ドラマ

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』映画動画をフルで無料視聴する方法!dailymotion・pandora

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のフル動画を無料視聴する方法を紹介する記事です。

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を無料で見る

△画像orボタンをクリックすれば今すぐ安全に無料で見れます△

全世界で500万部以上売れている東野圭吾さんのベストセラー『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が実写映画化!

東野圭吾史上最高の感動作ともいわれている大ヒット作品です。

主演は山田涼介さん、共演には西田敏行さんという豪華キャストも話題になりました。

「ナミヤ雑貨店」で1980年と2012年という時を超えてやり取りされた手紙についてを描いたタイムトラベルファンタジーです。

そんな『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のあらすじと見どころ・レビューと、動画をフルで無料視聴する方法を紹介します。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の動画をフルで無料視聴する方法

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の動画をフルで無料視聴するならTSUTAYAがオススメです。

2018年9月現在で、動画配信サービスにて配信しているところはありませんでした。(U-NEXT・Amazonプライムビデオ・Hulu・dTVなど約20サービス確認)

そこで、TSUTAYAの宅配レンタルサービスしか残っていない状況です。

公式のサービスなので、安全、高画質、再生速度が良好と3拍子揃っています。

▷映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を無料で見る

登録も解約も簡単なのでオススメです。

以下より詳しくまとめています。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の動画配信情報

2018年9月現在、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の動画を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。

地上波放送が間に合う方はそちらで視聴するのが一番ですが、見逃した方などは下記のサービスを利用を検討してみてください。

U-NEXT 未配信
ビデオマーケット 未配信
TSUTAYA TV レンタルで無料
music.jp 未配信

オススメなのはTSUTAYA TVです。

先ほどもお伝えしたように、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は動画配信サービスとして視聴できるところはありません。

しかしTSUTAYAのサービスは動画配信とレンタルが組み合わさったサービスなどもあるため、無料期間を使えば無料で見れるのでお得ですね。

2倍速機能&Tポイントで新作を無料視聴できるTSUTAYA TV

TSUTAYA TV

TSUTAYAが運営している動画配信サービスで、ネット動画だけじゃなくてDVDレンタルサービスプランまで揃っています。

無料トライアル期間中に1080ポイントがもらえるので、新作を2本ほど無料で見れるのが嬉しいサービス。

画質 SD/HD
無料期間/ポイント 30日間/1080ポイント
DL機能 Android端末、iOS端末でDL可能
その他機能 2台同時ログイン可/TV視聴可

TSUTAYA TVでも2018年9月現在は『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が宅配レンタル作品としてラインナップされています。※動画配信は無し

宅配レンタルサービスは自宅に居ながら、DVDなどをレンタルできるサービスで、返却も近くのポストで完了するため、わざわざ店舗まで行くという手間もかかりません。

気に入らなければ解約もすぐにできますので、TSUTAYA TVを使ってお得に見てみましょう。

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を無料で見る

高画質で種類豊富なU-NEXT

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアル期間で使えるポイントが600ポイントあり、無料登録した時点ですぐにもらえます。

このポイントを使えば、新作映画も無料で見ることができるのがU-NEXTの強みです。

さらに、高画質で再生も非常にスムーズですのでストレスなく動画を楽しむことができます。

画質 4K画像対応
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
DL機能 対応
その他機能 同時に4台まで可/TV視聴可

ここからは映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は視聴できませんが、映画を視聴するに当たってのおすすめ動画配信サービスとなります。

U-NEXTは31日間の無料期間と登録時にもらえる600ポイントで新作映画も無料で視聴することが可能です。

また、U-NEXTは動画配信サービスの中で最も多くの動画コンテンツを取り揃えており、映画のみならず、国内ドラマ、アニメ、韓流、海外ドラマ、電子書籍と揃ってますので、気に入った場合は継続すると倍の1200ポイントがもらえます。

もし合わなければ解約もすぐにできますので安心です。『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が見放題で見れるのも期間限定ですので、詳しくは公式サイトにてご確認ください。

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を無料で見る

無料でもらえる2461ポイントを使ってmusic.jpで見る

music.jp

実は音楽配信サービスと思えるmusic.jpですが、映画もしっかりと配信されています。しかも、新作ラインナップもしっかりと揃っています。

music.jpでは全てが購入して視聴するタイプで見放題が無い代わりに、登録時に付与されるポイントが2461ポイントと圧倒的に多いのが特徴です。

画質 SD/HD
無料期間/ポイント 30日間/2461ポイント
DL機能 あり
その他機能 TV視聴可/音楽配信サービス付き

この機会にいろんな新作映画を無料で見たい!という方にはmusic.jpがオススメです。

2018年9月時点では、

  • レディ・プレイヤー1
  • リメンバー・ミー
  • グレイテスト・ショーマン
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  • デッドプール2

全てがmusic.jpには揃っており、無料期間で付与される2461ポイントを使えば全シリーズ無料で視聴することができます。

ただ、music.jpでは見放題作品というのが無く、全てがポイント購入作品ですので実際に契約して毎月利用するかどうかは公式サイトのラインナップ等をチェックして判断してみてください。

新作映画を今すぐ無料で見る

違法アップロードによる無料視聴サイト

ここまででご紹介してきた動画配信サービスは公式に配信しているものですので、高画質で安全に見ることができますが、ネット上では一部、無断でアップロードされたサイトもあります。

dailymotion ▷ナミヤ雑貨店の奇蹟を無料で見る
Pandora ▷ナミヤ雑貨店の奇蹟を無料で見る
YouTube ▷ナミヤ雑貨店の奇蹟を無料で見る
openload ▷ナミヤ雑貨店の奇蹟を無料で見る
Miomio ▷ナミヤ雑貨店の奇蹟を無料で見る

ただ、こちらは違法でアップロードされた作品である上に、再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如広告が表示されたり、読み込みスピードが遅かったりと、様々なデメリットもあります。

自己責任ですので、それでも見たい方はチェックしてみてください。

リンク先で表示されない場合は、削除されている可能性もありますので、無料で安全に見れて高画質、サクサク再生できる公式サービスをオススメします。

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を無料で見る

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の作品紹介

◆登場人物・キャスト

敦也(山田涼介)

児童養護施設「丸光園」の出身。窃盗団の主犯格。

翔太(村上虹郎)

児童養護施設「丸光園」の出身。敦也とともに窃盗を繰り返している。

幸平(寛一郎)

児童養護施設「丸光園」の出身。窃盗団の一員。

浪矢雄治(西田敏行)

1980年のナミヤ雑貨店の店主。店に持ち込まれる様々な悩みにアドバイスを出している。

◆あらすじ・ストーリー

まずはあらすじから。

児童養護施設「丸光園」の出身である敦也(山田涼介)翔太(村上虹郎)幸平(寛一郎)の3人は真夜中に全力疾走していました。

それは裕福な女性の自宅に侵入し、カバンを奪った後。

しかし乗ってきた車が故障して動かなくなってしまい、彼らはある空き家へと逃げ込みます。

落ち着くまでここに隠れ、そのあと逃げよう…そんな単純な考えしかありませんでした。

彼らはロウソクを灯し、部屋の床に落ちていた雑誌に目を移します。

そこにはこの空き家のことが書かれており、どうやら30年以上も昔に雑貨店と悩み相談所として使われていた「ナミヤ雑貨店」だということ分かりました。

当時の店の主人(西田敏行)に手紙を出すと翌朝には店の裏口の牛乳箱に返事が入っているといいます。

雑誌に夢中になっていた彼らは物音で我に返ります。

彼らはシャッターの郵便口に何かが放り込まれるのを目撃。

しばらくして様子を見に行くとそこには1通の手紙がありました。

表に出てるも人の気配はなく、3人は投げ込まれた手紙の中身を見始めます。

そこにはミュージシャンと名乗る男性からの相談が書かれていました。

内容は音楽の道に進むために大学を中退したがなかなか上手くいかず、実家を継ぐか悩んでいるといったもの。

そして手紙に添えられている日付は1980年。

3人はその日付に若干の違和感を感じながらも、興味本位で手紙の返事書き、裏口の牛乳箱に入れます。

すると、すぐさまシャッターの郵便口に2回目の手紙が投函されました。

そのあともいくつかの手紙が届き、そのたびに返信を書いては牛乳箱に入れ続けます。

やがて、彼らは自分たちが住む2012年と手紙を送ってくる人たちの住む1980年がナミヤ雑貨店のシャッターの郵便口と裏口の牛乳箱を通して繋がっていることに気が付きます。

さらに複数人と手紙のやり取りをしている中、相談者や登場人物たちが何らかの形で「丸光園」と関係があることを知ります。

彼らは今起きていることがどうゆうことなのか気になり、ネットでナミヤ雑貨店について調べ始めます。

そして「ナミヤ雑貨店1夜限りの復活」と書かれたページを見つけます。

1980年と2012年の間を手紙で繋げた奇蹟とは一体…!?

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を無料で見る

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の予告動画

<予告動画>

 

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の見どころ

1980年と2012年が繋がるというタイムトラベルファンタジー。

原作者は「このミステリーがすごい!」の常連・東野圭吾さんです。

ミステリー・サスペンスのイメージがある東野さんのファンタジーってどんな内容なのか?と気になる方も多いかと思います。

ひとことで感想を書くと、「多彩な才能が発揮された作品」です。

新たな一面を見せた東野圭吾作品と言ってもいいでしょう!

本作のみどころは、ファンタジーとノスタルジーのバランスの取れた融合とタイムトラベルを通して成長していく3人の青年たちです。

牛乳箱や商店街、路面電車に町の魚屋さん。なんとなく「ALWAYS三丁目の夕日」を連想するような舞台セットがとても哀愁を漂わせています。

そして、手紙という現代ではあまり使われなくなってしまった連絡手段を用いた時代を超える交流というのがまさしくノスタルジックファンタジー。

さらに、自尊心が低いまま育ち未来のことを考えたくない、そんな若者たちがナミヤ雑貨店での不思議な1夜を通して自分自身と向き合う姿も丁寧に描かれています。

1980年からの相談者たちが、自分たちからのアドバイスで良い方向に進む姿を見て、「行動すれば可能性が広がる」ことに気が付きます。

そして、ラストでは彼らの価値観や意識は大きく変わり、大人としての1歩を進む成長ぶりはジーンとくるものが…。

「まだまだチャンスはある!」と前向きな気持ちになれる、そんな作品に仕上がっています。

ぜひみなさんも『ナミヤ雑貨店の奇蹟』をご覧ください!

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の評価・レビュー

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・20代後半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

原作の東野圭吾さんの作品がとても好きで、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」も読んでいました。

映画化すると聞いたときはどういった風に表現されるのかなと楽しみにしていました。ストーリーも原作に忠実でもう一度原作を読み返したくなりました。

キャストの皆さんの演技も目を離せないくらい引き込まれました。特に、ナミヤ雑貨店の店主を演じられた西田敏行さんの話し方や表現力に感動し、自然と涙が出ていました。

山田涼介さん演じる主人公とナミヤ雑貨店店主がつながるところが原作でもすごく好きなシーンだったので、映画館のスクリーンで見られて嬉しかったです。

また、主題歌の「REBORN」がすごく素敵で、山下達郎さんが歌われているのも、劇中内で門脇麦さんが歌われているのもどちらも心にすーっとしみ込んできました。

今までも東野圭吾さん原作の映像作品を見てきましたが、この作品が映像化して本当に良かったなと思える映画でした。たくさんの人たちに見てほしいと思います。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・40代”]

評価 ★★★☆☆(3.0)

東野圭吾さんの原作を読んで面白かったので、映画館にも足を運び、見入るシーンがいくつもありました。

まさにパズルのような物語で、様々なピースがつながって、現実から未来への人生の橋渡しを手紙を通して捕らえる視点がやはり興味深かったです。

自分の人生を点で捉えれば、その時点は現実で未来は見ることができない、それを未来から第三者がアドバイスをしてくれる、ワクワクしました。

悩みが多く私もナミヤ雑貨店に手紙を出して、アドバイスをしてほしくなりましたけど(笑)。

主演の山田涼介はドラマで見たときはそれほど魅力的に思いませんでしたが、今回ははまり役のようでなかなかいい演技をしていたと思います。ただ主演のわりには出番が少ない感じがしました。

村上虹朗の演技もよかったです。でも、なんと言ってもさすがの西田敏行の演技力でした。

最後に、山下達郎の歌声が流れて、この歌で引き締まった感じです。何だかんだと言ってもとてもいい話だったと思います。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・20代後半”]

評価 ★★★☆☆(3.0)

東野圭吾さんの作品は読みやすくて何冊か読んだことがあります。

しかしこちらは生憎原作を読んだことがなく、下手な先入観を持つより良いかなと敢えてまっ皿な状態で観ました。

感想を一言で言うと、しっかりと楽しませて頂きました。

勿論ワクワクするような面白さではなく、胸にジーンとくるタイプのものです。

東野圭吾さんの他作品で感動されたことのある方は、こちらでも泣けると思います。散りばめられた伏せんが次々回収されていく流れは鳥肌が立つくらい良くできていて、引き込まれました。

ただ映画ですから、いくらストーリーが良くてもそれを上手く演出されているかが大事。今回ジャニーズ起用とのことで不安もありましたが、大きく違和感を感じることはなかったです。

また西田敏行や尾野さんの演じ方が素晴らしく、作品の雰囲気を1つにまとめていたように感じました。

もしかしてカットされているのかな、とやや話がきれたように思われる所もありましたが、映画なので仕方ないかなと。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・40代前半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

正直事前情報が全くない状態で本作を見たので、本作が東野圭吾さんの原作のものとは知りませんでした。

実際見てみて面白いなと思い、調べてみてなるほど納得といった感じですね。

偶然入り込んだ場所が空き家がナミヤ雑貨店でそこで起こる奇跡のような出来事、空き家に入り込んだ三人に共通する養護施設、偶然乗り掛かった悩み相談者達に共通するのも同じ養護施設。

2012年と1980年を繋いだのはその養護施設とナミヤ雑貨店だったという話。空き家だったナミヤ雑貨店に逃げ込んでそこで目にした出来事に深く入り込めば入り込む程自分たちも無関係ではなくなっている事に気付いていくんですね。

その設定が凄く面白かったです。過去と現在を繋ぐ話はややこしい話が多いのですが、本作は分かりやすく上手く繋がってくれるので話に入り込み易かったですね。

山田涼介さんに西田敏行さん、尾野真千子さんとキャストも豪華でしたし見応えはたっぷりでした。最後は自然と涙が流れて気持ちいい終わり方でしたね。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・39歳”]

評価 ★★★★★(5.0)

過去と今がリンクして、人の心がナミヤ雑貨店に送られてくる手紙を通じて、繋がって、物語が展開されていく点がとても良いと思います。

山田涼介さん演じる罪を犯し逃げ回っていた少年がナミヤ雑貨店に行きついたのも何かの運命で、手紙によって人を救う大切さを教わり、人に支えられたことから、改心し、人生観を変える感動的なラストとなっていて、素敵な映画だなと思ったのです。

ナミヤ雑貨店に送られてくる手紙を実際に出した人のひとりひとりの人生がとても力強く、人間の悲しみであったり、憎しみであったり、弱さであったりと普通は負となる感情をプラスに変えて行き、一生懸命前向きに生きていく素晴らしさをこの映画から学び、勉強になります。

2時間半、沢山の人の人生をこんなに濃く、再現し凝縮できる映画はなかなかないと思います。

見終わった後も温かい気持ちになり、自分も人生頑張っていこうという勇気をもらえる作品で、人が踏み出すきっかけになる映画だと思うので、多くの人に見てもらいたいなと思います。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代後半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

今の時代からすると死語とも思えるような、タイトルにつけられている「雑貨店」の響きが懐かしかったです。

地元の人たちの身の回りの相談ごとや悩みに対して、真摯に答える浪矢雄治の姿には心温まるものがありました。

お金を受け取って商品を渡す商売としての役割を果たすだけではなく、地域社会の中でコミュニティーとしての大切さを感じました。

ビジネスライクな合理化や均一化によって、日本全国各地の雑貨屋さんが消え失せていくことを考えさせられました。

居場所がなかった主人公の敦也たち3人を、唯一受け入れたのが32年前の廃屋だったことが印象深かったです。

現代において異質な存在や和を乱す者たちを、あっさりと排除する風潮を上手く捉えていました。

ベテラン俳優の西田敏行と今時の若者を具現化したような山田涼介の共演からは、単に「昔は良かった」で終わることなく、旧い価値観と新しいタイプの考え方が共存する社会のあり方が伝わってきました。

高層ビルの谷間に、昔ながらの雑貨店がたくましく生き続けていく風景が思い浮かんできました。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・30代前半”]

評価 ★★★★★(5.0)

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は見終わった後に心が温かくなるような、そんな映画でした。

原作が東野圭吾さんで「秘密」や「白夜行」が好きだったので、今作にも期待していました。

ストーリーは、手紙が時空を超えて人との繋がりを感じるファンタジーの要素もありますが、役者陣が実力派がそろっていたのでファンタジーだけどどこかリアルにも感じました。

西田敏行さんは、存在感があってとても魅力的なおじさんでした。悩み相談を受ける店主の役でしたが、実際に存在しそうでとても深く役を作り込まれていると感じました。

山田涼介さんのお芝居を見たのは初めてだったので、実はあまり期待してなかったのですが、とても良い芝居をしていると思いました。役にも合っていましたし、役の陰の部分もきちんと表現されていたと思います。

物語のラストは切なくもなりましたし、私自身も勇気づけられる終わり方でした。手紙が時空を超えるのは実際には有り得ない話ですが、ストーリーにすんなり入っていける作り方をされていたと思います。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・30代後半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

ナミヤ雑貨店の奇蹟を見た感想ですが私はこれを原作を読まずに観に行ったので思った以上に良いと感じました。

私は最初このナミヤ雑貨店の奇蹟という題名からただの御涙ちょうだいのやすっぽい映画を想像していましたが、実際に見てみると西田敏行等の魅力的な俳優も出ていてかなり良い映画になっていると思いました。

特に安っぽい人情ものでなく私の好みのSF的な要素があったのが良かったです。

事前知識なしで見たらかなり楽しめる作品だと思いました。

おそらくこれの原作を見た人の中には原作と違うと思う人もいるかと思いますが、それは尺の問題で仕方ない事だと思います。

私も映画を見た後に原作を読んだ時に確かに映画は原作よりも端折っている印象はありましたがそれは限られた短い時間で映画にしたので仕方に事だと思っています。

なので映画の出来は重要な部分はきっちり映像化しているという点でかなり良いと思いました。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代前半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

大人気作家、東野圭吾原作の映画です。

東野作品の中では、少し異色と言えるのではないでしょうか。

サスペンスやミステリーの印象が強い作家ですが、この作品に限っていえば、その傾向は薄められています。

その分、ファンタジー要素や、人間ドラマが色濃く全面に出ています。

原作はそこそこ厚い小説ですから、仕方のないことかもしれませんが、映画版は幾分内容が削られています。

しかし、不思議と物足りなさは感じませんでした。

編集がうまいのかもしれません。テンポよく鑑賞することができます。

この映画は、映像がノスタルジックで、自分が実際に体験したことではないのに、何故か懐かしい気持ちにさせてくれます。

キャストの演技も素晴らしいですね。只、主役の方は少々物足りなさを感じます。

じんわりと心あたたまる映画を観たいという方にはおすすめできます。

観終わった後に、少しあたたかい気持ちになれて、私の家の近所にも「ナミヤ雑貨店」があったらなあと思わせてくれる映画です。
[/speech_bubble]

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を無料で見る