映画ネタバレ

映画「八日目の蝉」のネタバレ・感想!ドラマとの違いと実話も紹介

「優しかったお母さんは、私を誘拐した犯人でした」という衝撃的なキャッチコピーが印象的な映画「八日目の蝉」は、強い母性を感じさせる切ない内容となっています。

誘拐犯を応援してしまいたくなるほどの濃密な内容とはどのようなものでしょうか。詳しく解説します。

\31日間無料&600Pで今すぐ見れる!/

U-NEXTで「八日目の蝉」を無料で視聴する


映画版「八日目の蝉」のネタバレ・感想!

映画版「八日目の蝉」では、不倫相手・秋山丈博の子どもである恵理菜を連れ去った罪で裁判を受ける野々宮希和子のシーンから物語の幕が上がります。

初めの内は、罪を犯した希和子に同情しつつも、恵津子に肩入れする方が多いのではないでしょうか。しかし、映画を観ていく内に希和子に対する印象が変わっていくのが「八日目の蝉」の面白いところです。

希和子は秋山から身ごもった赤ん坊を堕胎するよう命じられた結果、もう2度と子どもを望めない体になってしまいました。さらに、秋山の妻・恵津子から「がらんどう」と嘲笑された挙句、激しく責め立てられます。

絶望した希和子は秋山との関係を解消しようと決意。自分の気持ちにけじめをつけるため、丈博と恵津子夫妻の間にできた赤ん坊の恵理菜を一目見ようと、留守中の秋山宅に忍び込みます。赤ん坊の恵理菜から微笑まれた瞬間、希和子は衝動的に連れ去ってしまうのでした。

二度と望めない赤ん坊を一目見たいという気持ちが切ないですね。
何もかも失くした希和子にとって、恵理菜が堕胎した赤ん坊のように思えたのかもしれません。

恵理菜に「薫」と名付けてほほ笑むシーンからは、彼女が子供につける名前を既に考えていたのだということが窺えます。母親になることを思い描いていた彼女の思いが悲しいと思いました。

希和子と薫の逃亡生活

希和子と薫の逃亡生活が始まってからは、誘拐犯でありながらとにかく逃げ切ってほしいとの思いが高まります。希和子は薫に対し深い愛情を持って接し、薫もまた、希和子を母親だと信じ切ってすくすくと健康に育っていきました。

逃亡途中で希和子は女性と子どもだけで暮らす「エンジェルホーム」という団体に身を隠し、その身が暴かれそうになったシーンでは冷や冷やしました。ついに逃亡劇も終わりなのかと思ったほどです。

しかし、逃亡生活は私の予想を上回る形で終わりを迎えました。エンジェルホームを抜け出し、親しくしていた女性の実家がある小豆島へと渡った2人。周囲の人は2人に対して温かく接してくれ、思わず安堵してしまいます。

ですが、小豆島での祭りに参加した様子を写真に撮られ、それが全国紙に載ってしまったことが、希和子の逮捕へとつながってしまいます。正直この展開は予想していませんでした。

そして逮捕されるシーンでの「その子はまだ朝ご飯を食べていません」と叫ぶ希和子と、「お母さん」と泣く薫の姿に思わず涙が溢れました。

薫は実の両親のもとへと返されますが、彼女にとっては他人のような存在です。実母・恵津子を見た恵理菜(薫)は恐怖のあまりお漏らしをしてしまうのでした。希和子を実の母と思いこんでいる恵理菜(薫)にとっては当然ですが、恵津子はショックを隠し切れません。

逃亡劇の期間が溝を生んだ母子関係はギクシャクとしたまま、恵理菜(薫)は成長していくのでした。ここに希和子の犯してしまった罪の深さが現れていますよね。映画冒頭の裁判で、希和子は「子育ての楽しさを教えてもらった」と感謝の念を語り、恵津子は「死ね!死んでしまえ!」と糾弾。

しかし、原因を作った丈博は妻子に対して何のフォローもせず、まるで他人事のようです。希和子の体を傷つけ不妊の原因を作ったことも誰からも責められていません。彼の無責任さをもう少し深く掘り下げてもよいのではないかと思いました。

あわせて読みたい
映画「八日目の蝉」のラストのセリフと希和子はその後どうなった?著者・角田光代のベストセラー「八日目の蝉」を映画化した本作では、ラストシーンでのセリフに涙したという観客が続出しました。 この記事...

恵理菜(薫)の成長と希和子

恵津子との関係がギクシャクしたまま成長した恵理菜(薫)は一人暮らしを始め、希和子と同じように妻子ある男性の子どもを妊娠していました。出産と堕胎で迷った恵理菜(薫)は、かつて幸せだった思い出の地・小豆島へ向かい幼かった自分と向き合おうと考えます。

小豆島へと渡った恵理菜(薫)は、ある写真館で希和子と自分が家族写真を撮っていたことを知ります。出所した希和子が写真を取りに来たと店主から聞かされ、「自分は愛されていた」ことを恵理菜(薫)は思い出すのでした。

恵理菜(薫)は希和子の母性を深く思い知ることで、ギクシャクしていた母・恵津子の気持ちも察することもできるようになるのです。2人の母から愛を受けていたことを恵理菜(薫)が知ったことで、安心したのは私だけではないと思います。

その瞬間、恵理菜(薫)は不倫相手の赤ん坊を産むことを決意します。希和子が自分にしてくれたように、愛情をこめて育てようと誓うシーンも印象的でした。

あわせて読みたい
映画|八日目の蝉の動画を無料フル視聴!pandora・dailymotion映画『八日目の蝉』の動画を無料視聴する方法を紹介します。 映画「八日目の蝉」を無料で見る △ボタンをクリックすれば今すぐ安全...

ドラマ版と映画版はどこが違う?原作との違いも紹介!

「八日目の蝉」の2人の主人公である野々宮希和子と秋山恵理菜(薫)。ドラマ版の野々宮希和子役を演じたのは、檀れいさん。映画版の希和子役は永作博美さんです。そして希和子に誘拐される秋山恵理菜(薫)役を演じたのは、ドラマ版では北乃きいさんですが、映画版は井上真央さんです。

キャストの印象も異なりますが、ドラマ版と映画版の最大の違いは、逮捕された希和子のその後とラストシーンにあります。

刑期を終えた希和子は、薫と過ごした思い出の島である小豆島へと渡りますが、映画版ではその後の希和子の様子は描かれていません。そして、自分の幼少期と向き合う為に小豆島を訪れた恵理菜(薫)とは再会せずに終わります。

しかし、ドラマ版での希和子は全国を転々とした後、岡山の港にあるコーヒーショップで働いています。そのコーヒーショップに偶然訪れた恵理菜(薫)を見つけ、店を出て立ち去ろうとする彼女の後ろ姿に向かい、「薫」と自分が付けた名前を呼ぶのです。

恵理菜(薫)は一瞬立ち止まりますが振り向きません。恵理菜(薫)が希和子だと気づいたのかどうかは視聴者の予想にゆだねられるようにして終わるのです。

ちなみに、原作では2人はすれ違うのですがお互いの存在に気が付きません。恵理菜(薫)は誰かの声が聞こえたように感じて振り向きますが、また前を向いて歩きはじめます。自立して生きていく恵理菜(薫)を象徴していると言えます。原作・ドラマ版・映画版ともに異なる結末を迎えていることが分かりますね。

また、物語の進行の仕方も映画版とドラマ版で異なります。

映画版では恵理菜(薫)が自分の過去を知る旅を色濃く描いており、原作で描かれていた希和子との逃亡劇が一部カットされています。希和子と薫が過ごした時間と大人になった恵理菜(薫)の様子が交互に映されて、同時進行のように物語が進みます。

ドラマ版では、希和子と薫の逃亡劇に焦点が当てられ、成長した後の恵理菜(薫)の姿はあまり描かれていません。

ちなみに原作では、一部で逃亡中の2人の様子、二部で成長後の恵理菜(薫)の様子が別々に描かれています。

「八日目の蝉」にはもとになった実話が存在した!

実は、「八日目の蝉」は、東京で実際に起きた日野OL不倫放火殺人事件がモチーフになっていると言われています。OLが不倫相手の家族の住むアパートの一室に火を放った事件で、当時夫妻は不在で、焼け跡からは2人の幼児の遺体が発見されました。

放火したOLは、不倫相手に堕胎を複数回命じられたため、自分自身を被害者だと信じていました。しかし、夫の不倫を知った妻から慰謝料を請求される可能性があることを知り、犯行に及んだのです。

女性にとって中絶は母体にも精神的にも大きな傷を負ったとは言え、罪のない幼児が2人も放火によって焼死してしまったというのは、彼女の犯した罪の深さを表しています。ですが、中絶をさせられた女性が犯行に及んだ点や、この事件でも不倫相手は何の咎めもなく済んでいる、OLを責め立てたという点もこの作品と似ていますよね。

ただし、映画・ドラマ・原作ともにここまで激しい描写はしておらず、希和子は愛情を持って恵理菜(薫)を育てています。この点が救いとなっていると言えるでしょう。

「八日目の蝉」は見方によって変わる見ごたえある作品!

「八日目の蝉」から感じられるのは男の身勝手さと女性の悲しさです。そして、子どもが産めない女性が持っていた深い母性に私たちは心を揺さぶられます。

また、夫の不倫相手に育てられた恵理菜(薫)に複雑な感情を持ち、揺れ動く恵津子の姿にも胸を打つものがあります。

恵理菜(薫)、希和子、恵津子の3人の立場になって鑑賞するとさらに面白くなる映画です。

\31日間無料&600Pで今すぐ見れる!/

U-NEXTで「八日目の蝉」を無料で視聴する