映画ネタバレ

映画「トイ・ストーリー謎の恐竜ワールド」のあらすじ・ネタバレ・感想!

本作は2014年に、TV番組用としてディズニーとピクサーが共同制作した。本作の主役はトリケラトプスの人形、トリクシー。彼女が大活躍する本作の、あらすじ・ネタバレ・見所をご紹介!


【あらすじ・ネタバレ】友人・メイソンの新しいおもちゃ

クリスマスが明けた次の日、ボニーはウッディ達といつも通り遊んでいた。

今日は恐竜ごっこをしているようだ。トリクシーという恐竜のおもちゃは何故かいつも恐竜の役をやらせてもらえない。観光客や、近所の奥さん役ばかりだ。自分にぴったりである、恐竜の役をやらせて貰えないことが不満だった。

ボニーは友達のメイソンの家に、ウッディ達を連れて遊びに入った。メイソンは沢山のクリスマスプレゼントを貰っていた。ボニーとメイソンは新しくもらったVRのゲームをやる事に。

ウッディ達はメイソンの新入りおもちゃに会えるのを楽しみにしていた。ボニーとメイソンがゲームをしている間に、ウッディ達はメイソンの子供部屋を散策する。

メイソンは『謎の恐竜ワールド』というジオラマ式の巨大おもちゃを貰っていた。そこには映画のセットさながらのジオラマがあった。トリクシーは面白そう!と中へ入っていく。

すると恐竜の戦士達、バトルサウルスが沢山現れた。何者だ!と言ってウッディ達を囲む。トリクシーは役になりきり、遥か遠くのボニーの国からやってきた。と自己紹介した。

トリクシーとレックス達は歓迎され武器庫に通されたが、ウッディとバズは捕まり、さらわれてしまった。

ウッディ達が連れ去られた事に気がつかないトリクシー。武器と鎧を装備してもらい上機嫌だ。トリクシーは恐竜の兵士、レプティラスと打ち解ける。そしてこの土地を案内してもらった。

【あらすじ・ネタバレ】コロッセオでの戦い

この恐竜達は、自分達がおもちゃである事に気がついていない。かつてのバズのように、本当にバトルサウルスだと思っているのだ。

すると大きなブザー音が鳴り響いた。これが戦いの合図らしい。コロッセオのような闘技場に集合する恐竜達。トリクシーは兵士と一緒に闘技場の舞台に上がる。

するとそこにメイソンのおもちゃ達が連れられてくる。トリクシーも普段遊んでいる仲良しのおもちゃ達だ。

メイソンのおもちゃ達はあっという間にバトルサウルスに滅多打ちにされてしまう。それを見て驚くトリクシー。

そして、次はバズとウッディが舞台にあげられた。ウッディは、やつらは本気なんだ!おもちゃとして遊んでもらったことが無いから、自分達を本当のバトルザウルスだと思っている!と伝えた。

ウッディ達は必死に抵抗するものの、出てきた巨大恐竜に飲み込まれてしまった。トリクシーはボニーに助けを求めるため、走ってコロッセオを抜け出す。

【あらすじ・ネタバレ】おもちゃであるということ…

メイソンとボニーはテレビゲームに夢中になっていた。テレビゲームの電源を落とし、ボニーに気がついて貰おうとするトリクシー。

あと少しで電源を切れるという所で、レプティラスに邪魔をされてしまう。しかしレプティラスは、自分が本当のバトルサウルスでは無く、おもちゃである事に薄々気付き始めていた。

そんなレプティラスにトリクシーは伝える。遊んでもらえれば、何にでもなれる。それは恐竜かもしれないし、想像も付かないものかもしれない。何になるのかは、持ち主の子供が決めるのよ。大切なのはいつもその子のそばにいることというトリクシー。

するとレプティラスは、自らゲームの電源を落とした。メイソン達は、ん??と手を止め、ゲームと主電源を見に来る。そしてレプティラスの存在に気がついた。

するとボニーがレプティラスにこんにちは!と挨拶し一緒に遊び始める。そのままボニー達はレプティラスとおもちゃの部屋にやって来て、他のバトルサウルス達とウッディを一緒に遊ばせる。レプティラスは楽しかったと遊んでもらう喜びを噛み締めた。

家に帰ってきたトリクシー。仲間のオモチャから今日は自分にぴったりの役を貰えたかい?と話しかけられると

私はどんな役でもいいの!だって私はボニーの恐竜だから。ボニーの恐竜は何にでもなれるのと皆に話すのだった。

「トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド」感想・見所

本作は本編の他に、採用されなかったシーンのアニメーションや、バトルサウルスの世界観を表現するまでのピクサーによるドキュメンタリーも収録されている。

バトルシーンは実際に人間達が動いてカッコよく見える仕草をアニメーションに組み込んでおり、作り手側の熱量を感じる。本作では、いつも主役のウッディやバスは少ししか出てこない。

かわりに恐竜ワールドでトリクシーが大活躍する新鮮なストーリーとなっている。これから公開される「トイ・ストーリー4」を見る前にぜひ♩