小ネタ

トイ・ストーリーの全キャラクター名一覧!ぶたやクマなどの名前を画像付きで紹介!

「トイ・ストーリー」にはさまざまな人形やぬいぐるみたちが登場しますよね。名前がごちゃごちゃしてきて誰が誰なのか分からない!なんてことはありませんか?

この記事では、キャラクター名一覧を画像つきで紹介します。新作が公開される前にキャラクターをおさらいしておきましょう!

あわせて読みたい
ディズニー映画「トイ・ストーリー3」の動画(字幕・吹き替え版)を無料フル視聴!映画『トイ・ストーリー3』の字幕・吹き替え版の動画を無料視聴する方法を紹介します。 映画「トイ・ストーリー3」を無料で見る ...

目次

アンディのおもちゃ


出典:U-NEXT

ウッディ:登場シリーズ1〜4

出典:https://www.amazon.co.jp

かつての持ち主アンディにとって一番お気に入りだった人形です。カウボーイのような姿をしており、キャラクター設定上は保安官。背中に紐がついており、引っ張ると録音されているセリフをしゃべることもできます。彼の靴の裏にはアンディという名前が書いてあります。

「トイ・ストーリー3」のラストではアンディが引っ越しの際、彼だけを連れて行こうとしましたが、自分の意志で他のおもちゃたちと共にボニーという新しい持ち主のもとに行くことにしました。

常におもちゃたちをまとめ上げたり鼓舞したりするリーダーのような存在で、仲間のために危険に立ち向かう勇敢な心を持っています。

バズ・ライトイヤー:登場シリーズ1〜4

出典:https://www.amazon.co.jp

ウッディの相棒のような存在です。決め台詞は「無限の彼方へ、さあ行くぞ!」というもの。背中から翼が飛び出したり、レーザー光線を出したりすることができる近未来的な見た目をしており、発売当初は子どもたちが欲しがり、あこがれの的だったおもちゃです。

アンディの誕生日プレゼントとして家にやってきた当初は、自分は宇宙を救うために地球にやってきた存在だと思い込んでいました。自分は空を飛んだりレーザー光線で敵を打ち落とせたりすると思っていましたが、自分がおもちゃであることを知り落胆するシーンも。

ウッディとともにピンチに陥った仲間を救うため、危険なことに率先して飛び込んでいきます。

ジェシー:登場シリーズ2〜4

出典:https://www.amazon.co.jp

「トイ・ストーリー2」で登場した、カウガールの保安官です。かつてはテレビ番組でウッディと共演していました。そのため、ウッディとセットで欲しがるマニアが多く存在しています。

ウッディたちに助け出される前は、マニアによって厳重に保管されていました。もともとはエミリーという女の子のおもちゃでしたが、成長していくにしたがって遊ばれなくなり、ベッドの下に捨てられ忘れられていたという悲しい過去があります。

それ以来、暗くて狭いところに入れられるとパニックに陥ってしまいます。性格は陽気で行動的。嬉しい時には「イーヤッハー!」と大きな声で叫びます。女性ですが大胆なアクションで活躍します!

レックス:登場シリーズ1〜4

出典:https://www.amazon.co.jp

ティラノサウルスをモチーフにして作られた恐竜のおもちゃです。アンディ曰く「この世で最も恐ろしい動物」で、大きな体をしています。性格はとても臆病ですが、優しい一面を持っており、高い声が特徴的です(吹き替え版)。

本人はその性格や特徴をコンプレックスに思っており、アンディがもっと恐竜らしい怖い顔のおもちゃを買うのではないかと心配しています。テレビゲームが大好きで、バズ・ライトイヤーが登場するゲームで遊んでいるシーンもありました。

頭部が頑丈に作られており、通気口を破るなど体を張って仲間のために頑張るシーンも多くあるキャラクターです。

ハム:登場シリーズ1〜4

出典:https://www.amazon.co.jp

アンディが持っていた豚の貯金箱です。レックスと行動を共にしていることが多く、クールで思慮深い一面を持っています。おもちゃたちが無鉄砲な動きをしようとした際には、持ち前の冷静さや毒舌で止めるシーンもあります。

アンディが貯めた小銭がお腹に入っており、金額は6ドル以上あるとか。お腹のへその部分がふたになっており、その中身を見られるのを恥ずかしがる一面も。ハーモニカを弾けるという特技を持っていたり、のしかかり攻撃ができたりするのも印象的なキャラクターです。

「トイ・ストーリー3」では子どもたちにお金ではないものを入れられるなど、悲惨な目に遭いました。

ミスター・ポテトヘッド:登場シリーズ1〜4

出典:https://www.amazon.co.jp

ジャガイモに顔が付いたような見た目をしたおもちゃで、顔のパーツを自在に付け替えられます。嫌味ったらしい一面と仲間思いで情に厚い一面を併せ持っています。

アンディにはよく悪役として遊ばれており、そのたびにパーツをバラバラにされています。しかし、アンディはパーツをなくすことがないため、彼のことを信頼しています。

彼の妻にあたるミセス・ポテトヘッドとはおしどり夫婦のようにいつも仲が良く、常に一途に彼女のことを想っています。

ミセス・ポテトヘッド:登場シリーズ1〜4

出典:https://www.amazon.co.jp

ミスター・ポテトヘッドの奥さんで、彼同様ジャガイモに顔と手足がついたような見た目をしています。本当はモリーへのプレゼントでしたが、アンディがよく遊んでいます。

旦那であるミスターは彼女のことを「スイートポテトちゃん」と呼ぶなど夫婦仲は大変よく、常に恋をしているかのようなラブラブぶり。しかし、「スイートポテトちゃん」とほかのおもちゃに呼ばれることは嫌がるなど、一途な性格をしています。

「トイ・ストーリー2」では夫が助けたエイリアンたちを子供として育てようという面倒見の良い一面も見られます。

スリンキー・ドッグ:登場シリーズ1〜4

出典:https://www.amazon.co.jp

ダックスフンドのような見た目ですが、胴体部分がバネになっています。伸びる胴体はおもちゃたちが上下に移動する際など、様々な場面で活用されています。しかし、カラーコーンに隠れて移動する際には1個に入りきらず、頭とお尻2つに分かれて移動していました。

ウッディにある疑いがかけられた時も彼の潔白を信じるなど仲間思いの一面もあります。ウッディとはボードゲームで遊ぶほど仲が良いというのも、彼の潔白を信じた一因でしょう。

「トイ・ストーリー3」の小説版では、ウッディからも信頼を寄せられていることが明示されています。本物の犬の言葉が分かり、本物の犬のように鳴くこともできます。

ブルズアイ:登場シリーズ2〜4

出典:https://www.amazon.co.jp

ジェシーと同じように「トイ・ストーリー2」から登場します。彼女と同じくウッディとともにテレビ番組に出演していたおもちゃです。

ウッディによく懐いており、頻繁に移動手段として使われています。本人もそれを誇りに思っているようで、離陸直前の旅客機に追いつくほどの脚力を見せました。

リトルグリーンメン(エイリアン):登場シリーズ1〜4

出典:https://www.amazon.co.jp

UFOキャッチャーにいた三つ目の人形です。緑色の体をしており、常に3人組で行動し笑顔を浮かべています。「トイ・ストーリー2」ではミスター・ポテトヘッドに助けられたことから、彼に感謝を抱きアンディの家までついてきました。

その後はミス・ポテトヘッドのアイデアによって、彼らの養子ということになっています。UFOキャッチャーにいた経験からか、アームやクレーンなどを「神様」と呼んでいます。

胸には星のマークがついていますが、実は星ではなくピザが描かれているのです。

グリーン・アーミー:登場シリーズ1〜3


出典:https://www.amazon.co.jp

小さなおもちゃの兵隊で、緑色の体をしています。軍曹など彼らにしか分からない序列があるらしく、点呼をとっている姿がよく見られます。偵察などの場面でよく活躍し、任務遂行に情熱を感じています。

「トイ・ストーリー3」では、最後の任務を遂行した後、自分達の意志でアンディの家から飛び立ちました。その後はサニーサイド幼稚園に到着した模様です。

ウィージー:登場シリーズ2〜3


出典:https://www.amazon.co.jp

ペンギンの姿をしたおもちゃで、「トイ・ストーリー2」に登場します。アンディの部屋の片隅に置かれ、存在を忘れられていました。埃をかぶっており、喘息のような症状を発症していました。音声装置がついていましたが、その機能は故障しています。

後に故障部分を直してもらい、優秀なテナーとして活躍しました。アンディの母に不用品だと勘違いされ、バザーに出されていたところをウッディたちに救われた過去を持ちます。

バービー:登場シリーズ2〜4


出典:https://www.amazon.co.jp

モリーの人形。量産された商品で、「トイ・ストーリー2」ではおもちゃ屋の商品や、ある女の子のおもちゃとして登場していました。モリーの人形だと発覚したのは「トイ・ストーリー3」でのことです。

ウッディらとともにサニーサイド幼稚園に寄付され、そこでケンという男性の着せ替え人形に出会い恋に落ちます。「トイ・ストーリー3」では、サニーサイドのおもちゃたちを説得するなど活躍シーンが多く、最終的にはケンとともに幼稚園に残る決断を下します。

ボー・ピープ:登場シリーズ1・3・4


出典:https://www.amazon.co.jp

ウッディたちの仲間で、離れ離れになった後に持ち主がいなくなった経歴を持っています。美しい見た目の人形で、頼もしい女性です。

アルの所持するおもちゃ

プロスペクター:登場シリーズ2


出典:https://www.amazon.co.jp

かつてウッディとともにテレビ番組に出演していた鉱山掘りの人形です。「トイ・ストーリー2」でジェシーと共に登場。マニアによって購入され、未開封のパッケージに入っていた自分をプレミア物だと自負しています。

第一印象ではテレビ番組での設定同様、面倒見の良い性格をしていますが、プレミア物の自分こそ博物館に飾られるべきだと熱望しています。ジェシーやウッディと一緒ならばさらに価値が上がると自覚しており、彼らが脱出するのをあらゆる手で妨害する自己中心的な性格をしています。

ザーグ:登場シリーズ1


出典:https://www.amazon.co.jp

「スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー」というテレビ番組に登場する、バズの宿敵という設定のおもちゃです。おもちゃ屋で陳列されていましたが、偶然(アンディの)バズに起こされ、同じくおもちゃ屋に陳列されていたバズたちに攻撃しだします。

アンディの家にやって来た時のバズ同様、自分がおもちゃだと気づいておらず、「バズ・ライトイヤーを消せ!」と言って暴れまわります。

アンディのおもちゃたちにも襲い掛かりますが、レックスのしっぽ攻撃によってエレベーターから落下しました。バズが翼やビームを出せるように、彼もピンポン玉を発射できる機能が搭載されています。

サニーサイド幼稚園のおもちゃ

ロッツォ・ハグベア:登場シリーズ3


出典:https://www.amazon.co.jp

サニーサイド幼稚園に長い間いるリーダー的存在で、ピンクの熊のぬいぐるみです。抱きしめるとイチゴの香りがするようです。もともとはデイジーという女の子のおもちゃでしたが、道に置き去りにされてしまいます。

ボロボロになりながらデイジーの元に辿りつきますが、彼女が新しいロッツォを買ってもらっているところを窓から見てしまい、絶望してしまいます。それ以来、人間もおもちゃも信用できず、サニーサイド幼稚園を力で支配するようになってしまいました。

最後にはゴミ収集車に乗っていた人物に拾われていきました。

ケン:登場シリーズ3〜4


出典:https://www.amazon.co.jp

バービー人形のボーイフレンドである男性版着せ替え人形です。もともとはサニーサイド幼稚園にいて、ロッツォと行動を共にしていました。しかし、本心ではロッツォに対して好感を抱いておらず、さらにモリーの人形であるバービーと恋に落ちたことでウッディ側に寝返ります。

ロッツォをサニーサイド幼稚園から追い出してからは自身とバービーが新しいリーダーとなり、おもちゃたちにとって居心地のよい幼稚園に変えようと尽力します。

ビッグ・ベビー:登場シリーズ3


出典:https://www.amazon.co.jp

青い目を持つ赤ちゃんの人形です。サニーサイド幼稚園に来る前からロッツォとともにデイジーの持ち物でした。その名の通り体が大きく、赤ちゃんとは思えないほど力も強い様子。

落書きされていたり、片目がいつも閉じたままになっていたりするなど、体の損傷が激しい。デイジーのことをママと呼び、今でも慕っている。デイジーのことを侮辱したロッツォのことをゴミ収集車に投げ込みました。

エンディングではサニーサイド幼稚園で、ケンやバービーとともに仲良く暮らしているようです。

ボニーのおもちゃ

ミスター・プリックルパンツ:登場シリーズ3〜4


出典:https://www.amazon.co.jp

「トイ・ストーリー3」で登場。ボニーという女の子のおもちゃです。ハリネズミの姿をしており、ごっこ遊びから自分を舞台俳優だと思い込んでいます。

役になりきることに誇りを持っており、エンディングでは「ロミオとジュリエット」のロミオ役を演じています。

バター・カップ:登場シリーズ3〜4


出典:https://www.amazon.co.jp

ボニーのおもちゃ。ユニコーンのぬいぐるみで、見た目は女の子のようですが実は男の子。ハムと仲良くなって一緒に遊ぶ姿がエンディングで収められています。

トリクシー:登場シリーズ3〜4


出典:https://www.amazon.co.jp

青いトリケラトプスの恐竜の姿をしたボニーのおもちゃ。こちらは女の子で、レックスと同じメーカーの製品です。

パソコンを操作できるという特技を持ち、夜な夜なボニーのお母さんのパソコンを駆使して、近所の恐竜のおもちゃと連絡を取り合うなど、パソコンスキルは高い様子。ゲームが好きなレックスと仲良くなり、一緒にネットゲームで遊んでいました。

ドーリー:登場シリーズ3〜4


出典:https://www.amazon.co.jp

紫の髪が特徴的な女の子のぬいぐるみで、ボニーのおもちゃです。ボニーのごっこ遊びでは、魔女の役に扮することが多い模様。

お豆三兄弟:登場シリーズ3〜4


出典:https://www.amazon.co.jp

ボニーのおもちゃで、ジッパーがついたさやに入っている枝豆のぬいぐるみです。一番左が兄で、妹が2人という設定がある様子です。

クッションとしても使われており、エンディングではミスター・ポテトヘッドのパーツを落とす遊びをしていました。

チャックルズ:登場シリーズ3〜4


出典:https://www.amazon.co.jp

もともとはデイジーのおもちゃであるピエロの人形。かつてはロッツォやビッグ・ベビーとともにサニーサイド幼稚園にいました。壊されそうになった際にボニーが家に持ち帰って修理したことをきっかけに、ボニーのおもちゃとなります。

ロッツォによる支配を良く思っていません。昔の持ち主であるデイジーがくれたペンダントを大事に持っているなど、一途で情に厚い一面も。ボニーがいる間は明るい表情をしていますが、デイジーのことを想いボニーがいない間は暗い表情で過ごしていました。

エンディングではウッディに「かっこいい」と褒められ、自分の絵を観て笑顔になることができるようになりました。

フォーキー:登場シリーズ4


出典:https://www.amazon.co.jp

ウッディたちの新しい持ち主・ボニーがスプーンで作ったおもちゃです。自分のことをゴミだと思い込んでおり、ゴミ箱に入ろうとするクセがあります。

トイ・ストーリーキャラクター:人間

アンディ・デイビス


出典:https://www.amazon.co.jp

ウッディたちの持ち主で、おもちゃを大事にして遊ぶ男の子。次第に成長しておもちゃで遊ばなくなり、「トイ・ストーリー3」のラストではボニーという少女に自分のおもちゃで遊んでくれるよう頼んで引っ越していきました。

モリー・デイビス

アンディの妹で、「トイ・ストーリー1」では自力で立って歩けないほど幼い姿で登場しました。おもちゃが動いたところを目撃したことのある唯一の人物。「トイ・ストーリー3」では10歳になるほど成長していますが、おもちゃよりもiPadなどにご執心のようです。

デイビス夫人

アンディの母親で、しばしば遊ばれていないおもちゃたちを不用品として扱おうとします。バザーに出そうとしたり、サニーサイド幼稚園に寄付しようとしたりするなど、おもちゃたちにとってはトラブルメーカー的な存在。

シド・フィリップス

「トイ・ストーリー1」に登場する、アンディの家の隣に暮らす少年。おもちゃたちを乱暴に扱ったり、危険な遊びをさせたりすることから、おもちゃたちには「おもちゃ殺し」と呼ばれています。

ロケット花火でバズを吹き飛ばして遊ぼうとしますが、おもちゃたちの報復にあい、それ以降は大人しくしている様子。「トイ・ストーリー3」で登場するゴミ収集車に乗っている人物は、成人したシドであることが明かされました。

ハンナ・フィリップス

シドの妹です。シドの遊びのせいで体が欠損したおもちゃを多く持っています。バズを人形遊びに参加させるなど、兄とは違いおもちゃを丁寧に扱っている様子。

アル・マクウィギン

「トイ・ストーリー2」に登場する、レトロなおもちゃマニア。かつて放送されていたウッディのテレビ番組に登場していたおもちゃを収集して、博物館に高値で売りつけようと画策しています。おもちゃ屋を経営していましたが、ウッディたちを空港で紛失したことから、最後には閉店にまで追い詰められました。

エミリー

「トイ・ストーリー2」に登場するジェシーの元の持ち主。成長するとおもちゃよりおしゃれに興味を持ち、ジェシーのことを忘れてしまった。ジェシーはそれがトラウマになっているようです。

ボニー・アンダーソン

「トイ・ストーリー3」に登場する女の子。アンディの親戚で、おもちゃを大切にしているようです。サニーサイド幼稚園に通っています。「トイ・ストーリー3」のラストではウッディたちの新しい持ち主になります。

その他のおもちゃ

ダッキー&バニー


出典:https://www.amazon.co.jp

ウッディたちが行き着いた移動遊園地の景品になっているぬいぐるみです。子どもに持って帰ってもらうことを夢見ており、可愛らしい見た目をしていますが、実のところは毒舌家。

ギャビー・ギャビー


出典:https://www.amazon.co.jp

音声が内蔵されている女の子の人形。ウッディ同様背中に紐があり、引くと録音されている音声を聞ける仕様になっています。

しかし、彼女は不良品でおしゃべりができず、店の奥で忘れられていました。子どもに愛されることだけを夢見ている切ない人形です。

デューク・カブーン


出典:https://www.amazon.co.jp

バイクにまたがった男性のおもちゃ。スタントマンという設定がありますが、CMのように高く飛べないことから持ち主に飽きられてしまいました。それがトラウマとなり、自分に自信を持てないでいます。

ギグル・マクディンプルズ


出典:https://www.amazon.co.jp

「トイ・ストーリー」シリーズで最も小さいおもちゃ。小さなプラスチック人形で、はっきりと物を言う性格をしています。

様々なおもちゃたちが織りなす壮大で少し切ないストーリー

「トイ・ストーリー」シリーズは、おもちゃたちが元の持ち主に対して並々ならぬ思いを抱いていることがよく分かる良作映画です。

おもちゃたちが様々な苦難に直面しながらも自分の運命を受け入れていくところは少し切なくなりますね。

昔遊んでいたおもちゃたちでもう一度遊んでみたくなる、そしておもちゃたちが遊んでいるところを見てみたくなる楽しい映画です!新作「トイ・ストーリー4」にも期待です!

あわせて読みたい
ディズニー映画「トイ・ストーリー3」の動画(字幕・吹き替え版)を無料フル視聴!映画『トイ・ストーリー3』の字幕・吹き替え版の動画を無料視聴する方法を紹介します。 映画「トイ・ストーリー3」を無料で見る ...