サスペンス

映画『search/サーチ』あらすじ・ネタバレ(ラスト結末)と感想!

映画『search/サーチ』のネタバレです!

『スター・トレック』シリーズのジョン・チョーを主演に迎えたサスペンス映画『search/サーチ』

上映時間102分、すべてのストーリーがパソコンの画面上だけで展開する異色作です。

失踪した娘を捜すため、パソコンを操作して彼女の足取りをたどる父親。はたして彼は無事に娘を捜し出すことができるのか?

今回はそんな映画『search/サーチ』の詳しいあらすじやネタバレについて触れていきたいと思います。

※注意:結末ラストまでネタバレしていますので映画を見ていない方はご注意ください。


映画『search/サーチ』のあらすじ

では、まずあらすじから。

デビッド・キム(ジョン・チョー)は、妻のパムと娘のマーゴット(ミシェル・ラー)とともにアメリカで幸せに暮らしていました。ところが、パムに悪性リンパ腫が見つかり、やがて帰らぬ人に。亡き妻との思い出の動画を見るのがデビッドの日課となっていました。

シングルファザーとなったデビッドは、16歳になったマーゴットと2人で暮らしていましたが、生活リズムの違う2人はおもにスマホで連絡を取りあっていました。

5月11日(木)の朝。マーゴットがゴミ捨てをさぼっていることに気づいたデビッドは電話で注意。すると「友達と勉強会があるから帰りは遅くなる。ゴミ捨ては帰ってからやるわ」とマーゴットから返事が。デビッドは眠りにつきますが、深夜3時にマーゴットから電話の着信が…。

5月12日(金)の朝、着信履歴に気づいたデビッドはマーゴットに折り返しの電話をかけますが応答はありません。約束したはずのゴミが捨てられていなかったため、デビッドは叱りのメールを送ってしまいます。ところが、そのメールは午後になっても未読のままでした。

心配になったデビッドは、マーゴットの通っているピアノ教室に電話を。ところが、マーゴットは半年前にピアノ教室をやめていました。しかし、マーゴットは毎月100ドルの月謝を受け取っていたため、親を騙していたことにショックを受けるデビッドでした。

弟のピーター(ジョセフ・リー)に相談すると、「行方不明の捜索願を出す前に、まずはマーゴットの友達に聞いてみたら?」とのアドバイスが。しかし、娘の現在の交友関係について何も知らないため、マーゴットと幼なじみのアイザックに連絡をしてみることに。すると彼の母親から「泊りがけでキャンプに行っているので、彼女も一緒のはずよ」との返答が。

マーゴットの居場所が分かってホッとしたデビッドでしたが、翌日になってもマーゴットは帰って来ず、キャンプにも来ていなかったことが判明します。

5月13日(土)、デビッドは警察に電話をし、マーゴットの捜索願を出しました。その1時間後、担当刑事のヴィック捜査官(デブラ・メッシング)から連絡が。「マーゴットがどんな人間で、誰と仲が良かったのか?」を調べるよう彼女は指示を出しました。

デビッドがヴィック捜査官についてネットで調べると、彼女は輝かしい実績のある刑事でした。

デビッドは、マーゴットのFacebookやTwitter、インスタグラムなどにアクセスしますが、いずれも非公開。そこで、彼女のFacebookのパスワードを再設定してログイン。90人あまりのフォロアー全員と連絡をとりますが、マーゴットと仲の良い友達は一人もいませんでした。彼女は学校でも孤立しており、いつも一人でランチを食べていたのです。5月11日(木)の勉強会にも来ていましたが、夜9時には帰っており、その後の足取りを知る者はいませんでした。

Facebook経由で、彼女がTumblr(タンブラー)という投稿サイトに画像をアップしていたのを発見。フォロアー内に「デレク・エリス6969」という怪しい男のIDを見つけます。

さらに、UCaaS(ユーキャス)でマーゴットが生配信していたのも発見。保存されていた過去の配信を再生すると、「ハンナ」と名乗る20歳の女性と交流を深めていました。マーゴットは孤独を埋めるため、SNSに心のよりどころを求めていたのです。

その時、ヴィック捜査官から連絡が。マーゴットが車で街を出ていく映像が監視カメラに映っており、偽造IDを作ってその口座に2500ドルを送金していたのです。マーゴットは失踪したのではないか?というのがヴィック捜査官の見立てでした。

次々と明らかになる娘の裏の顔に驚きを隠せないデビッドでしたが、「子供のことをすべて知るなんて無理。あなたは悪くないわ」と、ヴィック捜査官は子をもつ親として慰めの言葉をかけました。

デビッドは、Tumblrの画像とUCaaSの動画から街外れの湖を発見。娘はそこにいるのでは?と思い、急いで車を飛ばします。すると、そこにはマーゴットのキーホルダーが落ちていました…。



スポンサーリンク





映画『search/サーチ』ラスト・結末(ネタバレ注意!)

以下、ネタバレ含みます。

事態は急変。湖の捜索が始まり、湖底からマーゴットの車が引き上げられました。しかし、マーゴットの姿はありません。車内に血痕が残っていたため、捜査は誘拐事件へと切り替わり、ニュースでも大きく取り上げられる事態に。

するとSNS上では、親の責任を問う声や「父親が犯人?」といった勝手な憶測、クラスメイトが「いいね」をもらうために涙ながらに心配する動画などが拡散。

マーゴットのTumblrをフォローしていた「デレク・エリス6969」が犯行をにおわす書込みをしたため、デビッドは直接本人に会いにいき暴行を加えてしまいます。

その結果、デビッドは捜査への協力から外されてしまいます。それでも独自に調査を進めるデビッド。湖底から引き上げられた車の写真から、弟・ピーターの洋服を発見。さらに、ピーターとマーゴットのメール履歴も発見します。そこには「最高の夜だったわ。また行ってもいい?」「お父さんには言うなよ。殺されちゃうから」といった秘密の関係をにおわせるやり取りが残っていました。

デビッドはすぐにピーターの自宅へ。激しい兄弟喧嘩のすえに明らかになったのは、2人がマリファナを吸っていたということでした。

その時、ヴィック捜査官から連絡が。マーゴットを暴行した犯人が見つかったのです。しかし、自白ビデオを残して犯人は自殺。遺体を捨てた場所は不明のままでした。

娘の死を受け入れられないデビッドでしたが、パソコンに送られてきた葬儀社のサイトに追悼式の依頼を。その時、葬儀社サイトのモデルとUCaaS上でマーゴットが交流していたハンナの画像が同一人物であることに気づきます。

デビッドはハンナと連絡をとり事実確認をしますが、彼女の職業は写真モデルで、何者かが彼女の画像を無断使用してマーゴットとやり取りしていたことが判明。

デビッドはそのことを伝えるためヴィック捜査官に電話をしますが、あいにく彼女は不在。代わりに対応した職員から、ヴィック捜査官が今回の事件に自ら志願した事実を聞かされます。その瞬間、ヴィック捜査官についてネット検索したときの記憶が。ヴィック捜査官の隣に写っていたのは自殺した犯人だったのです。

ヴィック捜査官が犯行に関与しているのでは?

デビッドは警察に通報し、ヴィック捜査官は逮捕されました。

取り調べの過程で事件の真相が明らかに。ヴィック捜査官の息子がマーゴットに片想いをしており、ハンナに成りすまして彼女と接触。マーゴットの同情をさそって2500ドルを準備させていました。そして渓谷へと誘い出しますが、真実を知って逃げ出したマーゴットは足を滑らし転落してしまいます。

怖くなった息子はヴィック捜査官に相談。彼女は息子をかばうため、この事件に自ら志願し、捜査を取り仕切って偽の犯人まででっち上げていたのです。

事件発生からすでに5日が経過しており、マーゴットの生存は絶望的かと思われましたが、3日前に雨が降っていたため、水分補給ができている可能性も。デビッドは一縷の望みをかけて捜索隊とともに渓谷に向かいます。

そして、担架に乗せられたマーゴットが崖下から引き上げられるニュース映像が…。

それから数カ月後。車椅子に乗りながらリハビリに取り組むマーゴット。彼女は音楽学院ピアノ科を受験し、合否判定にドキドキしていました。

End



スポンサーリンク





映画『search/サーチ』の感想

ネタバレを含みつつ、あらすじなどについてご紹介しましたが、すべてがパソコンの画面上で展開する点ばかりが注目されがちですが、サスペンスとしても良く出来ており、ストーリーが二転三転、最後まで予想のつかない展開には圧巻です。

母親の死によってぎこちなくなってしまった父娘関係。娘は父親に話せない悩みをSNS上の見知らぬ相手に話す。そんな娘のことを父親は何も知らない…

普段であれば見て見ぬふりをしてやり過ごしそうな親子の問題ですが、行方不明の娘の捜す過程で父親につきつけられる真実がなんとも切なく、心が痛む場面が何度もありました。

娘に友達がひとりもいなかったとか、親を騙してピアノ教室をやめていたとか、自分の弟とマリファナを吸っていたとか、ツラい、ツラすぎる!!

「好きな人のケータイを覗いて良いことなんてひとつつもない」とよく言いますが、まさしくそんな感じでしょうか。娘や弟に向けられる疑念が頭の中で勝手に膨らんでいく展開、自分にも身に覚えが(笑)。

身に覚えといえば、SNSにおけるフォロアーの存在についてもです。無責任な情報が平気で拡散されたり、「いいね」が欲しくて偽善的な言動をアップする奴が出てきたり、SNSの良くない使われ方に翻弄される主人公には同情せざるを得ませんでした。

現在公開中の『クレイジーリッチ』につづき、主演がアジア系俳優というのも興味深かったですね。

パソコンに映し出される画像や文字の中に細かいヒントが隠されており、頭の中でパズルを完成させていく過程がなんとも楽しい作品でしたが、ぜひこの体験を映画館で味わってほしいと思います。

サスペンス好きな人におすすめの無料映画

映画は映画館で見るのが一番迫力もあって、臨場感を楽しむことができます。

とは言え、自宅でも映画を視聴できる環境が増えてきましたね。

TV・DVD・BD・動画配信サービスなどさまざまありますが、映画好きにはおすすめしたい動画配信サービスのU-NEXTでは見放題なのに人気の映画や面白い作品が豊富に揃っています。

そこで、映画『search/サーチ』のようなサスペンス映画で、なおかつ見放題の作品をピックアップしてみました。

U-NEXTは登録が必要なサービスですが、31日間無料なので、その間は見放題作品が何作品視聴しても料金はかかりませんので、安心してご利用ください!

作品名の後ろにポイントと書かれているものは無料でもらえる600ポイント無料視聴が可能となっています。

▶︎今すぐU-NEXTで無料視聴する

・ピエロがお前を嘲笑う(見放題)

ドイツで大ヒットしたマインドファックムービーでキャッチコピーとして「100%見破れない」と書かれています。

このようなキャッチコピーはだいたい嘘なんだろうなと思いつつ、とりあえず見てしまいますね。

個人的にはピエロを不気味・怖いと思う人にはおすすめしませんのでご注意ください。

・パーフェクト・ルーム(見放題)

浮気専用の部屋を5人の男たちでシェアしていると、ある日、その部屋に女性の惨殺体を発見した。

誰が犯人なのか?お互いに探り合い、疑心暗鬼になっていく展開に引き込まれる。

・メイズ・ランナー(ポイント)

巨大迷路がある空間に閉じ込められた複数の人々。迷路の謎もやっかいなことながら、そこで繰り広げられる人間関係も見もの。

巨大迷路に閉じ込められたトーマスは迷路の謎を解き明かそうとするが、その迷路は朝になると別の順路に変わっていた…

・ザ・コンサルタント(ポイント)

天才的な頭脳を持つ会計コンサルタント…その裏の顔は凄腕の殺し屋。

2面性を持つベン・アフレック演じる主人公は実はこれらとは別の設定が存在する。

田舎町で会計コンサルタントとして仕事を請け負っていると、重大なミスがあることに気づいた。依頼は途中で中止されてしまい、さらにはその日から命を狙われることに…

U-NEXTのサービス内容からポイント作品は1作品までが無料となっています。

見放題は好きな作品を、ポイント作品は厳選してご覧ください!

▼31日間無料&600ポイント付き▼
U-NEXTで好きな映画を無料視聴する