる。油断しきった様子のシルビアを階段へ蹴落として、扉を再び閉めるカズマ。

シルビアを封印することに成功したかに思えたが、シルビアは「兵器だろうがなんだろうが、体内に取り込んで利用する力を持つキメラ」だった。シルビアは、紅魔族にとって天敵に等しい”魔術師殺し”を自らに取り込み巨大化、地下格納庫を破壊して外に飛び出し、紅魔の里を破壊し始めてしまう。

魔術師殺しを有するシルビアに対して魔法が全く効かず、なすすべなく追い詰められる紅魔族たち。

シルビアが魔術師殺しを入手するきっかけを作ってしまったことに責任を感じたカズマは、魔術師殺しの対抗手段についての伝承が刻まれているという石碑の元へ向かう。

映画『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』あらすじ結末ネタバレ

この先、結末までのネタバレがあります。未見の方は注意してください。

伝説の真相

石碑に書かれていた文字は日本語だった。

石碑には、かつてこの世界に転生された男が、魔王軍に対抗する力として改造人間を生み出し、紅魔族と名付けたこと。そして万が一の時に紅魔族に対抗できるように魔術師殺しを生み出したこと、さらにその魔術師殺しの対抗手段として”物干し竿くらい”の超威力の武器を作り出し、「レールガン(仮)」と名付けたことなどが書かれていたのだった。

カズマは「お前が見境なくポンポン人を送り込んだせいじゃねえか!」とアクアに突っ込みつつ、観光中に見かけた”物干し竿として使われていたレールガン(仮)”を持ち出し、シルビアへと銃口を向ける。


引用:https://news.line.me/articles/oa-davincinews/c316a4b32e2d

アクアが込めた魔力のみでは不発に終わってしまったが、さらにめぐみんの爆裂魔法を装填することで、レールガン(仮)が発射され、シルビアの胸を貫通する。一度はシルビアを倒したかに思えたが、シルビアは元魔王軍のベルディアやハンスとともに、スライムをまとって復活してしまう。

そこへ、カズマ考案のアイディアグッズを商品化すべく紅魔族の職人に会いにやってきた、ウィズとバニルが現れる。ダクネスとウィズ、バニルが復活したシルビアに応戦するも、魔法が効かないため苦戦してしまう。

「シルビアに何かスキは無いのか?!」と考えるカズマは、「スキ…好き…モテ期…」と連想していき、ある作戦を思いつくのだった。

カズマの作戦

カズマは、アクアに「ブレッシング」を何重にもかけてもらったのち、自ら進んでシルビアに融合する。

カズマの作戦は、シルビアからの自分への好意を利用し、シルビアに融合した自らがスキとなることで、シルビアを倒すというものだった。


引用:https://akiba-souken.com/article/40831/

ダクネスとバニルがシルビアの気を引いている間に、ウィズは紅魔族の魔力を集めていく。

一方、カズマが立てた作戦の無謀さに尻込むめぐみん。しかし、ゆんゆんから「めぐみんはもう、爆裂魔法を信じてないの?」と問われためぐみんは、「ゆんゆんがあの時、爆裂魔法への道を進ませてくれたから今の私があるんです」と返す。


引用:https://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5760857&media_id=140

改めて自分のこれまでの道のり、爆裂魔法へのこだわりを思い出しためぐみんは、ウィズから託された紅魔族のみんなの魔力を使って、ゆんゆんとともにシルビアへ「エクスプロージョン×ライトセーバー」の合体魔法を放つ。

一度はシルビアの防御魔法に防がれそうになるも、カズマがシルビアの”心のドア”を開いたことで魔法がシルビアに到達。カズマの「これが俺のモテ期だー!!!」の叫びとともに、シルビアとカズマは魔法に包まれていくーーー。

エピローグ

アクアのブレッシングにより幸運値を上げまくっていたカズマは、無事に蘇生してもらい、生還を果たす。

一方、自分が爆裂魔法以外ろくな上級魔法を使えなかったせいで、カズマに相当な無茶をさせてしまったことを気に病んでいためぐみん。めぐみんは、これまで貯めたポイントを使って上級魔法を覚えるボタンを押してほしいとカズマに頼む。

「ロマンはどうしたんだよ?」と尋ねつつも、カードを受け取り、ボタンを押すカズマ。その後カズマは、今日の分の爆裂魔法を見せてくれとめぐみんに頼む。


引用:https://www.youtube.com/watch?v=tWsA1kq7FMM

自分の最後の爆裂魔法として「それはもうすごいのを見せましょう」と請け負っためぐみんだったが、「エクスプロージョン!!………え?」と驚くことになる

カズマが選択したボタンは、上級魔法を覚えるものではなく、爆裂魔法の威力を高めるものだった。これまで以上の凄まじい威力の爆裂魔法が炸裂する様子をみて、嬉しそうにカズマの方を振り返るめぐみん。

「我が名はめぐみん!紅魔族随一のアークウィザードにして爆裂魔法を操る者!」の決め台詞を放つめぐみんに対して、カズマはその爆裂魔法を「120点!!」と評すのだったーーー。

\TVアニメ・このすばの1期・2期が見放題/

31日間無料!U-NEXTでこのすばを無料視聴する!

映画『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』感想

映画『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』の感想ですが、良い意味でテレビアニメ版の延長でしたね。

ヒロインとして特に人気の高いめぐみんを中心にした物語でしたが、添い寝シーンでのカズマとのやりとりで、照れながらも素直な気持ちを伝える”ちょっといい話”などを挟みつつ、相変わらずカズマのクズっぷりやめぐみんの中二病っぷりなど、アニメ同様に笑えるシーンが多く楽しめました。

引用:https://www.cinematoday.jp/video/VIYkXpXKJjb2kQ

一方で、「めぐみんはゆんゆんのおかげで爆裂魔法の道を歩んでこれた」という前提が描かれた上で、終盤にめぐみんとゆんゆんの2人が合体魔法が炸裂した展開などは、かなり熱くなりましたね。

所々でグダッた印象はあったものの、要所でお約束のギャグや熱い展開の王道っぷりが見られたので、全体としては「面白かったなー」と思いながら劇場を後にできる作品でした。

テレビアニメ版を楽しんだ人なら見ておいて損はないんじゃないかと思います!

まとめ

以上、映画『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』のあらすじ・結末ネタバレと感想を紹介しました。

2017年にテレビアニメ2期が放送されて以来2年ぶりとなる、待望の映像化作品となった本作。アニメ2期が原作小説の4巻まで、そして今回の紅伝説が原作小説5巻の内容を中心とした物語展開だったことから、さらに続きが映像化されるのかどうか、気になるところですね。

今後の展開について、楽しみに待ちましょう!

\TVアニメ・このすばの1期・2期が見放題/

31日間無料!U-NEXTでこのすばを無料視聴する!