動画配信サービス

TSUTAYA TV(プレミアム)の口コミ・評判まとめ!無料期間だけがお得!?

動画配信サービス「TSUTAYA TV」の評判をまとめました。

VHSビデオの時代から長らく映画好きの友として絶対的な地位を気づいてきたTSUTAYAですが……動画配信サービスとしての実力はいかに……?

TSUTAYA TVの利用を検討中の方のお役に立てれば嬉しいです!

▷ちなみに、TSUTAYA TVは30日間無料で試せます。


TSUTAYA TVとは?基本をおさえよう!

TSUTAYA TVとは、株式会社TSUTAYAが運営する月額制の動画配信サービスです。

追加料金なしで好きなだけ視聴可能な「見放題作品」と、1本の視聴ごとに別途課金が必要な「PPV(ペイ・パー・ビュー)作品」がどちらも配信されています。

毎月付与される1,100円相当の「動画ポイント」を利用すれば、新作やビッグタイトルが豊富なPPV作品であっても、2本程度は追加料金なしで視聴可能です。

月額料金 933円(税別)
付与ポイント 1,100ポイント/月
無料期間 30日間
配信動画数 約23,000本(うち見放題:約10,000本)
対応画質 SD/HD
ダウンロード機能 あり(PPV作品のみ対応)
支払い方法 クレジットカード(VISA/MASTER、JCB、AMEX)
対応デバイス パソコン(Windows/Mac)
スマートフォン(iOS/Android)
テレビ(対応機器を確認する
ストリーミングデバイス(Chromecast/Fire TV Stick)

TSUTAYA TVの良い評判まとめ

良い評判①毎月もらえる動画ポイントがお得

冒頭で触れた通り、TSUTAYA TVの配信作品には、旧作メインの「見放題作品」と新作やビッグタイトルが豊富な「PPV作品」の2パターンがあります。

PPV作品の視聴には別途課金が必要ですが、毎月付与される1,100円相当の「動画ポイント」を利用すれば、2本程度は追加料金なしで視聴可能です。

月額933円(税別)相当以上のポイントがもらえるのはお得ですね。「PPV作品が2本無料でついてくる」とも「見放題サービスが無料」ともとれます。

良い評判②月額料金が安い

「月額料金が安い」と評判のTSUTAYA TVは、月額933円(税別)です。TSUTAYA TVとその他の主要サービスの月額料金を安い順に並べてみます。

月額(税別) 見放題作品 付与ポイント
Amazonプライム・ビデオ 455円 約15,000本 なし
dTV 500円 120,000本以上 なし
ビデオパス 562円 約10,000本 550 P
Netflix 800円 推定5,000本以上 なし
FODプレミアム 888円 約2,000本 1,300 P
Hulu 933円 50,000本以上 なし
TSUTAYA TV 933円 約10,000本 1,100 P
ビデオマーケット 980円 25,000本以上 550 P
music.jp 1,780円 なし 4,958 P
U-NEXT 1,990円 140,000本以上 1,200 P

安いと一口に言っても「安価であること」と「コスパの良さ」は別の話です。

参考までに各サービスの見放題作品数と付与ポイント数もまとめていますが、動画配信サービスは月額料金の安価さだけで比較できないことがお分かりいただけるはずです。

良い評判③宅配レンタルとのセットプランが意外とイイ!

TSUTAYA TVには、宅配DVDレンタル「TSUTAYA DISCAS」の定額制サービス「定額レンタル8」とのセットプラン「動画見放題+定額レンタル8」も用意されています。

「定額レンタル8」は、月額1,865円(税別)で新作・準新作・まだまだ話題作が追加料金なしで8枚までレンタルできるほか、旧作の借り放題を楽しめるサービスです。

セットプラン「動画見放題+定額レンタル8」は月額2,417円(税別)なので、TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASを別々に契約するよりも、381円ほどお得になります。

TSUTAYA DISCASの最大のウリは34万タイトル以上にのぼる膨大なラインナップにあります。この点に関しては、動画配信サービスでは足元にも及びません。

配信が解禁されていない最新作や、権利の関係で配信できない作品、マイナーすぎて配信されていない名作なんかもTSUTAYA DISCASであれば見つかるはずです。

また、動画配信サービスと違い「旧作」であれば全タイトル等しく借り放題なので、PPV作品に設定されがちなビッグタイトルも追加料金なしで視聴できます。

動画配信されていないことで有名な「ジブリ映画」や「ジャニーズ出演作品」、見放題で配信されることがない「ディズニー映画」をお得に視聴したい方には特におすすめです。

良い評判④無料お試しサービスだけでも楽しめる

TSUTAYA TVには30日間の無料お試しサービスがあります。サービス終了後は通常料金での自動更新となりますが、30日以内に解約すれば料金が発生することはありません。

この無料お試しサービスが、実際にTSUTAYA TVの利用を検討している方々のみならず、単純に「映画を無料で楽しみたい!」という猛者たちからの評判を上げています。

月額933円(税別)で動画見放題の「見放題プラン」だけでなく、宅配レンタルがセットになった月額2,417円(税別)の「動画見放題+定額レンタル8」も選択可能です。

無料お試しサービス終了後のプラン変更も可能なので、とりあえず最上位プランの「動画見放題+定額レンタル8」を選んでおけば間違いありません。

お試し期間中であっても、有料時と同じく1,100ポイントがもらえるのが嬉しいところ。

良い評判⑤Tポイントが貯まる・使える

TSUTAYA TVはTポイントと提携しているので、日常的にTポイントを貯めているユーザーからは「他社のサービスよりもお得に使える!」と評判です。

TSUTAYA TVでTポイントを貯める場合は200円課金するごとに1ポイント貯まり、Tポイントを使う場合は1ポイント=1円として利用できます。

良い評判⑥倍速再生機能が使える

TSUTAYA TVには、動画配信サービスとしては意外とレアな「倍速再生機能」があります。動画の再生速度を0.5倍~2.0倍の間で調整できる何かと便利な機能です。

多忙な毎日の中でも、気になる作品をサクッとチェックできるのは嬉しいですね。洋画や海外ドラマをスロー再生して語学学習にも役立てている方多いようです。

ちなみに、TSUTAYA TV以外で倍速再生に対応している動画配信サービスには、U-NEXTdTV、dアニメストア、Paraviなどがあります。

良い評判⑦一般ユーザーの作品レビューが見られる

TSUTAYA TVでは作品のレビューを見たり、投稿することができます。

あらすじや概要、解説を掲載しているサービスは多いですが、一般ユーザーのレビューが見られる動画配信サービスは珍しいのではないでしょうか。

動画配信サービスで視聴する作品を選ぶために、外部の映画レビューサイトを利用していたユーザーにとっては使い勝手の良いサービスと言えるでしょう。

TSUTAYA TVの悪い評判まとめ

基本的に、昼間は問題ないが、夜になるとすぐフリーズ状態になる。何回繰り返しても
同じ。
引用:みん評

見放題は、いいのやけど…旧作全てじゃないやん!!が一番最初に思いました。
店では、借り放題なのになんで?ですね…。。。
引用:みん評

悪い評判①ラインナップが微妙……

TSUTAYA TVには「ラインナップが微妙……」という評判があります。

いきなり致命的です。「どんな作品が配信されているか」という意味でのラインナップについては好みによって評価が変動するので、単純に配信本数で考えてみましょう。

実際に公式サイトで検索してみたところ、TSUTAYA TVで配信されている動画は全部で約2万本(2020年1月時点)であることが分かりました。

特に配信数が多いU-NEXT(約17万本)や、ビデオマーケット(約20万本)、dTV(12万本)と比較すると、悪い意味で桁違いですね。

悪い評判②見放題作品が少ない

TSUTAYA TVに関する「見放題作品が少ない」という評判には「PPV作品(ポイント作品)の割合が大きい」もしくは「他社サービスよりも少ない」という2通りの意味があります。

それぞれの評判について、真相を探ってみましょう。

PPV作品が多いような気がする

まず前者の「PPV作品と比較した場合」ですが、TSUTAYA TVの全配信本数23,362本の内訳は、見放題作品が9604本、PPV作品が13,758本です。

全体の約40%が見放題作品なので、取り立てて「少ない!」とは言えません。

恐らく「見放題作品が少ない」=「PPV作品が多い」と感じてしまうのは「自分が視聴したい作品がPPV作品である率が高い」からだと思われます。

多くの人が視聴したいであろう新作やビッグタイトルは、TSUTAYA TVに限らずPPV作品に設定されるので、こういった評判が立つのは仕方がありません。

ちなみに、TSUTAYA TVでは毎月1,100円相当の動画ポイントが付与される(月額933円なのに)ので、PPV作品であっても2本程度は追加料金なしで視聴できます。

他社サービスより少ないような気がする

次に後者の「他社サービスと比較した場合」です。ひとまず、TSUTAYA TVとその他の主要サービスの見放題作品数を多い順に並べてみました。

見放題作品数
U-NEXT 約170,000本以上
dTV 120,000本以上
Hulu 60,000本以上
ビデオマーケット 25,000本以上
Amazonプライム・ビデオ 約15,000本
TSUTAYA TV 約10,000本
ビデオパス 約10,000本
Netflix 推定5,000本以上
FODプレミアム 約2,000本
music.jp なし

10サービス中の5位タイなので少ないとまでは言えませんが、U-NEXTdTVと比べてしまうと、さすがに見劣りしますね。

ラインナップの内訳や月額料金、毎月の付与ポイントなどとのバランスもあるので、見放題作品数だけで動画配信サービスの価値は測れませんが……。

悪い評判③画質が悪い

TSUTAYA TVは「画質が悪い」という評判もありました。

TSUTAYA TVの画質が「どのくらい悪いのか」を理解するために、映像規格と対応する画質の目安をおさらいしておきましょう。

画質の目安
4K 次世代の映像規格
フルHD ブルーレイ相当
HD 地デジ相当
SD DVD相当

こちらの目安を踏まえた上で説明すると、主要サービスのほとんどがHD以上を主流にしている中、TSUTAYA TVは未だにSDが基本です。

HD対応の作品もありますが、スマホとタブレットではSDのみ対応、見放題作品はデバイスに関わらずSDのみ対応、HDを選択すると料金がアップ……など何かと難アリ。

とはいえ、SDもDVD相当なので致命的とまでは言えません。

地デジやブルーレイの高画質に慣れすぎてしまっている方や、画質に強いこだわりがある方は「やめておいた方がいいかもね」くらいのレベルです。

高画質を求めるこだわり派の方には、フルHDに対応しているU-NEXTAmazonプライム・ビデオNetflixHuluの利用をおすすめします。

悪い評判④決済方法が選べない

TSUTAYA TVの決済方法はクレジットカード一択です。ドコモ、au、ソフトバンクのキャリア決済に対応していましたが、現在は新規の受付を停止しています。

しかも、デビットカードもVプリカも不可……。これでは、何らかの事情でクレジットカードを作ることができない方はどうやっても利用することができません。

作ろうと思えば作れるという方でも、TSUTAYA TVのためだけにクレカデビューするのはなかなか心理的なハードルが高いですよね。

クレジットカードを持っていない方は、他社サービスを利用するしかありません。

主要サービスのほとんどがクレジットカード決済に加えて、少なくともドコモ、au、ソフトバンクの主要3キャリアでのキャリア決済には対応しています。

キャリア決済も難しい方には、ギフトカードやギフトコードによる決済を導入しているU-NEXTAmazonプライム・ビデオHuluNetflixがおすすめです。

こちらは、コンビニや家電量販店、オンラインストアなどで現金決済、代金引換決済可能なギフトカードやギフトコードを使ったプリペイドタイプの支払い方法です。

皆さんもコンビニで見かけたことがあるのではないでしょうか。

悪い評判⑤動画ポイントを利用できない作品がある

TSUTAYA TVでは、PPV作品の視聴に利用可能な「動画ポイント」が毎月1,100円相当付与されますが、全ての作品に利用できるわけではありません。

これについて「せっかくの特典に対象外があるのは残念」といった評判がありました。

画像左の『ジョーカー』ように、作品ページ上部に「動画ポイント利用可」と表示のある作品のみがポイント利用の対象となっています。

悪い評判⑥見放題作品はダウンロード対象外

インターネット上の動画を、あらかじめデバイス本体に転送・保存しておくことで、オフライン環境での再生を可能にする「ダウンロード機能」ですが……

……だそうです。PPV作品はダウンロードできます。

わざわざ「2018年6月現在」と書いているので、今後対応する予定(気持ち?)はあるのかもしれません。だいぶ時間が経ってはいますが笑。

見放題作品のダウンロードに対応している他社サービスには、U-NEXTビデオパスdTVAmazonプライム・ビデオHulu(iOS端末のみ)、Netflixがあります。

※いずれのサービスにも一部ダウンロード対象外の作品があります。

悪い評判⑦読み込みが遅い・重い

「サイトや動画の読み込み速度が遅い」「動画が再生中に止まる」といった評判は、TSUTAYA TVに限らずほかの動画配信サービスでもよく聞かれます。

DVDやブルーレイにはないデメリットですね。

動画配信サービス側の原因としては、サーバーのエラーやメンテナンスが考えられます。特に、アクセスが集中する時間帯は混雑によるエラーが発生しやすいです。

ただし、読み込みが遅い原因は動画配信サービス側ではなく、通信環境や再生機器などユーザー側にある場合も多々あります。

通信環境は安定しているか、同じ回線で大容量のデータ通信をしていないか、利用端末は最新のアップデートに対応しているかなどを確認してみましょう。

また、自身で状態を確認するのが難しいアパートやマンションの共用回線を利用している場合、動画配信サービスのサーバーではなく、回線が混雑している可能性もあります。

悪い評判⑧専用アプリがポンコツ

TSUTAYA TVをスマホで利用する場合、動画を視聴するには公式アプリ「TSUTAYA TV Player」をインストールする必要があります。

ところが、残念なことにこのアプリの評判がとにかく悪いんです。

この通り、星2つにも満たない体たらく……。

レビューの中には「動作が重い」といったアプリのせいとは言い切れない(スマホの容量不足やバージョン、通信環境が原因の可能性もある)ものもありました。

しかしならが、操作性の悪さやユーザビリティの低さを指摘する声も多くあり、他社サービスのアプリがきちんと高評価を受けているところを見るとフォローしきれません。

スマホでの動画視聴を想定している方は、U-NEXTAmazonプライム・ビデオなど、アプリ版の評価が高い動画配信サービスを選んだ方が無難です。

まとめ

以上、TSUTAYA TVの「良い評判」と「悪い評判」のまとめでした。

個人的なTSUTAYA TVへの評価を一言で表すと「凡庸」です。映画ファンとライトユーザーの中間層を狙った無難なサービスというか……。

あと少しお金を出せばもっとハイクオリティなサービスがあるし、あともう少し何かを我慢すればもっと安いサービスもあるというか……。

最も無難な動画配信サービスというのを活かして、動画配信サービスを比較検討する際の尺度として最初に試してみるのもありかもしれません。

例えば、TSUTAYA TVの無料お試しサービスを利用してみて……

  • もっと高くていいから高品質なサービスがいい!▷U-NEXT
  • 見放題はいらないからPPV作品をお得に楽しみたい!▷music.jp
  • ポイント付与はいらないからもっと月額を抑えたい!▷dTV

……といった具合で調整していくイメージですね。

主要サービスのほとんどで1か月間程度の無料トライアルを実施しているので、どんどん試して自分にピッタリの動画配信サービスを見つけちゃいましょう!

◆無料トライアルを実施中の動画配信サービス一覧

無料期間 見放題作品 無料ポイント
TSUTAYA TV 30日間 約10,000本 1,100 P
U-NEXT 31日間 140,000本以上 600 P
music.jp 30日間 なし 1,600 P
FODプレミアム 1か月間 約2,000本 1,300 P
ビデオマーケット 初月 25,000本以上 550 P
ビデオパス 30日間 約10,000本 550 P
dTV 31日間 120,000本以上 なし
Amazonプライム・ビデオ 30日間 約15,000本 なし
Hulu 2週間 50,000本以上 なし
あわせて読みたい
【U-NEXTの評判まとめ】口コミから読み解くメリットとデメリット!U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスです。本記事では、Twitter上で発見したU-NEXTの「良い評判」と「悪い評判」をまとめ...