ドラマ

『LION ライオン 25年目のただいま』あらすじ・ネタバレ(ラスト)!兄の死因について

映画『LION ライオン 25年目のただいま』のネタバレです!

誰にでも一度や二度は迷子になった経験があると思いますが、あの心細い気持ちが25年も続くなんて!想像しただけで切なくなってしまいます。

『LION ライオン 25年目のただいま』は5歳の時に迷子になったインド人の少年がGoogle Earthを使って生まれ故郷を見つけ出すまでを描いた壮大な作品。

少年はなぜ迷子になってしまったのか?

どんな幼少期を送っていたのか?

Google Earthでどのように生まれ故郷を見つけ出すことができたのか?

今回はそんな映画『LION ライオン 25年目のただいま』の詳しいあらすじやネタバレについて触れていきたいと思います。

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので映画を見ていない方はご注意ください。


あらすじ・ストーリー

では、まずあらすじから。

1986年、インド西部の田舎町カンドワ。

 

貧しい家庭に生まれた5歳の少年サルーの日課は兄のグドゥと一緒に貨物列車から石炭を盗み、市場で食料と交換してもらうこと。

 

市場で売られている油で揚げた美味しそうなお菓子。

 

食べてみたいけれど、サルーたちには買う余裕がありません。

 

そんな2人の家は母子家庭。
下にはまだ幼い妹もいます。

 

そして母のカムラは生活費を稼ぐため夜中でも仕事に。

 

夜間の力仕事に行こうとしていたグドゥ。

 

兄の役に立ちたいサルーは「ボクも一緒に行って手伝う!」と言って聞きません。

 

仕方なくサルーを連れてグドゥは仕事に出かけます。

 

しかし、手伝うどころか眠気に勝てず、駅のベンチで寝てしまうサルー。

 

仕事を見つけてくるからここで待ってろと眠そうなサルーを残して、グドゥは離れてしまいます。

 

数時間後、サルーが目を覚ますと駅のホームは無人で、兄の名を呼んでも返事はありません。

 

心細くなったサルーは駅のホームや停車中の列車の中を捜しますがグドゥはどこにもいません。

 

捜しつかれたサルーは停車中の列車内で眠ってしまいました。

 

目が覚めて窓の外を見ると知らない景色の中を走っていました。

 

サルーが乗ってしまったのは回送列車で途中の駅には停まらず、走ること2晩。

 

到着したのは1600キロも離れた大都市のカルカッタでした。

この後サルーはどうなってしまうのでしょうか?



スポンサーリンク





あらすじ・ストーリー(中盤)

列車から降りたサルーは覚えていた村の地名を駅員に聞いて回りますが言葉が通じず相手にされません。

 

サルーはなす術もなく、駅の地下にいた孤児たちと一緒にダンボールを敷いて横になります。

 

しかし、目を覚ますと孤児を連れ去ろうとする大人の姿が。

 

恐怖におびえるサルーは駅を脱出。
あてもなくカルカッタの街を歩きます。

 

すると、優しく話しかけてくれた女性が現れます。

 

彼女は自分のアパートにサルーを連れて行き、食事と風呂、ベッドも使わせてくれました。

 

しかし、翌朝起きると怪しい男の姿が。

 

身の危険を感じたサルーはアパートを飛び出します。

 

再びホームレスとなったサルーでしたが、彼の様子に気づいた親切な男性が警察へ。

 

警察に保護されたサルーは孤児院で生活することになりました。

 

最低限の食事や寝場所はあるものの、孤児院の環境は良いとは言えません。

 

そこへ人権活動家の女性が訪ねてきます。

 

新聞に迷子の記事を出したが反応がなく、彼を養子にしたい夫婦がいることをサルーに伝え、養子縁組手続きを進めます。

 

サルーは新生活に向けて食事のマナーや英語を教わり、里親が暮らすオーストラリアへ。

 

里親のブライアリー夫妻(ニコール・キッドマン、デビッド・ウェナム)はサルーを本当の家族のように迎えてくれ、新たに幸せな日々が始まりました。

 

それから2年後、サルーの弟として新しい里子がやってきます。

 

しかし、その子は精神が不安定でブライアリー夫妻に心を開きません。

 

オーストラリアに来てから20年が経ち、ブライアリー夫妻に大事に育てられて、一人前の大人になったサルー。

 

ホテル経営を勉強するためメルボルンへ。

 

そこで出会ったルーシー(ルーニー・マーラ)と恋人の関係に。

 

サルーは彼女と参加したホームパーティーで偶然ある食べ物を見つけます。

 

それは5歳の頃に食べたかった揚げ菓子でした。

そのお菓子を口に入れた瞬間、頭の中で忘れかけていた幼い頃の記憶が。

 

生き別れになった母、兄、妹…みんなどうしているんだろう…

 

パーティーに参加していた友人らに自分の生い立ちを打ち明けたサルー。

 

すると友人らからGoogle Earthを使って生まれ故郷を探してみては?とアドバイスが。

 

おぼろげな記憶をたどりながら、移動距離などを計算し、Google Earthで故郷を探すサルー。

 

探索にのめり込むあまり、大学を卒業しても就職せず、家にこもって朝から晩までGoogle Earthで故郷探しをする生活が。

 

そんなサルーが心配なルーシーでしたが互いに気持ちがすれ違い、2人は別れてしまいます。

 

2012年、実家に戻ってからも故郷探しをやめないサルー。

 

壁一面にはインドの地図が。

 

そんなある日、かつての恋人ルーシーと街で偶然再会します。

 

ルーシーとの会話がきっかけで生まれ故郷をネットで探しているとサルーは里親に打ち明けます。

 

すると養母は、なぜサルーを養子に迎えたのかを聞かせてくれました。

 

幼い頃、茶色い肌の子供たちと幸せな生活をしているビジョンを見たという養母。

 

そして、恵まれない子たちを助けることに意義を感じ、養子を育てる人生を選択したことを打ち明けてくれました。

 

しばらくして、ある日のこと、Google Earthに映ったインド西部の鉱山みたいな画像が幼い頃に兄と歩いた鉱山の地形と似ていることに気づきます。

 

その付近をたどってみると、兄とはぐれた駅の前にあった給水塔やガネッシュタライという駅名を発見。

 

幼い頃の僅かな記憶が次々と蘇り、サルーはついに生まれ故郷を見つけました。

 

そのことをルーシーと里親に報告し、産みの母と兄、そして妹に会うため、インドへと旅立つのでした。



スポンサーリンク





ラスト・結末(ネタバレ注意!)

以下、ネタバレ含みます。

幼少期の記憶をたどりながら路地を進み、ついに自分の家を発見します。

 

喜びを隠せず扉を開けますが実家はヤギの家畜小屋に変わっていました。

 

あまりの落胆に壁をたたいて悔しがるサルー。

 

村人たちに家族のことを尋ねてみますが、言葉が通じず意思疎通ができません。

 

そんなサルーに気がついた村の長老がサルーに何かを伝えようとしています。

 

すると道の向こうから女性の集団が。

その中にいた老女は母のカムラでした。

 

すぐにお互いを理解した2人でしたが母はサルーの額の傷を見て、私の息子に間違いないと確信します。

 

25年目の「ただいま」に強く抱き合い涙が止まらない2人。

 

その様子に村人たちからも祝福の声が。

 

いつかサルーが戻ってくる日を信じて、母はこの村を離れようとしなかったのです。



スポンサーリンク





ラスト結末・兄の死因

そこには妹の姿もありました。
しかし、兄のグドゥの姿はありません。

 

悲しいことにサルーが迷子になった日、兄のグドゥは列車にはねられて死亡していたのです。

 

そしてサルーは驚くべき事実を知らされます。

 

「サルー」という名前は彼の聞きまちがいで本当の名前は「シェルゥ」。

 

ヒンディー語で「ライオン」という意味だったです。

 

後日、サルーは養母とインドを訪れ、実母と3人で再会し、この奇跡を喜びあうのでした。



スポンサーリンク





感想

ネタバレを含みつつあらすじなどについてご紹介しましたが、『LION ライオン 25年目のただいま』がなんと言っても素晴らしいのは幼少期を演じた子役の素直な表情、これに尽きると思います。

 

家族思いのやさしい心。
兄との約束をやぶってしまった罪悪感。
孤児となり過酷な状況でも泣かない強さ。

 

そうした複雑な感情を吸い込まれそうな澄んだ瞳で見事に表現。

 

ストーリーに説得力を持たせていました。

 

物語のラストも分かっているのに25年目の「ただいま」の場面では号泣。

 

そして、兄の死因を知ってまたまた号泣。

 

お兄さんに会って謝りたかったことや積もる話もたくさんあっただろうに。

 

強い心を持ちつづけたサルーの名前の意味が「ライオン」だったという偶然の奇跡もさらなる号泣を後押し。

 

とにかく家族の強い絆と愛情がつまった感動の一本でした。



スポンサーリンク





『LION ライオン 25年目のただいま』を無料で視聴する方法

ここではスマホやタブレット、パソコンで映画『LION ライオン 25年目のただいま』を
安全に無料で視聴する方法を紹介します。

↓↓↓

◆『auビデオパス』を利用する方法

auスマホを利用する人には『auビデオパス』の無料キャンペーンがオススメです。

 

詳しくはこちら↓↓

auスマホを利用してる人なら、au公式サービスの『auビデオパス』の見放題プランがオススメです。

 

こちらは月額562円(税抜)で、スマホ、タブレットで人気のドラマ・アニメ・映画が約10,000本ほど見放題。そして今なら初月30日間の月額料金が無料です。

 

しかも毎月540円分のビデオコインがもらえるので、有料レンタル作品も1作品だけなら追加料金なしで視聴できます。

 

登録までの操作がカンタンでボタンをクリックするだけで登録完了できます。

 

今すぐ映画を視聴した人はコチラへ↓↓
>>[PR]『auビデオパス』をお試し利用する