映画『万引き家族』のネタバレ(結末)と感想!

映画『万引き家族』のネタバレします。

 

第71回カンヌ国際映画祭で、日本映画としては21年ぶりとなる最高賞パルムドールを受賞した是枝裕和監督の最新作『万引き家族』。

 

犯罪によってつながる家族の姿を通して、貧困問題や児童虐待など現代社会の闇を映し出した作品になっています。

 

演じるのは、リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林、松岡茉優など。城桧吏ら子役の自然な演技にも注目です。

 

今回はそんな映画『万引き家族』の詳しいあらすじやネタバレについて触れていきたいと思います。

 

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので映画を見ていない方はご注意ください。

◯映画『万引き家族』のあらすじ・ストーリー

東京の下町にある古びた一軒家。

 

この家には、父親の柴田治(リリー・フランキー)、妻の信代(安藤サクラ)、妹の亜紀(松岡茉優)、息子の祥太(城桧吏)、そして祖母の初枝(樹木希林)が5人で暮らしていました。

 

初枝がもらっている年金がたよりの柴田家。足りない日用品は万引きでまかなっています。

 

治と祥太はスーパーで万引きした帰り道、アパートの廊下で膝を抱えている女の子を発見。見かねた治は自宅に連れていき、夕飯を食べさせてあげました。

 

女の子はユリ(佐々木みゆ)と名乗り、体には虐待された無数の痕が。

 

厄介事に巻き込まれたくない信代は、治とともにユリを返しに行きますが、アパートからは男女の言い争う声が。

 

「生みたくて生んだんじゃない!」という言葉を聞いて、信代はユリを連れて帰ります。

 

この日から、ユリも柴田家の一員に。6人での生活が始まりました。

 

治は建設現場で日雇い労働を、信代は近所のクリーニング店でパートを。

 

JKビジネスの風俗店で働く亜紀は、指名された客の前でマジックミラー越しにサービスをしてお金を稼いでいました。

 

死んだ夫の遺族年金をもらっている初枝を訪ねて、区の民生委員が家庭訪問。

 

他に住人がいることを秘密にしているため、祥太はユリを連れて外出。近所の駄菓子屋で祥太はユリに万引きのやり方を教えました。

 

そんなある日、治は勤務中にケガをしてしまいます。治るまで働けなくなってしまったものの、労災がおりると思って喜んでいたら、支給されずに仕事もクビに…。

 

ユリが柴田家に来てから2カ月後、テレビでは「少女が行方不明」というニュースが。画面に映っているのはユリでした。

 

信代は、身元がバレないようユリの髪型を変え、「リン」と呼ぶことにしました。

 

◯映画『万引き家族』のラスト・結末(ネタバレ注意!)

以下、ネタバレ含みます。

 

初枝は、別れた夫の月命日になると、後妻の息子夫婦が暮らす家を訪ねて仏壇に手を合わせていましたが、本当の目的は金をもらうことでした。

 

その夫婦には娘が2人いましたが、外国に留学していることになっている長女こそ、実は亜紀でした。初枝は夫婦には内緒で亜紀を住まわせていたのです。

 

そんな亜紀ですが、生きづらさを抱えて苦しんでいる常連客の「4番さん(池松壮亮)」と心を通わすようになっていました。

 

祥太は駄菓子屋でリンに万引きをさせますが、店主に見つかってしまいます。

 

しかし、店主から言われたのは「妹には万引きをさせるな」という言葉でした。

 

祥太の心の中で、治から教わってきた万引きに対する疑問が湧きはじめます。

 

 

いっぽう信代のクリーニング店ではリストラの話が。

 

自分か同僚のどちらかが辞めなくてはいけない話し合いの席で、リンのことを引き合いにだされた信代は、警察にバレるのを恐れてパートを辞めることに。

 

柴田家の収入源は初枝の年金だけになってしまいます。

 

そんな中、家族全員で海水浴に出掛けた柴田家。波打ち際で無邪気に遊ぶ5人の姿を、初枝は砂浜から微笑ましく眺めていました。

 

それから数日後、自宅の布団の上で冷たくなっている初枝を、亜紀が発見します。

 

葬儀をする金もなく、死亡届を出してしまえば年金も支給されなくなってしまうため、風呂場に穴を掘って初枝の遺体を埋めることになりました。

 

初枝の死後も年金は支給され、信代は初枝のヘソクリも発見します。

 

ある日のこと、祥太は万引きをするためスーパーに行きますが、「妹には万引きをさせるな」という駄菓子屋の店主の言葉を思い出し、リンを店の外に待たせて一人で万引きをすることに。

 

ところが、リンが店内に入ってきてしまい、店員の近くで万引きしようとしたため、祥太はわざと店員に見つかるように派手に商品を持ち出して逃走します。

 

追いかけて来た店員に挟みうちにされた祥太は、高架下に飛び降りて足を骨折。

 

連絡をうけた治と信代は警察から事情を聴かれますが、すぐに戻ると嘘をついて急いで自宅へ。

 

慌てて荷物をまとめ、亜紀とリンを連れて逃げようとしますが、警察に逮捕されてしまいます。

 

治と信代は別々に取り調べを受けることとなり、柴田家の真相が明らかに…。

 

風呂場の床下からは初枝の遺体も発見され、リンの誘拐のほかに死体遺棄の容疑も。

 

信代は前夫からDVを受けており、自分の身を守ろうとして前夫を殺害。

 

その死体を遺棄したのが治でした。信代の殺人については正当防衛が認められたものの、治には死体遺棄の前科が。

 

出所後、治は育児放棄されていた男の子を保護し、信代とともに育てることに。

それが祥太でした。

 

その後、孤独な一人暮らしの初枝と出会い、一緒に生活をすることに。

 

外国に留学していることになっている亜紀は、親との関係がうまくいっておらず、祖父の元妻である初枝に誘われるまま家に住みついていたのでした。

 

つまり柴田家は、誰ひとり血のつながりのない他人同士の集まりだったのです。

 

祥太はその後、養護施設で生活することに。リンも家族の元へと帰されました。

 

亜紀も自宅に帰りますが、初枝が両親から金を受け取っていたと知りショックを受けます。

 

信代は、前科がある治をかばって一人で罪をかぶり刑務所へ。懲役5年が言い渡されます。

 

釈放された治はアパートで一人暮らしを。後日、祥太をつれて信代の面会に行きました。

 

信代は祥太に本当の両親に関する情報を伝え、捜すかどうするかの判断を委ねます。

 

その晩、祥太は治のアパートに泊まることに。治は祥太に「お父さんからおじさんに戻るよ」と言ってさよならをしました。

 

本当の親のところに戻ったリンですが、母親は相変わらず暴言を浴びせ、育児も放棄。

 

リンはアパートの廊下に出て一人で遊んでいますが、柵の隙間から外を眺める表情は、まるで誰かが迎えに来てくれるのを待っているかのようです。

 

End

Sponsored Link

◯映画『万引き家族』を観た感想

ネタバレを含みつつ、あらすじなどについてご紹介しましたが

 

『万引き家族』を観終わって一番に感じたことは、是枝監督の集大成のような作品だったなぁということ。

 

社会から取り残された子どもたちの姿は『誰も知らない』とも重なりますし、家族の日常を描いているという点では『歩いても 歩いても』や『海よりもまだ深く』にも通じる部分が。

 

血がつながっていない相手と絆を深めていく展開は『そして父になる』や『海街diary』を彷彿とさせますし、取調室での張りつめた空気感を観て『三度目の殺人』を連想しました。

 

こうした過去作の素晴らしい演出にますます磨きがかかり、キャストらの自然な演技と相まって驚くべき化学変化が起きていたと思います。カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞したのも納得です。

 

育児放棄や児童虐待、非正規労働による貧困問題、貧困ゆえに犯罪に手を染めてしまう負の連鎖、高齢者の孤立問題…

 

現代社会で起きている問題の数々が作中でも描かれていますが、「社会が犯罪を作り出す」とインタビューで答えていた是枝監督の言うとおり、こうした問題がどうして起きてしまうのか?をしっかりと考える必要があると思いました。

 

「誰かが捨てたのを拾ったんです。捨てた人っていうのが他にいるんじゃないですか?」という安藤サクラの台詞に集約されていたんじゃないかな。

 

社会の片隅で苦しんでいる人たちが肩を寄せ合いながら「家族」として生活する姿をみて、「家族って何だろう?」と考えずにはいられませんでした。

 

子どもたちの自然な演技に関しては、いつもながらの是枝演出に感心してしまいますが、リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林の実在感ある演技にも舌を巻きました。スクリーンからも柴田家の生活感がリアルに伝わってきました。

 

まったく掃除をしていないと思われる柴田家の汚さ(特に風呂場の汚さには言葉を失いました)、食事シーンの下品さも印象的でしたね。是枝監督の細部にまでこだわる演出の緻密さが随所に感じられる作品でした。

 

なんとも言えない余韻を残して終わるラストもパーフェクトな『万引き家族』、ぜひ劇場で。

Sponsored Link