映画ネタバレ

【ネタバレ】トイストーリー4の結末がひどいと話題?感想とウッディに起きた変化と選択とは?

大人も子どもも楽しめるピクサーの人気アニメ『トイストーリー』シリーズ。2019年7月12日より、最新作『トイストーリー4』が公開されました。


引用:https://www.disney.co.jp/movie/toy4/about.html

前作『トイストーリー3』の完成度があまりにも高かったことから、続編については不安を抱いていた方も多いのではないでしょうか?

本記事では、『トイストーリー4』のあらすじを【結末までの完全ネタバレ】でお届けするとともに、感想を紹介します。

率直に言って賛否両論が起こりそうな結末でしたが、その結末も含め、個人的には期待以上の良作でした。それでは見ていきましょう!

あわせて読みたい
ディズニー映画「トイ・ストーリー3」の動画(字幕・吹き替え版)を無料フル視聴!映画『トイ・ストーリー3』の字幕・吹き替え版の動画を無料視聴する方法を紹介します。 映画「トイ・ストーリー3」を無料で見る ...

『トイストーリー4』あらすじネタバレ

“フォーキー”の誕生

アンディの大学入学を機に、ボニーという少女に渡されたアンディのおもちゃたち。

アンディのお気に入りだった保安官のおもちゃ・ウッディは、ボニーになかなか選ばれず、数日間連続でクローゼットの中に置き去りにされることもザラでした。

そんな中、ボニーが幼稚園にお試し登園する日がやってきます。幼稚園に行きたくなくて泣いてしまい、両親に宥めながら連れ出されるボニー。その様子を見て心配したウッディは、誰にも見つからないようにボニーのリュックに忍び込み、ついていくことにします。

幼稚園に着き、工作の時間が始まりますが、ボニーはうなだれてしまい作業ができません。見かねたウッディは、こっそりと教室のゴミ箱からさまざまな物を取り出し、テーブルの上に並べました。


引用:https://gigazine.net/news/20190522-toy-story-4-official-trailer/

ボニーはいつの間にか目の間に並んだ材料に目を輝かせ、プラスチックの使い捨てフォークを中心に据えたものを工作し、”フォーキー”と名付けます。先生に得意げにフォーキーを見せるボニーは、笑顔になっていました。

そして幼稚園からの帰り道、リュックの中に入れられたフォーキーが、心を持って動きだします。

この日以降、フォーキーはボニーにとって一番の友だちになりました。

しかし当のフォーキーは、自分がゴミから作られていることから、しきりにゴミ箱に入りたがります。

フォーキーを作ったことでボニーが元気になった時の一部始終を見ていたウッディは、フォーキーがボニーの元から離れないように、捕まえてはボニーの手元に戻すことを繰り返していました。

おもちゃの”内なる声”

幼稚園の正式な登園が始まるのを前に、ボニーの両親は旅行に行くことを企画します。フォーキーやウッディを始め、おもちゃたちも一緒にキャンピングカーに乗せられ、旅行へと出発しました。


引用:https://gigazine.net/news/20190522-toy-story-4-official-trailer/#group=nogroup&photo=16

ここでも車内のゴミ箱や、サービスエリアのゴミ箱など、事あるごとに「ゴミ箱、ただいまー!」と言いながらゴミ箱ダイブをしようとするフォーキー。

それを阻止するために奮闘するウッディでしたが、辺りが暗くなり、走行中の車内でボニーが寝てしまった時。

バズに「どうしてそんなに頑張るんだ?」と尋ねられたウッディは、「俺の”内なる声”が、諦めちゃダメだと言うんだ」と答えました。しかし、ウッディがバズとのやりとりに気を取られた隙に、フォーキーが窓から車外に飛び出してしまいます。

ウッディがフォーキーを追いかけて車から飛び降りると、フォーキーは飛び降りた衝撃で道路脇の土の部分に突き刺さっていました。

フォーキーの手を取り、ボニーたちの車が向かった目的地を目指して歩きながら、ウッディはフォーキーに「なぜそんなにゴミであることにこだわるんだ?」と尋ねます。すると返ってきたのは、「ゴミに包まれていると暖かいし、なんでもうまく行くような気がするんだ」という答えでした。

その答えを聞いたウッディは、「ボニーにとって、フォーキーがそばにいることは、それと同じだ。君がいるとボニーは励まされるんだ」と言います。

フォーキーは「ボニーにとって僕がゴミだっていうこと?だったらそばにいてあげなくちゃ」と少し斜め上の理解をするものの、ボニーの元に行こうと思うようになり、2人は急いで目的地へ向かいます。

ボー・ビープとの再会

朝を迎え、ウッディたちはなんとかボニーたちのキャンピングカーがある目的地に到着します。

車に向かう2人でしたが、ウッディは、途中にあったアンティークショップのショーウインドウの中に、あるランプを見つけます。それは、9年前、アンディの妹のモリーから別の子どもに引き渡された”ボー・ビープ”のランプでした。

ボー本人もいるかもしれないと思ったウッディは、フォーキーを連れてショップの中に入り込み、そこでギャビー・ギャビーという女の子の人形と出会います。


引用:https://ikyosuke.hatenablog.com/entry/2019/05/12/232628

ギャビーは、ウッディ同様、ボイスボックス付きの喋る人形ですが、ボイスボックスが壊れてしまっていました。状態の良さそうなウッディのボイスボックスを狙って、捕まえようとするギャビー。

ウッディはたまたま通りかかった店主の孫・ハーモニーに拾われ助かりますが、フォーキーが、ギャビーと手下のベイソンにとらわれてしまいます。

ハーモニーに連れられ公園へ向かったウッディは、隙を見て逃げ出します。そして公園内でボーに出会います。

モリーから別の子どもへと渡されたボーは、何人かの持ち主の元を渡り歩いた後、しばらく例のアンティークショップにいました。しかし、ただショーウインドウに飾られているだけで、誰にも遊んでもらえない状況に嫌気がさし、外に飛び出したと言います。

今では特定の持ち主がいないまま、公園を訪れるさまざまな子どもを楽しませるおもちゃとなり、その生活を楽しんでいました。

フォーキー救出作戦

ウッディは、フォーキーを助け出すためにボーに協力を頼見ます。嫌な思い出のあるアンティークショップに足を踏み入れることを渋るボーでしたが、ウッディの「ボニーにはフォーキーが必要なんだ。モリーにとって君がそうだったように」という言葉に心を動かされます。


引用:https://gigazine.net/news/20190522-toy-story-4-official-trailer/#group=nogroup&photo=16

ボーの知り合いであるミニチュア女性警官のギグルも一緒に、フォーキーを助け出しに向かうことになりました。

一方その頃、目を覚ましたボニーが、フォーキーがいないことに気づき、動揺していました。バズは、ウッディとフォーキーを探しに外に飛び出します。

付近に来ていた「移動遊園地」の射的ゲームの店主に拾われ、射的の景品として陳列されてしまうというハプニングはあったものの、なんとか括り付けられた紐から抜け出すことに成功します。しかし、その時の流れで、二人組のぬいぐるみ”ダッキー&バニー”もバズに付いてくることになるのでした。

その後バズは、アンティークショップの近くで、ウッディやボーと再会。ウッディたちは、みんなでフォーキーを助けにアンティークショップへ侵入します。


引用:https://article.auone.jp/detail/1/5/9/36_9_r_20190524_1558685602819846

途中、バイクに乗ったスタントマンのおもちゃ”デューク・カブーン”の協力も得ながら、フォーキーを助け出そうと奮闘する一行。しかし、ギャビーから見張りを命じられているベイソンや、店の店主の飼い猫に襲われ、傷だらけになって外に飛び出すことに。

疲労困憊の中、もうこれ以上は無理だと言うボーたちに対し、諦めようとしないウッディは「ボニーのためだ。持ち主のいない迷子のおもちゃにはわからないよ」と言ってしまいます。ウッディのことを心配するバズの気持ちすらよそに、ウッディは1人でアンティークショップの中へ再び入って行くのでした。

『トイストーリー4』あらすじネタバレ 〜結末まで〜

この先、『トイストーリー4』結末までのあらすじネタバレがあります。未見の方は注意してください。

ギャビーの過去

ウッディがショップに再突入すると、目の前にギャビーがいました。ギャビーは、ウッディに対し「絶対に戻ってくると思っていた」と言います。

昼間、ウッディがハーモニーに連れていかれた後、ギャビーはフォーキーから、ウッディがどんなに持ち主のことを考えているおもちゃなのかを聞かされていました。


引用:https://gigazine.net/news/20190522-toy-story-4-official-trailer/#group=nogroup&photo=37

そんなウッディであれば、ボニーにとって大事なフォーキーのことを連れ戻すために、絶対に戻ってくると思っていたのです。

ギャビーはウッディに、自分のボイスボックスは最初から壊れていたことを語ります。ギャビーはそのために、誰にも選んでもらえないまま長い時を過ごしていました。それは、同時期に作られたおもちゃでありながら、アンディという持ち主のもとで時間を過ごしたウッディとは対称的でした。

「子どものそばにいることこそ、おもちゃの役割。一度だけチャンスが欲しい」と言うギャビーを不憫に思ったウッディは、ボニーのためにフォーキーを解放してくれることを条件に、自分のボイスボックスを渡すことに同意します。

こうしてウッディからボイスボックスをもらったギャビーは、今度こそ子どもに選んでもらえると思い、アンティークショップの店主の孫・ハーモニーの目につく場所に座り込みます。

しかし、一度は興味を示したハーモニーでしたが、祖母に気に入ったのか聞かれると「いらない」と答え、ギャビーを放り投げてしまいました。「誰かのおもちゃになる」という憧れを打ち砕かれ、深く傷つくギャビー。


引用:https://gigazine.net/news/20190522-toy-story-4-official-trailer/#group=nogroup&photo=37

ウッディは「子どもはハーモニー以外にも大勢いる」と励まそうとしますが、他の子どもにも拒絶されるかもしれないと怖がってしまうギャビー。

そこに、ボーが姿を現します。ボーは、ウッディから”迷子のおもちゃ”呼ばわりされたことを心外に思ったものの、ウッディがいつも「子どものこと」を第一に考えていることを思い返し、もう一度協力しようと戻って来たのでした。

ウッディは、ボーがアンティークショップを飛び出してからも、はつらつと楽しんでいることを思い出し、もう一度ギャビーを「次のことはわからない。でも、棚に飾られているだけじゃ何も変わらないだろう?」と励まします。

それぞれの結末

フォーキーに加えて、ギャビーも一緒に、ボニーの元へ連れていくことにしたウッディたち。しかしその途中で、ギャビーは、賑やかな移動遊園地の物陰で、1人泣いている迷子の少女を見つけます。

その女の子を励ましたいと思ったギャビーは、また拒絶されないかと怖がりながらも、女の子の目につく場所に座り込みます。

ギャビーに気づいた女の子は、ギャビーを拾い上げ、背中のリングを引いてボイスボックスを作動させました。ギャビーの声を聞いて泣き止んだ女の子は、ギャビーを抱えたまま、近くを通りかかった警備員に助けを求め、無事に両親と再会します。

こうしてギャビーに、新しい持ち主ができたのでした。

その後、ボニーがいるキャンピングカーに到着したウッディたち。バズが車の上に上がり、ウッディを出迎えます。

ボーたちに別れを告げたウッディは、バズの方に歩いてきます。

しかし、「バズ…。オレ、オレ…」と言葉に詰まってしまうウッディ。を見かねたバズは、「彼女は、大丈夫だ。…………ボニーは、大丈夫だ」と言います。

ウッディ「本当に?」
バズ「ああ。”内なる声”を聞け」

その言葉を聞いたウッディは、振り返ってボーに駆け寄り、抱きつきます。ウッディはボニーの元へは戻らないことを選んだのでした。

そこへ、ジェシーやポテトヘッドたちも車から出てきます。


引用:https://7net.omni7.jp/general/005105/000000toystory4

保安官のバッジをジェシーに託したウッディは、次々とみんなとハグし、最後にバズ、フォーキーと熱い抱擁を交わしました。

車が動き出し、ウッディとボーは、バズたちが乗った車を見送ります。逆に、車の中からはバズやみんながウッディたちを見つめていました。

そして、バズとウッディはそれぞれ呟きます。

バズ「ウッディはもう迷子じゃない…。”無限のかなたへーーー」
ウッディ「ーーーさあ行くぞ”」

エピローグ

時が経ち、ある日の移動遊園地の射的ゲーム。そこには、店主の目を盗んで勝手に当たり判定を出させ、持ち主がいないおもちゃたちを子どもたちにどんどん当てさせる、ウッディやボーたちの姿がありました。

一方、小学1年生に進級したボニー。帰宅した彼女のリュックから出てきたジェシーは、ボニーが「新たな友だちを作った」ことをバズたちに伝えます。リュックから引っ張り出されたのは、プラスチックのパンケーキナイフでできたおもちゃ。

フォーキーの姿を見て「…ゴミ?」と尋ねるナイフ。それに対し、フォーキーは、「いや…僕たちは、『おもちゃ』だ」と答えるのでした。

『トイストーリー4』感想:”変わる想い”と”変わらない想い”を描いた新たな物語

前作で、これ以上ないほどに綺麗な結末を迎えたかに思われたトイストーリーシリーズ。そんな中で新作が作られると言うことで、蛇足のような作品にならないか期待半分・怖さ半分の状態だったかと思います。

実際に観た感想としては、賛否両論が起こりそうな結末ではあるものの、個人的には期待以上の良作だったと思いました。

以下、結末のネタバレを含みます。未見の方は注意してください。

『トイストーリー4』の監督を担当したジョシュ・クーリー氏は、今作のテーマを”変化”だとして、「人生はいつも変化するもの。僕たちは常に成長過程にあると思うんだ。だからウッディにもまだ学ぶべきことがあり、成長できる部分があると思ったんだよ」と語っています。
引用元:https://animeanime.jp/article/2019/06/02/45873.html


引用:https://ikyosuke.hatenablog.com/entry/2019/05/12/232628

まさにその言葉通り、今作でウッディは、周囲で生じるさまざまな変化に直面します。新たな持ち主ボニーとの生活、ボニーのお気に入り・フォーキーの誕生、そして持ち主がいなくてもたくましく過ごしているボーとの再会。

そういった変化の中で、ウッディは最後に、ボーと同じように持ち主の元から離れる選択をしました。

この選択は、持ち主のために”いつだって側にいて支えてあげること”を大事にしてきた今までの(そして今作中盤までの)ウッディとは、一線を画すものでした。

そのため、このウッディの変化は、これまでのトイストーリーに親しんできたファンほど、寂しくもあり、複雑な気持ちにさせられる選択だったと思います。(今作では、これまでに登場しているおもちゃよりも、新キャラクターの出番の方が多かった点も、寂しさに拍車をかけていたように思います)

ですが、決してウッディの全てが変わったわけではありません。


引用:https://www.cinemacafe.net/article/2019/05/27/61757.html

ウッディは、ボニーの元から離れた後、射的ゲームでたくさんの子どもの手元におもちゃが渡るようにしていました。

このシーンを見て、ウッディ自身の”立場”は「持ち主のいるおもちゃ」から「持ち主のいないおもちゃ」へと変わっても、「おもちゃとして子どもを楽しませる」という”想い”は変わらないんだなと思いました。

クローゼットの中にしまい込まれているだけの日々を過ごすよりも、根本にある”おもちゃの役割”を全うするために「求められる場所にいく」「求めてもらえる場所に送り出してあげる」ことを、きっとウッディは選んだんですね。

「周囲からさまざまな価値観を示され、自分自身の存在意義を考え、そして何かを選択すること」

今作で描かれたウッディが悩み、選択するまでの姿は、きっと大人なら誰しも身に覚えのあることだと思いますし、観たらどうしても自分の人生や選択について考えさせられること請け合いです。

また、ゴミ箱ダイブをしたがる”フォーキー”のすっとぼけ具合を筆頭に、クスりと笑ってしまう新キャラクターや、悪役っぽく登場するものの「実は傷を抱えて寂しがっているだけで根っこは優しいおもちゃ」の登場など、トイストーリーならではの愛らしいおもちゃたちの姿は健在。

ストーリーの構成もよく、100分の上映時間があっという間でした。大人にこそ見てほしい良作です。

あわせて読みたい
トイ・ストーリーの全キャラクター名一覧!ぶたやクマなどの名前を画像付きで紹介!「トイ・ストーリー」にはさまざまな人形やぬいぐるみたちが登場しますよね。名前がごちゃごちゃしてきて誰が誰なのか分からない!なんてことはあ...

まとめ

以上、『トイストーリー4』の結末までのあらすじネタバレと、感想を紹介しました。

もちろん子どもも楽しめるとは思うのですが、ウッディの選択を通して描かれたテーマは、シリーズ中最も大人向けの、ほろ苦さを感じさせるテーマでしたね。

本作で新たな世界に足を踏み出したウッディ。続編は果たしてあるのでしょうか?

トイストーリーシリーズの今後に注目です。